自宅で映画を観る

【上に音!?】高画質高音質で映画観るならこのテレビ!|パナソニック4K有機ELビエラGZ2000[55インチ]

引用元:https://panasonic.jp/viera/products/gz2000.html

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。自宅で映画を観るならこのテレビ!ということで、『パナソニック4K有機ELビエラGZ2000[55インチ]』を紹介しています。自宅で映画を観るとしても、映画館さながらの高画質、高音質で見たいと思いませんか??
そりゃ自宅で綺麗な画面、良質な音で映画が見られたら最高にゃ!
ふわり

評価(星5満点)

  • 価格.com
    (4.64)
  • Amazon
    (4.0)
  • Yahoo!ショッピング
    (5.0)

美しい色彩と明暗による臨場感。

圧倒的な迫力の立体音響。

世界初、テレビ一体型イネーブルドスピーカー搭載。

自宅で映画を観るならやっぱり高画質、高音質で観たいですよね。

とと
映画館の迫力に近づける為にも、画質や音質にはこだわりたいよね。
画質や音質で全てが決まるにゃ。
ふわり

そんな映画好きを唸らせるパナソニックのテレビを紹介します!

 

 

スポンサーリンク

4K有機ELビエラGZ2000[55インチ]

 

引用元:https://panasonic.jp/viera/products/gz2000.html

 

価格

  • ¥311,000~

 

音がすごい!

 

テレビCMでも同じみな映像です。

[140W ダイナミックサウンドシステム]まるで映画館にいるかのような立体音響が楽しめる

引用元:https://panasonic.jp/viera/products/gz2000/sound.html

公式でも謳っているはど音質は映画館に近いものがあるようです。

受賞

引用元:https://panasonic.jp/viera/products/gz2000.html

 

高評価

  • 画質は文句なし。店頭で見て、比較検討したSONY A9Gはギザつきが気になったのでGZ2000を選びました。
  • パネルと映像エンジンがテレビは命と分かっていても、旧型のLGパネルとパナソニックのパネルと並べて見比べると
    黒の締まり、有機ELの弱点であった暗さが改善され、明るい部屋でも発光のコントラストが圧倒的に良かったので、即決しました。
  • 4Kボタンを押して、見たいチャンネルを押せば4K放送が簡単に楽しむことができる。
  • プライムビデオの映画やYouTubeのミュージックビデオも期待以上のものが見られました。
  • プラズマテレビの画質は色味に関しては、現在のフラッグシップクラスの液晶テレビでも及ばず
    有機ELパネル一択と考え、最終的に東芝のX930とGZ2000の比較となりました。
    店頭で比較した時点では普段視聴する機会の多い地デジの絵出しが好印象でタイムシフト録画があり、
    コスパではおそらく最高なX930が候補に挙がりましたが、最終的に純粋にパネル品質が
    現在購入できるテレビで最高である、GZ2000となりました。
  • 4Kの液晶が普及し、大画面化が当たり前になって来たが、大画面化すればするほど液晶では色の深みや奥行き
    細かな動きへの応答速度がどうしても対応しきれずに若干ながら残像が残ってしまう。
    この有機ELはそれがない、4K液晶では潰れてしまい表現しきれなかった映像の細かな部分まで潰れずにしっかりと
    鮮やか、滑らかに表現されている!
  • プライムビデオの映画やYouTubeのミュージックビデオも期待以上のものが見られました。

 

低評価

もちろん低評価な意見もあります。

低評価な意見も知った上で購入は検討したいですね。

  • Android TVには敵わないので、普通のTVとして使いたい方に向いていると思います。安定して動く、普通に多機能なTVです。面白さはありません。
  • 裏側のケーブル接続も、立派なカバーが付いていて、見えないところとは言えスッキリとまとまります。 しかしHDMIを増やすとか、光デジタルと繋ぐとカバーが閉まりません。 コネクタが当たらないように穴を開けておけば良いと思いました。 せっかく綺麗に出来ているのに、少しのところでカバーがなくなるというのではね。
  • 唯一いまいちと思うのは番組表のみずらさと、TVリモコンとレコーダーリモコンの使いずらさでしょうか。
  • この製品の売りでもある、スピーカーシステムですが、ピュアオーディオホームシアターを構成している為に
    コスト高のデメリットしか感じられませんでした、せめてこういった無駄な機能を省いて画質に特化した商品展開を
    してもらいたいです、、が、試しに音出ししてみたところ、中途半端なサウンドバー?よりは良いと感じました。

 

高評価を見てもらうとわかるように、音よりも画質の評価がいいことがわかります。

音がいい上に画質もいいとなるともはや最強ですね!

正直、悪い所を探すのが大変でした。

この表を見てわかるように全体的に高評価です。

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン (4.35) 4.42 42位
操作性 (4.13) 4.08 46位
画質 (4.76) 4.36 12位
音質 (4.58) 3.71 3位
応答性能 (4.55) 4.05 9位
機能性 (4.45) 4.24 22位
サイズ (4.64) 4.53 29位

 

この商品は弱点はなさそうですね。

 

 

 

スポンサーリンク

商品紹介

4Kダブルチューナー内蔵ビエラ GZ2000シリーズ[65v/55v]

詳細情報

パネル Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ/倍速対応
HDR HDR10/HDR10+/HLG/HLGフォト/Dolby Vision™
スピーカー 140W 音声実用最大出力(JEITA)/Dolby Atmos
チューナー BS4K・110度CS4K×2/地上・BS・110度CS×3
HDMI端子 4(ARC対応×1)
USB端子 3
LAN接続 〇 無線
音声操作
ビデオ・オンデマンドサービス(VOD)対応

美しい色彩と明暗による臨場感

引用元:https://panasonic.jp/viera/products/gz2000/picture.html

4Kはこれまでのフルハイビジョンに比べて4倍の解像度があります。

細かい部分も潰れることなく精細に表示するので、その場にいるかのような臨場感や奥行き感、美しい色合いの映像を楽しめます。

 

最大出力140Wによる圧倒的な迫力の立体音響

引用元:https://toto-movie.com/wp-admin/post-new.php

垂直方向の移動感を再現するイネーブルドスピーカー(20W+20W)をディスプレイ部一体型として世界で初めて搭載。スピーカーを上向きに配置し、音を天井に反射させることで立体的な臨場感を生み出します。

立体音響技術「ドルビーアトモス」にも対応。対応のソフトだけでなく地デジなどの放送も、天井にスピーカーを配置する映画館のような迫力の音場で楽しめます。

 

4Kで映画やドラマが思う存分楽しめる

引用元:https://panasonic.jp/viera/products/gz2000/network.html

「Netflix(ネットフリックス)」「Amazonプライム・ビデオ」などのVODサービスで提供されている4K映像の映画やドラマを再生できます。

画質補正を行うことでコマ数の少ない動画もさらに高画質で楽しめます。また「YouTube」に投稿された4K動画を見ることもできます。

 

録画を手軽に楽しめる

引用元:https://panasonic.jp/viera/products/gz2000/rec.html

4Kチューナーを2基搭載。新4K衛星放送を視聴しながら別の4K番組と従来放送をUSBハードディスクに録画できます。

高精細、高音質な映像をそのまま録画できるので、いつでも好きな時間に4Kの美しい映像を楽しむことができます。

 

 

スポンサーリンク

関連商品

関連商品と合わせてさらに環境をよく!

 

DLPプロジェクター TH-100FP1

 

引用元:https://panasonic.jp/theater/products/100fp1.html

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

高画質、高音質で全ての評価がよかった4Kテレビ。

映画観るならこのテレビで間違いないです!

 

スポンサーリンク

-自宅で映画を観る

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.