ハラハラドキドキが止まらない作品

映画『バトル・ドローン』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|勝率0%でも生存率100%のチーム

映画「バトル・ドローン」あらすじ紹介 感想まとめ

 

映画「バトル・ドローン」は2019年公開のアメリカの映画です。

いくら攻撃しても止まることのない殺人兵器!

果たして彼らはどうやってその窮地を脱したのでしょうか!?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

作品名 感想

「攻撃は最大の防御」って言いますが、まさにこの作品はこの言葉が合うのではないでしょうか!

相手は最強の殺人兵器!

容赦なく襲ってくる相手に退散するしかありませんが、よくある作品は逃げ惑いながらなんとか生き延びようとすると思います。

しかし、この作品は逃げる為に相手に向かっていき、生きる為に戦います。

その決断をするリーダーと、リーダーの決断に一切の迷いもなくついて行く仲間達。

それがカッコよくて、しかもこのチームはかなり強くて結束力が凄いので、誰一人死んで欲しくなくずっと手に足に力が入りながら見てしまいました。

ピンチの仲間を代わる代わる他の仲間がカバーしながら殺人兵器と戦い、それでも襲い続けてくる敵に傷つき、武器をなくしても最後まで戦い続けるチームとチームワークがこの作品の最大の見所なんじゃないかと思います。

 

動画配信サービスの評価

(3.4)

 

配信されている動画サイト

オススメ!

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~ 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題! 面倒な回線契約や特別な機器は一切不要♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

最強のチーム

レイカー(ルイス・マンディロア)がリーダーの傭兵部隊はロシアでミッションに望んでいました。

ルイス・マンディロア

アルカサル共和国の統治者を生かして捕まえます。

協力者は殺してしまうようです。

 

2人がいるパーティー会場を襲撃します。

2人の関係者以外には手を出さないようです。

ようなのですが、仲間の1人はただの配膳係に手を出しています。

 

ここがポイント

ここのシーンもですが、戦闘シーンがスローモーションになるという映像になります。

戦闘シーンは素早く事が進む事が多いので、スローモーションだとわかりやすくていいですね。

 

「俺を誰だと思ってる!」

「知るか!俺にとってはただの標的だ」

レイカーカッコよく決めます!

思ったより早く警察が来てしまったので逃げようとしますが、どうする?という話しになります。

 「配膳係の車は?」

結果的には配膳係がいなくなったのがよくなってしまいました。

 

身柄をCIAに渡します。

ヘイズ(ドミニク・スウェイン)は何やら不服そうです。

ドミニク・スウェイン

レイカーの事があまり好きではないようです。

 

スポンサーリンク

 

最強VS殺人

レイカーは武器商人のカール(マイケル・パレ)から次なる依頼を受けます。

マイケル・パレ

CIAも絡んでいるこの依頼は、ある場所から武器を回収し、アルカサル共和国の反乱軍に流すというものでした。

この任務にヘイズも同行します。

 

現場に着いた一行。

待ち伏せされている可能性があるのに何故か静まり返ってます。

シロウ(ダン・サウスワース)に偵察に行かせるも何の問題もありません。

ダン・サウスワース

ヴァル(ナターシャ・マルテ)に周りを確認させても何もいません。

ナターシャ・マルテ

不思議に思いながらも警戒して進むとヴァルが

「右に敵!」

叫んだ瞬間、銃弾が飛んできます!

ヴァルは2発撃ち命中したと言います。

しかし、銃撃は終わりません。

グリゴリ(オレッグ・タクタロフ)が援護して他の連中は建物の中に避難。

オレッグ・タクタロフ

グリゴリも後を追いますが、撃たれてしまいました!

やられたかと思ったら防弾チョッキを着ていて助かりました。

レイカーのチームは皆無事でしたが、CIA部隊は3人しか残っていません。

ヘイズは敵は複数いるといいますが、弾道は1方向からだった、場所を変えて撃っただけだ。

3方向から撃たれたら全滅していたというレイカー。

分析が凄すぎます!

 

脱出するには敵を知らないといけないと言うとで、相手と接触に行きます。

シロウは1人で動いていました。

他の仲間より先に敵に遭遇!

敵はどう見てもロボットです。

シロウは接近戦が得意ですが、どんな攻撃をしてもビクともしません。

何とかその場はやり過ごせました。

 

レイカー達もひらけた場所で適と遭遇。

「何だあれは!?」

銃撃戦が始まります!

 

ここがポイント

レイカーのチームはいろんな方向に散らばり、片方の仲間が狙われてる時は違う方向の仲間が攻撃して、そちらに狙いが変わったら違う方向の仲間が攻撃する。

物凄い連携プレーを見せます。

 

 

無敵に思えた敵も段々とダメージを食らっています。

燃料を爆破させます。

だいぶダメージを食らっています。

が、なんともう1体現れました!?

レイカー達はその場を離れます。

スポンサーリンク

 

ハメられたレイカー

レイカーはヘイズを問い詰めます。

「あれは何だ!?ハメたのか!?」

しかしヘイズは何も知らないよう。

1つだけわかったのは、ヘイズを含めカール達にハメられたと言うことです。

そこにシロウがきます。

3人でロボを倒しに行きます。

 

一方、ダックス(ジェイソン・アールズ)とCIAの男が一緒に行動しています。

ジェイソン・アールズ

ダックスが2階にヴァルがいるのを確認。

ダックスは「ここじゃ狙われる。おびき寄せるから銃をかしてくれ。生還したいだろ?」

男は銃を渡します。

するとダックスは男の足を撃ちます。

動けなくなり大声を出す男。

サイテーですね汗

 

おびき寄せるのには成功したようで、ロボがきます。

男は「監視役だ!あっちにいるぞ!」と言うと、男を素通りしてダックスを攻撃し始めます。

ヴァルも上から狙います。

グリゴリがきてロボを押さえつけます。

ヴァルが威力の強い弾を使い頭を打ち抜きます。

するとロボは活動を停止しました。

あれだけ撃っても平気だったのに、威力と場所がマッチすれば倒せるようです。

 

ロボの前に立つレイカー。

ロボは撃とうとします。

レイカーの前にヘイズが立ちます。

観察者は撃たないようになっているためロボは撃ちません。

上からシロウが攻撃。

続けて3人で攻撃して撃破!

 

スポンサーリンク

犠牲者0の奇跡

皆が集まりヴァルは男の話をします。

自分を認識させてやり過ごしたと。

レイカーはロボを調べに行くと言います。

そしてダックスに男の子守をしろと。

ようは、話をさせるための拷問ですね。

レイカーは殺すなとだけ言って行きます。

男の叫び声が汗

調べも終わり戻ると男は死んでいます。

ダックスは命令を無視したようです。

 

ロボはドローン。

遠隔操作で動いています。

そして2体以外にもっと数があるようです。

レイカー残りが襲ってくると準備します。

こちらの動きは知られていない為、それを利用して対応するようです。

 

たくさんのドローンが動き始めました。

1体、2体目は難なく倒せました。

次からはバラけて行動です。

ドローンが妙な音を立てて立っています。

近づいてみると違うドローンが待ち伏せしていました。

一気にピンチに!

グリゴリは身を呈してドローンと落ちます。

グリゴリは動かずドローンは無傷です。

ヴァルは足を打たれます。

シロウが助けに入りますが全員ピンチです。

レイカーはドローンを倒す手立てがないと。

ヘイズもあれだけ素早いとどうしようもないと言います。

「素早い?」

レイカーは、何かに気づきます。

遠隔操作しているなら動きに遅れが出るはず。

これだけ素早く反応できるとしたら、近くで操っているはず!

 

屋上に行くとレイカー。

ドローンも追ってきます。

屋上に出て何かを見つけ銃をむけるレイカー。

出入り口で食い止めているヘイズも限界!

ドローンが来てしまいます!

レイカーは銃を3発撃ちます!

 

 

果たしてレイカーは何に撃ったのでしょうか!?

チームの生存は100か、それとも0か!?

クライマックスはぜひ、作品を見て確かめてみてください!

スポンサーリンク

-ハラハラドキドキが止まらない作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.