ハラハラドキドキが止まらない作品

映画『悪魔は見ていた』地下駐車場で巻き起こるスリラーサスペンス!?|ネタバレなし!見所紹介感想まとめ

 

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『悪魔は見ていた』のととの感想と見所などが紹介されています。地下駐車場で巻き起こる狂気のサスペンスとはどの様なものだったのでしょう!?
駐車場が怖くなるにゃ!
ふわり
とと
かなりの惨劇が巻き起こったよ!

評価

  • とと
    (3.5/5.0)
  • 映画.com
    (2.6/5.0)
  • Yahoo!映画
    (3.4/5.0)
  • フィルマークス
    (2.9/5.0)

映画『悪魔は見ていた』は2019年公開の韓国のサスペンス映画です。

最後の最後まで何が起こるかわからないスリリングな展開が待っている作品です。

スポンサーリンク

映画『悪魔は見ていた』見所 感想

「見ている」というタイトルだったので、遠くで見ていて精神的な狂気が襲う静かな物語なのかと思いました。

物語は…。

高層ビルで働くシングルマザーのカン・イェウォン演じるヨンウは、室長のパワハラやセクハラに耐えながら仕事をしています。

やる気のない後輩に呆れながらも、娘のために働きます。

駐車場では、警備員のイ・ハクジュ演じるジュノのわかりやすい好意に少し困惑します。

クリスマス・イブの夜、残業も早めに上がり、娘にクリスマスケーキを買って帰ると約束をして職場を後にします。

車に触ると衝撃が全身に走り気を失ってしまいます。

気がつくと、そこは警備員室。

しかも服は赤いドレスに着替えさせられています。

目の前にはジュノが!?

その後のジュノの普通じゃない行動に、恐怖を感じ始めるヨンウ

ジュノは何を考えているのか!?

ヨンウはその狂気から逃げ切る事ができるのか!?

最強の狂気ががヨンウを襲います!

スリリングで、予想外。

一瞬も目の離せない展開が観てるこちらを襲います。

YouTubeでの見所紹介動画

 

死の恐怖が強い

最初にも書きましたが、タイトルが『悪魔は見ていた』という名だったし、冒頭監視カメラでヨンウをずっと監視しているシーンがあったので、ヨウンをずっと見ていて追いかけ精神的にチクチクやるタイプのストーカーだなという印象でした。

ヨンウが受ける恐怖というのも、監視カメラでずっと見ていたり、必要以上に話しかけて気持ち悪い感じが出ていたので、陰湿で精神的にダメージを受ける様なネチネチした恐怖なのかと、そういった展開が待っているのかと思いました。

精神的に攻撃してくる奴にゃーね!
ふわり

確かに物語の前半はそんな形で進みましたが、中盤あたりからそのイメージはガラッと変わりました。

犯人の行動が鬼畜すぎて、一気に死の恐怖がヨンウを襲います。

その恐怖感やスリリング感は観ているこちら側もグッと増します。

タワービルの地下駐車場での出来事なので、確かに広いんですが大体の範囲でしかないですし、メンテナンスがあるから帰ってくれという案内が流れていたので車もほぼ止まってなくて。

そんな所を逃げ惑うので逃げる臨場感というのが感じられない気もしましたが、そんな事はなく、逃げる、追われるという形も恐怖感を残しつつしっかりと描かれていました。

人がいない中、警察、通行人、警備員とその場所に来てくれる人はいるのですが、相手にならない、気づいてくれないとまるで助けにならないんです。

そこが観ている側の怒りやもどかしさを与えてくれて、最後どうなるのかって気持ちにさせてくれます。

結構な恐怖感とスリリングを与えてくれるので、刺激が欲しい方にはピッタリだし、作品を通しての最大の見所なんじゃないかと感じました。

 

本当は好きだった?

この物語、ヨンウは実はストーカーに襲われるわけではないんです。

裏には謎の集団の陰謀があって、それにターゲットとして選ばれた?って形なんです。

形なんですって書いてしまいましたが、ここら辺が謎でそして物語を結構かき回すので、どんでん返しではありませんが、かなり混乱させられます。

そこは作品のいいスパイスになって、盛り上げてくれます。

アイツとアイツがグルだったとかにゃ!
ふわり

ヨンウを襲う実行犯とでも言いましょうか、先ほど書いたような形なので、ストーカーっぽい気持ち悪い感じは出していますが、実際はそれは演技をしていると言う形になります。

でもやり取りを観ていると、実は本当に好きだったんじゃないか?という気持ちにもなってきます。

その裏の組織の連中もそれは言っていたのですが、本当の所は作品を観ただけでは分からないんです。

ここは観た方の捉え方だとは思いますが、ととは…好きだったんじゃないかなって思います。

おそらくこの方は裏の組織の人間で常に孤独だったんじゃないかと思うんです。

まだ襲う前のやり取りでしていた会話は、恐らく本当の事だったと感じまたした。

このような形なので、作品を観たあなたはどう思うのか、その辺も見所として注目してもらえたらいいのではないかと思います。

 

スッキリする

ヨンウは会社で上司のパワハラを受けていたり、やる気のない後輩に振り回されたりと、結構観ているこちらもイライラしてヨンウが可愛そうだなって場面が何回かでてきます。

物語が進むとその2人に制裁が下される展開になっていくのですが、結構その場面がスッキリするんです。

悪いことしたバツにゃ!
ふわり

と言っても場面的には鬼畜なシーンなのでスッキリと言う事自体が不謹慎かもしれませんが、でもヨンウがやられている所を観ていた側としてはスッキリせざるを得ないんです。

上司や後輩を観ているとイラッとしてモヤモヤしますが、そのイラつきやモヤモヤはスッキリと晴れ渡るので、上司や後輩に何かやられているヨンウを観た時は十分イライラモヤモヤしてくださいw。

十分にイライラモヤモヤして、しっかりとスッキリした方が、さらに観ている側を困惑させてくれるので。

 

総合

ドキドキしなかったという評価もありましたが、ととはかなりのスリラー感がありスリリングだったと思います。

やっている事の派手さが少し足りなかったからそう思ったのかなって気もしましたが、ヨンウが目の前で起こっている事に精神的に追い詰められていく姿は迫力があったし、助けに来てくれた人、助けられなかった人に対しての申し訳なさも凄く表情に出ていたし。

なのでスリラー感を味わいたい、ドキドキしたいと言う人にはおススメの作品だと思いますし、おススメします!

 

 

スポンサーリンク

作品紹介

ストーカーによってオフィスビルに監禁された女性の運命を描いた韓国製サスペンススリラー。高層ビルのオフィスで働くシングルマザーのヨンウは、上司であるチェ室長からのセクハラに悩まされていた。地下駐車場の警備員ジュノは親切だが、ヨンウに対して気味が悪いほど過剰な優しさを見せる。クリスマスイブ。その日は設備点検のため、夜にはビルが封鎖されることになっていた。ヨンウはチェ室長に命じられた残業を終わらせて急いで帰宅しようとするが、駐車場で感電し気を失ってしまう。目を覚ますと彼女は赤いドレスに着替えさせられており、目の前には不気味に微笑むジュノが佇んでいた……。主演は「消された女」のカン・イェウォン。

引用元:https://eiga.com/movie/92891/

登場人物

役名/演者名

ヨウン/カン・イェウォン

子供の為に働くシングルマザー。クリスマスイブも早く子供の元に帰ろうとしたのに・・・。

ジュノ/イ・ハクジュ

地下駐車場を担当する警備員。ヨウンに必要以上に話しかける。

 

作品情報

スタッフ

  • 監督:キム・ソンギ
  • 脚本:キム・ソンギ
  • 撮影:パク・ジョンチョル

製作国

  • 韓国

上映時間

  • 98分

 

スポンサーリンク

おススメの動画配信サイト

映画『悪魔は見ていた』観るならこの動画配信サイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

スポンサーリンク

まとめ

鬼畜なストーカーものだと思いきや、裏にはある陰謀が隠された謎の多い物語。

ドキドキを味わいたい人にかなりおススメです!

 

スポンサーリンク

-ハラハラドキドキが止まらない作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.