MARVEL ハラハラドキドキが止まらない作品

【複雑な再会】映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」あらすじ紹介【ネタバレ】感想まとめ|フューリーが死んだ?乗っ取られたシールドと追われるスティーブ!?

ディズニーサイト引用

とと
こんにちは!映画が大好きなお父さん「とと」です。この記事には映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」について、ととの感想やあらすじの紹介などが書いてあります。逃亡犯となったキャプテン・アメリカ!?一体何があって逃亡犯になったのでしょうか??
キャプテンが逃亡するくらいだから、何か理由がありそうにゃーね?
ふわり
とと
そうだね。しかも今回は嬉しくも複雑な再会もあるから、見逃せない作品だね。

評価

  • とと
    (5.0)はなまる満点です!
  • 映画.com
    (4.0)
  • Yahoo!映画
    (4.20)

映画「キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー」は2014年公開のアメリカのスーパーヒーロー映画です。

「アベンジャーズ」のNY決戦から2年。

S.H.I.E.L.D.のフューリーの元で任務をこなしていたキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース。

ブラック・ウィドウことナターシャと任務をこなすうちに、全滅したはずのヒドラの陰謀に巻き込まれていく。

そして、目の前に現れたのは、かつての戦友!?

とんでもなくしつこいヒドラとの、見逃せない戦いが激しく始まります。

 

 

スポンサーリンク

映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」 感想

作品を通じて、息もつかせないくらい激しい内容にハラハラドキドキが全く止まりませんでした。

その中に複雑な再会が待っていて、見てる側もものすごく切なくなり、悲しくなり、そして嬉しくも感じました。

 

息も止まらぬ攻防戦

マーベルシリーズの戦闘シーンの激しさは、迫力共にトップレベルですが、それに加えてこの作品は、物語の内容がキャプテンアメリカが指名手配犯になり、世界最高峰の部隊から追われるという内容なので、本当にしつこくしつこく追われます。

その度に生き残るスティーブとナターシャ。

それでも、追ってくるという展開に、これまでにないくらいハラハラさせられました。

スティーブは能力が凄いので、それほど感じませんが、一緒に逃げているナターシャやサムは普通の人間。

ナターシャもサムもアベンジャーズの一員ですが、それでも「無理だろ!」と思うくらいの展開になります。

そこが更にハラハラに拍車をかけてくれます。

本当に瞬きできないくらいの展開が、スカッとした爽快感をくれました。

 

複雑な再会

キャプテン・アメリカ事、スティーブ・ロジャースは70年氷漬けになっていて現代に蘇りました。

その当時の仲間は今はいません。

前作を見た人ならば、気になるとは思う事。

「ペギー・カーター」との再会です。

70年と言う歳月が経っているので、いなくなっているという設定でもおかしくはありませんでしたが、この再会はしっかりと叶いました。

すっかりおばーちゃんのペギーですが、彼女が本当にスティーブなんだ、長かったと涙する所は前作を見ているこちらも涙してしまいますね。

でも、本当に良かったなと思ってしまう場面です。

そして、バッキーとの悲しい再会です。

バッキーはスティーブが実験前のひ弱な事も、親友として下に見る事なく接していた人物です。

共に戦いましたが、目の前で命を落としてしまいました。

その親友と敵同士での再会。

スティーブは「君とは戦えない」と戦闘を拒んでしまいます。

そんなバッキーとは最終決戦で対決しますが、何十万人もの命を守るために、バッキーと戦うのかという所は最大の見所ですね。

 

サムが素敵

アベンジャーズシリーズでは結構脇役のように感じていたファルコンことサムですが、この作品ですっかりファンになってしまいました。

まず、戦闘能力がかなり高いという所です。

どちらかと言うと攻撃のキャラという印象はなかったのですが、すごく強いです。

戦闘機が襲ってきても、それをもかわしてしまうシーンはかなり見応えがあったし、かっこよかった!

そして、戦い以外の所ではありますが、スティーブに大きな影響を与えるシーンがあります。

「エンドゲーム」でスティーブがカウンセリングをしている場面があるのですが、実は元はサムがやっていた活動なんです。

サムは戦場で相棒を亡くしました。

その出来事で心に傷を負ってからは、現場を離れ同じように心に傷を負った人のカウンセリングをしていました。

その姿を見たスティーブは、その姿に感銘を受けて自身がピンチの時真っ先にサムを頼ったんだと思います。

サムの戦闘能力、人柄がこの作品ではよくわかりました。

 

総合

息も止まらぬ展開と迫力のシーンはもちろん、スティーブの悲しい再会など、戦い以外の点でも非常に見応えがあり、とてもいい作品でした。

ただ、前作の「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」を見ないと、内容がわからない所があるので、そこは注意しないといけませんね。

 

関連商品

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

登場人物

役名/演者名

スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)/クリス・エヴァンス

映画.com

S.H.I.E.L.D.のエージェントとなり活動。

現代の暮らしに慣れようとしているが、エレベーターに音楽が流れていない事のギャップにはまだ慣れていない。

1981年6月13日マサチューセッツ州ボストン生まれ。ダンサーだった母の元でダンスと演技を学び、リー・ストラスバーグ・インスティテュートでも学んだ。2000年頃から『The Fugitive』(60年代の「逃亡者」のリメーク)、「ボストン・パブリック」などのTVシリーズや映画に出演。アメコミ・ヒーロー役で人気者に。

 

ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)/スカーレット・ヨハンソン

映画.com

フューリーの指示でスティーブと行動する。

ウィンター・ソルジャーとは前回負けた借りがある。

1984年11月22日、ニューヨーク生まれ。8歳から舞台に立ち、「野良猫の日記」(96)でインディペンデント・スピリット賞の主演賞候補に。2008年に結婚したライアン・レーノルズと11年に離婚。

14年にフランス人ジャーナリストと再婚(娘が1人)したが、17年に離婚。

 

ジェームズ・ブキャナン・”バッキー”・バーンズ(ウィンター・ソルジャー)/セバスチャン・スタン

映画.com引用

スティーブの親友だが、記憶をなくされている。

過去50年に20件以上の暗殺を遂行した実力者。

1982年8月13日、ルーマニアのコンスタンツァ生まれ。ウィーンとニューヨークで育つ。学生時代から舞台に立ち、ロンドンのグローブ座にも留学した。「キャプテン・アメリカ」(11)のバッキー・バーンズ役で注目される。TVでは「ゴシップガール」や「ワンス・アポン・ア・タイム」などに出演。

 

サム・ウィルソン(ファルコン)/アンソニー・マッキー

映画.com引用

元アメリカ軍落下傘部隊兵士。
戦場で相棒を亡くしている。
今作品一押しの人物。

1978年(79年説あり)9月23日、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。ジュリアード音楽院を卒業後、舞台俳優としてオフ・ブロードウェイで活躍し、2002年にオビー賞を受賞。

 

マリア・ヒル/コビー・スマルダーズ

映画.com引用

S.H.I.E.L.D.の副館長を務める。

どんな任務も冷静沈着にこなす。

サムに初めて会った時は「この人誰?」と少し笑える反応をするけど、最後の作戦ではいい連携をみせる。

1982年4月3日、カナダのバンクーバー生まれ。ハイスクール時代にスカウトされてモデルの仕事を始め、卒業後はトップモデルとして、パリ、ニューヨーク、ミラノ、東京など、国際的に活躍する。2002年からTVや映画に出るようになるが小さな役ばかりで、05年からTV「ママと恋に落ちるまで」のレギュラーをつとめ、12年の「アベンジャーズ 」のマリア・ヒル役で注目されるようになった。13年のTV「エージェント・オブ・シールド」にも同役でゲスト出演している。12年に俳優のタラン・キラムと結婚し2児あり。17年にはTV「カレッジ・フレンズ」に出演。

ブロック・ラムロウ/フランク・グリロ

映画.com引用

S.H.I.E.L.D.の特殊部隊S.T.R.I.K.E.のリーダー。

任務には人一倍厳しく望み、サムを圧倒するほどの戦闘能力を誇る。

1965年6月8日、ニューヨーク州ニューヨーク生まれ。

2011年『ウォーリアー』に出演し注目されるようになる。

ブルース・ウィリスと共演した「デス・ショット」(18)がある。

 

シャロン・カーター(ケイト)エージェント13/エミリー・ヴァンキャンプ

映画.com引用

スティーブの隣人として登場するが、実はS.H.I.E.L.D.のエージェント。

しかも、ペギー・カーターの姪孫。

その事は周囲には話してはいないらしい。

1986年5月12日、カナダのオンタリオ州ポート・ペリー生まれ。3歳の頃からバレエを学び、モントリオールのバレエ学校に進学するが、女優志望に転じ、演技クラスで学び始める。CM出演を経て、2000年にカナダのTVドラマで女優デビュー。02年にTV「ルール4」に出演したのをきっかけに「エバーウッド 遥かなるコロラド」でレギュラーの座をつかみ、06年まで出演。「ブラザーズ&シスターズ」(07〜10)にも出演。「リベンジ」(11〜15)ではヒロインを演じて人気を得た。趣味は写真と乗馬。かつて「エバーウッド」で兄を演じたクリス・プラットと交際していたが、「リベンジ」の共演者ジョシュ・ポートマンと18年に結婚。18年からTVの新シリーズ「レジデント 型破りな天才研修医」に出演。

 

マーガレット・エリザベス・”ペギー”・カーター/ヘーリー・アトウェル

映画.com引用

スティーブの元恋人。

スティーブ失踪からは70年経ってるので、すっかりおばあちゃん。

1982年4月5日、イギリスのロンドン生まれ。ギルドホール音楽演劇学校で学び、2006年にTVムービーでデビュー。「ライン・オブ・ビューティ」(06)「サリー・ロックハートの冒険」シリーズ(06~07)「マンスフィールド・パーク」(07)「プリズナNo.6」(09)など、TVで活躍。「大聖堂」(10)ではゴールデングローブ主演女優賞(TVミニシリーズ部門)にノミネートされている。11年の映画「キャプテン・アメリカ」で演じたペギー・カーターは当たり役となり、他のマーベル映画にゲスト出演した後、「エージェント・カーター」(15~16)という主演シリーズも作られた。16年にはTV『Conviction』に出演。

 

アレクサンダー・ピアース/ロバート・レッドフォード

ウキペディア引用

S.H.I.E.L.D.の理事を務める。

フューリーが、ピアースの為なら銃弾を受けても構わないと言わせたくらいの人物。

1936年8月18日、カルフォルニア州サンタモニカ生まれ。舞台でデビューし63年の「素足で散歩」で注目される。監督作に「普通の人々」(80・アカデミー監督賞)「ララグロ」(88)「リバー・ランズ・スルー・イット」(92)「クイズ・ショウ」(94)「バガー・ヴァンズの伝説」(00)「声をかくす人」(10)がある。2018年に俳優引退を発表。

 

ニック。フューリー/サミュエル・L・ジャクソン

映画.com引用

S.H.I.E.L.D.の元長官。

この作品で、死んでしまう!?

1948年12月21日ワシントンD.C.生まれ。アトランタのガレッジで演劇を学び、舞台を経て81年に映画デビュー。「ジャングル・フィーバー」(91)でカンヌ映画祭助演賞を特別受賞。

 

現代のスティーブの生活

ランニングをしているサム(アンソニー・マッキー)。

アンソニー・マッキー(ウキペディア引用)

毎回「左側失礼」と言って抜いていくスティーブ(クリス・エヴァンス)。

クリス・エヴァンス(ウキペディア引用)

サムはスティーブに話しかけます。

サムは元降下傘兵だったので、スティーブの事は知っていました。

戦場の事などを話していると、ナターシャ(スカーレット・ヨハンソン)が車で迎えにきます。

スカーレット・ヨハンソン(ウキペディア引用)

「アベンジャーズ」のNY決戦から2年が経っていました。

キャプテン・アメリカことスティーブはS.H.I.E.L.D.のエージェントとしてフューリー(サミュエル・L・ジャクソン)の元で働いていました。

サミュエル・L・ジャクソン(公式サイト引用)

その日の任務は海賊に乗っ取られたシールドの船から乗組員を救助する事。

この任務にはナターシャと、ラムロウ(フランク・グリロ)率いるS.H.I.E.L.D.の最高特殊部隊S.T.R.I.K.E.も一緒に任務を遂行します。

フランク・グリロ(ウキペディア引用)

S.H.I.E.L.D.の戦艦を制圧したほどの凄腕の海賊でも、スティーブ達にかかればなんの問題もなく事は進んでいきます。

任務も大詰めになった所でナターシャに連絡を取ります。

しかし、応答しません。

スティーブが敵のボスと戦っている中で、ある場所に入った所ナターシャが何かやっていました。

戦艦に残されたデータのバックアップを取っていたのです。

スティーブはナターシャに言い寄りますが、ナターシャは軽い感じで問題ない事を告げます。

するとボスが手榴弾を投げて抵抗してきました。

スティーブをナターシャを抱えて逃げ、難は逃れたものの、一歩間違えれば大惨事です。

 

シールド本部。

スティーブはフューリーの元に行きます。

「嘘をつくのが得意だな!」

とスティーブ。

「嘘はついていない、情報の分断だ」

と言うフューリー。

意見は食い違います。

しかし、フューリーは誤解するなとスティーブを連れて行きました。

エレベーターに乗ります。

「昔は音楽がかかっていた」というスティーブ。

フューリーは話します。

「祖父は昔、エレベーター係をやっていた。

そこそこ大きいビルだったからチップも結構もらえた。

祖父はランチ袋にチップを入れて街の人に挨拶をしながら持ち帰りいつも見せてくれた。」

「ひったくられた?」

「いや、見せてやったさ。大量の1ドル札と22口径のマグナムを」

平和だった街もガラが悪くなり、武器を持たずにはいられないと言いたかったのでしょう。

 

エレベーターの窓から見える光景にスティーブはびっくりします。

大型の戦艦が3体。

今、計画している「インサイド計画」に使う戦艦です。

この戦艦を上空に配備して、犯罪が起きる前に未然に防ごうというものです。

しかし、スティーブはいい顔をしません。

そんなスティーブにフューリーは反発ばかりしてないで、たまには協力しろといいます。

スティーブは期待するなと言い残し、本部を後にしました。

フューリーはナターシャがバックアップを取ったデータを見ようとします。

しかし、何故か自分の権限によりアクセス出来なくなっていました。

 

スポンサーリンク

フューリーの死

映画.com引用

スティーブはキャプテン・アメリカの資料館に来ています。

そこではペギー(ヘイリー・アトウェル)の映像が流れています。

ヘイリー・アトウェル(ウキペディア引用)

現在のペギーに会いに来たスティーブ。

ペギーは老衰で老人ホームで過ごしていました。

それでも、再開できた事を喜ぶ2人。

ペギーは「本当に長かった」といいます。

とと
このシーンは、再開できてよかったと目頭が熱くなるシーンですね。

 

サムの所に来ていたスティーブ。

サムはカウンセリングを開いていました。

サム自身、戦場で相棒を失った悲しみを抱えていて、同じように苦しんでいる兵士達に話しをしているようです。

フューリーはS.H.I.E.L.D.の理事に在籍しているピアース(ロバート・レットフォード)の所に来ました。

ロバート・レットフォード(ウキペディア引用)

データにアクセスできなかった事を不審に思ったフューリーは、その事は言いませんでしたが、「インサイド計画」の延期を申し出ました。

古くからの仲のフューリーからの申し出なので、ピアースもすぐに承諾しました。

 

車で移動中のフューリー。

信号待ちをしていると、パトカーが隣に止まって何やらフューリーを見ています。

信号が青に変わったので、走り出すとパトカーが衝突してきました!?

みるみるうちにパトカーに囲まれたフューリー。

パトカーの中から次々人が出てきて、フューリーの車を撃ちます!

防弾用の車両のようで中のフューリーは無事です。

フューリーは車を再起動させますが、なかなか動きません。

相手は窓を破りにかかります。

窓の耐久性が1%になった所で、フューリーは銃をぶっ放します!!

再起動も終わり走り出したフューリー。

追っても次々来ますが、抜け道を探し出します。

とと
フューリーはいろいろ機能を使いますが、尽くこわれています。「じゃあ、何ならつかえるんだ!」と言ったところ、「エアコンは正常に作動します」との答え汗シリアスなしかもフューリーなので、これは笑うべきか笑っちゃダメなのか少し戸惑いました。

 

このまま逃げ切れるかという所で、目の前に立つ男。

明らかに今までの奴らとは雰囲気が違います。

爆弾を投げ、フューリーの車にくっつき爆発!?

車は一回転してしまいます。

車に近づく男。

フューリーは道具を使い、車地面に穴を開け逃げ出し、そこには姿はありませんでした。

 

スティーブが自宅に帰ると、隣に住む女性と会います。

洗濯機の話しなど、たわいのない言葉を交わします。

女性が「オーディオつけっぱなしじゃない?」と言います。

その時は「ありがとう」と言って別れますが、ドアの前で止まるスティーブ。

確かに音が聞こえます。

用心して窓から部屋に入るスティーブ。

中にいたのは何とフューリーです。

怪しく思うスティーブですが、フューリーは普通の会話で話してきます。

電気をつけると傷だらけの顔が見えて、スティーブも察しました。

フューリーはスマホに文字を打ち込み、伝えてきます。

「盗聴されている」

「S.H.I.E.L.D.が危険だ」

次の瞬間、フューリーは狙撃されてしまいます!?

フューリーはスティーブにUSBメモリを渡し「誰も信用するな」と伝えました。

隣の部屋の女性が銃を持って部屋に入ってきます。

女性は実はS.H.I.E.L.D.のエージェント。

エージェント13(エミリー・ヴァンキャンプ)です。

エミリー・ヴァンキャンプ(ウキペディア引用)

フューリーを任せて、犯人を追います。

追いつくと、フューリーを襲ったただならぬ相手でした!

戦闘能力も高く、その場は逃げられてしまいます。

 

病院で治療を受けるフューリー。

ヒル(コビー・スマルダーズ)とナターシャも駆けつけます。

コビー・スマルダーズ(ウキペディア引用)

しかし、懸命の治療も叶わずフューリーは死んでしまいました。

 

スポンサーリンク

追われるスティーブ

映画.com引用

スティーブは死を悲しむ間もなくラムロウの呼ばれます。

USBメモリーを握り締め考えるスティーブ。

そばにあったお菓子の自販機に紛れて隠しました。

 

ピアースに呼ばれたスティーブ。

ピアースは海賊を送ったのも、スティーブの部屋に盗聴器をつけたのもフューリーだと言います。

フューリーに何か言われたか、何か渡されたか聞かれますが、「『誰も信用するな』とだけ言われた」とUSBメモリーの事は言いませんでした。

帰り際、エレベーターに乗るスティーブ。

ラムロウのS.T.R.I.K.E.チーム。

そして、シールドのエージェントが次々乗ってきます。

中には銃に手を置いてる奴もいれば、めちゃくちゃ汗をかいている奴もいます。

スティーブが「始める前に、降りたいものは?」と言った瞬間、その場の全員が襲ってきました!?

さすがに数の多さに怯みますが、次々蹴散らしていきます。

扉が開くと追手が来てるので、エレベーターを壊し落下させます。

非常ブレーキがかかりエレベーターは止まりましたが、扉を開けた先にも追手が。

仕方なく、窓を破り飛び降ります!?

そのまま走って逃げますが、前からは戦闘機が。

それでも盾を使い難なく突破しました。

とと
何度見ても、キャプテン・アメリカの強さ、ありえないです汗

 

ピアースはフューリーから聞いた情報を隠したとして、スティーブを指名手配しました。

スティーブは病院に戻り、お菓子の自動販売機に行きます。

しかし、隠したはずの所にメモリーはありませんでした。

すると、後ろにナターシャがいます。

スティーブはナターシャにメモリーはどこにあるか問い詰めます。

ナターシャは犯人を知ってると言います。

犯人は「ウィンター・ソルジャー」。

スパイの世界では伝説になるくらいの腕の持ち主のようです。

ナターシャも、かつて襲撃されていた事も明かします。

メモリーはナターシャが持っていて、2人は共に行動する事にします。

 

スポンサーリンク

S.H.I.E.L.Dに根付いていたヒドラ

映画.com引用

2人は足がつかないよう、デパートのパソコンでメモリーを解読しようとします。

しかし、ナターシャでさえファイルを開けませんでしたが、出所はわかりました。

ラムロウ達も感づき、デパートに乗り込んできました。

エスカレーターに乗っていると、正面からラムロウが!?

2人はキスをしてその場をやり過ごしました。

 

メモリーの出所に向かう2人。

ナターシャはキスの事についてスティーブに突っ込みます。

とと
スティーブも初めてでは無いと焦ったように言っていました。確かにペギーとはしたことありましたからね笑

 

出所に着いた2人。

そこはかつてスティーブが軍に入ってから訓練した場所。

怪しい場所を見つけ、中に入っていくと古びたコンピュータルームに出ました。

メモリーを解読するにはあまりにも古過ぎるというナターシャ。

メモリーを差してみると、コンピュータが起動。

画面に映ったのは、かつてレッドスカルと共闘して、S.H.I.E.L.Dに捕まったアニーム・ゾラです!?

とうの昔に死んだはずですが、意識だけをコンピュータに入れ込んでいたらしいのです。

ゾラが言うには、レッドスカルがいなくなった後も、ヒドラはS.H.I.E.L.Dの中に紛れ込み、その力を育てていったようなのです。

要するに、今回の主犯者はヒドラだということです。

ナターシャが気づきます。

ロケット弾がこちらに向かってきていて、着弾まであと30秒だと!?

ゾラは時間稼ぎをしていたのです。

逃げる頃にはすでに着弾!

なんとか穴の中に入り込み難を逃れました。

 

スポンサーリンク

生きていたバッキー

pinterest引用

2人はサムの家に行き、かくまってもらう事にしました。

経緯を話すと、サムは自身の履歴書を見せます。

そこにかいてあったのは「ファルコン」という文字。

スティーブにどこに行けば手に入ると聞かれると、サムは保管してある場所を教えます。

楽勝だなというスティーブ。

 

一行は、海賊が襲ったS.H.I.E.L.Dの戦艦に乗っていた士官クラスのエージェント、シットウェル(マキシミリアーノ・ヘルナンデス)もヒドラに関わっていると睨んで接触に行きます。

屋上に連れていき、情報を聞き出すもなかなか喋りません。

スティーブが屋上から落とすと脅してもスティーブにはできないとシットウィルは余裕の表情。

スティーブは「自分はできない。でも、こいつならやる」とナターシャにバトンタッチ。

ナターシャは躊躇なくシットウェルを蹴り落とします!?

そして、スティーブに女の子の話しなんてしています。

するとファルコンの翼を装着したサムが、シットウェルを掴んで飛んできました。

シットウェルは降参したかのように話し出します。

フューリーが話していた「インサイト計画」は実はヒドラの企てた計画。

ゾラの生み出したアリゴリズムで、将来ヒドラにとって邪魔になる存在を割り出して、上空に配備した戦艦からその人物だけを攻撃するという計画でした。

計画を知った3人は急いでシールド本部に向かいます。

しかし、移動の途中ウィンター・ソルジャーとヒドラが襲ってきました!?

ナターシャはウィンター・ソルジャーと、スティーブとサムはヒドラの兵士と戦います。

ウィンター・ソルジャーの力は凄まじく、ナターシャでも苦戦を強いられ、肩を撃ち抜かれます。

サムの援護でウィンター・ソルジャーとの戦いに参戦したスティーブ。

戦いの中で、ウィンター・ソルジャーの画面が剥がれます。

そこにいたのは、なんとかつての親友で死んだはずのバッキー(セバスチャン・スタン)です!?

セバスチャン・スタン(ウキペディア引用)

スティーブは呆然。

必死で自分を訴えますが、バッキーは覚えていないようです。

戦意を失ってしまったスティーブ。

3人はS.H.I.E.L.Dに捕まってしまいました。

 

スポンサーリンク

あの人も生きていた

pinterest引用

護送される3人。

スティーブはバッキーだったと話します。

ゾラに捕まった時にすでに人体実験をされていたのだろう。

だから列車から落ちても死ななかったのだと。

サムはナターシャの心配をします。

看守が警棒をサムに向けると、何故かもう1人を攻撃します!?

なんとヒルです!?

3人は脱出して、ヒルがある場所に連れて行きます。

その場所にいたのはなんとなんとフューリーです!?!?

死んだ人間は殺されないと、死んだようにみせかけていたのです。

 

一方のバッキーもスティーブの事を聞きます。

少し覚えがあるようです。

ヒドラはバッキーの記憶を消しました。

 

作戦はわかったので、スティーブ達は止めにかかります。

方法は、3台の戦艦のチップを昼が用意したチップと交換して、戦艦同士を標的にして撃ち落とすことです。

フューリーは戦艦を回収しようとしますが、スティーブはそれを拒否。

ヒドラもS.H.I.E.L.Dもどちらも潰すといいます。

これまで元に行動してきたヒルさえもその意見に賛同。

フューリーは諦めたように、今後の指導権をスティーブに渡します。

 

昔を思い出すスティーブ。

スティーブの親が亡くなった時に、バッキーは心配してくれました。

1人でやっていけるというスティーブにバッキーは

「そうはいかない。最後までとことん付き合うよ」

と言ってくれました。

サムは、救うべき相手じゃなく止めるべき相手だとスティーブに言います。

スティーブはサムに用意しろといいます。

サムはその格好でいくのかとスティーブに聞くと、「戦いの時はいつも戦闘服だ」と答えます。

キャプテン・アメリカ資料館の服が無くなっています。

そして、スティーブは昔のキャプテン・アメリカのスーツを着てS.H.I.E.L.Dの本部に行きました。

 

ピアーズは世界安全保障委員会の幹部を招待していました。

スティーブは潜入して館内放送で喋ります。

「S.H.I.E.L.Dはヒドラに乗っ取られた。

ピアーズがボスだ。S.T.R.I.K.E.もヒドラだ。

フューリーも撃たれた。

僕1人でも立ち向かうが、1人じゃ無い事を祈る」

サムは言います。

「それ、原稿あるのか?それともアドリブ?」

とと
スティーブのかっこいい演説は、誰かが感心するシーンが必ずありますね。

 

戦艦を発射するオペレーターの所に来たラムロウ。

発射しろと命令しますが、オペレーターはキャプテンの命令だと拒否します。

ラムロウが銃を向けると、エージェント13がラムロウに銃を向けて、キャプテンの命令だと言います。

ラムロウは銃を下ろしますが、エージェント13を攻撃、そこから銃戦になり、その隙にラムロウは戦艦を発射させました!?

 

スティーブは止める事ができるのか!?

バッキーの記憶は戻るのか!?

クライマックスは作品をご覧になってみてください!!

 

↓続きを知りたい方はこのまま進んでください↓

 

スポンサーリンク

クライマックス(完全ネタバレ!)

この先はクライマックスを完全に書いています!

結果を知りたくない方は気をつけてください!!

戦艦に乗り込み、チップを交換するスティーブ。

1機目が完了。

サムも攻撃されながらも2機目を完了させます。

 

ピアースの方は世界安全保障委員会の幹部らに銃を向けますが、幹部の1人は実はナターシャが化けていて、ピアースを制圧します。

そして、ヒドラの情報を外部に漏らそうとします。

そこにはナターシャの過去の情報もありましたが、お構いなしです。

しかし、ロックが掛かっていて生体認証が2人で取れないと無理だといいます。

そこにフューリーが来ます。

フューリーの目とピアーズの目で確認が取れて、情報が流れました。

 

スティーブはサムに飛ばしてもらって3機目に乗り込みます。

しかし、バッキーが攻撃してきてサムは地上に落下。

スティーブはギリで戦艦に残り、チップを変えに向かいます。

制御装置の所にいくと、待っていたのはバッキー。

2人は戦います。

ラムロウがピアースの所に向かっていたので、サムが止めに行きます。

ピアースを捉えたかと思っていたら、幹部につけたバッジが反応して、幹部は倒れていきます。

ナターシャもつけていた為に、抵抗できなくなり、2人は銃を下ろします。

ピアーズは戦艦を上空に飛ばします。

衛星とリンクできる場所まできて、戦艦は標的に狙いを定めます。

スティーブはバッキーに撃たれながらもチップをセット。

標的は戦艦に。

ヒルがスティーブに撤収するように言いますが、スティーブは今すぐやれと言います。

ヒルはスイッチを押し、戦艦同士が攻撃を始めます。

2機が墜落。

スティーブとバッキーが乗った戦艦も落ちていきます。

壊れた柱に挟まったバッキー。

スティーブは助けに行きます。

 

「無駄にしたな」ピアーズは言いました。

ナターシャを盾にその場を去ろうとしますが、ナターシャが自分で電気を流し、バッジを壊します。

バッジが反応しなくなった所で、フューリーがピアースを撃ち殺しました。

ナターシャも無事です。

ラムロウと戦うサム。

ラムロウの実力にサムはついていけず、防戦一方。

そこに戦艦が落ちてきて、いち早く気がついたサムは逃げ出します。

ラムロウは戦艦の下敷きに。

フューリーとナターシャがヘリで助けに行き、窓から飛び降りたサムをヘリでキャチします。

バッキーを助けたスティーブはバッキーに攻撃されます。

「君とは戦えない。友達だから。」

盾を捨てます。

バッキーは

「任務を遂行する」

とスティーブを攻撃。

「じゃあ、終わらせろ。

最後までとことん付き合うよ。」

バッキーは何かを思い出したかのようでした。

戦艦が壊れ、落下していくスティーブ。

川に落ちたスティーブでしたが、それを助けたのはバッキー!

そのままバッキーはいなくなりました。

 

スティーブの病室、サムが隣にいます。

スティーブが気がつき「左失礼」と言います。

 

ヒルはスターク・インダストリーズ社の面接を受けています。

 

フューリーは眼帯を外し、S.H.I.E.L.D.の持ち物を燃やします。

 

ナターシャは審議会にかけられています。

投獄するべきだという意見が出ていると言われると

「投獄なんてできないはず。私も私の仲間もね。

何故だかわかる?

いないと困るからよ。

確かに今世界は無防備よ。

そうしたのは私たち。

でも、世界を守れるのも私たち。

私を逮捕したいならすれば?

逃げも隠れもしない。」

ナターシャは立ち去ります。

 

フューリーの墓の前にいるスティーブとサムとフューリー。

ヒドラの残堂は世界中にいるようでフューリーはそれを追うようです。

スティーブとサムに握手をして、自分のことを聞かれたら墓に来れば会えると言えと言い残しいきます。

そこにナターシャがきます。

バッキーの資料をスティーブに渡します。

ナターシャは素性がバレたから出直しだと言います。

そして、ナース(エージェント13)に連絡してといいます。

名前は「シャロン」。

何故ナターシャがここまでこの子の事を押すのかというと、実はペギーの姪孫なんです。

スティーブは資料を見ます。

サムは聞きます。

「そいつを追うのか?」

「君は来なくていいぞ。」

「わかってる。で?いつ始める?」

バッキーはキャプテン・アメリカ資料館にいます。

スティーブに本名を聞いていたので、自分を見て呆然とします。

エンドロールの後、ヒドラの残堂、ストラッカーが映り、人体実験をされた双子が映って、物語は終了です。

スポンサーリンク

-MARVEL, ハラハラドキドキが止まらない作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.