マジで怖いから!観るなら覚悟しろって作品

【怖良いがモリモリ】映画『ペット・セメタリー』ネタバレなし見所 感想まとめ|亡くなった大切な人が戻るなら蘇らせますか?

引用元:https://petsematary.jp

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『ペット・セメタリー』のととの感想や作品の見所が書いてあります。死者が蘇ると言う土地。大切な人が亡くなったらあなたは蘇らせますか?
それは蘇らせるんじゃないにゃーか?
ふわり
とと
それがあなたの知ってるあの人でなくても・・・?

評価

  • とと
    (4.5)
  • 映画.com
    (3.0)
  • Yahoo!映画
    (3.21)

映画『ペット・セメタリー(2019)』は2019年公開、日本では2020年に公開になりましたアメリカのホラー映画です。

1983年の小説「ペット・セマタリー」を原作とした作品です。

 

スポンサーリンク

映画『ペット・セメタリー』 見所 感想

ペットのお墓(セメタリー)という事で、ペットが関わる内容なのかと、猫好きなととは猫や動物が出てくる事を期待しながら観てしまいました。

物語は…。

都内暮らしの生活に疲れた(のか仕事に疲れたのか)クリード一家は、落ち着いた生活の為に田舎に引っ越してきました。

引越し先の裏の森でペットを埋葬するという妙な行列を目にして少し気味が悪かったけど、家族皆新しい生活に慣れようとしていました。

ジェイソン・クラーク演じるルイスは、勤め先の学校で生徒が車にひかれたという患者が運ばれてきて懸命の処置を施しますが、残念ながら亡くなってしまいます。

助けられなかった悔しい気持ちでいると、なんと死亡確認したはずの生徒が起き上がっています。

そして妙な事を口にしてハッと気がつくと、看護師に呼ばれていて生徒は横たわっています。

妙な思いをしているのはルイスだけではありませんでした。

妻のエイミー・サイメッツ演じるレイチェルもまた、過去の記憶が頭から離れなくなるなど、引っ越して来なければよかったと思うくらいに家族皆、妙なことが続きます。

月日も過ぎハロウィーンの日、飼い猫のチャーチが道路で跳ねられ死んでしまいます。

ご近所のジョン・リスゴー演じるジャドが、一緒に埋葬してくれると埋めるのを手伝ってくれますが、ルイスを連れて行ったのは森の奥の不気味な場所。

不思議に思いながらも言う通りにすると、なんと次の日チャーチは生きた姿で家に戻ってきました。

しかし戻ってきたチャーチはどこか様子が以前と違っていました。

ジャドに問い詰めると、「あの土地は強い力がある」とだけ言います。

でもチャーチが戻ってきたという事もあり、ルイスはそれだけの説明で内容が理解できました。

娘のジェテ・ローレンス演じるエリーの誕生日、皆が集まってお祝いしている中エリーはチャーチの姿を見つけて追いかけ道路に出てしまいます。

するとトラックが走ってきて、ルイスが懸命に走りますが間に合わずエリーはひかれ亡くなってしまいます。

エリーを埋葬して、レイチェルと息子はショックあまり実家に帰ります。

土地の力を知るルイスは、娘を復活させるのか!?

その先にある悲劇とは!?

この映画を観て、ホラーのいい所がたくさん詰まった、いいとこ取りの作品なのではないかと感じました。

YouTubeでの見所紹介感想動画

 

いろんなホラーがてんこ盛り

引用元:https://eiga.com/movie/91079/

これはととが思っている事なんですが、ホラー映画には大きく2種類の形があると思っています。

もちろんその2種類の中でも細かく表すと沢山の表現の仕方はありますが。

2種類のうち、まずは霊的な作品。

そして、次が殺人鬼的な作品です。

霊的な作品は「死霊館シリーズ」や「ヘレディタリー/継承」など悪霊やサタンなど、悪魔や霊が乗り移ったり怪奇現象で襲われたりする内容の作品です。

殺人鬼的な作品は「エスター」や「ハロウィン」など、クライムサスペンス的な要素の「殺される」という恐怖を味わえる作品です。

この『ペット・セメタリー』はまさにその2代要素がガッツリと組み込まれているんです。

さらにはグロいというプラス要素まで!

物語全体的に不気味な印象で、まだ事が始まっていない冒頭から「何かありそう」という恐怖が襲います。

前半から中盤にかけては霊的な要素が強く、ペットのお墓(セメタリー)に生き返った飼い猫にレイチェルの過去。

このレイチェルの過去に出てくる人物が不気味すぎて困ります(汗)。

そしてそして、なんで「このシーンは絶対驚かしにくる!」ってわかっていて構えているのに、いざその瞬間になるとびっくりしてしまうんでしょう。

というように、驚かしにくるシーンも沢山あります。

グロさにそ行ったシーンですから、正直気分が悪くなります。

くるのわかっていてもなぜかびっくりしてしまうにゃ!?
ふわり

そして後半は人を襲う殺人鬼の登場です。

バタバタと人を刺し殺していきます。

これまでの不気味な感じや、霊的な身の震える怖さから、純粋に殺される恐怖に一転します。

この人も!?

この人まで!?

あの人はやめて!

と、次々襲われるシーンに何も出来ずにただただ観固まるしかありません。

このいろいろなホラー要素が詰まっていて、前半から後半にかけて内容が変化する形は、ととがこれまで観てきたホラー作品の中ではなかったかなり斬新な形でした。

ですので、ホラー好きにはかなり楽しめる内容なのではないでしょうか。

 

クライマックス30分のスピード感

引用元:https://eiga.com/movie/91079/

この作品のキーはやはり娘のエリーが死んでしまってその後の家族の行動は?という所だと思いますし、予告でもその内容は大きく取り扱っていました。

しかしエリーが亡くなるのは、上映時間残り30分ちょっと前ほどの時間帯。

「えっあと30分しかないけど、どうクライマックスに向かうの!?」

と正直心配になりました。

時間がなくて焦ったにゃ!?
ふわり

するとそこからあれよあれよと、どんどん事が進みます。

物語の内容もこの30分で様変わりして、この急展開にはかなり目を惹かれました。

さらに時間も時間なので当然スピード感がある事は間違いありません。

この残り30分は見逃せない場面や見所がたくさんなので、目を離さないでください…というか目が離せません。

エリーの誕生パーティーあたりにはトイレに行っといてくださいね。

行けなくなりますから(いろんな意味でw)

 

クライマックスはどうかな?

引用元:https://eiga.com/movie/91079/

クライマックスは意外な展開になります。

実はこの映画は1989年に1度公開しており、2019年は2度目の作品となります。

調べてみるとクライマックスが違っているようで、前のが良かったなんて声も見受けられましたが、これはこれでしっかりと「決着」がついて良かったのではないかと感じました。

中途半端で終わったり、「観ている人の感じ方で最後はまとめてください」ってのが1番嫌なパターンでそうならなかったのはよかったです。

結構意外な最後にゃ!
ふわり

そしてととはDVDを借りて観たのですか、特典映像でもう一つのクライマックスっていうのがありました。

そのクライマックスもまたありだなと感じたし、ルイスはそれでもこの家族と暮らしていくんだな、それ程まで愛しているんだ。

ととならどうだろうな、そうしたかもしれないけど戻ってくるのがこれじゃ・・・って感じました。

配信だと観れるかわかりませんが、ぜひこの「もう一つのクライマックス」にも注目してください。

 

総合

引用元:https://eiga.com/movie/91079/

ホラー好きにはかなり楽しめる要素が沢山あるのではないでしょうか。

そしてあなたがルイスの立場ならばどうしていたでしょうか?

そんな事を考えながら観るのもいいのかなと思います。

特典映像には未公開のシーンもありました。

ジャドもルイスと同じ立場にあったんだなと、いう事もわかるし、じゃなぜルイスにあの場所を教えたんだと憤りも感じたので、ぜひその辺も楽しみながら観て欲しいなと思います。

 

スポンサーリンク

作品紹介

家族と田舎に引っ越してきた医師ルイス。新居の裏には謎めいた動物の墓地”ペット・セメタリー”があった。ある日、飼い猫が事故にあうと、墓地を越えた奥深くの森で猫を埋葬する。しかし次の日、凶暴に変貌した猫が姿を現した。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森だったのだ。そして迎えた娘エリーの誕生日、彼女は交通事故で帰らぬ人に・・・。果たしてルイスの取った行動とはー

引用元:https://petsematary.jp/story.html

 

登場人物

役名/演者名

ルイス/ジェイソン・クラーク

引用元:https://petsematary.jp/cast.html

本作の主人公。森の奥の土地の真相を知りその力に頼る。

レイチェル/エイミー・サイメッツ

引用元:https://petsematary.jp/cast.html

ルイスの奥さん。引っ越してから姉のことをよく思い出す。

エリー/ジェテ・ローレンス

引用元:https://petsematary.jp/cast.html

ルイスとレイチェルの娘。誕生日の日に交通事故で亡くなってしまう。

ジャド/ジョン・リスゴー

引用元:https://petsematary.jp/cast.html

引越した先のご近所さん。ルイスに土地の事を教えてしまう。

 

作品情報

スタッフ

  • 監督:ケビン・コルシュ、デニス・ウィドマイヤー
  • 制作:ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、マーク・バーラディアン、スティーブン・シュナイダー
  • 原作:スティーブン・キング

制作国

  • アメリカ

上映時間

  • 101分

年齢制限

  • R15+

 

 

スポンサーリンク

おススメの動画配信サイト

映画『ペット・セメタリー』観るならこの動画配信サイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

 

スポンサーリンク

まとめ

配信で観る事が多い時代ですが、もしかしたら配信だと「もう一つのクライマックス」や「未公開シーン」が観れないかもしれません。

いろいろ楽しむにはDVDで観るのがいいのではないかと思います。

スポンサーリンク

-マジで怖いから!観るなら覚悟しろって作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.