MARVEL SF

映画『アベンジャーズ /エイジ・オブ・ウルトロン』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|豊富な登場人物もしっかりと紹介!

映画『アベンジャーズ /エイジ・オブ・ウルトロン』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ

映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」は2015年に公開されたアメリカのスーパーヒーロー映画です。

日本でのキャッチコピーは「愛を知る-全人類に捧ぐ」「世界を滅ぼすのは-アイアンマン-」

キャッチコピーにあるように、今回もアイアンマンことトニー・スタークがひと波起こすのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ /エイジ・オブ・ウルトロン』 感想

前作のアベンジャーズのメンバーの他にも新たなキャラが出てきて、アクション性が高まったのはもちろんです。

が、やはり人気の秘密はアクション性だけでなく、物語の構成や立ち回り、平和を守りたいという一心で動く人達をうまく表現しているからでしょう。

個性豊かなキャラクターをうまく使い表現して観てる人を惹きつける所が、マーベルシリーズの十八番ですね。

それが今作品も大いに発揮してると感じます!

 

冒頭の惹きつけが相変わらずやばい

前作「アベンジャーズ」もそうだし、マーベルシリーズどれもそうですが、今回もやってくれます!

始まって…いや、始まりがいきなりの戦闘シーン!

アベンジャーズ一同が流れるような攻撃で相手基地に攻め込みます!!

この冒頭のシーンでもう釘付けですから、その後は目が離せなること間違いなしですよね。

圧倒的な力で攻め入りますが、相手に「強化人間」がいて、バートンが重傷。

それだけでなく、相手基地に侵入したトニーまでもやられます(トニーは身体を痛めるのではなく、マインドをやられます)。

この2人がやられた事で、観ている方は「あっ!今回は一筋縄ではいかないな」というイメージを持ってしまい、その先の展開に自然と期待してしまいます。

要するに観出してしまったら、嫌でも最後まで観るしかなくなります(笑)

 

物語の構成が○

今回は冒頭の戦闘シーンからチームワークがよくて、さらにその後パーティを行なったりと、チームがまとまっています。

パーティのシーンでは、ソーのハンマー(ムジョルニア)を持てるかどうか皆で試して和気あいあいとしたシーンが流れます。

あのスーパーヒーロー達が集まり楽しそうにしてるシーンに誰しもがほっこりと嬉しい気持ちになります。

しかしトニーがチームに内緒で進めていた計画で、今回のヴィランのウルトロンが誕生してしまいます。

チームに内緒で進めていた事に対してもちろん皆が怒って、それでも誕生してしまったので倒しに行くのですが、そこでさらに返り討ちにあい、チームほぼ全員がダメージを受けてしまう。

感情なんて動かないであろうあのキャラが、逃げ出そうとするくらいの徹底的なダメージ。

それまでパーティのシーンなどで持ち上がっていた、観ている人の気持ちを一気に突き落としてくれます。

観ている側のダメージもかなり大きいですね。

もちろん、ヒーロー物なのでそこから立ち上がってはいくのですが、ダメージを受けたメンバーだけでは立ち直れなかった所を、あのキャラの再登場によって一つにまとまり、さらには新たなキャラクターに今回の敵だと思っていたキャラクターも仲間に加わり皆でウルトロンに立ち向かいます。

このクライマックスに向けての一体感は、落ちた気持ちを一気に伸し上げてくれます!

まとまって→バラバラになって→まとまってと、構成はありきたりですが、そのアップダウンの差が激しすぎるし内容も書いたようにすばらしいので、他の作品よりと群を抜いていますね!

 

スーパーヒーローも人の子

前回は、悪に屈しないスーパーヒーローという事で、自分の感情など捨てて悪に立ち向かう姿がありました。

今回は、恋愛感情が生まれたり、帰るべき家があったりと、ヒーロー達の意外な一面も見せてくれます。

あっ、あんなに強いヒーローも人の子なんだなって思って一気に親近感が湧きます。

恋愛感情を抱いた2人は、ちょっとこの先の展開が楽しみですね。

そして、トニーとスティーブは相変わらず仲が悪いです(笑)。

この意外な一面と相変わらずの一面が物語とは別の所での楽しみを作ってくれますね。

 

総合

今回は街中での戦闘が多く、市民が巻き込まれてしまうので、迫力に加えてハラハラ感もかなりあるアクションになっていました。

さらにはここまで書いてきたような内容が合わさるので、全体的な評価としてもかなりの高評価です!

シリーズとして観るのも、単体として観るのも、どちらもいけるので、間違いなく観たほうがいいに決まっている作品です!

 

 

評価

  • とと
    はなまる満点です!

 

  • 映画.com
    (3.8)
  • Yahoo!映画
  • dTV
    (4.4)

 

配信されている動画サイト

オススメ!

【31日間の無料トライアル期間あり】 月額1,990円(税抜)で 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題!新作にはドコモポイント使えます♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

出演者のその他の出演作品

ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン出演作品

サミュエル・L・ジャクソン出演作品

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

登場人物

トニー・スターク(アイアンマン)・・・アベンジャーズの中心人物でありトラブルメーカー。自分はボスではなく、お金を投資している人だと強調する。

スティーブ・ロジャー(キャプテン・アメリカ)・・・アベンジャーズのキャプテン。相変わらずの正義感とまとめ役。仲間よりも任務を遂行する姿を見せる。

ソー・・・アスガルドの王。スティーブにムジョルニア(ハンマー)を持ち上げられそうになり、少し焦る。

ブルース・バナー(ハルク)・・・街中で暴れてしまい苦悩に悩む。"消える"事を望んでナターシャといい関係になりかける。

ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)・・・ワンダのマインド攻撃により精神的にかなりのダメージを負う。バナーと逃げる事を強く望む。

クリント・バートン(ホークアイ)・・・いつもはクールで一歩引いて皆と接しているが、お酒の席では皆と仲良く喋ったり、実は妻子持ちである事がわかったりと、今回は意外な一面が判明する。命の恩人であるピエトロの名を自分の子につける。

ジェームズ・"ローディ"・ローズ(ウォーマシン)・・・トニーとソーにいつもいう冗談を冷ややかに聞かれ、改めて他の人がウケるかどうか試す。武勇伝好き。

ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)・・・トニーに恨みを持ち自ら強化人間に志願した。テレキネシスとマインドコントロールの能力の持ち主。弱い一面を見せたが、クリントの言葉で奮闘。

ピエトロ・マキシモフ(クイックシルバー)・・・ワンダの双子の兄。常にワンダを気にかけている。クリントの命を救う。

ウルトロン・・・今作のヴィラン。トニーによって作り出されて、世界の平和の為に人類を消そうとする。

ジャービス(ヴィジョン)・・・ウルトロンに攻撃されて消滅したと思われた。人工生体ボディにアップロードしてヴィジョンとして生まれ変わる。

ニック・フューリー・・・アベンジャーズの元長官。今はただのオヤジと言うも、いざという時に大活躍する。

マリア・ヒル・・・S.H.I.E.L.D.の元副長官。現在はスターク・インダストリーズのCEOペッパーの秘書でアベンジャーズのサポーター。

ヘレン・チョ・・・人工皮膚細胞専門の科学者。バートンの傷を治す、ブルースの友人。ソーのファン。

エリック・セルヴィグ・・・ソーの友人で物理科学者。アベンジャーズのサポーターにまわる。

ローラ・バートン・・・バートンの奥さん。

 

ウルトロン計画

公式サイト引用

アベンジャーズ一行は、ソコヴィアにあるヒドラの残堂の施設を目指して進みます。

ストラッカー(トーマス・クレッチマン)はロキの杖を使い人体実験をしていました。

それを突き止めるのが今回の任務です。

今回のアベンジャーズはまとまっていてチームワークも抜群。

スティーブ(キャプテン・アメリカ/クリス・エヴァンス)が汚い言葉を使い、ツッコミを入れられるくらい余裕で進みます。

クリス・エヴァンス(ウキペディア引用)

ソー(クリス・ヘムズワース)はロキの杖を目指します。

クリス・ヘムズワース(ウキペディア引用)

市街地にも攻撃が及んだため、トニー(アイアン/ダウニー・ロバート・Jr.)はアイアン軍団を街に送り守らせます。

ダウニー・ロバート・Jr.(ウキペディア引用)

しかし研究中の強化人間、ピエトロ(クイックシルバー/アーロン・テイラー=ジョンソン)とワンダ(スカーレット・ウィッチ/エリザベス・オルセン)が動き出した事により自体は変わります。

アーロン・テイラー=ジョンソン(ウキペディア引用)

エリザベス・オルセン(ウキペディア引用)

ピエトロに攻撃されたバートン(ホークアイ/ジェレミー・レナー)が重傷を負ってしまいます。

ジェレミー・レナー(ウキペディア引用)

ナターシャ(ブラック・ウィドウ/スカーレット・ヨハンソン)とバナー(ハルク/マーク・ラファロ)が助けます。

スカーレット・ヨハンソン(ウキペディア引用)

マーク・ラファロ(ウキペディア引用)

トニーは敵施設のバリアーを解き中に侵入。

ロキの杖と「アベンジャーズ」でNYを襲ったデカブツを見つけます。

すると、ワンダに頭をいじられます!?

トニーの目の前に現れたのは全滅したアベンジャーズと、滅びた世界でした。

ワンダは弱みにつけ込みました。

我に帰ったトニーはロキの杖を回収します。

任務は終了。

ワンダとピエトロには逃げられますが、ストラッカーは逮捕します。

ナターシャはバナーに「子守唄」をします。

「大物さん。もう日が暮れるわよ」

ハルクからバナーに戻すためのものです。

ハルクはバナーに戻りました。

帰りのクインジェットの中ではバナーを慰めるソーですがうまくいきません(汗)

ポイント

トニーの運転する脇には「ジャービスは副操縦士」の文字が。

主人は自分だと言わんばかりの文字はトニーらしいです。

 

基地に戻るとトニーはロキの杖を調べたいとソーに申し出ます。

トニーがアスガルドに戻るまでの3日間ならいいと言いました。

バートンはヘレン・チョ(キム・スヒョン)に治療を受けます。

キム・スヒョン(ウキペディア引用)

バートンを心配したバナーが大丈夫かトニーに聞くと、トニーは「あいにくだがいつものバートンだ」と言い、「そりゃ最悪だ」とバナーが皮肉を返します。

トニーがパーティには出ないのかヘレンに聞くと、トニーほど暇ではないと返しますが、ソーが出るかどうかを尋ねます。

 

ロキの杖を調べるととんでもないパワーが秘められている事に気づき、兼ねてから計画していた「ウルトロン計画」に使えそうだとバナーに相談します。

皆に内緒で進めるというトニーに最初は難色を示しますが、協力するバナー。

しかし、思うようにいきません。

パーティが始まるので、トニーはジャービスにその研究を任せます。

するとうまくいかなかったはずが、ウルトロンとして自我に目覚めてしまいました。

ウルトロンはジャービスを襲います。

 

パーティは大盛り上がり。

ローディはトニーとソーに笑い話を話しますが無反応。

バナーはナターシャといい感じです。

それを見たスティーブはバナーに「待つな」とアドバイスします。

アベンジャーズの皆で「ムジョルニア」(ソーのハンマー)」の持ち上げられるか大会が始まります。

誰も持ち上げられず、その秘密を探るとソーは

「なぜかは簡単。ふさわしくないから」といいムジョルニアをくるっと回して受け取ります。

ポイント

スティーブがムジョルニアを持ち上げる時、今にも持ち上げられそうな姿を見て、少し焦ります(笑)

 

 

引き裂かれるヒーロー達

公式サイト引用

そこにウルトロンが現れました!?

皆、驚き警戒します。

ジャービスに連絡しても応答がありません。

アイアン軍団を操り攻撃してくるウルトロン!

対抗しますが、ロキの杖を奪われ逃げられます。

 

トニーとバナーは皆に責められます。

世界を守るためには必要だと訴えるトニー。

何をしていたのであれ、その結果がこれだとスティーブは強く反発します。

 

ストラッカーが殺害された事から、ストラッカーの周りを調べると、武器商人のクロウ(アンディ・サーキス)という男を見つけます。

アンディ・サーキス(ウキペディア引用)

クロウはワカンダ王国の刻印を押されていて、トニーとスティーブは「ヴィブラニウム」を狙っている事に気づきます。

 

一方のウルトロンはワンダとピエトロと接触していて、仲間に引き入れクロウの元に現れました。

ヴィブラニウムを手にした所にアベンジャーズが現れ戦闘開始!

トニーはウルトロンと戦闘します。

他のメンバーはウルトロンの手下とクロウの手下と戦いますが、ピエトロの攻撃に苦戦します。

するとワンダがスティーブ、ソー、ナターシャにマインドコントロールをかけ、トニーと同じか状態にされ、戦意喪失してしまいました!?

バートンも操られそうになりますが、「経験済みだ」とかわしてワンダに攻撃します。

ワンダとピエトロは外に逃げます。

クインジェットに待機していたバナーは自分の出番かと言いますが、トニーに止められます。

バナーを見つけたワンダは「大物が残ってる」とバナーにマインドコントロールを仕掛けます。

ウルトロンにハルクの心配をした方がいいのではと言われたトニーは、ウルトロンを破壊してハルク化したバナーを追います。

バナーを落ち着かせる子守唄ができるナターシャは戦意喪失中なので、ハルク対策に制作していた「ハルクバスター」を呼んでハルクと戦います。

ポイント

ハルクバスターカッコいいのですが、戦っている場所が都市の中だし、市民はいるしで観ていて気が気じゃないシーンです。

 

何とかバナーに戻したが街は壊滅的な状態です。

クインジェットで移動するメンバー。

運転するバートンにトニーは変わろうかというと、着くまで3時間はかかるから今のうちに寝ておけと言います。

どこに向かってるのか聞くと「安全な場所」とだけ答えました。

 

ある農場に降りたクインジェット。

うちに入ると、出てきたのはローラ(リンダ・カーデリーニ)。

リンダ・カーデリーニ(ウキペディア引用)

そう、その農場はバートン家族が住む場所でした。

フューリーが便宜を図ってくれたようです。

つかの間の休憩。

ソーはここにいても何も変わらないと、ワンダに見せられた夢の続きを見るために、ロンドン大学にいるエリック(ステラン・スカルスガルド)の元を訪れ、一緒に"ノルンの洞察の泉"にいき夢の続きを見ます。

ステラン・スカルスガルド(ウキペディア引用)

バナーはナターシャにハルクが世間に広く知られてしまった。

自分は消えると言います。

ナターシャは自分も同じだから一緒に消えようと、2人でいなくなりたい意思を伝えます。

バートンは新たな敵が出てきたが、まだ子供だから教育しないといけないとローラに話しますが、ローラは心配してそれはあなたがやらないといけないのと言います。

トニーとスティーブは薪割りをしていますが、この2人はやはり馬が合わないようです(汗)

 

新たな生命の誕生

公式サイト引用

ローラはトニーにトラクターの修理をしてほしいと言います。

トニーは快く引き受けてトラクターの所に行くと、聞き慣れた声で「頼むからそいつに命を吹き込むなよ」と聞こえてきます。

フューリーです!?

死んだと思っていたフューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れました。

サミュエル・L・ジャクソン(ウキペディア引用)

トニーが人工知能を作ったことに突っかかります。

トニーはヒーロー達が全滅した所を見たと、ワンダに見せられた夢の話をします。

フューリーはワンダのマインドコントロールだと言うと、トニーは違うと!

あれは現実でこれから起こることだ。

自分に力がなかったからそうなったんだと言いました。

 

一方のヴィブラニウムを手に入れたウルトロンはソウルにいました。

ヘレンの研究施設にいます。

ヘレンをロキの杖でヘレンを操り、ヴィブラニウムとヘレンの研究を使って新しい身体を作ろうとしていました。

 

フューリーはウルトロンが何度も核を奪おうとネットからアクセスしてるが、それを誰かが守っているといいます。

トニーはそれを調べるべく、インターネット基地へ行きます。

スティーブ、ナターシャ、バートンはウルトロンを追ってソウルへ。

ウルトロンは身体が出来上がり、あとは自分を移行するだけの段階に入りました。

そこでワンダがウルトロンの頭を読みます。

すると、ウルトロンは世界を救うために、世界を滅ぼそうとしている事に気付きました。

ワンダはウルトロンに言いよります!

そしてヘレンの洗脳を解き、移行を中断させました!

ウルトロンはヘレン達研究者を攻撃して、身体を持ち出し逃げ出します。

 

研究室についたスティーブはヘレンを見つけます。

ヘレンは命は無事で早く行くようにスティーブに言います。

スティーブはウルトロンを追います。

ワンダとピエトロも加わりウルトロンを追い詰めますが、電車を暴走させます。

3人は人々を救いながら電車を停止させました。

ナターシャとバートンはウルトロンから身体を奪います。

身体をジェットに移しますがナターシャがウルトロンにさらわれてしまいました!?

バートンはスティーブにナターシャが見えるか聞きますが、スティーブは身体をトニーの元に持っていくことを優先させました。

ポイント

ここのシーンは何と言ってもナターシャのアクションシーンがかなりの見所です!

ナターシャは特殊能力のない、訓練を受けただけの人間なのに、あれだけの動きが出来るのが毎回観ていてすごいと思いますよね!

スティーブはナターシャよりも身体を優先した苦渋の決断をしますが、ナターシャならやられるはずがないと思ったんでしょう。

 

身体を受け取ったトニー。

バナーに核をウルトロンから守っていたものの正体を明かします。

何とジャービスです!?

ジャービスはウルトロンに攻撃を受けた時に、ネットの中に逃げ込んでいました。

トニーはジャービスをその身体に移行する事をバナーに話します。

みんなに批判され、ウルトロンを生み出してしまったのに計画を実行するトニーに反発しますが、トニーの強い押しに負け、手伝うことにしました。

ジャービスのダウンロードが始まります。

そこに、スティーブとワンダとピエトロが戻ってきます。

スティーブは当然中止をしろと言います。

トニーが激論するも、ピエトロが停止させます。

そこに来たのがソーです!

ソーは身体の入った装置に雷をぶつけます。

するとる装置は起動し、ダウンロード完了!

中から出てきたのはその人物は「ヴィジョン」と名乗りました。

ジャービスでもなく新しい生命だと。

ソーは夢の続きでインフィニティストーンの存在を見たようです。

インフィニティストーンは複数あって、揃ったらとんでもない事が起こると。

トニーのやっていることは正しいと言います。

さらには、ヴィジョンはムジョルニアを持ち上げました!?

普通に持ってソーに渡します。

皆、唖然…。

バートンがナターシャの居場所を突き止めました。

ソコヴィアのヒドラの施設です。

 

ウルトロンの計画

公式サイト引用

作戦はこうです。

ウルトロンは破壊するが、街の人たちの安全が大優先!

避難させてから戦闘です。

トニーはジャービスに変わりフライデーをセットしてウルトロンの元に行きます。

スティーブ、バートン、ワンダ、ピエトロは市民の避難。

バナーはナターシャを救出に。

トニーがウルトロンの所に行くと、ウルトロンはヴィブラニウムで身体を強化していました。

たわいのない話で時間を稼ぐトニー。

ウルトロンは時間稼ぎを見透かして、自身の計画を実行します。

何と、ソコヴィアの街が浮かび上がりました!?

どんどん中に浮く街。

ウルトロンは浮かび上がった街を落とし、壊滅的なダメージを与える計画をしていました!?

 

一方のバナーは、ナターシャを救出。

「戦はないの?」

「誰も傷つけたくない」

2人はキスをして、ナターシャはバナーを突き落とします。

「でも、彼が必要なの」

バナーはハルクに変身して戻ってきます。

2人は浮き上がる街に飛び移ってきました。

 

ウルトロンの手下が襲ってきます。

トニーが解決策を出す間、アベンジャーズは住民を守ります。

ワンダも敵と戦いますが、数の多さにひるみます。

バートンが助けます。

名言です!

「まだ戦えるか?

ロボットはうようよ、こっちは弓と矢。まともな状況じゃない。

俺は外に戻る。仕事だからな。

君のお守りをしながらじゃ仕事はできない。

君が何をしたとか、関係ない。

外に出るなら戦え。とことんな。

ここに残ってもいい。後で迎えに来させる。

だが一歩外に出たなら、君はアベンジャーズだ!

 

 

バートンは外に出て戦います。

ワンダもバートンの言葉に奮起して戦い出します。

囲まれたバートンを助けます!

 

落とせば下が壊滅。

落とさず破壊すれば良さそうです。

コアをソーとの同時攻撃で壊せば浮かんだ街が粉々に砕けますが、住民が避難できないのでどうにもできません。

 

このままウルトロンの思惑通りになってしまうのか!?

アベンジャーズは住民を守れないのか!?

クライマックスは作品をご覧になってみてください!!

 

↓続きを知りたい方はこのまま進んでください↓

 

 

スポンサーリンク

クライマックス(完全ネタバレ)

この先はクライマックスを完全に書いてあります!

結果を知りたくない方は気をつけてください!!

 

ナターシャは「このまま、ここで消えるのもありね。こんないい景色、ここでしか見れない」と諦めモード。

「ロマノフ!もっといい景色が見れるぞ!!」

フューリーです!

フューリーが救難艇を乗せた戦艦と共に現れました!

これで住民の避難ができます。

避難はS.H.I.E.L.D.にまかせて、アベンジャーズは避難が終わるまで街を落とされないよう、コアに集まり守ります。

コアに集まると、敵も集まってきます。

あまりの多さにどう戦うんだ?と怯みますが、トニーが「古い人が言ったように、皆で戦う」と言って、戦闘開始です!

ポイント

ちなみに古い人はスティーブの事で、スティーブがそう言ったシーンがありました。

 

アベンジャーズはどんどん敵を倒していき、救出も順調に進みます。

避難も済み、アベンジャーズも避難を開始します。

コアはワンダが守り、トニーも街の下に回ります。

ナターシャはバナーを元に戻す「子守唄」をやりはじめますが、クインジェットを奪ったウルトロンが銃で攻撃してきます!

バートンも避難艇に乗り込むと、息子がいないと叫ぶ母親がいました。

息子らしき子供を発見したバートンは助けに向かいました。

子供を抱きかかえ、戻ろうとしたらウルトロンが現れ、銃撃をしてきました!?

バートンは、子供を守るように抱きかかえます!

銃撃が終わると、バートンは車の裏に移動していました!?

何とピエトロが助けてくれたのです!

ピエトロは銃撃を受けて死んでしまいました。

 

ナターシャを飛行艇に届けたバナーはクインジェットに乗り込みウルトロンを引っ張り出します!

弟を殺されたワンダは怒りに怒って、ウルトロンを破壊!!

一時的にコアから離れてしまった所を、まだ動けるウルトロンの手下のロボがコアのボタンを押します。

街は落下!!

トニーはソーに合図をしてコアを攻撃!

ワンダはヴィジョンに助けられて、街は粉々に砕けちります。

 

残った一体にウルトロンは意思を移していましたが、ヴィジョンがそのロボを発見。

破壊してウルトロンは消滅しました。

 

ソーはアスガルドに帰ります。

ムジョルニアを持ったヴィジョンがストーンを持っているなら安心だと。

トニーもペッパーの元に帰ります。

ナターシャはクインジェットにハルクのまま乗って行ってしまったバナーに連絡しますが、バナーは通信を切ります。

トニーのステルス性能が良すぎて追跡できず、そのまま行方をくらませました。

壁の前で立ちすくむナターシャにいつまで壁を眺めてるんだ?と声をかけるスティーブ。

新たなメンバー、ローディ、ワンダ、サム、ヴィジョンをアベンジャーズに向かい入れ、2人は鍛える事にします。

スティーブが「アベンジャーズ!」と言ったところで物語は終了です。

ポイント

最後のスティーブのセリフは途中で切れたように終わります。

想像ですが、

『アベンジャーズ、アッセンブル!』

と言ったんじゃないかと思います。

歌の後に1シーン。

サノスがガンレットを装着するシーンがあるのでお見逃しなく。

 

長いあらすじ紹介、最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

-MARVEL, SF
-

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.