MARVEL ハンカチ必須!涙無しでは観られない作品

【チーズバーガーに大号泣!】映画『アベンジャーズ /エンドゲーム』【ネタバレ】感想まとめ|これを読めば全てがわかる!27.98億ドル!?興行収入トップに輝く究極の作品

公式サイト引用

 

とと
この記事には、「アベンジャーズ/エンドゲーム 」のあらすじ紹介と感想のまとめを書いてあります。しかもそれだけではなく、今後のマーベル・シネマティック・ユニバース作品についても書いてありますよ!トニーのセリフ「3000回愛してる」って実はあの人が実際に言った言葉って知ってましたか?
あのアバターの興行収入をついに越えたニャーよね
ふわり
とと
そうなんだよ!それほどの超大作ということだね

評価!

  • とと
    (5.0)もちろんはなまる満点です!!
  • 映画.COM
    (4.3)
  • yahoo!映画
    (3.82)
  • dTV
    (4.9)

 

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」は2019年に日本アメリカで同時公開したアクションSFスーパーヒーロー作品です。

アベンジャーズの集大成と言えるこの作品。

かっこよさと終幕を迎える悲しさはもちろんの事、あのキャラがあんな姿に!?なんて笑いもありの超大作!

内容はとんでもない事になってます!!

 

 

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ /エンドゲーム』 感想

まさに「アベンジャーズ」シリーズの集大成にふさわしい内容の作品でした!

これまではボス敵を倒すという共通の目的を果たすという事で動いてましたが、個性が強いキャラクターばかりなので、ぶつかりながら、どこかまとまらない感じが多くありました。

しかし、今回は消えた仲間、消えた家族、消えた人々を取り戻すという、ガッチリした目的があるので、今まで以上にチームとしてまとまった形になったのではないかと感じました。

作戦の中ではもちろん困難な事があり、失敗もあり、笑いもある。

そして、ひょんな事から意外な人物との再会を果たし、そのシーンがグッとくる内容になっていました。

 

1時間ごとの物語

3時間という大作ですが、実は物語が3つの構成でできていて、1時間ごとの物語で区切られています。

最初の1時間は「絶望して→希望が見えて→皆を取り戻す為に行動する」といった映画ならではの構成で物語が進みます。

戦いに負け、仲間を、人々を守れなかったという絶望感。

そしてその、失ったものは取り戻せないという絶望感。

時は立って何とか前に進もうとはするものの、心の奥底にその想いはずっと住み着いたまま。

そんな感じが痛いほど伝わってきます。

その想いが1番強かったのは「ソー」でしょう。

アスガルドを失い、仲間や民をうしない。

さらには「ロキ」までも失った。

その想いはこの「エンドゲーム」を通じてソーの行動や仕草、表情でよくわかります。

スコットの復活から、失ったものを取り戻す希望が見えてきます。

しかし、トニーの力なくして実現しないこの「希望」は、トニーの拒否によって実現不可になってしまいました。

そこには、トニーの想いがあります。

トニー自身はすでに前を向いて進んでいました。

新しい家族と共に新たしい生活をしているトニーの想いに、仲間は何も言えません。

ただ、トニーはずっとピーターの事を想っていました。

その想いは実は強く、最後には考えを変えて、皆の「希望」に賛同します。

物語の中盤の1時間、トニーが加わり、チームも集まって行うのが、「タイム泥棒作戦」です。

「インフィニティストーン」を集めるというこの作戦が中盤の物語です。

後半の1時間は、待ってましたの大合戦です!

何と言っても消えてしまった仲間たちが帰ってくるので、アベンジャーズ大集合にファンとしてはたまらないシーンです。

おなじみのキャラは勿論ですが、アスガルド人のヴァルキリーや「マイティ・ソー バトルロイヤル」てソーが奴隷になった時に出会ったコーグ(全身が岩の宇宙人)やミーク(昆虫型の宇宙人)など、懐かしい面々もいます。

アスガルド、ワカンダ王国、ストレンジの魔術師の先鋭部隊。

さらには、この作品ではスタークの奥さんになっているポッツがなんとパワードスーツを着て戦いに参加します!

トニーと並んで戦う所なんてしびれますね。

忘れちゃならないのが、キャプテン・マーベルの強さです!

わかっちゃいるけど、強すぎです。

同じキャプテンを名のるキャプテン・アメリカは、なんと!ソーのハンマー「ムジョルニア」を使って戦います!?

これはかなりの見所ですね!

ムジョルニアがあるという事は、ソーの戦いはストームブレイカーとの"二刀流"が実現します。

ここも見所なのですが、カッコいいはずのソーが今回はとんでもない見てくれで登場します!?

正直、がったりする方も多いのではないかと思いますが、自分はそれはそれで新しいソーのキャラクターが見れてよかったです。

サノス軍側のキャラも、「インフィニティ・ウォー」で出てきた懐かしい敵キャラが出てきます。

がインフィニティ・ウォーの時程の強さやインパクトがない印象ですね。

戦いも、大勢対大勢なのでかなり入り乱れての戦闘です。

キャプテン・アメリカやソーの戦いはピックアップされているのでよくられますが、他のキャラは写っているシーンが少なく残念でした。

個人的に、久々のバートン(ホークアイ)の戦いや、珍しいのでポッツの戦いが見たかったのですが、そのシーンがほぼなかったです。

大勢いますから仕方ないのですが汗

その戦いの中で印象的だったのが、アイアンマンを映す時は、アイアンマンよりもトニー・スタークをよく映していた所です。

飛んでいる時も仮面の中の顔の映像だし、外見を映している時は仮面をとって顔が出ている状態だし。

トニーはスーパーヒーローではありますが、中身は普通の人間。

仮面が無いのは命取りですから、今まではそんな事はありませんでした。

何かそこに、トニーの最期の灯火を見ろ的な感情が込められていたのかと感じました。

そして、この戦いにナターシャ(ブラック・ウィドウ)がいないのが、本当に残念です。

 

それぞれの「再会」

今回の作品は「再会」がとても沢山ありました。

もたろん消えた仲間が戻ってきたので、そこが大きな「再会」という事なのですが、他にも個別の「再会」がたくさんあります。

まずはキャロル(キャプテン・マーベル)

地球に来た時に、消滅した仲間の中にニックの姿を見て表情が変わりました。

この表情がなんとも言えなかったです。

クライマックスの時にキャロルの後ろにニックが現れるのですが、言葉は交わしません。

何か1シーン絡む場面があると嬉しかったですね。

次にスコット(アントマン)。

5年間微粒子の中にいて奇跡的に外に出てきます。

消えた人たちの名前が書いてある所を見つけ娘の名前のない事を確認して、娘と再会します。

5年が過ぎ、すっかり大きくなった娘に、安堵と複雑な感情の混じった表情の再会でした。

それでも生きていてよかったと、娘を想う父の姿はグッときましたね。

トニー(アイアンマン)はもちろん、師弟関係のピーター(スパイダーマン)との再会が一番グッとくる場面ですが、他にも過去にストーンを取りに戻った時に父親のハワード・スタークに出会います。

ちょうどトニーを妊娠している時で、子供の話になんかなります。

最後にトニーが言葉をかけるんですが、なんとも言えないシーンです。

エンディングでは、「アイアンマン3」に登場したハーレー・キーナーという少年がでてきます。

ここは悲しい再会になってしまいました。

同じく、過去に行ったスティーブ(キャプテン・アメリカ)もかつての恋人ペギーと再会します。

窓越しに再会した2人ですが、ペギーは気づいていません。

この演出は、なんとも言えない切ないシーンになっていました。

悲しい再会だけでなく、笑える再会もあります。

ソーはストーンを取りにアスガルドがまだ健在している時代に行きます。

そこで母親のフリッガを見つけたソーはどうしても会いたくなってしまい隠れながら近くもあっさりと見つかり「隠れるのはロキの方が上手ね」なんて言われてしまいます。

現在のソーでない事を見抜いたフリッガ。

まぁ、誰が観てもわかりそうな気はしますが、フリッガは何も言わずに話をしていきます。

この作品のソーはキャラクターが今までと違うので、感動の親子の再会も少し笑えるシーンになっていました。

そして、忘れちゃいけないのがクイル(スター・ロード)とガモーラの再会です。

ガモーラはデジメーション(サノスの指パッチン)で消えたわけではなく、サノスに殺されています。

なのでストーンの力では復活しませんでした。

過去のサノスと一緒に現代に来たので、クイルとは恋の関係にはなっていません。

そんな状態でクイルは再会したガモーラに近寄ったもんだから、大事な所を2度蹴られます笑

そうなるだろうなって予想できましたが、それでも笑ってしまいました。

 

総合

まだまだ語れば言葉は止まらないくらい出てくるくらい、素晴らしい作品です。

そんな作品でととが1番感動したのが、トニーの娘のモーガンがハッピーに「お腹すいた?何食べたい??」と聞かれた時に「チーズバーガー」と答えた所ですね!

ここは「アイアンマン」が好きな人なら絶対に泣いたと思います。

トニーの好きな食べ物を知るはずのないモーガンがトニーの好物を食べたいと言ったんですから…。

アベンジャーズ大集合の大作品!!

ぜひ、多くの方に観てもらいたい作品です。

 

 

スポンサーリンク

”数字”も最強!興行収入トップとその他の記録

全世界興収

ついに『アバター』超え!

  1. アベンジャーズ /エンドゲーム(’19) 27億9472万ドル
  2. アバター('09) 27億8967万ドル
  3. タイタニック('97) 21億8746万ドル
  4. スター・ウォーズ/フォースの覚醒('15) 20億6822万ドル
  5. アベンジャーズ /インフィニティ・ウォー('18) 20億4835万ドル

約10年間トップを守ってきた「アバター」をついに上回りました!

日本でもシリーズ最高の興収60億円超えを果たした。

 

シリーズ全世界興収

MCUが2位以下に大差をつけてのトップ!

  1. マーベル・シネマティック・ユニバース 208億4245万ドル
  2. 『スター・ウォーズ』シリーズ 94億9110万ドル
  3. 『ハリー・ポッター』魔法ワールド 91億9445万ドル
  4. 『007』シリーズ 70億4027万ドル
  5. 『スパイダーマン』シリーズ 60億7598万ドル

作品数が多いんじゃないかと思われますが、『アベンジャーズ 』4作だけで77億ドル超をマークしています。

 

最速

公開わずか5日で全世界興収10億ドルに達成!

北米や日本などで4月26日に公開された本作は、公開5日で全世界興収12億ドル。

5日間での10億ドル超えは史上最速記録です!

他にも

「公開後17時間で興収1億ドル突破」

「全米最多4662館での上映」

という新記録も樹立しました!

 

予告編

YouTube史上初めて公開から4時間で100万「いいね!」

2018年12月7日に公開された本作の最初の予告編ですが、YouTube史上初めて4時間以内に100万「いいね!」を獲得しました!

これは『アベンジャーズ /インフィニティ・ウォー』を上回る記録でした。

公開前までに500万「いいね!」にたっしています。

 

ギネス記録

『アベンジャーズ /エンドゲーム』を110回観た人がギネス認定!

相当な数のリピーターを生んだ本作ですが、アメリカのアグスティン・アラニスさんという方は、公開50日程度で鑑賞回数110回に達成!

ギネスブックに認定されました。

平日に2回ずつ観るそうで、その後も記録を更新し続け200回以上に達したそうです。

 

シネコンチェーン

ポップコーンや、ドリンクの売り上げが2日で2800万ドル!

世界最大のシネコンチェーンAMCエンターテインメント。

公開初日に全世界で1300万ドルのドリンク、ポップコーン、フードを売り上げ、翌日も1500万ドルと記録を更新します!

会社のCEOは

「本作の公開で全てが変わった」

と言っていたそうです。

 

関連商品

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

登場人物

デシメーション(指パッチン)から生き残ったキャラ

  • トニー・スターク(アイアンマン)・・・アベンジャーズの中心人物。同じく生き残ったペッパーと娘と静かに暮らす。娘のモーガンに言われた「3000回愛してる」と言う言葉は、ロバート・ダウニー・Jr.が実際に子供から言われた言葉を採用したセリフです。
  • スティーブ・ロジャー(キャプテン・アメリカ)・・・アベンジャーズのキャプテン。マスクも盾も捨てた男が、トニーとの友情を復活させて、再びあの衣装で帰ってくる。
  • ソー・・・アスガルドの王。サノスにトドメを刺すが、アスガルドの壊滅、世界を救えなかった敗北感に、誰よりも大きな苦悩を抱えている。
  • ブルース・バナー(ハルク)・・・ハルクに変身出来ずにいたが、ハルクの姿でもバナーの心を無くさずにいる事に成功。常にハルクの姿でいて、子供達に人気者。
  • ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)・・・アベンジャーズの基地を家として、アベンジャーズの仕事をずっと続けている。殺し屋になったバートンを迎えにいく。バートンとの会話に出てきた「ブダペストでのこと」が何なのかは、きっと新しい作品で明らかになるはずです。
  • クリント・バートン(ホークアイ/ローニン)・・・家族が消えてしまった事に希望を失い、絶望し悪人を裁くローニンに。世界を元に戻す為に家族との再会を諦めてまでも、自らの命を投げ出そうとする決意と男気を見せてくれた。
  • ジェームズ・"ローディ"・ローズ(ウォーマシン)・・・ナターシャと共にアベンジャーズの仕事を続けバートンの消息を追う。殺し屋になったバートンを恐れる。
  • スコット・ラング(アントマン)・・・量子の世界から奇跡的に現代に復活する。その経験を生かし「タイム泥棒作戦」を思いつく。唯一前向きで憎めないキャラ。
  • キャロル・ダンヴァース(キャプテン・マーベル)・・・フューリーの要請で地球にやってくる。宇宙でさまよっているトニーを助ける。消えたフューリーの写真を見て何とも言えない表情をみせる。
  • ロケット・・・アライグマ。おふざけが過ぎて、キャロルやトニーにイラッとされる場面も。仲間想いのいい奴。
  • ネビュラ・・・サノスの義理の娘。エンドゲームでは2人のネビュラが存在する。過去のネビュラを現在のネビュラが倒す。
  • ペッパー・ポッツ/レスキュー・・・世界が半分になった後も、トニーと幸せに暮らす。サノスとの戦いには、パワードスーツをきて参戦する。
  • ヴァルキリー・・・アスガルドの戦士。ソーから王位継承を受け継ぎ、アスガルドの王女となる。
  • オコエ・・・ワカンダの女戦士。

 

復活したキャラ

  • スティーブン・ストレンジ(ドクター・ストレンジ)・・・トニーに運命の結末を聞かれるが、教えたら実現しないとこの戦いの終わりが見えていた。
  • ピーター・パーカー(スパイダーマン)・・・復活した直後もおしゃべりな少年。
  • ティ・チャラ(ブラックパンサー)・・・ワカンダ王国の王。
  • ピーター・クイル(スター・ロード)・・・過去のガモーラに再開して大切な所を2度蹴られる。
  • ドラックス・・・クイルの仲間。最終決戦に参戦。
  • グルート・・・木。最強の木。ロケットの友達。
  • マンティス・・・クイルの仲間。マインドコントロールを得意とする。
  • ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)・・・ヴィジョンを殺された恨みをありったけぶつけてサノスを追い詰める。
  • ホープ・ヴァン・ダイン(ワスプ)・・・スコットの戦友。
  • サム・ウィルソン(ファルコン)・・・最終決戦の時に最初にスティーブに連絡する。
  • バッキー・バーンズ(ウィンター・ソルジャー)・・・スティーブの親友。

 

 

取り戻せない終幕

バートン/ホークアイ(ジェレミー・レナー)が家族とパーベキューをしています。

ジェレミー・レナー(公式サイト引用)

するとバートン以外の家族が消えていきます。

 

サノスとの戦いでタイタンに取り残されてしまったトニー/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)。

ロバート・ダウニー・Jr.(公式サイト引用)

ついに朝には酸素が切れてしまうという所まできてしまい、生きているかわからないがポッツ(グウィネス・パルトロー)にメッセージを残します。

グウィネス・パルトロー(ウキペディア引用)

少し眠ると横になると、ネビュラ(カレン・ギラン)が運転席に座らせます。

カレン・ギラン(公式サイト引用)

すると眩い光がトニーを起こしました。

宇宙空間にいたのはなんとキャロル/キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)です!?

ブリー・ラーソン(ウキペディア引用)

トニーを助けに来たんです!

無事に地球に生還したトニー。

生きていたポッツとも再会します。

 

スティーブ/キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)とも対面しますが、トニーは激怒!

クリス・エヴァンス(公式サイト引用)

周りがなだめて、ブルース/ハルク(マーク・ラファロ)の鎮静剤で眠りにつきます。

マーク・ラファロ(公式サイト引用)

消えた仲間を見つめるキャロル。

その中にニック(サミュエル・L・ジャクソン)を見つけます。

サミュエル・L・ジャクソン(公式サイト引用)

 

とと
ここでは悲しい再会になってしまったキャロル。悲しい表情がなんとも言えません。一瞬の表情の変化を見逃さないようにしてください。

 

サノスを探し出してストーンを奪い、消えた人達を元に戻そうと言う案が出ます。

しかし、残ったメンバーだけでまた挑んでも、またやられるだけではないかとブルース。

キャロルはは言います。

「私がサノスを倒す。」

ナターシャ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)は勝手な行動をしてチームを乱さないでと言います。

スカーレット・ヨハンソン(公式サイト引用)

キャロルは

前とは違う。前は私がいなかったから。

すごい自信です。

ローディ/ウォーマシン(ドン・チードル)は言います。

ドン・チードル(公式サイト引用)

「ヒーロー達は地球で戦っていた。君は何してた?」

「宇宙にはたくさん星がある。あなた達のようなヒーローがいない星も。」

ソー(クリス・ヘムズワース)が立ち上がりキャロルの顔の前で手をかざします。

クリス・ヘムズワース(公式サイト引用)

ストームブレイカーがソーの手をめがけて飛んできます。

顔のすぐ横を通りますがキャロルは涼しい顔。

「気に入った…。」

生き残ったアベンジャーズメンバーとロケット、ネビュラ、キャロルでサノスを倒しに行くことになりました。

何処にいるかわからないと言っていましたが、数日前にストーンを使った兆候があったためにその星に向かいます。

 

サノスは1人でいます。

ヒーロー達が羽交い締めにして、ストーンの場所を聞き出そうとします。

サノスはストーンを壊したと言いました。

ストーンを壊すためにストーンを使って自分も死にかけたと。

唯一の希望を失ってしまったヒーロー達。

ソーがサノスの首を落とし、1つの戦いに幕が閉じられました。

 

スポンサーリンク

 

5年後 わずかな希望

5年後の2023年。

地球は少しづつ平穏な時間を取り戻してきました。

 

スティーブはカウンセリングをしています。

ナターシャはアベンジャーズの活動を継続して、ロケット、ネビュラやキャロル、ローディと連絡を取っています。

ローディはマフィアが大量に殺されたと言う案件を追っていて、犯人はどうやらバートンのようです。

ナターシャはバートンの足取りを捉えたら教えてとローディに伝えました。

 

汚いトラックの中をネズミが動き回ります。

スイッチを押したようで装置が作動すると、飛び出してきたのはなんとスコット/アントマン(ポール・ラッド)です!?

ポール・ラッド(公式サイト引用)

量子の世界に閉じ込められていたスコットは奇跡的に生還しました。

現状が把握できないスコット。

消えてしまった人達を綴った銅像を見つけ、娘はいない事を願いながら名前を探します。

すると、そこに書いてあったのは自分の名前!?

消えたと思われていたようです。

家に帰ると14歳に成長しているキャシー(エマ・ファーマン)と再会します。

とと
スコットの再会はかなり複雑です。生きていたけど、大きく成長した娘に戸惑い困惑するスコットです。

 

ナターシャの所に来たスティーブ。

そこにスコットが訪ねてきます。

 

量子の世界にいたスコットはある事を思いつきます。

量子の世界は現実の世界とは時間の流れが違う。

だからそれを操作して、希望した時間に行くことができれば、過去のストーンを回収して皆を元に戻せるのではないかと!?

とんでもない考えだけど、どうしても出来るんじゃないかと想ってしまうんだと訴えます。

ナターシャは少しでも可能性があるならやってみるべきだと言います。

それにはその装置を作れる天才の力が必要です。

そうです!

トニー・スターク!!

3人はトニーの元に行きます。

トニーはポッツと結婚してモーガン(レクシー・レイブ)と平穏な生活を送っていました。

スコットが説明するも、トニーは断ります。

ここで新しい生活を送っているから、危険は犯さないと。

トニーに断られた3人はトニー以上の天才の所にとバナーの所に行くことにしました。

 

トニーの気持ちは複雑でした。

断りながらも、消えたピーター/スパイダーマン(トム・ホランド)の事が気になります。

トム・ホランド(公式サイト引用)

 

バナーの元に行くと、ハルク姿のバナーがいました!?

ハルクとバナーの精神と肉体を融合して、ハルクの姿でもバナーの状態でいれるようになったそうです。

バナーは専門外だと言うも失ったものを取り戻したい気持ちは同じなので引き受けます。

 

一方のトニーは、やらないと言ってはいましたが構想が思いつき、それが現実になる事がわかりました。

ポッツに相談します。

助けられる事は出来る。

でも、ここで辞める事も出来る。

トニーは悩みます。

 

バナー達はスコットで実験を開始します。

しかし上手くいかず、スコットが青年になったり、じーちゃんになったり、挙げ句の果てには赤ちゃんになってしまいました

 

エントランス先で途方にくれるスティーブ。

するとそこにトニーがやってきました!?

どうやらやる事にしたようです。

トニーはスティーブに仲直りしようと言って、キャプテン・アメリカの盾を渡します。

スティーブは受け取れないと言いますが、物置にしまっているとモーガンがソリにしちゃうからと渡します。

とと
トニーとスティーブが和解したシーンです。ファンにはたまらない瞬間ですが、2人の決裂を知らない方には不思議なシーンだと思います。この辺のくだりは「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を観るとわかります

 

作戦を実行するためにメンバーをかき集めます。

世界中で悪人を殺しまくっていたバートンをナターシャが迎えに行きます。

 

バナーとロケットはソーの元へ。

バナーはヴァルキリー(テッサ・トンプソン)と懐かしの再会をするも、ソーは引きこもりの飲んだくれになっていると。

ソーの元に行くと、なんとデブの飲んだくれおっさんになっています!?

見る影もありません。

バナー、ロケットの説得でなんとか連れてきました。

 

 

スポンサーリンク

 

タイム泥棒作戦

スコットの「タイム泥棒作戦」の開始です!!

公式サイト引用

生き残ったアベンジャーズが三手に別れて行う超絶ミッション!

一発勝負の作戦は

過去に戻りサノスが手に入れる前にインフィニティストーンを回収します。

3つのチームに分かれて行動して、ピム粒子が1人1つの割り当てしかないためやり直しはききません!

 

ポイント

インフィニティストーンとは?

6つ揃えた者が強大な力を得る

宇宙誕生以前から存在した6つの特異点が、大爆発によって宇宙が誕生した際にエネルギーの結晶に姿を変えたものです。

全てを揃えた者は宇宙を支配できるほどの力を得るとされています。

MCUでは『マイティ・ソー』に登場したスペース・ストーンを皮切りに出てきました。

  • スペース・ストーン

瞬間移動を可能にします。

四次元キューブに収められ、ロキからサノスが奪い取りました。

  • リアリティ・ストーン

"ストーン"と称されているが液状で変幻自在。

どんな物質もダーク・マターへと変えてしまいます。

  • マインド・ストーン

人の心を操り、判断力を惑わせます。

サノスがヴィジョンの額からもぎ取りました。

  • パワー・ストーン

接触しただけでその星の生物全てを消滅させる力を持っています。

球体オーブに収められていました。

  • タイム・ストーン

時間を操ることが可能です。

エンシェント・ワンからドクター・ストレンジに預けられました。

  • ソウル・ストーン

魂を司る力を備えます。

惑星ヴォーミアにあることを、ガモーラはサノスに隠していました。

 

 

 

2012年NY→1970年米軍キャンプ

3つのストーンが一堂に集まった2012年のNYにはトニー、スティーブ、バナー、スコットが向かいます。

バナーがエンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)をなんとか説得してタイム・ストーンを確保。

 

スティーブがS.H.I.E.L.D.(本当はヒドラ)のブロック(フランク・グリロ)からマインド・ストーンを確保。

当時のスティーブと出会ってしまうアクシデントもあったが、マインド・ストーンを使いなんとか切り抜けました。

 

1度はスペース・ストーンを回収したトニーでしたが、階段から出てきた当時のハルクにぶつかられてストーンは吹っ飛び、ロキに持ち去られてしまうというアクシデントに見舞われます!?

怒り狂うスコットに対して、トニーはスペース・ストーンと「ピム粒子」が同時にある場所を思い出します。

それは1970年の米軍キャンプ。

 

1970年にタイムスリップしたトニーとスティーブ。

ストーンを回収したトニーはなんと、父ハワード(ジョン・スラッテリー)と出会ってしまいます。

名前を聞かれ、とっさに言った名前が「ポッツ」笑

トニーが誕生を控えていた時で、モーガンのいるトニーは子供の話しで盛り上がります。

 

一方のスティーブもピム粒子を回収。

2人を怪しんだ人から隠れるために入った部屋が、かつての恋人ペギー(ヘイリー・アトウェル)の部屋!?

ガラス越しにいたペギーを見つめるスティーブ。

ペギーは気づくことなく行ってしまいました。

 

トニーに合図を送るスティーブ。

トニーはハワードに言葉を残しその場を後にしました。

トニーはハワードと話していてどことなく嬉しそう。

スティーブは逆に切ない表情がなんとも言えません。

スペース・ストーンを確保で、無事にミッションクリアです。

 

 

2013年アスガルド

ソーとロケットは消滅前のアスガルドにきます。

ソーの恋人のジェーン(ナタリー・ポートマン)に宿っている、リアリティ・ストーンを回収します。

ストーンの回収はロケットがしましたが、殺される前のソーの母親フリッガ(レネ・ルッソ)を見つけて情緒不安定に!?

会ってはいけないのはわかっているが、隠れながら後をつけます。

フリッガはすぐにソーを見つけ「隠れるのはロキの方が上手ね」なんて言われてしまいます。

現代のソーではない事を見抜いたフリッガでしたが、それでもソーに優しく接します。

ロケットが戻るというと、ソーは手をかざします。

ロケットが不思議そうにするとフリッガは「来るまでに時間がかかるのよ」と言います。

なんと、消滅したはずの「ムジョルニア」が飛んできて受け取ります!?

とと
この手をかざして飛んで来るまでの間がなんとも言えませんね!

 

リアリティ・ストーン確保で、ミッションクリアです!

 

 

2014年惑星モラグ、惑星ヴォーミア

ローディとネビュラはパワー・ストーンを。

座標をセットしてもらった船に乗ったナターシャとバートンはソウル・ストーンの元へ。

ここでは大問題が2つ発生してしまいます!?

 

ネビュラはパワー・ストーンを機械の手で回収。

パワー・ストーン確保です。

「昔は機械じゃなかったのに」と嘆くと「私も同じだ」とローディが声をかけます。

回収したので帰ろうとすると、ネビュラに異変が起こります。

その時代のサノスの元にいたネビュラとリンクしてしまい、サノスに作戦を全て聞かれてしまいます。

なんとか仲間に知らせようとしましたが、サノスに捕まります。

そして、現代にやってきたのはその時代のネビュラです。

 

惑星ヴォーミアではご存知の通り、ソウル・ストーンを手に入れるには"命"と引き換えです。

ナターシャもバートンもお互いを生かそうと必死です。

アベンジャーズを"家族"と思っているナターシャの想いが勝ち、ナターシャは命を落としました

泉に横たわるバートンの手にはストーンがありました。

犠牲を払いましたが、ソウル・ストーン確保でミッションクリアです。

 

スポンサーリンク

現代に来たサノス

元の時代に戻った一行。

ナターシャがいない事に気がつきます。

皆悲しみに浸りますが、ナターシャの想いを無駄にしないように準備を始めます。

指パッチンはかなりのダメージを食らうことから、身体の丈夫なバナーがやる事に決まり、いざ実行です!!

そんな最中、ネビュラが怪しい動きを見せます。

タイムマシーンを操作しています。

バナーが指パッチン!!

バナーの右手はみるみるうちに焼き焦げていきます。

なんとか右手だけで済んだようで、命は助かりました。

 

元に戻ったのか?

するとバートンの携帯が鳴ります。

奥さんからです!

消えたはずの奥さんから電話がかかってきました!!

スコットが窓越しに「戻ったみたいだ」と言った直後基地がロケット弾に攻撃されます!?

ネビュラによって現代に来たサノスです!?

建物が崩れ落ちます。

 

地下に落とされたローディとバナーとロケット。

ローディのスーツは壊れてしまいました。

ロケットは物に挟まれていてローディが助けます。

崩れる建物を押さえつけているバナーは何もできません!?

そこに水が入ってきて絶体絶命!!

スコットが助けに向かいました。

バートンは近くにストーンのついたガンレッドを回収しますが、敵に襲われます。

 

座っているサノスを見つけたトニーとスティーブとソー。

ソーは今度は正しく殺すと戦いを挑みます。

しかし、相変わらずサノスは強くトニーがやられ、スティーブもやられます!?

ソーがムジョルニアとストームブレイカーの二刀流で挑みますが、逆にストームブレイカーで切られそうになります。

ムジョルニアがサノスを襲います!

戻っていったのは、なんとスティーブの所!!

「持てると思っていたぞ!」ソーが叫びます!

ムジョルニアと盾でサノスを追い詰めますが、サノスも反撃に出て逆にやられてしまいました!?

 

何とか敵を巻いたバートンは近くネビュラに気がつきます。

ストーンをネビュラに渡すと、ネビュラはサノスに連絡しました。

銃をバートンに向けた所に、現代のネビュラと過去のガモーラ(ゾーイ・サルダナ)が来ます。

ガモーラに銃を向けた瞬間に現代のネビュラが過去のネビュラを撃ちます。

ストーンは守りましたが、過去のネビュラは死にました。

 

サノスは自分の軍隊を呼びます。

ものすごい数にスティーブも引きます。

すると赤い円が次々と現れました!

ストレンジ/ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が魔術師戦隊をら引き連れます!

ティ・チャラ/ブラック・パンサー(チャドウィック・ボーズマン)がワカンダ王国戦隊を引き連れてきます!

ピーター/スパイダーマン(トム・ホランド)とガーディアンのメンバー達が戻ります!

ワンダ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)やサム/ファルコン(アンソニーマッキー)、バッキー/ウィンター・ソルジャー(アンソニー・マッキー)もいます!

ヴァルキリーのアスガルド人も参戦!

さらにはパワード・スーツを着たポッツです!

スティーブが叫びます!?

 

「アベンジャーズ!アッセンブル!!」

 

最終決戦が始まります!?

果たしてどちらが勝つのでしょうか!?

ヒーロー達の運命は!?

 

 

↓続きを見たい方はこのまま下がってください!!↓

 

 

 

スポンサーリンク

クライマックス(ネタバレ注意!!)

この先はクライマックスのネタバレがあります!!

ご覧になる際はお気をつけください!!

 

大軍VS大軍の入り乱れての戦い!?

そんな中、ピーターがトニーの元に駆けつけます!

トニーがピーターに抱きつけます。

とと
トニーの顔が本当に安堵の表情になっています。トニーがずっと、叶えたかった事ですからね。

 

クイル/スター・ロード(クリス・プラット)は過去のガモーラと再会?します。

クイルは感極まり近寄りますが、ガモーラはまだ恋が芽生えていない時。

大切な所を2度蹴り上げます!?

 

バートンがストーンを持って走ります。

「キャプテン!これどうするんだ!」

「なるべく遠くに持っていってくれ!」

バナーが叫びます。

「ダメだ!ストーンは元あった場所に戻さないと」

「タイムトラベルはもう使えない」トニーが言います。

「タイムマシーンはそれだけじゃないよ」

スコットが叫び、スコットの車が転がっています。

スコットとホープ/ワスプ(エヴァンジェリン・リリー)はタイムマシーンのある車を目指します。

 

ストーンはバートンからティ・チャラへ。

ティからピーターにリレーされていきます。

 

ワンダがサノスと対面します。

ワンダはヴィジョンの仇とばかりに超パワーでサノスを追い詰めます!?

サノスは上空から攻撃を命じます。

敵味方問わず攻撃して物凄いことに!!

すると何故か攻撃は上空に向かいます。

トニーがジャービスに確認すると、大気圏に突入した何かに攻撃してると。

それは…。

そう!キャロルです!!

超パワーで上空の艦隊をなぎ倒します!!

ピーターの元に行き、私が運ぼうか??と言います。

キャロルの元に女戦士達が集まります!

サノスを退けながらタイムマシーンに向かうとサノスはキャロル、タイムマシーンごとなぎ払います。

ついにサノスがストーンを手にしてしまいました!?

キャロルが超パワーで外そうとしますが、パワー・ストーンを外し、その力でキャロルを吹っ飛ばします。

トニーが外しにかかりますが、やはり吹っ飛ばされます。

「私は絶対なのだ!」

サノスが指パッチンしてしまいました!

しかし、何も起こりません。

ガンレッドを見てみると、ストーンがありません!?

ストーンはトニーの元に!

ストーンがトニーの手についていきます。

「私はアイアンマンだ」

 

指パッチン!

 

サノス軍団が消えていきます。

最後にサノスが消えて勝利です!!

 

しかし、トニーが瀕死の状態に!?

ローディが声をかけます。

 

ピーターがきて

「スタークさん、スタークさん!スタークさん!!」

 

ポッツがきます。

「大丈夫。ゆっくり休んで」

 

トニーは死にました・・・。

 

トニーの葬儀。

ポッツは

「トニー・スタークにも心がある」

プレゼントしたアーク・リアクターを川に流します。

皆で見送ります。

 

ハッピー(ジョン・ファヴロー)がモーガンに話しかけます。

「大丈夫?お腹すいた?何食べたい?」

モーガンが答えます。

チーズバーガー

ハッピーはなんとも言えない表情をして「好きなだけ買ってあげる」と言います。

とと
ここが1番泣けましたね!知るはずのない父親の好物を答えた時、涙が出ました。

 

バートンはワンダといます。

「ナターシャに知らせたかった。

やったぞ!やりとげたぞって…。」

ワンダは

「知ってるわよ。2人とも」

ヴィジョンの事です。

 

バートンは家族の元に戻ります。

 

ソーは王座をヴァルキリーに託します。

そしてソーはクイルの船に乗り込みます。

一緒に行くようです。

相変わらず船長は俺だなんて話をします。

スコットはホープとキャシーと一緒にいます。

ティ・チャラは母親とシュリ(レティーシャ・ライト)と国を見つめます。

ピーターは親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)と学校で再開して抱き合います。

 

スティーブはストーンを元の時代に戻しにいきます。

バナーが操作して、サムとバッキーが見守ります。

どのくらいで戻る?

スティーブが何年あっちにいても、たったの5秒で戻るそうです。

スティーブが消えて、5秒後に戻る予定が…どこにもいません。

バッキーがおじーさんを見つけサムに行けと言います。

スティーブは自分の時間を過ごしたかったと、過去に戻った時にペギーと人生を過ごしました。

そしてサムにキャプテン・アメリカの盾を託します。

サムはペギーとはどうだった?と聞きます。

スティーブは「それは胸にしまっておこう」と答えます。

スティーブがペギーとダンスを踊っているシーンで物語は幕を閉じました。

 

 

長丁場の内容、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-MARVEL, ハンカチ必須!涙無しでは観られない作品
-

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.