ハラハラドキドキが止まらない作品

【ワニワニパニック】映画『クロール-凶暴領域-』作品感想まとめ|自然災害との最凶コラボ!?古き良きパニック作品

引用元:https://crawlmovie.jp/

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『クロール-凶暴領域-』の感想や作品紹介が書いてあります。古き良き動物パニック作品。非常にドキドキが止まらない作品でした。
あんなにおっきなワニが襲ってきたら怖いにゃ!?
ふわり
とと
そうだよね。人間だって一飲みだよ!

評価

  • とと
    (4.5)
  • 映画.com
    (3.5)
  • Yahoo!映画
    (3.56)

映画『クロール-凶暴領域-」は2019年に公開されたアメリカのパニック映画です。

ハリケーンの自然災害の中ワニが襲ってくるという、2つのパニックが襲ってくる大パニック映画でした。

 

スポンサーリンク

映画『クロール-凶暴領域-』 感想

自然災害が襲う中、ワニに襲われるというパニック映画でしたが、中にはホラー映画というジャンルで表記されている所もありましたが、ホラーではありませんね。

物語の内容は、カヤ・スコデラリオ演じる主人公のヘイリーは大学の水泳のリレーで思うような結果が出ずに落ち込んでいました。

ハリケーンが近づく中、姉のベスから連絡があり父のバリー・ペッパー演じるデイブと連絡がつかないと言うのです。

ヘイリーも電話をしてみるもやはりでまさん。

心配になったヘイリーは通行止めを振り切りデイブの元に向かいます。

するとデイブは家の地下で大怪我を負って倒れていました。

救出しようとしますが、そこに現れたのは大型のワニです!?

アリゲーターという獰猛なワニは2人を襲いますが、配管によって身は守れますが、そこから動けなくなってしまった2人。

さらにはハリケーンによる大雨で、地下には大量の水が流れ込むのでした。

早く地上に出ないと地下は水没。

しかし、一度動けばワニの餌食に!?

2人はどうやってこのピンチを抜け出すのでしょう。

といった内容の物語です。

ワニが襲ってくるなんて大したことないんじゃない?

なんて思いがちですが、バカにできない作品でした!

 

古き良き時代を彷彿

引用元:https://eiga.com/movie/91525/

なんだろう。

簡単に言うと、昔のサメ映画を見ているような雰囲気を感じました。

それは古臭いとか、そういうマイナスな面で言っているわけではなく、懐かしいあのドキドキ感がまた味わえたという形です。

サメやワニや、動物が襲ってくるパニック作品は星の数ほどあります。

そして最近はCGを駆使した、ドデカすぎるとか、海の生物が陸に上がれるよう進化するとか、かなりありえないような形になる事が多いです。

もちろんそれはそれで、非現実を味わえるのでとてもいいとは思います。

しかしそんな現代において、この当たり前にいる普通のワニが襲ってくる形を取り、それでも観ているこちらをドキドキされた事、その演出のうまさは評価すべき所じゃないかと思います。

ワニの恐怖だけでなく、自然災害を加えてその恐怖感をさらに盛り上げたところは、スタッフの皆さんの腕がいいという事ではないでしょうか。

本当に昔のジョーズを観ているような、逃げ場がない、助けに来た人は全てやられる。

それを家の地下室で再現するんですから脱帽です。

さらには今の技術も光る所もありましたよ。

襲われ方や襲われた人間がリアルです。

腕が引きちぎられる所なんかはかなりリアルです。

ワニは獲物を噛むとグルグル回って獲物を弱らせる。

これは何となく頭にあったのですが、それを見事に再現していましたし、見えづらいという事もありませんでした。

さらに自然災害のリアルさも加わり、ドキドキが作品を通じて止まらなかったです。

注意点は、腕が引きちぎられたり、人が喰われるシーンがリアルに流れていますので、弱い方には厳しいです。

さらには、堤防が決壊して水が大量に流れ込むシーンがありますので、日本ではそのような災害が多く起きました。

被害に遭われた方は、その事を思い出してしまう可能性もありますので、ご覧になる場合は注意してください。

 

親子の絆

引用元:https://eiga.com/movie/91525/

ヘイリーは父親としばらなくの間、疎遠にらなっていました。

セリフから原因を探ってみると、ヘイリーは幼い頃から水泳の才能があった様です。

デイブはそんなヘイリーに常につきっぱなしでコーチしていました。

期待していたのでしょう。

しかし、他の家族はその寂しさに耐えられず、ついにはデイブ夫婦は離婚してしまうのです。

離婚を自分のせいだと思っていたヘイリーは父に連絡できずにいたのだと思います。

デイブはヘイリーのせいだとは微塵も思ってはいません。

地下室でワニから逃げている中で、その蟠りが溶けてヘイリーは泳いでいる時にデイブにいて欲しかったと、デイブが恋しかったと胸の内を明かします。

2人は和解し、これから水泳の競技などで2人が協力して臨んでる姿が楽しみだなと思うくらい、2人の蟠りが溶けたのが観ている側にも伝わってきました。

それなので、余計と2人には死んで欲しくない気持ちがさらに高まって、それがいつ襲われるかわからない恐怖心をさらにあおってくれて、中盤から後半にかけて面白みが増しました。

 

総合

引用元:https://eiga.com/movie/91525/

CGなどを使ったあり得ない生物が襲ってくるわけではないけど、それでいても襲われる恐怖心がかなり強い感じで見れたし、昔ながらの動物パニック作品のいい所と、それに自然災害が加わったのが、すごくよく出来ていていい作品でした。

災害パニック作品を見た時に、たしかにものすごいクオリティで迫力もあったんだけど、それ程感情が動かされたわけではなかったから、それと比べたらドキドキがかなりあったし、全然良かったと感じました。

パニック作品を見たいと思った方には絶対に観てほしい作品でした。

 

 

スポンサーリンク

作品紹介

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ捜しに戻る。
地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、彼女もまた、何モノかによって地下室奥に引きずりこまれ、右足に重傷を負ってしまう―。

引用元:https://crawlmovie.jp/about/

登場人物

役名/演者名

ヘイリー/カヤ・スコデラリオ

引用元:https://crawlmovie.jp/cast_filmmakers/

本作の主人公。泳いでいるときはデイブに側にいて欲しかった。

 

デイブ/バリー・ペッパー

引用元:https://crawlmovie.jp/cast_filmmakers/

ヘイリーの父。売却しようとおもった家を売ることはできなかった。

 

作品情報

スタッフ

  • 監督:アレクサンドル・アジャ
  • 製作:クレイグ・フローレス、サム・ライミ、アレクサンドル・アジャ
  • 製作総指揮:グレゴリー・ルバスール、ジャスティン・バーシュ、ローレン・セリグ

製作国

  • アメリカ合衆国

上映時間

  • 87分

 

スポンサーリンク

オススメ動画配信サイト

 

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

 

スポンサーリンク

まとめ

CG使えば良くてリアルな作品ができると言ったらそうではないんだなってこの作品を観て思いました。

"本物のリアルさ"ってのを感じたので、あなたにもこの恐怖はぜひ味わって欲しいです。

スポンサーリンク

-ハラハラドキドキが止まらない作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.