MARVEL 主人公の挫折や成長を感じれる作品

映画『ドクター・ストレンジ』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|続編も決定!魔術師の始まりの物語

 

ディズニーアプリ引用

映画「ドクター・ストレンジ」は2016年にアメリカで公開されたスーパーヒーロー映画です。

日本では2017年に公開されました。

続編も決定している作品で、この作品の最後に続編を匂わせるシーンもあります。

続編の前におさらいしておきましょう。

 

スポンサーリンク

映画『ドクター・ストレンジ』 感想

冒頭いきなりの首切りに衝撃を受けます。

そのまま戦闘に入りマーベル得意の冒頭から目が離せない状況になります。

展開が少し先走りすぎたのでは、という印象も全体を通して感じますね。

 

よくある展開から壮絶な世界へ

主人公のストレンジは天才神経外科医。

”神の手”とも言われた天才的な医療技術と、様々な医療知識で、他の医者が「脳死」と判断した患者を適正に判断して救う。

そして、高級マンションに高級腕時計を複数所持するなど、富と名声を得ています。

そんな生活も自動車事故で一瞬にして無くしてしまいます。

元の体に戻るためにいろいろな方法を試します。

何度も高額な手術を繰り返し、やがて貯金もつき、支えてくれる人に当たってやがて1人になっていく。

天才医師が怪我で医者としての機能を失い、それを取り戻す為に必死になるも叶わず、人生のどん底に落ちていく。

よくある展開ですが、この先が一味違うところがマーベル作品です。

手を治すためにたどり着いた場所では、手を治す訳ではなく「魔術」を教わります。

やがては魔術師同士の争いに巻き込まれ、自らが中心になって解決していく!

予告などを見てストレンジがドクターというのは知っていましたが、こういった流れで魔術師になっていくとは思わなかったです。

手を治して医者として復活するのではなく、人を救うという形は同じでも、世界中の人を救うという形に。

1人の医者が壮絶な世界へ入り込んでいく展開は、物語の流れが素晴らしいですね。

 

ストレンジの性格はトニー以上!?

ストレンジの性格は傲慢でプライドの塊。

"ミスター"と言われて、医者ではないのに"ドクター"と言い返すほど医者にプライドを持っています。

トニーは人を小馬鹿にはしますが、まだユーモアがある感じですが、ストレンジはストレートに馬鹿にする言い方をします。

地位の高い人によくあるような性格ですが、その傲慢さはトニー以上に感じるし、トニーと合わない理由がよくわかりますね。

 

ストレンジの成長が急すぎる

展開が先走りすぎと書きましたが、ストレンジが魔術を教わり、確かにその才能は他よりも群を抜いている感じはありました。

しかし今回のヴィラン、カエシリウスと直接対決した時は、まだストレンジ自体の力はそれ程だったのにそれなりに戦っていた所に少し違和感を覚えました。

ゲートウェイの修行中にエンシェント・ワンがゲートウェイのまだ完璧にできないストレンジをエベレストに置き去りにして、時空移動ができないと命を落としてしまう状況の荒修行をします。

そういった"窮地の中での成長"みたいなものが、ストレンジにはあったのかもしれないし、それをカエシリウスとの戦いでも表現したのだろうと感じます。

しかしその展開が少しわかりにくいし、力づくシーンがもう少しあってからカエシリウスとの戦闘に移れば違和感がなかったのかもしれません。

 

映像がはちゃめちゃである意味すごすぎる

魔術師と言う事で、他のアベンジャーズの面々と違い、魔術で戦います。

なので、現実世界とは全く異なった世界に入り込むので、映像がはちゃめちゃになります。

世界がひっくり返ったり、同じ場所で時空があっちこっちに傾いたり!?

その映像自体は物凄いのですが、あまりにはちゃめちゃになるので観にくい感じがあるのも事実です。

誰がどこにいるのか?

どこに向かって、その人物は今どう言う状態なのか?

正直よくわかりません。

その辺は気にせず、映像が素晴らしい事だけを観ていて、結果だけわかればまったく問題ないです!

 

総合

それまでのアベンジャーズとはまた違ったキャラクターで新鮮味がありとても面白かったです!

最後も、続編を匂わせるシーンがあり今後に期待でますし、単体シリーズとしても楽しめそうですね!

ストレンジがどんな経緯を辿って魔術師になったのかを、壮絶なストーリーと壮絶な映像美で楽しめますので、ぜひ観て欲しい作品でした!!

 

評価

  • とと
    (4.3)

 

  • 映画.com
    (3.5)
  • Yahoo!映画
    (3.69)
  • dTV
    (4.3)

 

配信されている動画サイト

オススメ!

【31日間の無料トライアル期間あり】 月額1,990円(税抜)で 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題!新作にはドコモポイント使えます♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

登場人物

スティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ・・・天才神経外科。プライドが高く傲慢さはトニー以上。人を救う外科医から世界を救う魔術師に。

クリスティーン・パーマー・・・ストレンジの元恋人。ストレンジの傲慢さについていけず別れるが、戻ったストレンジの治療をする。

エンシェント・ワン・・・カマー・タージの主。700歳を超えるその肉体には大きな秘密が隠されている。

モルド・・・カマー・タージで魔術師たちに修行をつける黒人系の魔術師。エンシェント・ワンを強く信頼していて、ストレンジをカマー・タージに導く。

ウォン・・・カマー・タージの図書室の主。冗談が通じない仏頂面の持ち主。最後に笑えない事で爆笑するズレた憎めないやつ。エンドゲームでも活躍する。

カエシリウス・・・今作のヴィラン。もとエンシェント・ワンの弟子。ドルマムゥの力を手に入れ強大な魔術師となる。

ドルマムゥ・・・ダークディメンションの主。地球を常に狙っている。

 

落ちていく天才外科医

公式サイト引用

ある図書室に入って行く連中。

そのを守るものの首を落とし、本のページを破り、立ち去ろうとします。

フードを被った人物が現れ戦闘になりますが、逃げられてしまいました。

手術中のストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は音楽を聴きながら、しかもその音楽の発売日を同僚と話したりと、とても緊迫した手術室とは思えません。

ベネディクト・カンバーバッチ(ウキペディア引用)

そこにクリスティーン(レイチェル・マクアダムス)が来て他の患者の話をします。

レイチェル・マクアダムス(ウキペディア引用)

脳死で移植手術に移る患者のその判断がおかしいと言うのです。

ストレンジもその判断には疑問があり、患者の元に急ぎます。

まさに移植手術に向かおうとする所で、ストレンジは止めます。

緊急手術に移り、頭の中にある銃弾をフリーハンドで抜き取ります。

普通は無理だという行為をやってのけて、まさに'神の手"の持ち主です。

 

ストレンジは学会の発表があると言う事で、正装し高級時計をつけて発表会場に向かいます。

移動中、病院から連絡があります。

カルテが送られてきて、それを確認するのによそ見をしていたら、他の車と接触!?

車は暴走して崖下に転落!

大事故になってしまいました。

 

気がつくと病院のベットの上。

クリスティーンがそばにいます。

ストレンジの手は固定器具でいっぱい。

それがどう意味を表しているのかはストレンジがよくわかっていました。

発見が遅れて最善を尽くした結果だとクリスティーンは言います。

それからは手術の繰り返し。

治るかもしれない事は、どんなに高額な事でもやりました。

それでも一向に良くならない身体。

貯金もつき、献身的にそばに寄り添ったクリスティーンも、もう諦める時なのだと言います。

しかし、ストレンジはそんなクリスティーンにひどい言い方をしてしまいます。

出て行くクリスティーン。

そこにはどん底に落ちた天才外科医の姿がありました。

 

スポンサーリンク

エンシェント・ワンとの出会い

公式サイト引用

ストレンジはリハビリ中、こんな事をやっても無駄だと医師に当たった時に、その医師から下半身不随になった患者が歩いていたと言う話をし聞きます。

その患者はストレンジがかつて治すのが難しい為、自分の名声が傷つくのを恐れて治療を断った人物でした。

歩く事なの不可能な患者だったが、実際に会ったその男はバスケットボールをしていました。

すがる思いでその訳を聞くストレンジ。

男はかつて門前払いを食らった相手だけに、邪険にしていましたが、自分と同じ思いをしているストレンジに行き先は「カマー・タージ」だと教えてくれました。

 

ストレンジは有り金を叩いてネパールに向かいました。

場所がわからず聞き歩くストレンジは強盗に襲われます。

時計を奪われそうになりますが、ストレンジも抵抗します。

そこにモルド(キウェテル・イジョフォー)が現れ助けてくれました。

キウェテル・イジョフォー(ウキペディア引用)

ストレンジにカマー・タージに行きたいか聞き、連れて行ってくれました。

カマー・タージにつき、礼は忘れるなと言われ、中に入り半信半疑ながらも気持ちのないのがわかるような礼をします。

そしてカマー・タージの主、エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)に出会います。

ティルダ・スウィントン(ウキペディア引用)

エンシェント・ワンは全てお見通し。

ストレンジがここに来た理由もお見通しです。

ストレンジは早速手の治し方を聞きますが、言っている事全てが、医療的なものでなく魔術的な話ばかりします。

ストレンジはいい加減しびれを切らして、取り乱すとエンシェント・ワンは多次元宇宙の一片を見せます。

そして、ストレンジをカマー・タージから追い出してしまいます。

行くあても頼るあてもないストレンジは入り口でもう一度入れてもらうべく、必死で何時間も訴えます。

その信念と辛抱強さをかって、再びカマー・タージに入ることができました。

 

スポンサーリンク

魔術師としての才能

公式サイト引用

それからは魔術師の修行の日々。

手が震えているからできないと理由をつけては投げ出すストレンジに、エンシェント・ワンは片手のない老人が魔術を使う所を見せたり、ゲートウェイを開くことのできないストレンジに、そのままでいれば30分で死んでしまう雪山エベレストに置いてきぼりにして、ゲートウェイができないと戻れない状況にして克服させたりと、かなりの荒修行を施します。

ポイント

まさに獅子の子落としです!

 

ストレンジはもともとの天才的な記憶力、学習能力でみるみる魔術師としてのランクを上げていきます。

図書室のウォン(ベネディクト・ウォン)の目を欺き本を取って勉強したりと、丹念を止める事はありませんでした。

ベネディクト・ウォン(ウキペディア引用)

そんなストレンジにエンシェント・ワンはミラー・ディメンションの存在を教えます。

外からは探知できないその場所は、危険な存在を閉じ込める場所としても使えると言われると、ストレンジは危険な存在が気になり、その存在の事を尋ねます。

エンシェント・ワンはまだ教えるのは早いとその時は羽生らがします。

 

学べば学ぶほど、その力に疑問を抱くストレンジ。

図書室に行きエンシェント・ワンの本を読むストレンジ。

アガモットの目を手に取り書かれている様に試します。

すると、なんと時間が進んだり、戻ったりしました!?

そして破れたページも時間が戻るのと同時に復活していきます。

そこにはダークディメンション、ドルマムゥ、永遠の命について書いてありました。

すると魔術が暴走!

危うい所をモルドとウォンに助けられます。

時間軸を操ると、パラドクスループ(時間の繰り返し)などが起こり存在が消えてしまう危険がある事を教えられます。

モルドはどうやってこの気の遠くなる様な魔術が出来たのか信じられない様子です。

ストレンジは記憶力がいいと言いますが、その次元じゃないと。

そして、ストレンジは何を隠しているのか2人に聞きます。

ウォンは、アベンジャーズが物理的な脅威から地球を守っている一方で、魔術的な脅威から地球を守っていると言います。

エンシェント・ワンの父、アガモットは地球の三ヶ所にサンクタムを置きました。

ロンドン、ニューヨーク、香港。

全ての場所がカマー・タージに繋がっていて、サンクタムが決壊を貼り地球を守っていて、魔術師がサンクタムを守っているそうです。

ストレンジが何から守っているのか聞くと、ドルマムゥの様なダークディメンションにいる時間を超越した存在から守っているそう。

ドルマムゥは地球をものすごく欲しがっていて、ダークディメンションに取り込もうとしているそうです。

そして、破られたページはダークディメンションから力を得る方法が載っていたそうです。

 

スポンサーリンク

カエシリウスの野望

公式サイト引用

そんな話をしていると、ロンドンのサンクタムの鐘がなります。

ロンドンの扉が開くと人が襲われていました!?

カエシリウス(マッツ・ミケルセン)です!

マッツ・ミケルセン(ウキペディア引用)

カエシリウスはまさにダークディメンションから力を得る方法が載っているたページを盗んだ人物。

ロンドンのサンクタムを破壊して、爆発の衝撃でストレンジはニューヨークのサンクタムに飛ばされました!

そこにカエシリウスが襲ってきて戦闘になります!

 

浮遊マントのお陰でカエシリウスを拘束します。

がカエシリウスの手下に致命傷を負わされてしまいました。

浮遊マントに助けられた間にゲートウェイでクリスティーンの元に行き、治療をしてもらいました。

気を失いますが、アストラル体になってクリスティーンに治療の助言をします。

クリスティーンはびっくり!

それでもストレンジの姿なので治療を続けます。

すると手下もアストラル体になって襲ってきます。

心臓の止まったストレンジに電気ショックをするとそれが伝わり手下に大ダメージを与えます!

もう一度電気ショックを与え手下を撃破!

ストレンジも意識を戻します。

 

ニューヨークのサンクタムに戻ったストレンジ。

カエシリウスは逃げた様です。

モルドと再会。

エンシェント・ワンも現れます。

そして、ストレンジをニューヨークのサンクタムを任せると言います。

ストレンジは医者になったのは人を救う為なのに人を殺してしまったと。

エンシェント・ワンはストレンジの傲慢なエゴを突っ込みますが、ストレンジはエンシェント・ワンがダークディメンションから力を得ている事を見抜き突っ込みます。

エンシェント・ワンはまた来るカエシリウスに備えなさいと言ってしまいます。

 

モルドと言い合いになると、カエシリウスがまた襲ってきます。

ストレンジがミラーディメンションに閉じ込めると事に成功!

しかし、力の増したカエシリウスはミラーディメンションの中でも攻撃してきます。

逃げ惑うストレンジとモルド。

捕まり刺されそうになるストレンジを救ったのはエンシェント・ワンです。

エンシェント・ワンはダークディメンションの力を得て戦います。

ストレンジの言うとうりエンシェント・ワンはダークディメンションから力を得ていました。

しかし、カエシリウスの部下も犠牲にする攻撃で刺されてしまい、現実世界に戻され地面に落下!

病院に運びますが、危篤状態。

アストラル体になったエンシェント・ワンをストレンジが追います。

そして、ストレンジに足りないもの。

「我より人」

そして、足りないもの通しのモルドと力を合わせればドルマムゥに立ち向かえる。

最後の教えを伝えて消えました。

現実のエンシェント・ワンも死にました。

 

スポンサーリンク

カエシリウスとの決戦

カエシリウスは香港に現れます。

ウォンがサンクタムを守ります。

カマー・タージに戻ったストレンジ。

モルドはずっと騙していたエンシェント・ワンに失望していました。

ストレンジは次のターゲットは何処かわかるだろとモルドに言います。

自分だけの力じゃ守らないと、モルドに言い聞かせて香港のサンクタムに向かいました。

しかし、香港のサンクタムはもう襲われていて、ダークディメンションが飲み込んでいます。

 

ストレンジは時間を戻していきます!

壊れていく街が戻っていきます。

らやれたウォンも復活して、サンクタムも元に戻っていきます。

サンクタムが戻ったら今度こそ守るぞと!

しかしカエシリウスが攻撃してきて時間が止まってしまいました。

 

ストレンジはもうどうする事も出来ないのか!?

世界はダークディメンションに飲み込まれてしまうのか!?

クライマックスは作品を観てみてください!

 

↓続きが知りたい方はこのまま進んでください↓

 

 

スポンサーリンク

クライマックス(完全ネタバレ)

この先はクライマックスを完全に書いてあります!

結果が知りたくない方は気をつけてください!!

 

 

カエシリウスが時間を超越するんだと言う言葉を口にするとストレンジは思いつきます。

自らダークディメンションに行き、ドルマムゥと話をします。

しかし、ドルマムゥは相手にせずあっという間にストレンジを殺してしまいました。

すると、また現れるストレンジ!?

何度殺しても復活するストレンジにドルマムゥは戸惑います!

ストレンジはダークディメンションの力を得て、時間を操作して繰り返していました。

永遠に続くと言うストレンジの言葉を信じないドルマムゥは何度もストレンジを殺します。

何度も、何度も、何度も殺しても時間は繰り返します。

やめて欲しければ、カエシリウスを地球からつまみ出し、地球に手を出すのは辞めろと条件を出します。

もうやめろ!というドルマムゥに対して、

名言です!

何度も

何度も

永遠に負けてやる

 

ストレンジは言います。

ポイント

独善的でプライドの塊だった昔のストレンジはもういません!

正義の心を宿したスーパーヒーローの誕生です!

 

地球に戻ったストレンジ。

カエシリウスはダークディメンションに取り込まれていきます!

やがて、ダークディメンションもなくなります。

ストレンジはサンクタムを元に戻し、全ては終わりました。

 

モルドはダークディメンションの力を得て、自然の法則を破ったストレンジを許しません。

いつか報いが来る。

お前達とは一緒に歩めないといってしまいました。

 

ストレンジがアガモットの目を元に戻すとウォンが正解だと言います。

インフィニティストーンを持つにはまだ修行が足りないと伝え、エンシェント・ワンが亡くなったから、地球を守るために準備が必要だと。

ストレンジは任せてくれと言った所で物語は終了です。

 

エンドロールの後、モルドが下半身付随で魔術の力でバスケットボールをしていた男から魔術の力を奪い取り

「魔術師が多すぎる」

と言う言葉を残して終わります。

このシーンが続編に関係してそうです。

 

 

長いあらすじ、最後まで読んでくれてありがとうございます!

スポンサーリンク

-MARVEL, 主人公の挫折や成長を感じれる作品
-

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.