ハラハラドキドキが止まらない作品

【難民を救え!】Netflixオリジナル映画『紅海リゾート-奇跡の救出計画-』ネタバレなし!見所紹介感想まとめ|簡単に殺される現実を知るべき

引用元:https://www.netflix.com/jp/title/80240537

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事にはNetflix映画『紅海リゾート-奇跡の救出計画-』のととの感想や見所の紹介が書いてあります。難民を命をかけて救った人達の物語です。
自らを犠牲にして他人を救うなんて、とてもできないことにゃ!
ふわり
とと
本当にそうだよ!本当に凄い人達だよ!

評価

  • とと
    (4.0/5.0)
  • 映画.com
    (3.3/5.0)
  • フィルマークス
    (3.5/5.0)

 

映画『紅海リゾート-奇跡の救出計画-』は2019年配信開始したNetflixオリジナル映画作品です。

実際にあった難民脱出を題材にした作品。

その内容は予測を遥かに超えていました。

 

スポンサーリンク

Netflixオリジナル映画『紅海リゾート-奇跡の救出計画-』見所  感想

まずは、あなたは"難民"という存在がどういう人達を言うか、そしてその人達は何故その立場になったかご存知でしょうか?

物語は…。

1980年代、エチオピアでは内戦が活発化して、その事により国民の多くが飢に苦しみ、国民の多くに命の危険が迫っていました。

ユダヤ人のマイケル・ケネス・ウィリアムズ演じるカベデは同じユダヤ人をイスラエルに非難するべくモサド(イスラエル諜報特務庁)のエージェントのクリス・エヴァンス演じるアリに連絡し、協力して難民を避難させました。

しかし日に日に避難自体が困難を極め、アリの無謀ともいえる行動に、一緒にやっていた仲間が離脱。

さらに上には休む様命じられます。

奥さんにも「あなたとの生活には耐えられない」と言われ、娘の家族集合の絵にも自分は載っていません。

それでも難民避難の事を考えるアリは、スーダンの海岸沿いにある「紅海リゾート」という宿泊施設に目をつけ、そこを拠点に避難支援活動をする事を思いつきます。

宿泊施設を運営しながらの活動は突拍子もない事で、幹部からは反対されますが、安全で確実なアイデアなど存在するはずもなく、その作戦を決行する事にしました。

レイチェル、ジェイク、マックス、サミー(左より演者:ヘイリー・ベネット、マイケル・ユイスマン、アレックス・ハッセル、アレッサンドロ・ニヴォラ)をスカウトして、現地に向かいます。

銃も武器も持てず、味方の後ろ盾もなし。

しかもパンフレットを出してしまっていたので、本当の観光客まで来てしまいます。

しかし本当の観光客がいる事で、事がうまく運び以外にスムーズに成功。

本当のリゾート経営を装っての作戦は軌道に乗り、何千人もの難民を脱出させる事ができます。

がまだまだ難民は沢山います。

さらにはカベデの名がバレてしまい、作戦は困難な状況に。

上からも中止が決定されます。

カベデは怪我を負いながらもそれでも辞めないといいます。

アリは救出活動を辞めてしまうのか。

まだまだ何千といる難民はこの先どうなるのか。

実際にあった実話をかなり脚色しているとはいえ、観ていて世界ではこんな事が起きてるんだ、実際にこの活動をしていた人がいるんだと、感銘を受けました。

YouTubeでの見所紹介感想動画

 

作品は終始シリアス

引用元:https://www.netflix.com/jp/title/80240537

冒頭から、難民が何の躊躇もなく撃たれ殺される描写があり、重い感じがあります。

そしてその無謀な作戦は、気の休まる事のないハラハラドキドキをこちらに与えます。

しかも、アクション作品の様なハラハラドキドキではなく、息詰まるような、息苦しい感じで、「捕まるんじゃないか?」「バレるんじゃないか」「殺されてしまうんじゃないか」ともう観ているのが辛くなります。

1回目の作戦が成功したのは中盤で、それも少し緊張する場面があっての救出なので、成功した事にホッとしてこれで終わりなんて気を抜いていたら、時間が半分しか進んで無い事に気づき「あれ?まだ半分??こんなにスムーズにいくわけがない。この先何かあるな」って、何が起こるのか怖くなりました。

1回目の救出の後は、数十回はスムーズに成功が続き陽気な音楽が流れて、気の休まる場面にはなりますが、もちろんそのまま終わりはしません。

また難民が撃ち殺され、カベデの名が知られたあたりから、またシリアスな息苦しさに引きずり戻されます。

クライマックスはこれまで以上にハラハラの展開になります。

この息苦しさから始まり、少し油断させておいて、また引きずり戻す流れは、この作品の最大の見所なのではないでしょうか。

 

難民とは?

やはりこの作品を観るに当たっては、"難民"といものをしっかりと理解しないといけないと思いました。

難民とはどんな人を指すのかは、漠然としか理解していませんでしたし、何故そんなに簡単に殺されないといけないのか理解なんか当然できません。

調べてみると

1951年の「難民の地位に関する条約」では、「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受けるおそれがあるために他国に逃れた」人々と定義されている。

今日、難民とは、政治的な迫害のほか、武力紛争や人権侵害などを逃れるために国境を越えて他国に庇護を求めた人々を指すようになっている。 また、紛争などによって住み慣れた家を追われたが、国内にとどまっているかあるいは国境を越えずに避難生活を送っている「国内避難民」も近年増加している。

このような人々も、難民と同様に外部からの援助なしには生活できない。適切な援助が実施できなかった場合、これらの人々は国境を越えて難民となり、結局、受け入れ国の政府や国際社会は、より重い負担を強いられることになってしまう。

引用元:https://www.unhcr.org/jp/what_is_refugee

この作品でいうと、紛争が起こって住む家を追われて、避難しているという形でしょうか。

そして、ユダヤ人という"人種"の為に殺されてしまう。

その様な認識でしょう。

そんな事あってはならないと思うけど、現実にはこう言った難民は世界で何千万人といると言うのですから、言葉になりませんね。

ととなんて、平和ボケしていてのほほんと暮らしていける環境だから、何の心配もなく過ごしています。

何ができるわけでもないけど、こう言った作品を観て改めて難民の事実をしっかりと頭に入れたいですね。

 

その信念はどこから?

引用元:https://eiga.com/movie/90531/

クリス・エヴァンスさん演じるアリは、その正義感からか誰一人置いていかないと自らの命を顧みず行動する人物です。

実話を元にしているから、こうした人が本当にいたのでしょう。

しかし、このアリにも家族がいて娘もいるんです。

不謹慎かもしれないけど、家族に心配をかけ放っておいてまで、命をかけてまで難民を助けるその信念はどこから来るのか不思議でなりませんでした。

もちろんそうした人たちがいないと、こうした活動は成り立ちません。

物語の場面で、子供の頃難民の様な生活をして両親と一緒に逃げたようですが、小さい頃の出来事と正義感が強いという事だけでは、理由としては収まらないほどの行動ですよね。

もちろんそれが悪いという意味で言っているわけではありません。

本当にその行動、その信念が凄すぎて、逆にその胸の内を知りたくなったという訳です。

その素晴らしい活動をしたアリという人物を、クリス・エヴァンスさんが、タイプは同じだけどキャプテン・アメリカのスティーブ・ロジャースとはまた違った、その行動力、熱い想いを前面に出した演技で描いていました。

エヴァンスさん演じるアリは、最大の注目の人物ですね。

 

総合

紅海リゾートは前に書いた通り、本当のリゾート地として営業しています。

その傍ら難民を避難させている訳ですが、宿泊施設には当然観光客が泊まりに来ます。

難民が苦しんで死ぬ思いで逃げてきているのに、観光客はバカンスを楽しんでいるんです。

その光景は何とも言えませんが、それが現実で、何の心配もなく暮らしている自分は、観光客と同じだし、世の中には苦しんでいる人が沢山いるっていうのを忘れないようにしたいです。

 

スポンサーリンク

作品紹介

数万ものエチオピア難民を密航させるため、諜報(ちょうほう)員たちが本物の観光客を受け入れる偽のホテルを開く。実際にあった救出作戦に着想を得た物語。

引用元:https://www.netflix.com/jp/title/80240537?source=35

 

 

登場人物

役名/演者名

アリ/クリス・エヴァンス

引用元:https://eiga.com/person/27917/

本作の主人公。行動はハチャメチャだが、難民を助けようとする信念は人一倍強い。

カベデ/マイケル・ケネス・ウィリアムズ

引用元:https://eiga.com/person/27917/

怪我をしても、自分の命が危なくても、難民避難活動を止めようとしない。

レイチェル/ヘイリー・ベネット

引用元:https://eiga.com/person/27917/

女性で唯一作戦に参加。女性らしい動きをするだけでなく、力も強い。

サミー/アレッサンドロ・ニヴォラ

引用元:https://eiga.com/person/27917/

元軍医。救出作戦を最初は断ったが、参加。アリとは仲が悪い。

ジェイク/ミヒウ・ハウスマン

引用元:https://eiga.com/person/27917/

女性とお遊びをするチャラい感じだが、作戦は至って真面目。

マックス/アレックス・ハッセル

引用元:https://eiga.com/person/27917/

凄腕のスナイパー。作戦では主に見張りを担当する。

 

 

作品情報

スタッフ

  • 監督:ギデオン・ラフ
  • 製作:アレクサンドラ・ミルチャン、ギデオン・ラフ、アーロン・L・ギルバート
  • 脚本:ギデオン・ラフ

製作国

  • アメリカ

上映時間

  • 130分

 

スポンサーリンク

おススメの動画配信サイト

映画観るならこの動画配信サイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

 

スポンサーリンク

まとめ

脚色をしているといえど、難民の人の過酷さをしれる良い作品です。

自分がどれだけ幸せかって改めて感じられますね。

 

スポンサーリンク

-ハラハラドキドキが止まらない作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.