ハンカチ必須!涙無しでは観られない作品

【死なせたくない】映画『九月の恋と出会うまで』感想まとめ【ネタバレ】|失いたくない命を守れるか?タイムトラベルラブストーリー

とと
こんにちは!映画大好きなお父さん「とと」です。この記事には映画「九月の恋と出会うまで」の詳しすぎるあらすじ紹介と「とと」の感想などをまとめてあります。皆さん「タイムパラドックス」ってご存知ですか?あるべき事柄を変えてしまった時に起こる「時の矛盾」です。
タイムなんたらはわからないにゃーけど、感動した作品にゃーよね。
ふわり
とと
タイムパラドックスには興味なしかい汗。でも、こういったSFチックな所もあるから、男性にも見やすいと思いますよ。

 

評価!

  • とと
    (4.0)
  • 映画.com
    (3.5)
  • Yahoo!映画
    (3.51)
  • dTV
    (3.8)

 

映画「九月の恋と出会うまで」は松尾由美さんの恋愛小説を映画実写化した作品です。

この作品は恋愛小説ですが、松尾由美さんはもともとがSF作家さんなので、恋愛ものではありますが若干SF要素も入っています。

SFが好きな方は理解が早いかもしれませんが、普通に恋愛ものだと思って観た方は混乱してしまうかもしれません。

この記事は、詳しくわかるように書いてありますのでせび、参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

映画『九月の恋と出会うまで』 感想

川口春奈さん演じる志織は、1年後の未来から語りかけている平野という男からの声に従って行動をした結果、自分の命が助かります。

しかし、無くなるはずの命が無くならなかったので、タイムパラドックスを起こし志織の存在が無くしてしまうかもしれない。

そうならない為に高橋一生演じる現代の平野が強力していきます。

その中で恋愛がうまれていく…という内容の物語です。

 

タイムパラドックス(←これについてはあらすじの方で詳しく説明しています)というなんともSF感溢れる内容に、もともとSF好きな自分は内容に少し釘付けになりました。

恋愛の方も、高橋一生さん演じる平野という男が冴えない真面目な男なので、感情移入しやすく、恋愛映画ですが男の自分が見ていてもなんの違和感もなく観れました。

 

物語の中である人物を探すことになるのですが、その人物を探すためのキーワードが

2人の約束「街で1番のレストランに食べに行こう」

と言う言葉で、この言葉をヒントに人物を探します。

探して、確認してという所までこのキーワードが強く表現されていたのに、結果の所で一切このキーワードには触れていなかったんです汗

あれだけこのキーワードを元に探して強く表現されていたのに、結果で使われないなんて「それまでの下りはなんだったの!?」って思ってしまいました。

そこが1つ残念な所でしょうか。

 

恋愛の物語的には少し切なく、少しおとなしい形ではあるので、恋愛映画ががっつり観たい!という方には物足りないかもしれません。

恋人同士や夫婦で観たいなって思った時に、彼氏や旦那が「恋愛映画じゃ観ない」なんて言われ、恋愛映画がなかなか観れないなんて方がいたとしたらこの映画は最適です!

SF感に結構観入ってしまうし、平野という人物がどこにでもいそうな自然体な人物であるという事と、軽めの恋愛という事で彼氏や旦那も観やすいのではないのかと感じます。

ぜひ、この映画を一緒に観るよう誘ってみてください!

 

スポンサーリンク

関連商品

主題歌 androp 「Koi」

公式サイト引用

 

原作 「九月の恋と出会うまで」 松尾由美

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

登場人物

  • 平野 進・・・小説家の卵。志織が未来からの声を聞いたということを信じる。SF好きでタイムパラドックスで消えてしまうかもしれない志織を助ける。
  • 北村 志織・・・写真が趣味。ある日未来からの声を聞き、命の危険を回避する。一緒に行動するうちに平野に惹かれていく。
  • 香穂・・・志織の後輩。いつでも恋人募集中。
  • 森秋 真一・・・志織の元恋人。志織が聞いた未来の声の人物!?
  • 権藤・・・アパートの管理人で真一の祖父。

 

 

未来からの声

公式サイト引用

旅行代理店に勤めている志織(川口春奈)はアパート「アビタシオン・ゴトー」に引っ越してきました。

川口春奈(公式サイト引用)

芸術家が多く住むそのアパートは、雰囲気も良く隣人や大家さんもいい人ばかりで志織は気に入っていました。

ある日外から聞こえた音楽に志織は外に出ます。

アパートの人たちと大家さんの権藤(ミッキー・カーチス)がいます。

ミッキー・カーチス(公式サイト引用)

皆、はじめましての挨拶をします。

そこで志織はこのアパートの変わったルール「部屋の交代はできない」と言うのを聞きます。

権藤の奥さんが「人が部屋を選ぶのではなく、部屋が人を選ぶんだ」と言っていたからだそうです。

そこに隣の部屋の平野(高橋一生)が通りかかります。

高橋一生(公式サイト引用)

アパートの方が志織を紹介しますが、平野はなんの言葉を言う事もなく行ってしまいました。

志織は不思議に思いながらも、少し変わっているからと皆が言いました。

権藤は平野の事を「たまご」と言いました。

とと
ここで平野がとてもびっくりする表情をします。なぜその表情をしたのかはクライマックスにわかりますので、みなさんお楽しみにしていてください。あと権藤が言った「たまご」の意味も、もう少し後でわかります。

 

ある夜、お風呂から上がった志織は音楽をかけます。

21時になった所で何故か音楽が止まってしまいます。

すると、どこからか声が聞こえます。

声をたどっていくと、どうやらクーラーのダクトを外に出す穴から聞こえてきます。

その声に応えると、隣の部屋の平野だと言います。

 

スポンサーリンク

 

尾行する志織

公式サイト引用

未来から話していると言う平野は、志織がいる時代は何年の何月何日か聞かれます。

2018年9月14日と答えると、「よかった。間に合った」と平野は言いました。

その平野はなんと1年後の未来の平野だと言います!?

平野はどうか助けてほしいと言います。

自分を助けると思って、その時代の平野を尾行してほしいと。

志織はもちろんわけがわからず断ります。

すると平野はこれから起こる出来事を何度も言い当てました。

信じられなくとも、信じるしかなくなった志織は言うとうりに尾行をしました。

 

初日、言われた通り尾行します。

そして出来るだけ写真を撮ってほしいと言われたので写真も撮ります。

特別何も起きずに終わりました。

それを伝えると、この先も尾行してほしいと言います。

さらに教えられないとなぜ尾行するのか理由は言ってくれません。

半信半疑ながらも頼まれた事を断れない志織はその後も尾行を続けます。

 

尾行を続けると、毎日すごい寝癖な事、人が落とした本を拾ったり、隠れて大きなパフェを食べたり、そんな平野を志織は笑います。

平野は「北村さん(志織)が笑ってくれると嬉しい。お礼に街で1番のレストランに連れて行きます。」と言います。

 

その日も志織は尾行をします。

するといつもと違う道を行く平野。

人気のない所で、おおきな石を持ち殴るような仕草をしています。

アパートに戻り、たまたま会ったアパートの住人に平野の事を聞くと、よくわからないが包丁を振り下ろす所を見たから気をつけた方がいいと言われました。

さすがに気味が悪くなった志織は、未来の平野に理由を話さないともう尾行は出来ないと言います。

平野は明日が最後だから、明日が終わったら理由をちゃんと説明するので、明日は1日尾行してくれと強く頼みました。

 

次の日、朝から熱のある志織は体調不良です。

それでも平野を尾行しました。

午後3時。

志織は信号を渡っている時に、時間が止まったような、不思議な現象に襲われました

「なにこれ?」

志織は思いましたが、尾行を続けます。

その日も何事もなく尾行を終えた志織は、体調不良が悪化しています。

部屋に着くと何故か鍵が開いていました。

中に入ると部屋が荒らされています!?

空き巣被害にあったようです。

災難に合いながらも、理由を聞くべく未来の平野に話しかけます。

 

 

尾行の理由

公式サイト引用

未来の平野に話しかけますが、返事がありません。

現代の平野の部屋を見るとエアコンが設置してありました。

ダクト穴が塞がれたから声が聞こえなくなったと思った志織はとっさに

「なんでエアコンつけるの!?」と現代の平野に言ってしまいます。

「何か問題でも?」

「あっ汗。忘れてください」

平野は音のクレームだと思い、志織の部屋を訪ねました。

ドアを開ける志織。

すると志織は倒れてしまいました!?

ベッドに寝かせ、お粥や薬やを平野は用意します。

志織が目を覚まします。

「勝手にすみません。お粥や薬を食べて飲んでゆっくり休んでください」

平野は戻って行きました。

 

次の日帰ってきた平野に志織は声をかけます。

「昨日はありがとうございました。」

「体調が戻ってよかったですね。」

「実は未来の平野さんと話をしたんです。」

志織は平野を部屋に呼び未来の平野の事を話します。

信じられないですよねと言う志織に信じますよと答える平野。

平野は実は小説を書いていて、そう言った話しは大好物だと言います。

石や包丁を振りかぶっていたのも、殺人ものの話を書いていて、殺人を犯すと言うのはどんな感じなのか検証したくてやっていたそうです。

とと
管理人さんが「たまご」と言っていたのは、作家のたまごという意味だったんですね。

 

平野はもしそれが本当なら、未来の平野は自分じゃないと言います。

未来の平野も同じ名前なので、未来の平野は仮名「しらの」と呼ぶことにしました。

未来と繋がるのは同じ場所が繋がるのが自然らしく、別の場所に住んでいる平野が語りかけるのはおかしいと言います。

でも志織は引っ越してきたばかりなのに、1年後にこの部屋にいないのもおかしいと言います。

そんな話をしていると、部屋に警察が空き巣の件で訪ねてきました。

空き巣の犯人が捕まったらしいのですが、実は犯人は連続強盗犯の犯人でもあったようなのです!?

空き巣にあった時間に部屋にいなくてよかったと志織は言われました。

平野は病み上がりの志織の体調を心配して、未来の平野の話しはまた後にして帰ると言います。

そして平野は、尾行には意味があったんじゃないかと言います。

平野の予想はこうです。

本来は空き巣にあった日、家にいた志織は犯人に殺されていた。

それを阻止したい、志織を想う人物「しらの」があの部屋から語りかけて、志織の命を救った。

これならつじつまが合うと平野は言います。

 

スポンサーリンク

 

タイムパラドックス

公式サイト引用

別の日、平野が部屋に志織を呼びました。

いろいろ調べていたようで、部屋が散らかっています。

志織は助かりましたが問題もあるようで、歴史を変えてしまった事により「タイムパラドックス」と言う「歴史の矛盾」が起こると言うのです。

注意ポイント

ある人物が過去に戻り自分の母親を殺したとします。

母親を殺した時点で、その人物は生まれてこないから、「過去に戻って殺す」という行為が出来なくなる。

そこに矛盾が生じてしまう。

こう言った事をタイムパラドックスと言うようです。

この作品でいうと、未来では志織は死んでいます。

それを阻止するためにしらのは現代の志織を救います。

すると、現代の志織は生きているから、現代のしらのは志織を救う理由がなくなり、その行為を行いません。

ここに矛盾が生じてしまうわけです。

 

平野はタイムパラドックスになった時に起こる3つの出来事を志織に説明しました。

  • ループ説

矛盾が生じてしまって未来に進めないので、その事が始まった時まで時間が戻ってしまいそれを繰り返す事。

  • パラレルワールド説

志織が生きている未来と生きていない未来。

同時に2つの未来が出来てしまう事。

3つ目が1番最悪のパターンで

  • 歴史の修正

いなくなるはずの人物が存在しているので、もとの存在しない未来に修正する為に志織を消してしまう事。

 

でも、それを回避する方法が1つだけあると言います。

それは、現在のしらのには志織を助ける理由はないけど、現在のしらのを見つけて、同じ事をして過去の志織を助けて矛盾をなくせばいいようです。

平野も手伝うと言う事で、現代のしらのを探す事にしました。

 

惹かれ合う2人

公式サイト引用

志織が権藤に会った時、権藤の海外に行っていた孫が引っ越してくる事を聞かされます。

仕事の後輩の香穂(川栄李奈)と食事に行った時です。

川栄李奈(公式サイト引用)

入ったレストランがちょっといい所だったらしく香穂が「OLのランチにはちょっとお高いですね」と言いました。

志織は大学時代に付き合っていた真一が「今度、街で1番の店に食べに行こう」と言っていたのを思い出し、しらのも同じ事を言っていたのを思い出しました。

志織は平野の部屋に行きます。

平野は夕ご飯を作っていた所で、志織もどうだと誘います。

ご飯が美味しかったようで、真一の事なんて忘れていました。

平野がなぜ来たか聞いて思い出したようで、真一の事を話します。

2人の事しか知らない事を知っていたと言うことは、可能性は高いと言う事で、真一を探す事にしました。

 

大学卒業後は海外に行ってしまったらしく、連絡先はわからないと言う事なので、SNS等で探してみます。

しかし見つからなかったので後日、大学に行ってみる事にしました。

当日2人が出会うと、志織は平野の頭に寝癖がない事に気がつきます。

平野は何か変わった事はないか志織に聞きます。

志織は自分が消えてしまう想像をよくして、不安で眠れないと言います。

平野は悪い結末だけでなく、ハッピーエンドに終わる物語もあると言います。

その小説は自分が書いたものらしく、志織はその小説を見せてくれと言います。

平野は嫌だと言います。

「ケチ!」

「ケチで結構」

こんな会話が永遠続きます。

大学の名簿は更新されてなかったらしく連絡先はわかりませんでした。

平野は諦めないと言います。

帰り道、ちょっと寄り道しましょうと夕日が綺麗な場所に行きました。

平野は誕生日おめでとうとプレゼントを渡します。

志織はびっくりするも、迷いに迷って店員さんに心配されたと言う話に大爆笑。

志織は自分の誕生日を忘れていたと、最後の誕生日かもしれないのに、ダメだなって落ち込みます。

平野は

最後になんてしません!

来年も再来年も誕生日は来ます!

と元気づけます。

とと
大学に行くシーンは2人が惹かれ合っていく、とても暖かいほんわかするシーンです。プレゼントを買う時に迷いすぎて店員に心配されたと言う話しはかなり笑いました!

 

アパートに戻ると、引越し業者がいました。

どうやら権藤の孫が越してきたようです。

孫に会うとなんと!

真一でした!?

意外な形で再会しました。

真一は志織を食事に誘います。

平野は2人を見ていそいそと帰って行きました。

 

スポンサーリンク

悲しい別れ

公式サイト引用

「真一が見つかってよかったですね。

忠実に再現してくださいね。

私は小説に集中します」

と平野から連絡が来ます。

 

仕事先では、茅ヶ崎に転勤の話が出ました。

そして、真一にはプロポーズをされました。

しかし志織の表情は浮きません。

 

平野と公園で会う志織。

引っ越してきた時に来たと言う大好きな場所だと。

志織は茅ヶ崎に転勤の話があった事を話します。

平野の表情が曇ります。

平野は茅ヶ崎に引っ越せば、あの部屋に真一が入る事になる。

そうすれば、再現してもらえばいいのだからよかったと。

志織は言います。

パラドックスを止めるのは平野じゃダメかと!

平野にやってほしいと言います。

平野は断ります。

「小説の題材になるかと協力したけど、振り回されて小説が書けなかった!

茅ヶ崎には絶対に行ってくださいね!

さようなら」

志織は泣き崩れます。

とと
もちろん平野は志織に消えて欲しくなくてわざと言っています。とても切ないシーンでした。

 

その後はあっという間に引越しの日になってしまいました。

志織は恋が終わったと部屋を後にしました。

 

予想した通り、真一がしらのなのでしょうか?

パラドックスが来た時、志織はどうなるのでしょう?

クライマックスは作品を是非観て確かめてみてください。

 

↓続きを知りたい方は先に進んでください↓

 

 

 

スポンサーリンク

クライマックス(完全ネタバレ)

ここからはクライマックスを完全にネタバレしています!?

知りたくない方は注意してください!

 

 

時は流れてタイムリミットの2019年9月27日になりました。

志織は仕事を午前中で終え、海に来ていました。

15時まであと5分。

すると電話がかかってきます。

平野からです!?

 

平野は言います。

「僕は間違っていました。

しらのは僕でした。

全部成功しました。

厄介な時間の壁をようやく超えられそうです!」

 

志織が引っ越したあと平野は真一にしらのの話をします。

志織に聞いていたらしいけど、真一は力になれそうもないと言います。

志織にプロポーズを断られた挙句、海外に転勤でアパートを出なければならないと。

 

真一はしらのではなかった。

あの部屋に入らなければならないので権藤に頼み込みます。

権藤は小説家の卵ではなく本当の小説家になれたら移ってもいいと言います。

必死で描いた結果、新人賞を取ることができました。

平野は授賞式そっちのけで走ります!

部屋に入ることができたのは21時ギリギリでした。

21時。

志織の部屋の音楽が聞こえてきます。

奇跡が起きました!

 

 

北村志織さん、僕はあなたのことが大好きです

やっと聞けた

 

志織は気になっていたことがあると言います。

最初のしらのはなぜ助けてくれたのかと。

平野は言います。

志織が引っ越してきた日に行った公園に平野もいたと言います。

一目惚れだったそうです。

アパートで会った時にびっくりした表情をしたのは、一目惚れした相手が同じアパートに越してきたからだったんです。

平野は新人賞をとった小説を志織に渡し、物語は終わります。

 

志織も消えずに、2人が結ばれて、ハッピーエンドの最後でした。

スポンサーリンク

-ハンカチ必須!涙無しでは観られない作品
-

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.