主人公や物語から元気をもらえる作品 最新映画情報

【6月19日公開】映画『ドクター・ドリトル(2020)』ネタバレなし!評価 見所 感想まとめ|ロバート・ダウニー・Jr.主演!世界一の名医は動物と話せる秘密の先生

引用元:https://dr-dolittle.jp/

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『ドクター・ドリトル』の見所の紹介やととの感想が書いてあります。いよいよ公開されました作品!どんな内容なんでしょうか。
いよいよきたって感じにゃ!
ふわり
とと
本当、待ちに待ったよ!

評価

  • とと
    (4.5)
  • 映画.com
    (3.7)
  • Yahoo!映画
    (3.47)

映画『ドクター・ドリトル』は2020年公開のファンタジー映画です。

日本では6月19日に公開になりました!

いよいよ公開された作品、かなり壮大な物語が待っていました。

 

スポンサーリンク

映画『ドクター・ドリトル』 見所 感想

新型コロナウィルスの影響で公開が延期になっていましたが、2020年6月19日についに公開になりました!

公開までずっと楽しみにしてきましたが、その楽しみに待っていた時間を取り返すには十二分の楽しさを与えてくれる作品でした。

物語は…。

イギリスの名医、動物と会話をする事ができるロバート・ダウニー・Jr.演じるドリトル先生は、国から与えられた庭園で動物たちや妻のリリーと、どんな動物の治療する医者として暮らしていました。

妻のリリーは冒険家。

一緒に冒険に出ては事情のある動物や、自らでは生きていけない動物を保護して回ります。

そんな助けられた動物は、ドリトル先生の手助けをして、リリーと共に冒険の旅に出ていました。

次の冒険はリリーだけでいくと、ドリトル先生は動物達とお留守番。

しかしそんな旅の途中、リリーは帰らぬ人となってしまいます。

妻を失ったドリトル先生は心を閉ざし、庭園の門も閉ざし、誰とも会わなくなりました。

ある日、女王陛下の侍徒カーメル・ラニアード演じるレディ・ローズが訪ねてきます。

同じ時に、リスを誤って撃ってしまったハリー・コレット演じるスタビンズも治してほしいと訪ねてきます。

ローズが言うには、女王陛下が重い病で倒れたそう。

ドリトル先生を無理やり連れ出し、女王のもとへ。

すぐに診察するとどうやら毒に侵されているようで、何者かの陰謀まで発覚。

女王の病を治すには誰もまだ見ぬ「エデンの木の果実」が必要。

しかもその木がある島は、あの日リリーが冒険に向かった島なのです。

リリーも成し遂げられなかった危険いっぱいの冒険に、何者かに命を狙われる事態にまで。

スタビンズを助手に従え、動物達と冒険に出たドリトル先生は、無事にエデンの果実を持ち帰る事ができるのでしょうか??

想像以上のファンタジー作品で、なんとあの伝説の生き物まで登場します!

YouTubeでの見所紹介 感想動画

 

ファンタジー感がすごい

https://dr-dolittle.jp/gallery.html

動物と話ができるという事自体でファンタジー感満載ですが、物語自体も伝説の木の果実を見つける冒険という事で、かなりファンタジーな感じになっています。

それに加えて大海原の大冒険、海賊達のアジトに忍び込み妻の日誌を盗みに入る、最後はあの伝説の生き物と戦うなど、アクション感もたっぷりあって、ワクワクドキドキの子供に戻った様な感覚で見られました。

映像美も迫力と綺麗さがあり、19世紀のヨーロッパの神殿や、ドリトル先生の診察室なども、その時代の建築の縮図で表しているだけあって、非常に美しく描かれています。

まるでその時代にタイムスリップしたみたいにゃ!
ふわり

主演のロバート・ダウニー・Jr.さんが「自分の子供の頃に立ち戻り、子供達と出かけられる映画をやってみたかった」と言っていたように、まさに子供と一緒に見れる、大人なら子供の頃の気持ちで見られる作品だと感じました。

ファンタジーやアクションあふれる大冒険だけでなく、動物達との可愛らしい絡みや、妻リリーとその父親との関係。

動物や大切な人との関係など、人間味溢れるを通り越して、すべての生き物との関わり合いが、心温まる形で描かれています。

お子さんがいる方はもちろん、大人の方が観ても胸躍る作品になっているので、家族やお子さん、パートナーの方と、幅広い方が観られる作品なのではないかと思います。

 

事情がある動物たち

https://dr-dolittle.jp/gallery.html

この作品の動物達はすべてCGで描かれていて、ドリトル先生目線と、普通の人目線での2通りで描かれていました。

普通の人目線では、動物達は普通の動物の様に描かれています。

一方のドリトル先生目線だと、人間的というか人間に近いような動きと、その動物にあったキャラ設定で描いてありました。

この作品は、動物達がドリトル先生の手助けをして面白おかしく動きはちゃめちゃな行動をするのが、可愛らしく最大の見所だと思いますが、実は動物達に関してはそれだけではないんです。

この作品に出てくる動物には実は、それぞれ事情があるんです。

もちろん全員ってわけではありませんが、大きな悩みを持つ動物も。

シロクマは北国育ちなくせに寒がりでしもやけもち。

ゴリラは強くて賢いのに怖がり。

オウムはドリトル先生に今の状態を克服して欲しいと思っています。

猫が出てないにゃ!
ふわり

可愛らしいだけでなく、それぞれに個性や事情のある動物達はどことなく、人気キャラクターの「すみっコぐらし」に似ていて、かなり親近感があるのではないかと感じています。

作品は、ただ木の果実を取りに行くだけのファンタジー物語ではなく、冒険を通じて動物達が協力してさらにはその弱い所を克服していく。

そんな所もかなりの見所になっていると思います。

親近感のあふれる動物達に、癒され少し涙する。

そんな所にも注目して欲しいと思います。

 

ドリトル先生の闇

https://dr-dolittle.jp/gallery.html

自分を克服したのは何も動物達だけではありません。

ドリトル先生も動物達と同様、事情があり深い傷を負って暮らしていました。

亡くなった妻リリーとの関係がまさに自らを固く閉ざす原因になっています。

そして今回、女王陛下を助ける旅の目的地が皮肉にも、リリーが亡くなった時にリリーが目指していた島。

そしてその島に行くためには、喧嘩別れしたリリーの父親が持っているリリーの日誌が必要。

そんなドリトル先生とリリーを取り巻く関係が、この旅によって少しづつ紐解けていきます。

それは動物達の力もあったし、助手になったスタビンズ少年のおかげでもありました。

リリーの父親との親子関係も、ドリトル先生自身のリリーとのケジメも、この冒険に出ていろんな人と触れ合ったからこそ、前に進めたものです。

ドリトル先生もいろいろあったにゃ!
ふわり

そんなドリトル先生自身の事柄は、少し涙をそそうものだったし、エデンの果実を手にできるかと同じくらい、どうなるのか気になった点なので、この辺は冒険の結果と共に目の離せない内容なのではないでしょうか。

そんなドリトル先生にも注目して欲しいし、作品の見所となっていると感じました。

 

総合

引用元:https://dr-dolittle.jp/gallery.html

いろいろな要素が混ざっていて、楽しめて、笑えて、泣けて。

そしてどんな年代の人でも、子供の様な気持ちで観られる作品になっています。

吹き替え版もその動物にあった声というか、まさに動物のキャラクターを存分に引き出した様な形で、非常に面白かったです。

ぜひお子さんを連れて行って観て欲しいし、年配の夫婦の方も観ていましたので、幅広い年代の方がパートナーや友達と観るのにもいい作品でした。

 

ドクター・ドリトル公式Twitter

 

 

スポンサーリンク

作品紹介

動物と話せるドリトル先生は、名医だが変わり者。世間から遠ざかり、様々な動物たちとひっそりと暮らしていた。しかし、若き女王が重い病に倒れたと聞き、ドリトル先生は女王を救える唯一の治療法を求めて伝説の島へと冒険の旅に出発する。一緒に行く仲間は助手のスタビンズ少年と、ドリトル先生が最も信頼する親友である頑固なオウム、臆病なゴリラ、とぼけたアヒル、陽気なシロクマ、皮肉屋のダチョウなど個性豊かな動物たち。ほかにもメガネをかけた忠実な犬や、おしゃべりなキリン、賢くて勇敢なキツネ、昆虫など数多くの生き物が登場!
旅の中で明らかとなっていく、ドリトル先生の過去、国を揺るがす陰謀……物語はめまぐるしく動き出す。

引用元:https://dr-dolittle.jp/

 

登場人物

役名/演者名

ドリトル先生/ロバート・ダウニー・Jr.

引用元:https://dr-dolittle.jp/character.html

本作の主人公。動物と話せる医師。奥さんのリリーとの事を断ち切れないでいる。

スタビンズ/ハリー・コレット

パンフレット引用

ドリトルの助手を熱望。動物の言葉を少しずつ理解していく。

レディ・ローズ/カーメル・ラニアード

パンフレット引用

女王の使いによりドリトルに会いにきた。子供ながら気品な態度で接する。

ヴィクトリア女王/ジェシー・バックリー

パンフレット引用

病に倒れた女王。本当は病ではなく・・・。

海賊王ラソーリ/アントニオ・バンデラス

パンフレット引用

リリーのお父さん。ドリトルの義理の親。ドリトルと揉めて関係があまり良くない。

マッドフライ医師/マイケル・シーン

パンフレット引用

ドリトルとは学生時代一緒に学んだ関係。旅に出たドリトルを追う。

登場する動物たち

ポリネシア/ポリー(オウム)
声:エマ・トンプソン/石田ゆり子

引用元:https://dr-dolittle.jp/

人間の言葉を巧みに喋る。ドリトル先生のトラウマを取り去りたいと思っている。

 

チーチー(ゴリラ)
声:ラミ・マレック/小野大輔

引用元:https://dr-dolittle.jp/

賢く強い。が臆病で自信がない。ドリトル先生は臆病は悪い事じゃないと教える。

 

ダブダブ(アヒル)
声:オクタヴィア・スペンサー/朴璐美

引用元:https://dr-dolittle.jp/

看護師のような存在。医療器具は野菜だと思っている。

 

ジップ(犬)
声:トム・ホランド/斉藤壮馬

引用元:https://dr-dolittle.jp/

ドリトル先生の言う事を忠実に聞く。得意の嗅覚を使うインテリな奴。

 

ヨシ(シロクマ)
声:ジョン・シナ/中村悠一

引用元:https://dr-dolittle.jp/

北国生まれなのに寒さが苦手でしもやけに悩んでいる所をドリトルとリリーに助けられる。

 

プリンプトン(ダチョウ)
声:クメイル・ナンジアニ/八嶋智人

引用元:https://dr-dolittle.jp/

飛べないし泳げない鳥。移動手段として扱われるがそれを嫌う。

 

ケヴィン(リス)
声:クレイグ・ロビンソン/黒田崇矢

引用元:https://dr-dolittle.jp/

スタビンズが誤って撃ってしまったリス。助手にきたスタビンズに復讐心を燃やす。

チュチュ(キツネ)
声:マリオン・コティヤール/沢城みゆき

ベッツィ(キリン)
声:セレーナ・ゴメス/花澤香菜

引用元:https://dr-dolittle.jp/

お尋ね者の2人。スタビンズをドリトルの船まで案内する。

バリー(トラ)
声:レイフ・ファインズ/池田秀一

引用元:https://dr-dolittle.jp/

ドリトル先生の元患者。偏頭痛に悩まされるが母に認めてもらいたい。

 

ミニー(フクロモモンガ)
声:茅野愛衣

引用元:https://dr-dolittle.jp/

可愛いだけかと思ったら。いざと言うときに大活躍する。

 

 

作品情報

スタッフ

  • 監督:スティーヴン・ギャガン
  • 製作:ジョー・ロス、ジェフ・キルシェンバウム、スーザン・ダウニー
  • 製作総指揮 ロバート・ダウニーJr.、サラ・ブラッドショウ、ザカリー・ロス

製作国

  • アメリカ

上映時間

  • 101分

 

スポンサーリンク

おススメの動画配信サイト

映画観るならこの動画配信サイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

スポンサーリンク

まとめ

幅広い年代の方が楽しめる作品なんじゃないかと思います。

ぜひ気になった方が多くいてくれて、たくさんの方々観てくれる事を期待しています!

スポンサーリンク

-主人公や物語から元気をもらえる作品, 最新映画情報

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.