邦画

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|自分の意思を命がけで貫いた男の物語!

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ

公式サイト引用

 

 

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」はノンフィクション作家の渡辺一史さんの著書「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」を映画実写化したものです。

全身の筋肉が徐々に衰えていく「筋ジストロフィー」という難病になりながらも自立して生きることを選んだ男の物語はいったいどういった困難が待ち構えていたのでしょうか??

 

 

スポンサーリンク

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 感想

身体障害者を描いた作品なので、24時間テレビでやっているドラマの様な、お涙頂戴的なストーリーを想像していました。

頑張って生きている→病気が進行する→厳しい闘病生活→悲しい別れ。

しかし、この作品はまったくその流れではありませんでした!

 

確かに、途中危ない場面や涙を誘う場面はあります。

でも前向きで、笑えて、仲間に支えられて、本当に明るく全体的にポジティブに描かれていました。

きっと鹿野さんという人物を、ありのまま、そのまま作品にしたのでしょう。

それがすごく良くわかる作品でした。

 

その鹿野さんの役を大泉洋さんが演じています。

鹿野さんは筋ジストロフィーという身体が動かなくなる難病です。

劇中でも「言葉が武器だ」という台詞がある様に、よく喋りよく命令するかの様に頼みます。

大泉洋さんも口が達者でよく喋る方だし、その暖かみのある人柄なんかも配役によく合っているなと感じました。

 

雰囲気だけでなく演技も素晴らしかったです。

身体が動かない演技ももちろん素晴らしいです。

でもそれ以上にすごいと感じたのは、鹿野さんは病気が進行して人工呼吸器をつけないと生きていけない状態になってしまいます。

言葉が喋れなくなってしまうのですが、その後克服して喋れる様になるのですが、人工呼吸器のタイミングなのか、言葉の途中で声が止まってしまいます。

凄く印象にのこったシーンなのですが、三浦春馬さん演じる田中に鹿野が「そんな所が嫌いだよ」と言うシーンがあります。

その人工呼吸器のタイミングで「そんな所が嫌いだ」で1度止まってしまって、息を吸い直してもう1度「そんな所が嫌いだよ」と言うんです。

田中は「2回も嫌いって言わないでくださいよ」と言い返すのですが、そう言ったやり取りのシーンでもとても自然と演じていました。

 

そして、ボランティアの人たちの熱心さも驚きましたね。

家族を介助するのだってメンタル面で大変なのに、赤の他人にやるわけですから。

それだけお互いが信頼しあっている関係なんだと言うのが非常に伝わってきました。

台詞でもありましたが、ぶつかり合って本音で話したからこそ分かり合えたんだと。

そして、ボランティアの人達は皆家族だと。

鹿野さん自身の生き方だけでなく、ボランティアの人達との関係をとてもよく描いた作品でした。

正直、泣けるシーンはほぼありません!

それだけ前向きに生きる草野さんを描いています。

ただ、1シーンだけお母さんの手を握るシーンがあるのですが、ととも子供がいるんですが、そこは親目線で見ると、グッと涙腺が弱くなりました。

「こんな身体に産んでごめんね」

母親の方ならもっと泣けるシーンかもしれません。

 

主題歌 「フラワー」 ポルノグラフィティ

 

原作「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」 渡辺一史

公式サイト引用

 

 

評価

  • とと
    (4.0)

 

  • 映画.COM
    (3.7)
  • yahoo!映画
    (3.95)
  • dTV
    (4.5)

 

配信されている動画サイト

オススメ!

【31日間の無料トライアル期間あり】 月額1,990円(税抜)で 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題!新作にはドコモポイント使えます♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

出演者その他作品

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

鹿野靖明という男

美咲(高畑充希)は恋人の田中(三浦春馬)の行動を心配してボランティアをやっていると言う建物にきます。

公式サイト引用

公式サイト引用

部屋に入ると鹿野(大泉洋)がボランティアの女の子たちに囲まれて研修をしています。

公式サイト引用

「ラーメン」

「はい!」

「水」

「はい!」

「新聞」

「はい!」

「背中かゆい」

「はい!」

介助というより、王様か何か権力者が命令しているようです汗

鹿野は「筋ジストロフィー」という難病で身体が動きません。

でも施設に入らず、家族の力を借りずに自立して生きていこうと決めています。

なので、ボランティアがいないと何もできないので定期的に(というか、辞めてしまうため)ボランティアをしてくれる子を募っては、世話の仕方を研修しています。

ちょうどそんな日に来たもんだから美咲も研修生と間違われてしまいました。

田中が来ますが、買ってくるものが違うなどとこれまたこき使われています。

美咲は浮気してるんじゃないかと疑っていましたが、疑いは晴れた様で終わったらデートをする約束をしました。

すると鹿野に電話が入ります。

今日の夜中に来る予定のボラ(ボランティアの人の事。この作日はボランティアの事をボラと呼んでいます。)が来れなくなったという連絡です。

困った鹿野は代わりを探します。

そこで目をつけられたのは田中です。

田中は断りきれずOKしました。

美咲は愕然。

しかもなぜか美咲まで一緒にお供することになりました。

 

夜中の2時。

一向に寝ようとしない鹿野。

美咲は睡魔が限界です。

すると鹿野は「バナナ食べたい。バナナ食べないと眠れない」と言い出します。

美咲は早く寝てほしい一心でバナナを探しに行きます。

しかし、時間はすでに深夜。

空いている店はなかなかありません。

一方の鹿野と田中はオセロをしています。

そこに美咲が帰ってきてオセロの上にバナナを叩き置きます!

かなりご立腹です。

ポイント

このシーンがタイトルの由来になったシーンですね。

後にも先にも夜中にバナナのシーンはここだけです。

「こんな夜更けにバナナかよ」は、実際に鹿野さんのボランティアをやられた方が心に浮かべた感想らしいです。

 

そんな美咲を鹿野は気に入ってしまいました。

田中は美咲に、またボランティアをやってくれと頼みます。

鹿野が勝手にシフトに入れてしまった様です。

田中と一緒だからと、終わったらデートの約束をして了承しました。

ボランティアの日、また夜のボラが来れないという連絡がきます。

鹿野は田中に頼みますが、デートができないのが困る美咲は「田中君この後デートらしいですよ」と言います。

「デートなんていつでもできるでしょ。やれるよね?田中君!」

その言葉に美咲がついにキレます!?

「鹿野さんは何様なの?障害者がそんなに偉いわけ??こんな所2度と来ない!!」

「いいよ!こなくて!帰れ帰れ!!」

美咲は帰ってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

鹿野に惹かれる美咲

公式サイト引用

美咲が帰った夜、鹿野と田中は2人でアダルトビデオを観ています。

すると鹿野が「ダメだ!集中できない!」と言い出します。

そりゃ2人で見ていたらと思ったら、どうやら美咲の事らしいです。

謝罪の手紙を書くと田中に書かせます。

田中はその手紙を美咲に渡します。

お詫びに食事に行きませんかという内容でした。

そのついでにデートにも誘った様です。

 

鹿野と美咲、田中とボランティアの長の高村(萩原聖人)でバーベキューのイベントの会場に来ました。

鹿野は外に出るのが嬉しいらしくかなり楽しそう。

食事も進みます。

バンドが演奏を始めて、鹿野は「うるさいのが始まったよ」と文句を言ったのですが、美咲の好きな歌らしく、美咲は見に行きます。

その姿を見て「ロックもたまには悪くない」と一緒についていきます。

一緒に盛り上がっていると、鹿野の顔がこわばってきます。

どうやらお腹を下した様で、美咲に急いでトイレに連れて行ってくれと頼みます。

が、間に合わず漏らしてしまいました。

帰り際、「落ち込んでないよ」と落ち込む鹿野。

美咲は「うんこぐらい誰だって漏らすよ。私なんか大学入試で漏らして、そのまま試験受けたよ」

と言います。

「ロックだね!?」と鹿野。

今度はカラオケに行きたいと言います。

ポイント

この美咲の言葉は、鹿野を励ますための起点ですね。

本当かと思っちゃいましたが汗

 

その後も美咲は鹿野のボラを続けます。

鹿野の夢は英検二級合格とか、アメリカに行きたいとか、そんな話をします。

講演会も絶好調です。

鹿野は「人に思いっきり頼ることにしました。」と話します。

ポイント

鹿野さんが障害者の前で演説するシーンなのですが、鹿野さんの言葉で聞いている人の目が希望に輝いた様な感じに見えます。

もちろん演技ですが、実際もこうなふうに希望をもらったんだろうなと感じました。

とても印象深いシーンです。

 

そんな明るく前向きな鹿野に美咲はだんだんと惹かれていきます。

田中との関係はというと、親にあってほしいと言われますが、教育学生徒と言っていた美咲は実はただのフリーター。

田中は怒ってしまい、そこから少し関係が悪くなっていました。

そんな話を鹿野にすると、嘘を本当にしちゃえはいいんだと言います。

その言葉で美咲は先生になる夢をまた目指すことにしました。

鹿野と美咲が一緒に勉強をしている時です。

美咲が辞書を借りようとすると、そこに隠されていたアダルトビデオをみつけます。

美咲は「これみて鹿野さんは何するの?」と聞きます。

ちょっと怪しい雰囲気です。

しかし、その時ちょうど次のボラが来てしまいました。

美咲は慌てて帰ります。

鹿野は田中に言います。

「美咲ちゃんもう来ないかもな。もう少しでベットインだったのに」

 

スポンサーリンク

 

人工呼吸器

公式サイト引用

ボラの前木(渡辺真起子)に子供に迎えに行くように言う鹿野。

公式サイト引用

1人にできないと言いますが少しだから大丈夫と行かせます。

すると、いないときに限って倒れてしまいました!?

前木が帰ってきてそれに気づき急いで病院に連れて行きます。

 

連絡を受けた美咲。

急いで病院に駆けつけました。

しかし、鹿野は元気です。

死にそうだと騙されたようです。

でも、また美咲に会えた鹿野は嬉しそう。

 

診察の結果、病状はかなり進んでいて人工呼吸器をつけるよう言われますが、鹿野は断ります。

田中の父親、猛(佐藤浩市)は病院の医院長。

公式サイト引用

 

猛の病院では人工呼吸器がなくても呼吸が楽になる装置を使っていて、田中は猛にお願いして転院することにします。

しかし、その装置が気に入らないのか勝手に退院!?

田中はご立腹で鹿野の元に行きます。

体調が悪くなったようで、元の病院に行きついには人工呼吸器になってしまいました。

器官にメスを入れるため、大切な武器だった声を失います。

ベットの上に拘束される鹿野。

一番嫌っていた事でした。

 

美咲がある記事を持ってきます。

人工呼吸器をつけていても声を取り戻した人の記事です!?

たまたまその人がうまくいっただけで、成功はしないかもしれない。

しかも、病院の人には言えないから内緒でやらなければならないというリスクはありますが、もちろん鹿野はやると言いました。

看護婦さんに見つからない様にこっそりと実行します。

なかなか成果は出ませんが続けると、何と声を出せるようになりました!!

先生に怒られる一向。

鹿野は家に帰ると言います。

もちろん先生はダメと言います。

人工呼吸器は外れたわけではないので、24時間誰かがついて痰を吸う処置をしなければならない事。

しかも、それは医療行為だから研修を受けないとダメだし、家族でないとダメだからと言います。

しかし、鹿野は24時間誰かがやらなきゃいけないのは今までと一緒だ!

それにボラはみんな自分の家族だと主張しました!

ポイント

身勝手だけど、グッとくるシーンですね。

でも、この入院生活中もボラの方が交代で24時間付き添います。

普通じゃできない事ですから、この鹿野という人物がどれだけの人間だったのかというのが身にしみてわかりますね。

 

スポンサーリンク

人工呼吸器の自立生活

公式サイト引用

 

ボラ達の研修が始まります。

美咲の友達の由美(古川琴音)達も手伝います。

公式サイト引用

 

人数も足りないので大学で人員も募ります。

そんな中、田中はボラを辞めるといいます。

鹿野は居ても立っても居られず、田中のものに行きます。

退院のお祝いパーティーをやるから来いと言っても、もうボラじゃないから行かないと言います。

そして田中は医者を目指すことも辞めると。

鹿野は田中に諭しますが、聞かずに行ってしまいます。

 

退院お祝いパーティーが始まります。

鹿野は皆の前でお礼を言いました。

そして、いきなり美咲の前に行きプロポーズ!?

受けるのかなって思いましたが、きっぱりと断りました。

好きな人がいるけど中途半端だから受けられないと。

田中の事です。

 

鹿野はボラのみんなと旅行に行きます。

地ビールなんか飲んだりしてとても楽しい時間です。

すると鹿野は倒れてしまいました!?

 

鹿野の命はここまでなのか!?

美咲と田中の運命は!?

駆けつけた美咲と田中ですが、鹿野は!?

続きはぜひ作品を観てご確認ください!!

 

 

 

スポンサーリンク

クライマックス(完全ネタバレ)

クライマックスを完全に書きますので、知りたくない方は注意してください!

 

 

旅行先に駆けつけた美咲と田中。

すると…鹿野は車イスに座っています汗

また、倒れたふりをして騙したようです。

ボラのみんなも出てきて謝ります。

鹿野は美咲と田中に来てもらいたくて、仲直りして欲しくて演技をしたようです。

気を取り直して皆で飲み直し。

田中は言います。

やはり医者を目指すと。

美咲も教員になる為頑張ると言います。

 

それから7年。

20歳までしか生きられないと言われた鹿野は43歳まで生きました。

 

田中は医者になり、患者さんの所に診察に回っています。

大変だねと言われると、うるさいやつが空の上から見張ってると言います。

 

美咲は先生になり、生徒と歌を歌うようです。

何の歌を歌うのと聞かれると、思い出の曲と答えます。

あのバーベキューの時に流れていた曲です。

2人は結婚するようです。

 

鹿野が亡くなった後も、親御さんの元にボラの皆さんが集まって、懐かしい話でいつも盛り上がっているようです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

悲しく暗い作品ではなく、明るく元気をもらえる作品でした!

ぜひ、作品を観てみてください!

スポンサーリンク

-邦画

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.