MARVEL 最新映画情報

【待望!】ナターシャ・ロマノフの事ちゃんと知ってる?マーベル最新映画『ブラック・ウィドウ』公開前にしっかりとおさらいしよう!

marvel公式サイト引用

とと
こんにちは!映画大好きお父さん「とと」です。この記事では2020年に公開が決定しました映画『ブラック・ウィドウ』に登場する「ナターシャ・ロマノフ」の情報が詳しく書いてあります。ついに明かされる「ナターシャ・ロマノフ」の過去。いきなり映画見て大丈夫ですか?ナターシャの事しっかり思い出してからの方がいいんじゃないですか?
映画公開は楽しみにゃ!でも、ナターシャは好きにゃーけど、実はよく知らないにゃ(汗)これじゃ映画が楽しめないにゃ!
ふわり
とと
大丈夫!そんなあなたの為に、この記事でナターシャの魅力をたっぷりと伝えるから!

全世界歴代興行収入記録を塗り替えるメガヒットとなった作品をご存じでしょうか?

そうです!マーベル・スタジオが制作した『アベンジャーズ/エンドゲーム 』です!

その衝撃の記録も記憶に新しですが、その興奮冷めやらぬうちに次の作品の公開が決まりました。

その名も『ブラック・ウィドウ』。

ブラック・ウィドウとは美しくも超一流の暗殺者「ナターシャ・ロマノフ」の事です。

これまで明かされなかった、彼女の過去がついに明かされます。

この記事には、最新の映画情報とこれまでのナターシャ・ロマノフの事がよくわかります。

ブラック・ウィドウ初の単体作品が始まる前に「ナターシャ・ロマノフ」の事をしっかりと知っておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

2020年5月1日公開 映画『ブラック・ウィドウ』 最新情報

彼女が戦いの裏で向き合っていた秘められた過去、
そして『アベンジャーズ/エンドゲーム』で下した決断に至る、生き様――

万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた世界最高のエージェントであり、過酷な訓練によって育てられたスパイにして超一流の暗殺者。ずば抜けたスキルを平和のために役立て、ヒーロー集団アベンジャーズのメンバーとしても活躍。美しさと強さを兼ね備えたブラック・ウィドウは観客のみならず、アベンジャーズのメンバーからも人気を博すキャラクター。それだけに「エンドゲーム」で彼女が下した決断は世界に衝撃を与えました──。このたび公開された映像は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』後の時代を背景に、ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ(演:スカーレット・ヨハンソン)の「私には何もなかった やがて使命を見つけた」という印象的な台詞で始まります。孤独な暗殺者だったブラック・ウィドウがアベンジャーズとしての使命にたどり着き、「色々あったけど、もう過去から逃げない」と、大きな争いの裏で自分自身と向き合う覚悟をしている様子が描かれます。そしてナターシャが“妹”と呼ぶ、彼女同等の戦闘能力を持つ初登場のエレーナ(演:ローレンス・ピュー)と、自分自身と戦っているような動きのシンクロ率で息つく暇もない鋭い格闘シーンが描かれたと思えば、原作コミックでは“ロシア”のキャプテン・アメリカと呼ばれるヒーローらしかぬぽっちゃりボティの父アレクセイ=レッド・ガーディアン(演:デヴィッド・ハーバー)、 母メリーナ(演:レイチェル・ワイズ)、そして妹エレーナが食卓を囲む、“家族の再会”シーンが登場。しかしその様子は感動の再会とは言いがたく、どこか不穏な空気も―。 “美しき最強のスパイ” ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフの謎に包まれた過去と秘密の一端が垣間見え、「エンドゲーム」で彼女を失ってしまったファンにとっても嬉しすぎる初解禁映像となっています。

公式サイト引用

作品の映像と、ポスターが世界解禁となりました。

これはファンにとってはたまらない映像となっていますね。

『妹』と呼ぶ女性や、太ったわねとぼやかれるぽっちゃりボディの父。

ぎこちないように見える家族の再会は、どうなるのか期待の膨らむシーンでしたね!

 

最新映画ココがポイント

  1. ナターシャの過去とはどんなものなのか?
    過去の事に1番拘っていたのは本人のように思えるナターシャ。これまで語られる事の少なかった事ですが、一体どんな過去に苦しめられてきたのかというところが1番知りたいポイントですね。
  2. ブダペストであった出来事とはなんなのか?
    アベンジャーズ/エンドゲーム 」で惑星ヴォーミヤに行く途中でバートンが口にした「ブダペストからここまでくるとはな」という言葉。ずっと気になっている人も多いと思います。きっとこの作品で明らかになるはずなので、ブダペストで何があったかも知りたいポイントの1つです。
  3. スルーできないお父さん!?
    初公開になった映像に写っている、ぽっちゃりのお父さん!?これはスルーできないですよね!原作ではロシア版”キャプテン・アメリカ”と呼ばれているようですが、その容姿に誰もが2度見したのではないでしょうか?そしてナターシャが「妹」と呼ぶエレーナ。家族で集まった時のただならぬ空気感。何があって、そして敵なのか!?味方なのか!?気になりすぎるポイントです。

 

このように、気になる事はたくさんありますが、これからどんどん情報も公開されていくだろうから、この記事で常に最新情報を追いたいと思います!

 

登場人物

今、わかっている登場人物を紹介します。

ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)/スカーレット・ヨハンソン

映画.com引用

今作品の主人公。

「色々あったけど、もう過去から逃げない」

彼女はどんな決意をしたのでしょうか。

・1984年11月22日、ニューヨーク生まれ。8歳から舞台に立ち、「野良猫の日記」(96)でインディペンデント・スピリット賞の主演賞候補に。2008年に結婚したライアン・レーノルズと11年に離婚。

14年にフランス人ジャーナリストと再婚(娘が1人)したが、17年に離婚。

 

エレーナ/フローレンス・ピュー

ウキペディア引用

ナターシャが妹と呼ぶ女性。

ナターシャと同じ動きをする事から、生い立ちやナターシャとの関係にただならぬ気配を感じる。

・1996年1月3日イングランド、オクスフォードシャ生まれ。

2014年のミステリー映画「The Falling」で、デビューする。

 

アレクセイ=レッド・ガーディアン/デヴィッド・ハーバー

ウキペディア引用

ナターシャの父。

ロシア版”キャプテン・アメリカらしいが、その容姿はとてもスーパーヒーローに見えない。

・1975年4月10日ニューヨーク州生まれ。

代表作品に「エンド・オブ・ウィッチ」「イコライザー」などがある。

 

メリーナ/レイチェル・ワイズ

ウキペディア引用

ナターシャの母。

ナターシャの父に「太ったわね」とツッコミを入れる彼女の全貌はまだ明らかになっていない。

・1970年3月7日、イギリスのロンドン生まれ。ケンブリッジ大学在籍中に劇団を結成、エジンバラ演劇祭でガーディアン賞を受賞。舞台『生活の設計』で注目され映画界入り。「ナイロビの蜂」(05)でアカデミー助演賞。2011年にダニエル・クレーグと結婚。

 

スポンサーリンク

ナターシャ・ロマノフとはどんな人物?

公式サイト引用

アベンジャーズシリーズでもとても人気の高いナターシャ。

しかし、詳しくは知らないという人も中にはいると思います。

そんな方の為に、「ナターシャ・ロマノフ」の事を詳しく紹介していきます。

 

世界最強のスパイからS.H.I.E.L.D.のエージェントへ そしてアベンジャーズ のメンバーに

ナターシャはロシアのスターリングラード(現在はヴォルゴクラードとなっています。)で生まれます。

アスリートとして活躍した後、スパイとしての訓練を受けます。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で、バレリーナの練習をしているシーンがあるので、バレエの選手だったのかもしれません。

S.H.I.E.L.D.加入の辺りの生い立ちが、原作のコミックと映画では少し違うようです。

コミックではアベンジャーズに参加した後にS.H.I.E.L.D.に加入しているようですが、映画では「アイアンマン2」で初登場した時点でS.H.I.E.L.D.のエージェントでした。

S.H.I.E.L.D.崩壊後はアベンジャーズの一員として活躍し、トニー(アイアンマン)がアベンジャーズを去った時はリーダーとして指揮をとります。

デシメーション(ラスボス「サノス」がインフィニティーストーンで世界の半分を消した出来事)後は、崩壊した地球の秩序を守ろうと、アベンジャーズ本部で活動を続けていました。

「アベンジャーズ」の仲間を、そして「アベンジャーズ」を『家族』というくらいに大切にして、そしてその『家族』を取り戻す為に、その身を犠牲にしました。(参考「アベンジャーズエンドゲーム 」)

 

戦闘能力

ナターシャはスーパーパワーを持たない登場人物となっていますが、原作コミックではスパーソルジャー血清を打たれた「強化人間」ということになっています。

ナターシャの戦闘シーンや人間離れした動くを見ると、そちらの方が納得できるのですが・・・。

しかし、これまでの映画ではそう言った内容は出てきてはいませんし、もしかしたら新作の中でその辺も描かれているかもしれないので、今の所の情報でお伝えします。

世界トップクラスのアスリートだった上に、体操やアクロバット、空中曲芸、あらゆる武道を身につけています。

ナターシャの戦闘は独特で、相手に飛びつき、アクロバティックのような動きで相手に絡みつき、地面に投げつけるという攻撃をよくします。

世界トップクラスのアスリートだった上に、体操やアクロバット、空中曲芸、あらゆる武道を身につけているからこそできる攻撃ですね。

そして、様々な武器の扱いも優れていて、ジェット機、バイクの運転もこなし、さらにはコンピューターのハッキング技術にまで精通しています。

さらには演技も上手です。

窮地に追い込まれているフリをして相手から情報を聞き出すのが得意で、それがよくわかるシーンが、映画「アベンジャーズ」にあります。

そして、なんとあの人を騙す事が得意なロキ(ソーの義理の弟)相手にそれをやります。

騙すのが得意な奴を騙してしまうのだから、相当の演技力です。

 

ここまでを見てもらってわかる通り、かなりの凄腕エージェントです。

まあ、これだけの能力があるから「アベンジャーズ」のメンバーの中にいても引けを取らない存在なのでしょう。

 

弱いところもある

凄腕エージェントで、多種多様に動けて、すごく強い女性に見えますが、弱い部分を見せることもありました。

 

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」では、フューリーの死に涙を流します。

このシーンは意外で、「ナターシャも人の死に泣くんだ!?」と思っちゃいました。

それだけフューリーが大切な人だったという事ですが。

その後、「S.H.I.E.L.D.に加入して変われると思ったのに、この仕事に向いてないかも」と弱音を吐く場面もありました。

 

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」では、ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)にマインドコントロールされて、メンバー内がバラバラになる場面があります。

マインドコントロールによりバナー(ハルク)が街で暴れてしまって、世間が本当のハルクの姿を知ってしまったと、バナーは消えようとします。

そんなバナーにナターシャは

「私には残れっていうの!?」

と言い、続けて

「私は夢を見ていた。それが現実だと思っていた。でも夢から覚めて・・・。」

「どんな夢?」バナーは聞きます。

「私はアベンジャーズで、暗殺者だった自分とは全く違う自分になれたっていう夢。」

「もしあなたが逃げるなら、どこまでもついて行く。」

こんな事を口にします。

アベンジャーズの一員になって、過去の自分とは消えたと思っていたけど、ワンダに過去の自分を見せられ、過去の自分は消えないと突きつけられたような形ですね。

あのナターシャがここまで弱気な台詞を話したのは、かなりびっくりでしたね。

 

こんな形で、強い姿だけでなく、弱い一面も見せていました。

 

1度だけ語った過去

これまで過去は明かされなかったとありますが、実は1度だけ過去を語ったシーンがあります。

これも「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でのシーンですが、上記で書きましたバナーとのシーン。

ナターシャはバナーと一緒に行く事を告げると、バナーは「気は確かなのか?」と突き放します。

ハルクに変わってしまうという特殊な性質を持つバナーは、

「僕といても未来はない。僕は怪物なんだ。わかるだろ?家族も子供ももてっこないんだ。」

こう言ったバナーに対して自分も同じだと言います。

スパイの養成学校には卒業の儀式があったようで、その内容は「不妊手術」だったそうです。

ナターシャはこう言います。

「合理的なの。面倒が一つ減る。任務より大事になるものが一つ減る。人を殺す事が簡単になる。」

涙ながらに語る過去は、あまりにも悲しすぎました。

 

このように、強く美しくも、とても悲しい過去を持つ女性がナターシャという人物です。

 

 

スポンサーリンク

ナターシャ・ロマノフ出演作品

映画.com引用

 

では、ナターシャが出演している作品を紹介したいと思います。

マーベル・シネマティック・ユニバースでの出演作品は計7作品あります。

どれも大活躍しますが、見所も一緒に紹介していきます。

 

 

アイアンマン2

映画『アイアンマン2』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|ラストのローディとのコンビは必見!ナターシャも登場

続きを見る

マーベル作品、初登場です。

スターク・インダストリーズ社に法務部として潜入して、トニーに気に入られます。

フューリーにトニーの監視役と「アベンジャーズ」にふさわしいかの判断の任務を与えられていました。

イワンの悪巧みを阻止する為に、ハマーのラボに向かいハッキングされたウォーマシンを正常に戻すなど、トニーを手助けします。

印象深いシーンは、ハマーのラボに向かう途中、ハッピーが運転しているのに、ドレスから戦闘服に平然と着替えているシーン。

ハッピーはその姿に気を取られ、事故を起こしそうになります(笑)

Amazon引用

パーマのウネウネ髪が印象的で、まだ幼く感じますね。

 

アベンジャーズ

映画『アベンジャーズ 』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|史上最強に仲の悪いスーパーヒーローたち!

続きを見る

中の悪い最強チーム。

そのチームの紅一点。

人並み外れたその能力はこの作品で、余す事なく発揮しています。

ロキに過去の事を言われて、戦意喪失したような絶望的な表情をしていたのに、ロキの狙いを聞き出した瞬間表情が一転、ケロッとした表情で話始めるところがなんとも言えないシーンです。

シネマトゥデイ引用

妖艶漂う感じですね。

この時の日本でのキャッチコピーは「ありえないほど《妖艶》」。

 

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

【複雑な再会】映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」あらすじ紹介【ネタバレ】感想まとめ|フューリーが死んだ?乗っ取られたシールドと追われるスティーブ!?

続きを見る

逃亡するスティーブと共に行動した。

ナターシャはこの作品の最後にはかなりかっこいい台詞を言います。

「投獄なんてできないはず。私も私の仲間もね。

何故だかわかる?

いないと困るからよ。

確かに今世界は無防備よ。

そうしたのは私たち。

でも、世界を守れるのも私たち。

私を逮捕したいならすれば?

逃げも隠れもしない。」

映画.com引用

なかなか見る事のない、ストレートの髪型です。

 

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

映画『アベンジャーズ /エイジ・オブ・ウルトロン』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|豊富な登場人物もしっかりと紹介!

続きを見る

この記事でも書きましたが、弱音をはく弱いナターシャが見られるのはこの作品です。

弱いと言っても戦闘になればいつものナターシャです。

バイクに乗り疾走する所は、本当にかっこいいです。

バイクに乗りながら、キャプテン・アメリカの盾を拾って「男の子はすぐ散らかす」と言ったところが印象的です。

公式サイト引用

蒼く光るスーツが一押しですね。

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

【史上最大の仲間割れ】「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」あらすじ紹介 感想まとめ|新たな戦士参戦!トニーの驚愕の真実とは??

続きを見る

トニーが不在の中、リーダーとしてチームに在籍している。

ブラック・パンサーの勧誘など、精力的に動きます。

チーム存続を第1に考えますが、スティーブの気持ちを察して逃してあげます。

シネマカフェ引用

ソコヴィア協定には賛成したものの、最後はスティーブと共に逃亡生活を送る。

 

アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー 』あらすじ紹介 感想まとめ|世界の半分が消える!?最強サノスの野望

続きを見る

スティーブと一緒に逃亡していましたが、連絡を受け助けに駆けつけます。

髪の色がアッシュブロンドと、これまでにない姿で登場します。

戦闘能力はもちろんこれまでと変わらず、サノス軍の幹部を苦戦しながらも見事倒していきます。

公式サイト引用

戦闘服もこれまでとは違った形になっていますね。

 

アベンジャーズ/エンドゲーム

【チーズバーガーに大号泣!】映画『アベンジャーズ /エンドゲーム』【ネタバレ】感想まとめ|これを読めば全てがわかる!27.98億ドル!?興行収入トップに輝く究極の作品

続きを見る

アベンジャーズを誰よりも愛し、仲間を「家族」だと言っていたナターシャ。

その「家族」のためなら、命をなくす事をなんとも思いませんでした。

彼女の「エンドゲーム 」は涙なしには見れません。

シネマトゥデイ引用

ナターシャの強い”想い”は見てるもの全てに伝わったはずです。

 

 

物語的には飛び飛びなのですが、ナターシャの事を知るにはこの7作が必要なので、最新映画が始まる前にしっかりおさらいしておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ナターシャの事を知らないという方も、ナターシャという人物が少しはわかったんじゃないかと思います。

これまでの物語から、過去にとんでもない事があったと想像できますので、最新作はその過去が余す事なく伝えてくるのだろうと思います。

公開までまだ時間はあります。

これまでのナターシャをしっかりと知って、最新作に挑みましょう!

スポンサーリンク

-MARVEL, 最新映画情報

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.