ファンタジー

映画『キング・オブ・エジプト』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|キスマイファンも見逃せない超ド級の冒険スペクタクル

映画『キング・オブ・エジプト』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ

公式サイト引用

 

映画「キング・オブ・エジプト」は2016年に公開したアメリカ映画です。

古代エジプトを舞台にしたアクション・ファンタジー映画で、エジプト神話の神々と人間が共存していた時代の話です。

神々と共存していた世界の物語は一体どんなものなのでしょうか??

 

 

 

 

スポンサーリンク

映画『キング・オブ・エジプト』 感想

神話の登場人物を使った作品は結構好きなのですが、この作品もファンタジーの王道って感じがして面白かったし好きですね。

神々と人間が共存していて、冒険も一緒にするってのが斬新でしたし、身体の大きさで身分が違う的な所を表しているのがわかりやすくていいですね。

映像の迫力はかなりあって見応えがありました!

神々が大きいだけに、人間のベックが襲われている所なんて、大迫力ですね!

 

残念だったのは、神々の能力が見た目じゃわからないものだらけだった事でしょうか。

変身する能力は確かに姿が変わるのでわかりやすいです。

冒険の中でパーティーを組んで行くような形なので、その神ならではの特殊能力でクリアしていくみたいな流れだったらよかったですね。

一応そういう形ではあるのですが、「知恵」とかなので普通に問題を解いているだけです。

派手な演出の効果があればもっと盛り上がったのにと感じました。

 

 

動画配信サービスの評価

  • とと
    (4.0)

 

  • 映画.COM
    (3.1)
  • yahoo!映画
    (3.38)
  • dTV
    (3.8)

 

 

配信されている動画サイト

オススメ!

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~ 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題! 面倒な回線契約や特別な機器は一切不要♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

古代エジプトを舞台に、エジプト神話を元に作られた作品。

 

神と人間が共存して暮らしていた古代エジプト。

生産の神「オシリス」(ブライアン・ブラウン)

により、小麦の栽培やパンやワイン作りなどで栄え平和な時が流れていました。

そんな中、オシリスは息子の天空の神「ホルス」(ニコライ・コスター=ワルドー)

に次期王を継承しようとしていました。

本作品の主人公、人間で盗賊の少年ベック(ブレントン・スウェイツ)

は恋人のザヤ(コートニー・イートン)

とそんなエジプトで幸せに暮らしている民です。

 

日本語吹き替え主人公ベック役はキスマイ玉森裕太!

この主人公ベックの吹き替えを担当するのがジャニーズ人気グループKis-My-Ft2の玉森裕太さんです。

 

キスマイ、玉森ファンも見逃せません!

 

 

オシリスからホルスに王の継承する式典が始まります。

その時、オシリスの弟砂漠の神「セト」(ジェラルド・バトラー)

が現れました。

祝いに来たと言ってはいますが様子がおかしいセト。

次の瞬間、武器を取り次の王は自分だとオシリスに戦いを挑みます。

戦いを好まないオシリスはこれを拒否!

では死ねとばかりに簡単に殺してしまいます。

神々や人間に跪かせ忠誠を誓わずセト。

怒ったホルスは武器を取りセトに挑みます!

しかし、セトの強さは半端じゃなく返り討ちにされてしまいます。

目(力)を奪われ殺されそうになるホルス。

止めに入ったのはホルスの恋人、愛と美の女神「ハトホル」(エロディ・ユン)

です。

恋人のホルスと別れてあなたと付き合うから命は助けてあげて、という事ですね。

なんとか命は助かったホルスですが、セトが王を継承し力でねじ伏せる独占的な支配が始まります。

 

人間と神々が共に暮らす時代で、神々も姿は人間そのものです。

見分けがつかないんじゃないかと思いますが大丈夫!

神々は皆でかい!

人間より一回りでかいので間違える事はありませんでした。

 

セトの支配が始まり、地獄の生活を強いられた神々と人間。

ザヤはこの支配を止められるのはホルスしかいないとベックにホルスの「力」を盗んでくるように頼みます。

「力」を宝物庫に盗みに行くベック。

昔の時代ですからね、今なら簡単に見つかるような潜入方法ですが、宝物庫に潜入。

しかし、古代ならではのあからさまなどでかい罠があって、そしてそれを超えていくベックは見所ですね!

なんとか「力」を盗んだベック。

ザヤの元に行きますが、バレて待ち伏せされてしまいます。

 

ホルスの「力」を使いなんとか逃げ切る2人。

しかし、放たれた矢に刺さりザヤは命を落としてしまいます

なんとか助けたいベックはホルスの元に行きます。

「力」を奪われうなだれるホルス。

「力」を返してやるからザヤを生き返られろと交渉するベック。

交渉に応じてザヤの命を戻そうとするホルスでしたが、時間が経ち過ぎて無理だと死後の世界に連れて行ってしまいます。

さらに「力」を奪われ片目がもどったホルス。

交渉はダメかと思ったが、もう片方はここにはない事。

ベックなら盗めると言う事もあり、再度交渉。

しかし、ザラの命は戻らなかったのにどうするんでしょう?

ホルスが言うには、死者の魂は9つの門を通り死後の世界に行くらしい。

9つ目の門を通る前ならば、王は魂を呼び戻す事ができるという。

日数がかかる9つ目の門までにホルスが王を奪回し、魂を呼び戻す!

と言う作戦で2人の交渉は成立!

2人は王奪還の旅に出る事になります。

 

スポンサーリンク

王奪還への旅の始まり

セトともう一度戦う事になるが、1度は敗れた相手。

「力」が戻った所で勝てる可能性は低いです。

そこで、ホルスは戦略を練ります。

砂漠のセトのピラミッドで燃える炎を消せば、セトの力が弱まる為勝機が見えてくる

との事で、炎を消せる唯一の水「創造の水」を手に入れようとします。

水はホルスの祖父、太陽と宇宙の神「ラー」の下にあり無事に手に入れる事に成功。

ラーはホルスに「何故、人間と共にいる?」と言う質問をします。

ホルスは「必要な人間です」と答えはするも、人間と神。

共通の目的があるとは言え、お互いがお互いを利用しようとしている仲、うまくいくとは思えませんね。

案の定、人間を下に見て水を汲ませに行かせようとするホルス。

「奴隷じゃない!」と反抗するも力で負けてしまいます。

しぶしぶ水を汲みにいくベック。

その先でセトの追っ手に捕まってしまいます。

力が戻ってないと言えど、負ける相手ではないホルス。

なぎ倒していくも、不意を突かれてしまいます。

滝そこに落ちていくホルス。

危険を顧みず飛び込むベック。

先ほどまでとは違い、お互いを助け合う2人。

少しだけ信頼が芽生えた、そんなシーンでした。

 

そんな中セトはというと、自分に反旗を翻す者を容赦なく始末していきます

例えそれが自分の嫁でもです。

映画の感動をサウンドトラックでもう1度!

 

 

なんとか助かったベックとホルス。

2人は王の継承の儀式をした最初の神殿にいました。

オシリスの遺体は14に刻まれナイル川に流されたそうですが、心臓だけ見つかっていないそう。

ホルスは復讐を誓います。

そんな話しをしていると、新たな追っ手が!

大蛇にのった「アスタルテ」と「アナト」です!

動画でもよく出てくるシーンですね。

ちなみに、この2人の吹き替えはおかずクラブのゆいPとオカリナが担当しています。

ここのシーンではベックとホルスが力を合わせて戦うシーンが見られます

それと、大蛇が襲ってくる大迫力の映像がみられます!

手に汗握る場面ですね!

 

1人は何とか倒し、2人目に苦戦している2人。

彼らの前に現れたのはなんと、愛と美の女神「ハトホル」でした!

セトの元から逃げ出しホルスの前に現れたのです!

セトに忠誠を誓ったとは言え、それはホルスを助ける為。

やはりホルスを愛しているんですね。

そんなハトホルは「心を寄せる者がいない者の心を操る」と言う能力を持っています。

大蛇を操り、自らを炎で焼き尽くし自爆させ撃退します。

 

仲間が1人増え、次なる作戦を考える3人。

ピラミッドには門を守るスフィンクスがいて、問いに答えないと中に入れないそう。

しかも、謎が解けないと容赦なく殺されると言う超厄介なスフィンクスです。

そこで、知恵の神「トト」に一緒に来てもらい問いに答えてもらおうという作戦を考えます。

しかし、トトは「解いてやるから問題を教えろ」と言います。

問題を聞いて答えずにここに戻るということはだれかが死ぬということです。

交渉するも聞きません。

さすがは知恵の神!

プライドが高い!

そこでベックが機転を利かし「じゃあ俺が答える!知恵の神は自信がなくなって逃げたと言ってやる」と言います。

当然、プライドの高いトトはそんなことを言われて黙っていません。

一緒に行くこにします。

ホルスはベックに一言。

「でかした」

ベック「いいって」

このやりとりがなんだか好きです。

 

スポンサーリンク

いざ!セトのピラミッドへ

ピラミッドに向かう途中、驚愕の真実が明らかになります。

ザラは生き返るとホルスは言っていましたが、実は嘘でした。

ベックを連れていく為にホルスが嘘を言ったのです。

それを知ったハトホルは怒り真実をベックに伝えるべきだといいます。

しかし、ベックがいないとピラミッドに入れないと伝えるのを拒みます。

 

ピラミッドについた一行。

ベックが侵入に挑みます。

宝物庫に入った時のように運任せでした。

ついにスフィンクスと対峙します。

トトが謎解きに挑みます。

2度間違えるもなんとか答えます。

 

ついにセトの炎までたどり着きました。

が、セトの罠にかかり、ホルスとハトホルは捕まり、トトは脳を取られます。

ベックが水を炎にかけようとしますが、ザヤが生き返らないことをセトに伝えます。

ベックは落胆し、水も奪われ計画は失敗。

ピラミッドが崩れ落ちます。

3人とも脱出はしましたが、ベックはホルスを問いただします。

 

ザヤが宝物を持っていない事に気付き、ハトホルはアヌビスを呼び出します。

死者は宝物を持っていないと最後の門をくぐれません。

ハトホルは自分の宝石を彼女に渡す事で助けて欲しいとアヌビスにお願いします。

しかしその宝石を外すとハトホルは悪魔にさらわれてしまいます。

ホルスは激しく反対!

しかし、ベックを騙した償いだと宝石を外し、悪魔にさらわれ消えてしまいます。

ホルスはベックに宝石をわたし「やるべきことをやれ」と死者の国にいくよう促します。

 

死者の国に来たベックはザラに最後のお別れを告げようといますが、異変が起こります。

セトが生き物すべてを消そうと動き出したのです。

騙されたけどそれでもホルスを信じるザラ。

ベックにホルスと一緒に戦うよう願います。

そんなザラを信じてもう1度ホルスと手を組むベック!

 

運命の最終決戦!

エジプトの運命はベックとホルスに託されました!

ホルスとベックのコンビはセトに勝てるのか!?

神や人間の運命はいかに!

ザラの命はどうなる!?

最後最後にベックが!?

見所満載のこの作品!

是非ともご覧になってください!!

 

 

スポンサーリンク

-ファンタジー

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.