ハラハラドキドキが止まらない作品

【美しかない!】ネタバレなし『チャーリーズ・エンジェル(2019)』見所紹介感想まとめ|2人の戦士+α!?騙し騙され本当の黒幕はだれ!?

引用元:https://bd-dvd.sonypictures.jp/charlies-angels/

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『チャーリーズ・エンジェル(2019)』のととの感想と見所の紹介が書いてあります。2人のエンジェルに加わる新たなエンジェルとはどんな人物なのでしょうか?
ニャーもにゃーリーズエンジェルの一員にゃ!
ふわり
とと
そ、そうだったの(汗)

評価

  • とと
    (3.9)
  • 映画.com
    (3.5)
  • Yahoo!映画
    (3.56)

映画『チャーリーズ・エンジェル(2019)』は2019年公開のアメリカのアクション映画です。

映画『チャーリーズ・エンジェル』シリーズの3作目の作品。

今回も美しい女性達が大暴れです!

 

スポンサーリンク

映画『チャーリーズ・エンジェル(2019)』見所  感想

『チャーリーズ・エンジェル』といえば、美しい女性がダイナミックなアクションをする作品として皆さんよくご存知だと思います。

今作は映画シリーズの3作目という事で、もちろんその美しい女性が活躍するという形は変わってはいませんが、主演の3人のエンジェルが前2作と変わっているのが最大の特徴です。

物語は…。

タウンゼント探偵社のクリスティン・スチュワート演じるサビーナと、エラ・バリンスカ演じるジェーンはリオデジャネイロでの任務を成功させ、ボスのパトリック・スチュワート演じるジョン・ボスレーはその任務を最後にタウンゼントを引退します。

画期的なエネルギー装置「カリスト」を開発したナオミ・スコット演じるエレーナは、その製品に人間の人体に影響する不具合が見つかった事を報告します。

しかし上司はその報告に聞く耳を持たず、クライアントとの話しを進めていきます。

不具合が深刻な為、エレーナは内部告発をしてタウンゼントに連絡をします。

ジャイモン・フンスー演じるエドガー・ボスレーをボスとするサビーナとジェーンのチームに合流したエレーナですが、直後に何者かに襲われます。

かなりの重装備な敵からなんとか逃げ切るも、エドガーを亡くし、重要書類までも亡くした一行。

エリザベス・バンクス演じるレベッカ・ボスレーを新たなボスとしてチームを再結成。

殺人兵器にもなりうるという「カリスト」を回収に行きますが、すでに何者かに持ち出されていました。

悪の組織の手に渡る前に「カリスト」を取り戻す事はできるのでしょうか!?

そして「カリスト」を取り巻く意外な人物の陰謀とは!?

クリスティン・スチュワートこそキャリアがある女優さんですが、あとの2人をこれからの若手を抜擢したようです。

それでも個性あるキャラをしっかりと表現していて、アクションと笑いと少し涙ある物語をしっかりと盛り上げていました。

YouTubeでの見所紹介感想動画

 

2人のエンジェルが繰り出すアクション

引用元:https://bd-dvd.sonypictures.jp/charlies-angels/

チャーリーズエンジェルといえば「3人のエンジェル」というのがお決まりで、誰もが思うイメージだと思います。

しかし本作は2人のエンジェルのチームなんです。

ジャケットには3人写ってたし、チャーリーズ・エンジェルと言えば3人じゃないとなんだか違和感があるな…なんて思う方もいると思うし、ととも確かに違和感は感じました。

しかしその辺の不安感は意外な形で解消されます。

そう!今回のエンジェルはサビーナとジェーンと、なんと依頼人のエレーナなんです!

エンジェル2人と+αと言った感じでしょうか。

3人のエンジェルはこれまでのシリーズとはまるで違う形で描かれていました。

この異色の3人の組み合わせが、意外に良いというかそれぞれの個性がとても光っていて、とても面白かったんです。

最強の3人が集まったにゃ!
ふわり

なんといってもエレーナがいい!

エレーナはエンジェルではありませんが、そのずば抜けた頭脳を見込まれミッションに参加します。

というか自らも参加を熱望していたのもありましたが。

エンジェルでないエレーナはもちろんこういったミッションをこなせるわけではありません。

でもその不格好で緊張感があり、でも何気にこなしてしまう所を面白おかしく描いていてかなりいい味を出していました。

もちろんチャーリーズ・エンジェルならではのアクションも忘れてはいませんよ。

サビーナとジェーンが美しいアクションをしっかりと担当してくれます。

ジェーンは高身長でモデルのようなスタイル。

武器を巧みに扱い、接近戦も相手の攻撃を覚え圧倒します。

サビーナは何も考えず無鉄砲に突っ込んでいくような印象ですが、その実力と判断でカバーします。

そこにラッキーガールではないですが、エレーナが加わり前に書いたように笑いを加えてくれて、ある意味まとまった3人組になりました。

そんな異色のエンジェル3人組の繰り出すアクションやミッションは言う事なく、今作品最大の見所となっています。

 

騙し騙される展開

引用元:https://bd-dvd.sonypictures.jp/charlies-angels/

この作品は、黒幕が誰かわからない形で物語が進みます。

そして冒頭に登場した、物語にはあまり関わりがないだろうと思われていた人物が終盤に絡んできたり、最後に来て助けてくれるなど、結構忘れがちな人物が後々活躍します。

そして信頼していたあの人が実は黒幕で、人が良さそうなあの人が助けてくれるなんて先が読めない展開になり、でも実はもうひと展開あるという形に、こちらを混乱させてきます。

その混乱が、またまたもうひと展開あるんじゃないかと想像してしまい、勝手にその後の展開を盛り上げてしまっていました。

その流れは凄く良くてあきのこない形にしてくれました。

黒幕探しはかなり騙されたにゃ!
ふわり

ただ結構な人物が絡んできているので、登場人物はしっかりと把握しておいた方が、その後の展開に迷わずに済みます。

特に「カリスト」制作に関わった人物、エレーナの会社でジェーンが関わった男性。

その辺は忘れがちなので、チェックして覚えておいてください。

 

強いエンジェルがみせる弱さ

引用元:https://eiga.com/movie/92179/

チャーリーズ・エンジェルと言えば、力強いエンジェルが大活躍しますし、今作品ももちろん1人1人がとても強い人物です。

しかしそんな強い女性が唯一涙を見せたシーンがありました。

それはジェーンです。

ジェーンと言えば前にも書いたように、武器を自在に操り、格闘術にも長けたエンジェルです。

クールなその装いに完璧に任務をこなす姿に、感情を捨て涙なんて無縁な人物だと思いました。

すごく強くてかっこいい女性にゃ!
ふわり

ジェーンは最初はチームとして行動する事を嫌っていました。

どうやらそれは過去の出来事が原因のようで、実際に過去に何があったかも描かれていました。

ジェーンは自らのせいでは無いにしても、信頼した仲間を裏切ってしまいます。

その人物に償わせてくれと熱く熱望した事から、ジェーンはもともとチームで動く事を嫌ってはいなくて、仲間も信頼していたのがわかります。

その過去のトラウマにより、チームとして動くのを嫌がり、また裏切ってしまうかもという懸念から仲間を信頼しなかったのかもしれません。

今回チームを組んだ相手はサビーナ。

サビーナは何も考えずに物事を言ってしまう能天気な性格だし、ガサツだしそんな人物。

でもそんなサビーナと一緒にいて、ジェーンは「信頼」という事を思い出したんじゃないかと思います。

サビーナが怪我して死にかけた時に流したジェーンの涙は人目を気にせず本気で大泣きしていましたから、それを物語っているように感じました。

エンジェルに良い意味で似合わないそんなジェーンの涙は、かなり注目するポイントです。

 

総合

引用元:https://eiga.com/movie/92179/

クライマックスにエンジェルが訓練しているシーンがあるのですが、そこにあの『バンブルビー』で主演を務めた「ヘイリー・スタインフェルド」さんが出ています。

ととがすごく好きな女優さんだし、『バンブルビー』では主演も務めたくらいなので、この少しの出演に残念な感は拭えません。

皆さんぜひ!お見逃す事のないよう、よろしくお願いします!!

 

スポンサーリンク

作品紹介

国際機密企業チャーリー・タウンゼント社で特殊訓練を受けたエリート女性エージェント組織、通称“チャーリーズ・エンジェル“。彼女たちは世界各地に拠点を置き、平和を見守る天使=“エンジェル“として隠密に活動している。ある日、巨大テクノロジー企業に勤める天才プログラマーのエレーナは、自身が開発したプロダクト=新エネルギー源“カリスト“を会社が武器として軍事利用していることに気づき、エンジェルたちに調査を依頼。それがきっかけで、エレーナは命を狙われることに。“エンジェル“の司令塔ボスレーは、変装と潜入得意とするサビーナ、元MI6であらゆる武器を自在に操るジェーンと共に、エレーナを守りながら調査を開始。さらには彼女のハッキングスキルを高く評価し新たなエンジェルとしてスカウトする。新生チャーリーズ・エンジェルの誕生。ハンブルク、リオデジャネイロ、イスタンブール・・それぞれの特技を最大限に活用し、調査を進める彼女たちは行く先々で立て続けに危機に直面する。タウンゼント社に内通者か――?

引用元:https://bd-dvd.sonypictures.jp/charlies-angels/

 

登場人物

役名/演者名

エレーナ/ナオミ・スコット

引用元:https://bd-dvd.sonypictures.jp/charlies-angels/

新エレルギー「カリスト」を開発した天才エンジニア。正義感が強くエンジェルのミッションをやりたがる。

サビーナ/クリステン・スチュワート

引用元:https://bd-dvd.sonypictures.jp/charlies-angels/

自由気ままな楽天家。無鉄砲に見えてやる時はやる。

ジェーン/エラ・バリンスカ

引用元:https://bd-dvd.sonypictures.jp/charlies-angels/

武器を自在に使いこなし、格闘術もトップクラス。無感情に思えて実は心は弱い。

レベッカ/エリザベス・バンクス

引用元:https://bd-dvd.sonypictures.jp/charlies-angels/

元エンジェルのボス。実は黒幕・・・。それとも・・・。

ジョン/パトリック・スチュワート

引用元:https://bd-dvd.sonypictures.jp/charlies-angels/

タウンゼント社を支えてきたボス。引退をするがタウンゼント社を怪しく思う。

 

作品紹介

スタッフ

  • 監督:エリザベス・バンクス
  • 制作:ダグ・ベルグラッド、エリザベス・カンティロン、マックス・ハンデルマン、エリザベス・バンクス
  • 脚本:エリザベス・バンクス

制作国

  • アメリカ

上映時間

  • 118分

 

スポンサーリンク

おススメの動画配信サイト

映画『チャーリーズ・エンジェル』観るならこの動画配信サイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

 

スポンサーリンク

まとめ

セクシーで綺麗すぎる女性の、アクション満載で笑いあり涙ありの、とても面白い作品です。

ヘイリー・スタインフェルドさんもお見逃す事なく、たくさんの方に観てもらいたい作品でした。

スポンサーリンク

-ハラハラドキドキが止まらない作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.