物語の真相が気になって気になって仕方ない作品

【一体誰!?】映画『サスペクト-薄氷の狂気-』感想まとめ|見えない恐怖!被害は同僚や家族まで!?犯人は一体・・・

ひかりTV引用

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『サスペクト-薄氷の狂気-』のととの感想や作品紹介が書いてあります。犯人は捕まったはずなのに終わらない惨劇!?一体どういうことなのでしょうか??
犯人逮捕されてもそれじゃ安心できないにゃ!?
ふわり
とと
そうだね。早く謎を解かないともっと犠牲者が出てしまうね!?

評価

  • とと
    (3.5)
  • 映画.com
    (2.7)
  • Yahoo!映画
    ---
  • dTV
    ---

映画『サスペクト-薄氷の狂気-』は2018年に公開になりましたカナダのサスペンス映画です。

日本では2020年1月に公開されています。

女性だけでなく、捜査している人の家族まで狙われる恐怖。

そして何よりの恐怖は、共犯者が割り出せない事。

果たして、真犯人は捕まるのでしょうか??

 

 

スポンサーリンク

映画『サスペクト-薄氷の狂気-』感想

スーパーマンシリーズでお馴染みのヘンリー・カヴィルさんが主演を勤めるサイコサスペンス作品です。

1人の女性の遺体が見つかり、容疑者としてサイモンという男が捕まります。

しかしサイモンは殺人を犯せるような状態の人間ではありません。

多重人格者なのか?

などと捜査が難航していると、次は捜査官や捜査官の家族が狙われ殺されます。

共犯者がいるはずだが、全く見つからずまた少女がさらわれるといった事態に。

最後の最後まで犯人像がわならない難事件を解き明かす事ができるのかというのが、物語の流れです。

 

恐怖をあおる演出

引用元:https://eiga.com/movie/91982/

犯人として捕まったブレンダン・フレッチャー演じるサイモンは明らかに犯罪を行えるような人物ではありませんでした。

その中で次々と新たな犠牲者が出るので、いつ誰が襲われるかわからないその状況の恐怖は観ていて結構なボリュームで伝わってきました。

捜査官が車に乗り込み、その車が爆発するシーンがあるんですが、観ていて「あ、この車爆発しそう…」なんて想像したんです。

そしたら本当に爆発して、展開が見えた感じにはなったのですが、そういったアングルで撮っていたのか、想像できた事が逆にハラハラして恐怖心をあおってくれました。

このシーンは狙ったのなら凄いですね。

そして物語が進むと、捜査官どころかその家族まで狙われるようになって、爆発物だと思った箱の中身が、赤ちゃんだった時なんてもう、最悪の気分です。

さらに、周りの人も「もしかしたら自分だったかもしれない」という恐怖に溢れた表情が、さらに観てる側の恐怖を引き立ててくれて、撮影の仕方や、俳優さん達の演技力が本当に凄いと思いました。

 

サイコパスは犯人だけじゃない

引用元:https://eiga.com/movie/91982/

主人公や犯人とは関係ない所で、ある爺さんと少女が独自で女性の性犯罪を減らす活動をしています。

活動と言っても、少女が性犯罪にわざとかかり現れた相手をのして、気絶しているその男の"なに"を取ってしまうんです!?

それとホルモン抑制剤を渡して、去っていくというある意味サイコパスな事をしています。

その活動は性犯罪を減らすからとってもいい事なのですが、個人的にやっているという事がまさに危険極まりないというか、物語の中でも実際にさらわれてしまいますから(汗)

その活動の真意は、じーさんは家族をそういった犯罪で亡くしたのでやっているようなのですが、あまりにも危険です。

でも、それだけ性犯罪が多いという背景がある事を伝えたかったのでしょう。

 

登場人物の生い立ち

引用元:https://eiga.com/movie/91982/

ヘンリー・カヴィルさん演じる主人公の捜査官は奥さんと別居をしていて、娘にが自分の住まいの方で生活しています。

捜査官達の家族まで狙われた時に、我が子が心配になってもうダッシュで帰るシーンがあるのですが、その時に娘に自分にとって娘は光だと話すんです。

子供が産まれて世界が変わったと、結構いい話を娘にするんです。

何故かそこに妻もいて、隠れて話を聞きながら泣いているというシーンですが、この場面は凄くいいんですが、主人公の家族に対する想いやこれまでの生い立ちなどが語られていないので、そのシーンの魅力があまり出てこないんですよね。

それまでに、家族への想いがしっかりと言葉や演出で語られているなら、そのシーンがもっと引き立つんですけど…。

 

それは主人公だけに限らず、サイモンも一緒です。

母親との何かトラウマ的なことがあったのはわかるんですが、詳しくは語られていないんです。

そういった所がもっと詳しく語られていたら、それぞれのシーンがもっと魅力的なになったと思うので、そのへんは残念です。

 

総合

最後は「そうきたか!」という真犯人が現れますし、演出、演技で恐怖感がかなりあおられめすので、最後まで緊張して観る事ができました。

グロさも少ないので(個人的にはもっとグロいシーンがあってよかったんですが)苦手な人も観やすいのではないかと思います。

ふわり
この作品に似たサスペンス調の作品は『ウインド・リバー』です。最初に女性が雪山を走っている所なんて同じでびっくりしました。
映画『ウインド・リバー』 あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|実話ではないがネイティブアメリカンの苦しみを描いた作品

続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

作品紹介

「マン・オブ・スティール」のヘンリー・カビル、「カリフォルニア・ダウン」のアレクサンドラ・ダダリオ、「ガンジー」のベン・キングズレー共演によるサイコサスペンス。若い女性の遺体が発見され、容疑者の男サイモンが警察に連行される。プロファイラーのレイチェルが尋問を開始するが、知的障害を持つと思われるサイモンは子どもっぽい振る舞いばかりを見せ、捜査は一向に進まない。そんな中、さらなる事件が起こる。「のむコレ3」(2019年11月15日~/東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋)上映作品。

引用元:https://eiga.com/movie/91982/

 

スタッフ

  • 監督:デビッド・レイモンド
  • 製作:ロバート・オグデン・バーナム、デビッド・レイモンド、クリス・ペティット、リック・ダグデイル
  • 脚本:デビッド・レイモンド

製作国

  • カナダ

上映時間

  • 98分

 

 

スポンサーリンク

オススメ動画配信サイト

『サスペクト-薄氷の狂気-』『ウインド・リバー』観るならこのサイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

スポンサーリンク

まとめ

 

主人公だけでなく、縁者それぞれの演技力が素晴らしく、表情で恐怖が伝わってくるので、かなり面白い作品だと思います。

気になった方はぜひ、観たほうがいい作品ですね!

 

スポンサーリンク

-物語の真相が気になって気になって仕方ない作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.