主人公の挫折や成長を感じれる作品

映画『クリード 炎の宿敵』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|ロッキー4ファン必見!息子同士の因縁の戦い

映画「クリード 炎の宿敵」あらすじ紹介 感想まとめ

 

ロッキー4ファン必見!

映画「クリード 炎の宿敵」は2018年アメリカで公開。

日本では2019年1月11日に公開されたアメリカの映画です!

ロッキーを思い出させる演出やシーンが満載の作品。

ロッキーファンはもちろんの事、クリードファンも必見の作品です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

映画『クリード 炎の宿敵』 感想

ロッキーシリーズ、特に「ロッキー4」を見たことのある方にはたまらない作品なのではないでしょうか!

見たことのない方の為に軽く説明すると・・・

 

今作品の主人公アドニス・クリードの父、アポロ・クリード。

今作品の宿敵ヴィクター・ドラゴの父、イワン・ドラゴ。

この2人はエキシビションマッチとして試合をしました。

アポロは圧倒的な強さのドラゴに手も足も出ません。

その時セコンドを務めた当時の世界チャンピオン、ロッキー・バルボアは棄権しようとタオルを投げようとします。

しかし、アポロの気迫に押されて投げられませんでした。

そのままアポロは試合に敗れ、さらには命を落とすのです。

その後ロッキーはドラゴと試合をして勝利を収めます。

 

そんな因縁の過去があるもの同士の戦い!

そして懐かしい面々の登場や、言葉を交わすシーンには興奮を隠せません。

ドラゴはロッキーに負けたあの試合を忘れてはいませんでした。

まさに復讐のためと言っても過言ではありません。

試合に負け、奥さんに逃げられ、国を追い出されたのは全てロッキーのせいだと思っています。

生き方としては最低な理由ですね。

それを伝えにロッキーの元を訪れるのですが、2人が対面したシーンはロッキーファンで、ロッキー4を擦り切れるほど観た自分としては、なんとも言えませんでした。

公式サイト引用

 

物語的に言うと、今作品の物語の流れは、ロッキーの「基本」と言えるんじゃないでしょうか。

試合に負け(クリードは試合には負けてはいませんが、完全に負け試合です)必死に練習して再び戦い勝利を収める。

そしてその練習場所が、ロッキー3(アポロがロッキーのセコンドについた作品)を思い出させる演出で、これもしびれました!

初心に返すため、闘争本能を呼び覚ますため、あえてスラム街のような今までの生活とは真逆の環境に身を投じる。

ロッキー3でアポロは「野獣の目を手に入れるんだ」とロッキーに言っていましたが、まさにそれをクリードに教えているようでした。

1度圧倒的な差で負けた相手と再戦するのは相当な恐怖でしょう。

ロッキーはその気持ちは痛いほどわかるでしょうが、自分に自信をつける事でそれを乗り越えるやり方をしていました。

 

そのロッキーですが、最後クリードが試練を乗り切った時、リンクに上がることはありませんでした。

そのシーンがなんとも印象的で、少し寂しい気持ちにもなりました。

 

 

 

シルヴェスター・スタローン出演作品

映画『バックトレース』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|サスペンスよりのアクション作品の内容とは?

続きを見る

 

 

マイケル・B・ジョーダン出演作品

映画『ブラック・パンサー』あらすじ紹介 感想まとめ|アフリカのど真ん中に実は存在する超近未来都市!

続きを見る

 

 

 

 

動画配信サービスの評価

(3.9)

 

 

 

 

配信されている動画サイト

オススメ!

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~ 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題! 面倒な回線契約や特別な機器は一切不要♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

 

世界チャンピオンクリード

世界タイトルマッチに挑むクリード(マイケル・B・ジョーダン)。

マイケル・B・ジョーダン(ウキペディア引用)

 

セコンドにはロッキー(シルヴェスター・スターローン)がいます。

シルヴェスター・スターローン(ウキペディア引用)

クリードは見事にKOして、晴れて世界チャンピオンになります。

 

ロッキーと、そわそわしてしかたないクリード。

何故なら恋人のビアンカ(テッサ・トンプソン)にプロポーズしようとしているからです。

テッサ・トンプソン(ウキペディア引用)

 

ロッキーになんて言えばいいか尋ねます。

ロッキーは頭で考えないで自分の素直な気持ちをぶつけろといいます。

その通り気持ちを精一杯伝えたクリード

うろたえたクリードがすこし笑えるシーンです。

返事は見事にOK!

世界チャンピオンに結婚。

2つの幸せを同時に手にしたクリードです。

しばらくするとチャンピオンに挑戦者が現れます。

それはかつて父親を死に追い詰めたドラゴ(ドルフ・ラングレン)の息子、ヴィクター(フロリアン・ムンテアヌ)でした。

ドルフ・ラングレン(ウキペディア引用)

フロリアン・ムンテアヌ(ウキペディア引用)

ポイント

フロリアン・ムンテアヌさんは本当のボクシング選手です。

 

そして、ロッキーのもとに現れたイワン。

こちらでも挑戦を受けるよう言います。

イワンは負けたことをかなり根に持ってます。

ロッキーは挑戦は受けない事を伝えます。

 

しかし、クリードは父の事もあるので受けることにしました。

ロッキーの元を訪ねたクリード。

ロッキーは「戦う理由がない」と反対します。

見捨てられたと感じたクリードはロッキーをセコンドにはつけないで試合に臨む事を決めます。

 

スポンサーリンク

 

敗れたクリード

公式サイト引用

クリードは母のメアリー(フィリシア・ラシャド)の元を訪ねました。

ヴィクターと戦う事を伝えるとノーリアクションです。

何か言われるかと思っていたクリードは拍子抜け汗

メアリーはもう大人なのだから自分で決めたらいいと促します。

さらにはビアンカに赤ちゃんがいる事も見抜きます。

ポイント

クリードとビアンカはヴィクターと戦う事を伝えに行ったのにメアリーは赤ちゃんができた報告と勘違い。

していると思っていたら本当にできていて、2人のキョトン顔は笑えるシーンです。

メアリーすごい!

 

ロッキーがセコンドに付かないので、クリードはかつてアポロが通ったジムに向かいます。

そこにはアポロのセコンドを務めたデュークの息子トニーがいます。

トニーにセコンドにつくよう頼みます。

このシーンもロッキーファンからするとかなり震えるシーンです。

 

いよいよタイトルマッチをかけた因縁の試合が始まります。

場所はアメリカ。

観客は全てクリードの味方です。

試合が始まります。

ろくな作戦もなく真っ向から戦うクリード。

ヴィクターは父親譲りのパワーファイター!

かなりの力でクリードを襲います。

防戦一方のクリード。

何度かダウンするも立ち上がり向かっていきます。

なんとか1Rをしのいだクリード。

しかし、試合が決まってしまっている状態です。

2R、相変わらず防戦一方のクリード。

するとボディに強烈な1発をくらってしまいます!?

あばらが折れてしまったクリード。

トニーは無理だと止めますが、クリードはまだやるといいます。

そのまま試合に臨みダウンされられたクリード。

しかし、ヴィクターはダウンしているクリードを殴ってしまいます。

結果はヴィクターの反則負け。

クリードとしては負けながらベルトを守った最悪な結果となってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

ロッキーが再びセコンドに

公式サイト引用

これだけ滅多打ちにされると、アポロの時を思い出してしまいます。

しかし、命に別状はなかったようです。

見舞いに来たロッキー。

ロッキーもテレビで試合は見ていました。

「ナイスファイトだった」といか言えません。

 

退院してリハビリを始めるクリード。

ドラゴ陣は再戦を望みます。

クリードも、もう1度戦う気持ちはあるようです。

しかし、前と変わってしまったというビアンカ。

ビアンカはメアリーに相談するも「自分で乗り切るしかない」と言います。

メアリーも世界チャンピオンを夫に持つ女性。

気持ちは痛いほどわかるでしょう。

そんなメアリーはロッキーにクリードに会いに来てくれるよう手紙を出します。

 

ロッキーはクリードに会いに行きます。

話しをしている途中にメアリーから電話がありました。

クリードの子が生まれるようです。

病院に行くとメアリーが待っています。

何もできなくてと言うロッキーにメアリーは「来てくれただけでいい」と言います。

赤ちゃんが生まれました。

可愛い女の子です。

クリードは再戦を決め、ロッキーもセコンドに戻る事になりました。

 

クリードをどこかに連れて行くロッキー。

荒野のど真ん中にあるトレーニング場です。

ここでクリードを鍛えなおすと言います。

クリードは地獄だと言います。

 

ポイント

ロッキー3でロッキーがクラバーに敗れてベルトをなくしてアポロがセコンドについた時、やはり地獄のようなトレーニング場に連れて行きました。

その時のシーンを思い出すようです。

 

最初は全くついていけないクリード。

ロッキーは容赦しません。

次第についていけるようになります。

この辺はロッキーらしいシーンですね!

 

スポンサーリンク

クリードVSヴィクター

公式サイト引用

試合会場はロシア。

ロッキー4の時と同じです。

お互いかなり仕上げていています。

クリードは前戦の事実上の負けを取り返せるか!?

試合が始まります。

ロッキーの的確なアドバイスがあり1Rは有利に戦います。

2Rヴィクターの反撃が始まります!

しかし、特訓の成果か倒れません。

3R小細工なしの真っ向勝負です!

クリードは何度かダウンするも徐々にヴィクターを追い詰めます。

長いラウンド戦ったことの無いヴィクターは動きがだんだん鈍くなってきます。

さらに追い詰められたヴィクター。

ドラゴは脇を狙えと支持します。

前線で痛めた場所をヴィクターは狙います。

痛みに悶絶するクリード!

もう無理かと思ったその時の、ロッキーはアポロの時とは全く逆の言葉をクリードにかけます!

「いってこい!」

クリードは続行します。

ヴィクターのダメージもかなりのもの!

 

クリードとヴィクターの最後の戦いの軍配はいかに!

クリードは自分の為に最後まで立っていられるのか!?

クライマックスは作品をご覧になってください!

スポンサーリンク

-主人公の挫折や成長を感じれる作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.