ハラハラドキドキが止まらない作品

映画『ハンターキラー 潜航せよ』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|2人のリーダーの決死のミッションとは!?

映画『ハンターキラー 潜航せよ』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ

 

映画「ハンターキラー潜航せよ」は2018年公開のイギリスの映画です。

日本では2019年に公開になりました。

小説「Firing Point」を原作としている本作。

ハラハラドキドキが止まらない物語は一体、どれほどのものなのでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

映画『ハンターキラー 潜航せよ』 感想

作品を通して、ハラハラドキドキが止まらない物語でした。

しかもかなりの緊張感なんです!

これほどドキドキ緊張しながら観たのはかなり久しぶりでした。

魚雷が襲ってくるシーンの回避する場面は、潜水艦ならではのやりとりがあります。

戦闘機などはパイロットが自ら判断して機体を操作しますが、潜水艦は魚雷の発射や速度などそれを調べている船員が艦長に伝え、艦長が判断して回避の指示をします。

その一連のやりとりにかなりの緊張感があり、そしてその緊張感がビシビシと伝わりかなり見入ってしまいました!

物語の半分くらいからそういったシーンが多くなり、「あと1時間あるな」なんて思っていたら、あっという間にクライマックスになっていて、どれだけ見入ってしまったんだと自分で驚いてしまうほどでした。

 

緊張感のある緊迫したシーンが見入ってしまうその要因の1つなのですが、それ以上に艦長ジョー・グラス役を演じるジェラルド・バトラーさんのリーダーシップ溢れる白熱の演技が、やはりそのシーンの緊迫感や見入ってしまうさらなる要因でした。

全員が怯える中、ただ1人毅然と指示を出し、声には出しませんが「大丈夫だ!言うとうりにしろ」と言わんばかりの表情がなんとも言えません。

そして、1番印象に残ったセリフはピンチを脱した時に、グラス艦長のやり方が規則に反しているとそればかり気にしていた副館長に言った言葉です。

「規則を守るのと、命を守るのと、どっちが大切だ?」

何十人もの乗組員の命を預かる男の最大級の教えですね。

グッときました。

 

物語的にロシア大統領を助けに行くと言う任務をこなす中でこういった緊迫したシーンがあるのですが、助けに行くのは海の中からだけでなく陸上からも救出に行きます。

トビー・スティーブンス演じるビル・ビーマン率いる4人の小部隊が陸上の任務をこなします。

このビル隊長はグラス艦長と全く違う雰囲気で、最初は乱暴で任務のためなら部下の命なんて関係ない!そんな感じの印象でした。

しかし最後に、自分の命も危険なのに負傷し置いてきた部下を助けに戻り

「よくやったな新入り。さっ逃げるぞ」

とその大男を抱えていきます。

そのギャップにかなり引き込まれました!

ジェラルド・バトラーさんに目がいきがちですが、こちらの"隊長"も注目の1人です

この2人の長は、同じ行動をしますので、その辺も見所です。

そして、最後に2人が対面して会話するシーンはかなりシビれる場面です!

 

ぜひとも、そういったシーンや人物に注目して観て欲しいですね。

 

原作 「ハンターキラー 潜航せよ」 ジョージ・ウォーレス&ドン・キース

 

評価

  • とと
    (5.0)はなまる満点!

 

  • 映画.com
    (3.9)
  • yahoo!映画
    (4.26)
  • dTV
    (4.7)

 

配信されている動画サイト

オススメ!

【31日間の無料トライアル期間あり】 月額1,990円(税抜)で 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題!新作にはドコモポイント使えます♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

ジェラルド・バトラー出演作品

【そんな所で撃ち合うの!?】映画『ザ・アウトロー』あらすじ紹介【ネタバレ 】感想まとめ|最後に笑ったのは誰?意外な最後に驚愕!?

続きを見る

映画『ジオストーム』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|アクションSFサスペンス!てんこ盛りの超作品

続きを見る

映画『キング・オブ・エジプト』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|キスマイファンも見逃せない超ド級の冒険スペクタクル

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

登場人物

  • ジョー・グラス・・・アーカンソーの艦長。本作の主人公。冷静で的確な判断で任務をこなしていく。
  • ジョン・フィスク・・・本部で指揮する海軍少佐。
  • ジェイン・ノルクィスト・・・NASの局員。
  • ビル・ビーマン・・・任務遂行を優先するが、実は部下思い。
  • セルゲイ・アンドロポフ・・・ロシア軍コーニクの艦長。グラスに助けられ協力する。

 

グラス率いる潜水艦隊 ビル率いる陸上部隊

公式サイト引用

 

ロシア領のバレンツ海でアメリカの潜水艦タンパベイが攻撃されます。

そのまま消息を絶ってしまったタンパベイの状況確認と乗組員の救出の為に、アメリカは潜水艦アーカンソーを派遣することにしました。

艦長に抜擢されたのはグラス(ジェラルド・バトラー)。

ジェラルド・バトラー(公式サイト引用)

 

海軍兵学校出身ではないという事に乗組員が戸惑いますが、グラスは出発前に海軍兵学校出身ではない、現場上がりだから君らの事はよく分かるし同じだと伝え出港します。

本部のジョン海軍少将(コモン)は知り合いのNASA局員のジェイン(リンダ・カーデリーニ)からロシアの良くない動きの情報を得ます。

コモン(公式サイト引用)

リンダ・カーデリーニ(公式サイト引用)

 

ジョン少将はビル隊長(トビー・スティーブンス)率いる4人の小部隊をロシアの北海にあるポリャルヌイ海軍基地に偵察に送りだします。

トビー・スティーブンス(公式サイト引用)

 

アーカンソーはタンパベイが消息を絶った海域に到着しました。

偵察機を出してタンパベイを探します。

すると、海底に沈んでいるタンパベイを見つけます。

生存者がいないか確認するも、生き絶えた人達が浮かんでいるだけでした。

調べを進めると攻撃を受けた後を発見します。

グラス艦長はすぐさま攻撃体制に入るよう指示!

潜んでいたロシアの潜水艦が魚雷を2発撃ってきました!?

囮を発射して何とかかわします。

アーカンソーも魚雷で攻撃します。

しかし、氷山が邪魔をして相手を見つけられません。

グラス艦長が座標の指示を出します。

するとなんと敵艦を見つけました。

魚雷が直撃して敵艦を倒します。

 

スポンサーリンク

 

ロシア大統領救出作戦

公式サイト引用

 

ビル達は海軍基地に到着します。

映像を作戦本部に送ります。

そこにはロシア大統領(アレクサンドル・ディアチュンコ)が来ていました。

すると、ロシア国防省のドミトリー(ミハイル・ゴア)は大統領の側近を殺し、大統領を監禁してしまいました!?

クーデターを起こしたんです。

 

一方のアーカンソーは叩くような音を拾います。

音のするほうに向かってみると、そこにはロシアの潜水艦が沈んでいます。

艦体には内側から爆発したような跡が。

生存者が艦体を叩いて知らせているのです。

グラスは救助しに行くと言います。

副艦長はタンパベイを攻撃した相手ですよと反対します。

「攻撃したのは命令されたからだ。

陸の動きがわからない今は、あの生存者の情報が頼りなんだ」と救助を実行します。

生き残っていたのはその潜水艦のセルゲイ艦長(ミカエル・ニクヴィスト)。

ミカエル・ニクヴィスト(公式サイト引用)

 

グラスは沈んだ経緯を説明します。

おそらく仲間が裏切って、艦体の中から爆破したのだろうと。

作戦本部ではクーデターが起こったことによる会議が開かれていました。

ジョン少将は現場近くに偵察隊と潜水艦隊がいるから大統領を助けに行こうと提案します。

アメリカ大統領はこれを承諾して作戦を実行するように指示します。

作戦はすぐにグラス艦長とビル隊長に伝えられます。

 

スポンサーリンク

 

海の底の困難な任務

公式サイト引用

 

作戦はビル隊長率いる部隊が大統領を救出して、グラス艦長率いる部隊が現場近くで大統領1人と団員4人を保護するという作戦です。

アーカンソーが現場の海軍本部まで行くには機雷原とソナー網の中を通らないといけません。

そこでグラスはセルゲイを呼びます。

グラスは魚雷軍の海域に詳しいセルゲイに案内をさせようとしたのです。

これには副艦長は大反発!

機密な部分がある部屋に他国の人間を入れるなんて規則違反だと訴えます。

グラスはそれを聞かずに続行します。

そしてセルゲイも案内を始めます。

機雷原の中スレスレを通っていきます。

途中、音に反応するソナーがあります。

音を立てるなと指示。

艦内は静まりかえります。

振動で爆弾を抑えている金具のネジが緩みカタカタ言い出します。

音を止めるためネジを締め直す隊員。

ネジが閉まりカタカタもなくなりました。

そしたらスパナを落としてしまいます!?

他の隊員がキャッチします。

ポイント

ベタな演出ですが、かなりドキドキするシーンでした。

声もダメなくらいなんですね。

 

次はどうやっても通れない場所に差し掛かります。

セルゲイは海図にはない抜け道があると指示します。

その方向に向かうとやはり行き止まりです。

引き返さなきゃと慌て出す隊員達。

グラスは怯えるなら部屋にこもってやれと一括!

そのまま進むとなんと、隙間があり抜けられました。

ゼルゲイの言葉は正しかったのです。

無事に機雷原を抜けたアーカンソー。

グラスは副艦長に

「規則を守るのと、命を守るのどっちが大切だ?」

と問いました。

ポイント

最初に言っていたセリフのシーンがここですね。

かなり引き込まれます!

 

 

スポンサーリンク

 

陸上での困難な任務

公式サイト引用

 

海軍基地のドミトリーは部下を偵察に行かせます。

怪しい場所に行き銃を乱射!?

その怪しい場所にいたのがビル達4人です。

新人が足を撃ち抜かれます。

声を出すなとビル。

ドミトリーの部下は気付かずに行ってしまいました。

ビルは新人を置いていきます。

隊員が新人はどうするのか尋ねると、俺が生きていたら助けに行くと言います。

 

建物に近づくビル達。

そこに、撃たれた大統領の側近が生きてまだいました。

大統領を助けるから道案内してくれとくれと一緒に連れて行きます。

大統領が監禁されている部屋を目指して壁を登ります。

部屋に入り大統領のいる部屋の扉を爆破させ大統領を救出。

爆発音にドミトリー達が気づき銃撃戦になります。

大統領の側近が囮になり、大統領たちを逃がします。

大統領やビル達は壁を降りていきますが、側近が撃たれて最後のあがきに爆弾を爆発させた衝撃で1人落ちてしまいました。

落ちた部下は死亡。

海を目指して逃げますが、追いつかれてしまいます。

万事休すでしたが、1人づつ頭を撃ち抜かれていきます。

足を撃ち抜かれた新人が遠くの森から狙撃していました。

その隙に海に行きます。

グラスの救助艇と合流して乗り込むため海に飛び込みます。

海軍兵は海に向かって銃を乱射します。

ビルの部下の1人は撃たれてそこで死亡。

2人やられてしまいました。

救助艇に大統領を乗せるとビルは救助艇には乗らずに引き返してしまいました。

 

スポンサーリンク

最後の賭け

公式サイト引用

 

怪我はしているものの、アーカンソーに大統領を連れ来れました。

すると今度は戦艦が襲ってきます。

セルゲイの元部下達の部隊らしく、失敗はしない強者のようです!

ロケットを発射してきて、アーカンソーはかなりのダメージを受けてしまいました。

続けて魚雷を2発撃ってきます。

囮を発射して1つは撃破できましたが、もう1つが迫ってきます。

グラスはセルゲイに海底は柔らかいか聞きます。

柔らかいと言われると、海底に向けて進めと言います。

海底に定着してやり過ごす作戦です。

海底につきますが、続けざまに魚雷もきました。

大きな爆発と共に砂煙が巻き上がります!

 

アーカンソーは無事なのでしょうか!?

グラス達の運命は!?

戻っていったビルはどうした!?

クライマックスはぜひ、作品をご覧になって確認してください!!

 

↓続きが見たい方はもう少し下まで↓

 

 

 

スポンサーリンク

クライマックス(完全ネタバレ注意)

ここからはクライマックスを完全にネタバレします。

知りたくない方は読まないよう注意願います。

 

 

砂煙が収まると、アーカンソーは無事に海底に定着しています。

戦艦は戻っていきました。

しかし、戦艦内は大パニック!?

損傷が激しく水も入ってきます。

隊員達が対応しますが、その声を戦艦にキャッチされてしまいます。

戻ってくる戦艦!?

グラスは賭けに出ます。

セルゲイの元部下という事で、セルゲイがいる事を伝えて攻撃されないようにしようとしたのです。

浮上していき、通信でセルゲイが戦艦に向かって話します。

元部下達もセルゲイの声で、乗っている事がわかったようです。

戦艦の目の前に浮上するアーカンソー。

今の戦艦の艦長が攻撃しろと命令します。

しかし、誰も動こうとしません。

すると艦長は海軍基地に誰も攻撃しない事を伝えます。

連絡を受けたドミトリーはこちらで攻撃するといい、ミサイル部隊を沿岸に送ります。

ミサイルがアーカンソーに向けて発射!

アーカンソーも発射を探知して、ロケットを打つ準備をします。

しかし、一向に命令を出さないグラス!?

もう手遅れの位置まで来た時に、何処からかの攻撃で、ロケットが破壊されていきます!?

ロシアの艦隊です!!

セルゲイが連絡をした後、大統領も連絡していました。

大統領が乗っている事、助けられた事を知った艦隊はアーカンソーを守ったのです。

そして艦隊からロケットが発射され、海軍基地に着弾!!

海軍基地とドミトリーは全滅しました!!

一方、狙撃をしていた新人がロシア海軍に追われていました。

追いつかれてしまって囲まれます。

銃を捨て降伏しますが、本部からは始末しろの命令が!?

そこにビルが来てロシア海軍を撃ち殺します!

「よくやった新入り!帰るぞ!」と言うと大男の新人を持ち上げていきます。

アーカンソーに保護されるビル達。

グラスとビルが対面して、今回の任務の成功をたたえます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

迫力があって緊張感がハンパない作品なので、ぜひ作品をご覧になってほしいと思います!!

スポンサーリンク

-ハラハラドキドキが止まらない作品
-

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.