ハラハラドキドキが止まらない作品

【自分の命より大切な命】映画『エンド・オブ・ステイツ』見所紹介 作品感想まとめ|揺るぎない信頼関係!再び芽生えた絆とは?

引用元:http://end-of-states.com/

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『エンド・オブ・ステイツ』の作品紹介やととの感想などが書いてあります。命をかけて大統領を守るシークレット・サービスの壮絶な物語とは?
命をかけた男の物語にゃ!
ふわり
とと
そうだね!シークレットサービスの凄さを知ったよね。

評価

  • とと
    (4.5)
  • 映画.com
    (3.7)
  • Yahoo!映画
    (3.97)

映画『エンド・オブ・ステイツ』は2019年公開のアメリカのアクション映画です。

2016年に公開された『エンド・オブ・キングダム』の続編です。

シークレット・サービスの主人公が大統領暗殺未遂の犯人で捕まります。

果たして、自らの潔白を証明して大統領を守る事はできるのでしょうか??

スポンサーリンク

映画『エンド・オブ・ステイツ』 感想

『エンド・オブ・キングダム』の続編という事ですが、ととは『エンド・オブ・キングダム』は観た事がなくこの作品を観ました。

物語の内容は、シークレット・サービスのジェラルド・バトラー演じるマイクはテロ事件から世界を救ったヒーローとして、大統領のモーガン・フリーマン演じるトランブルからも絶大な信頼を得ていました。

しかし自身は体調不良に悩まされて、密かに引退を考えていました。

ある日、休暇で釣りをしていた大統領の警備にあたっていたマイクですが、そこに無数のドローンが襲います。

警備隊は全滅。

何とか助かった大統領とマイクですが、ドローンはマイクを避けていたように見えました。

昏睡状態から一命を取り留めたマイクは、気がつくとベッドに拘束されていました。

現場で見つかったドローンの発射装置にマイクの体毛やDNAが発見され、さらにはロシアから金を送金されていた記録もありました。

大統領を守った英雄が一瞬にして容疑者に!?

身柄を護送されている時に何者かに襲われ、拉致されたマイクでしたが、何とかピンチを切り抜け脱出します。

しかし警察やFBIから追われ、さらには敵からも追われる逃亡者に。

マイクは身の潔白を晴らし、さらに犯人を見つけて大統領を守れるのか!?

という物語です。

細かい所まで観るともしかしたら前作を観ておいた方が感じ方が違うのかもしれませんが、分からなかった内容はありませんでしたし、前作を観ていなくても楽しめる内容だったと思います。

YouTubeでの感想動画

 

息もつかせぬアクション!敵もすごい

引用元:https://eiga.com/movie/91729/

冒頭の訓練のシーンから迫力ある戦闘シーンでしたし、ドローン攻撃も人の吹っ飛び方などもリアルで、アクションはもちろん言うことなしでした。

その上、主人公のマイクは容疑者として追われますから、身の休まる事のない逃走劇は、スピード感があり、緊張感も最後までなくなる事なく、瞬きなんてしていられないほどの展開でした。

カーチェイスでは、テレビでよく見るヘリでの追跡も加わり、「どうやって切り抜けるの?絶対無理でしょ!?」って展開になりました。

そこを切り抜けるのが主人公の特権ですが、それでも緊張感はなくなりません。

今回の敵もすごいにゃ!
ふわり

敵も凄い集団で、大統領の命を狙って抹殺しに行くわけですが、大統領のいる所なんてもちろん警備は憫然だろうし、どう考えても敵には不利なはずです。

でもいろいろな手段を用意して、形成的にも優位に立ち、少人数なのに相手をバタバタ倒していくその姿は敵ながら凄かったです。

そんなのを相手にする訳ですから、アクションは自ずと激しく物凄いものになりますよね。

そんな物凄い敵に対抗するマイク達の激しいクションには是非とも注目してください。

 

マイクとトランブルの信頼関係

引用元:https://eiga.com/movie/91729/

主人公が大統領を守るシークレット・サービスと言うともあって、大統領を命がけで守るそんなシーンが沢山あります。

中でもクライマックスのシーンで、銃撃を受けながら車から建物に移動する時にマイクが言ったセリフですが

「何があっても、たとえ仲間がやられても、振り向かず前に進んでください」

実際にテレビでそういった大統領を守るシーンを観たことがありますが、そのシーンをさながらに再現しているかのような光景でした。

こうやってシークレット・サービスの人達は、国のトップを守ってるんだというのがすごく伝わりました。

シークレット・サービスすごいにゃ!
ふわり

そのシークレット・サービスの人達を、マイクという人物をトランブルは凄く信頼していたのでしょう。

誰もが犯人扱いしかしなかったマイクを、疑うしかない証拠もたくさん出てきているのに、まるで疑うことなく、迷うことなくマイクを信用しました。

前に書いたようなシークレット・サービスとしての任務を遂行していると同時に、それ以上の信頼関係を築いていたというのがよくわかります。

その疑う事のない真っ直ぐな大統領をモーガン・フリーマンが演じていて、これがまたかなりハマっていて、涙ぐんでしまうほどグッとくるシーンでした。

そんな2人に注目ですね。

 

いいキャラのお父さん

引用元:https://eiga.com/movie/91729/

この作品は基本的に笑いなどなく、終始真面目なストーリー展開で進むのですが、唯一笑ってしまうシーンがあります。

それはマイクがマイクのお父さんニック・ノルティ演じるグレイと再開した場面です。

マイクが逃走している時、警察やFBIさらには敵からも追われますから、もちろん1人で逃げていて逃げ切れる訳がありません。

そこで助けを求めたのが父のグレイです。

しかし2人は長年の疎遠の関係で、さらにグレイはマイクと母を置いて出て行ってしまった人物。

それ以来の再会という事でかなり意味深だし、マイクは恨んでさえいます。

そんな2人の再開だし、その後もグレイはマイクの家族との絡みもあるので、そこは作品の中でもかなりのポイントだし見どころなのですが、この展開のどこに笑いの要素がある?と思いますよね。

面白そうには見えないにゃ!
ふわり

それはですね、このグレイの家でマイクが休んでる時に、敵に居場所がバレてしまうんですね。

そして、もちろん敵はマイクを殺しに来るのですが、グレイがそれに気づきマイクと一緒に逃げます。

その後、ある方法で敵を撃退するのですが、その方法がとんでもなくはちゃめちなので思わず笑ってしまったんです。

マイクも「まじか!?」と苦笑いをする程の事で、ととも「まじか(笑)」と声が出てしまいました(笑)。

もちろんその方法は作品を観て確かめてもらうとして、そんなシーンをぜひとも楽しみにして観てもらえたらと思います。

 

総合

引用元:https://eiga.com/movie/91729/

前作を観ているともっと思う所があったのかもしれないし、感動も違ったのかもしれません(前作を観て検証してみようと思います)。

しかし迷うところはなかったし、理解もできていたので、前作を観ていなくても全然大丈夫でした。

激しいアクションに2人の信頼関係、2人の再会に少しの笑いに注目して、気になった方はどんどん観て欲しいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

作品紹介

かつてたった一人で世界を未曾有のテロ事件から救った英雄マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)。今もシークレット・サービスのエージェントとしてアメリカ合衆国大統領トランブル(モーガン・フリーマン)から絶大な信頼を得ている彼だったが、長年の激務と歴戦の負傷は彼の体を激しく蝕んでいた。引退の二文字が度々頭をよぎるようになったある日、休暇中の大統領の元に突然空から大量のドローン爆弾が襲いかかる。決死の覚悟で身を挺して大統領を守るマイク。しかし激しい攻撃の中意識を失い、目を覚ますと彼は大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていた。全く見に覚えのない濡れ衣、しかし何者かが周到に用意した証拠はすべてマイクが犯人であることを示していた。なんとか隙を突いて逃げ出したマイクは、自らの無実を証明するため真実を明らかにするため、ボロボロの体にムチを打って走り出す。やがて明らかになる陰謀、それは世界を破滅へと導く恐るべきものだった。傷だらけの英雄マイク・バニング最後の戦いが今始まる――

引用元:http://end-of-states.com/about.php

 

登場人物

役名/演者名

マイク/ジェラルド・バトラー

引用元:http://end-of-states.com/about.php

シークレット・サービスの凄腕エージェント。大統領殺人未遂で容疑者になる。

トランブル大統領/モーガン・フリーマン

引用元:http://end-of-states.com/about.php

アメリカ大統領。マイクに絶大な信頼を置いている。

クレイ/ニック・ノルティ

引用元:http://end-of-states.com/about.php

マイクの父。マイクと奥さんを置いて出ていく。

 

 

作品情報

スタッフ

  • 監督:リック・ローマン・ウォー
  • 製作:マシュー・オトゥール、ジョン・トンプソン、レス・ウェルドン、ヤリフ・ラーナー、ジェラルド・バトラー、アラン・シーゲル
  • 脚本:ロバート・マーク・ケイメン、マット・クック、リック・ローマン・ウォー

製作国

  • アメリカ

年齢制限

  • PG12

上映時間

  • 121分

 

 

 

 

スポンサーリンク

おススメの動画配信サイト

映画『エンド・オブ・ステイツ』観るならこの動画配信サイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

スポンサーリンク

まとめ

真面目なストーリーに激しいアクション、少し笑える物語です。

気になった方は、ぜひとも観てもらいたい作品でした。

 

スポンサーリンク

-ハラハラドキドキが止まらない作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.