邦画

猫は抱くもの あらすじ紹介 感想まとめ|自分は人間だと思っている猫の物語

 

スポンサーリンク

作品紹介

 

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。

元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、職場の裏でこっそり飼っているロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。

沙織の心に寄り添ううちに、良男は自分が沙織の「人間の恋人」で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込む。

そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする…。

ある晩、沙織に会いに行こうと外に飛び出した良男は、迷子になってしまい、野良猫たちが集まる「ねこすて橋」に辿りつく。

人間だと主張する良男を、茶化す野良猫たち。

彼らとの交流や、とある衝撃的な事件をきっかけに、良男は自分が猫であることに気付いてしまう…。

離ればなれになった1人と1匹は、ゴッホや迷い猫のキイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、自分らしく生きるすべを見つけられるのか-。

 

この作品は光TVで見よう!

ひかりTV見るならドコモ光で決まり!最大30,000円相当のdポイントプレゼント!最大15,000円キャッシュバック!ドコモ光とドコモのスマホをセットで ご利用いただくとスマホの料金がさらお安く!お得がいっぱい!

 

 

解説

人と猫の繋がりを通して、もっと自分らしく生きるヒントをくれる、限りなく愛おしくて、ありふれた日常がカラフルに輝き始める「猫映画」の決定版!

沢尻エリカさんがこじらせアラサー女性を熱演!

そして吉沢亮さんは、まさかの「猫」役で、ダンスも披露!

元アイドルで思うように生きられないアラサー女性を演じ、6年ぶりの主演作にして新たな境地を切り開いている沢尻さんと、佇んでいるだけで猫そのものを思わせる優雅な身のこなしと美貌で、全身全霊で沙織を愛するロシアンブルーを体現した吉沢さんの演技は必見!

さらに、良男の相棒となる迷い猫・キイロ役に、本作が映画初出演となる「水曜日のカンパネラ」コムアイ。

ヒロイン・沙織の前に突然現れる画家のゴッホ役に、役者として注目作への出演が続く峯田和伸など、個性豊かな俳優たちが、このハートウォーミングな物語に忘れがたい余韻を付け加えている。

大胆な演出手法で斬新な世界観を表現した、監督・犬童一心の新境地 本作では「猫を擬人化」するというコンセプトに加え、音楽、舞台、アニメーションなど数々の演出手法を用いながら、「妄想と現実」、「猫の視点」が融合した、今までに見た事のないファンタジー映画となっており、“猫映画”のカテゴリーを超えて、観る者の心を強く揺さぶるドラマとなっている。

 

 

動画配信サービスの評価

(3.8)

 

 

配信されている動画サイト

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

 

スタッフ

監督

  • 犬童一心

脚本

  • 高田亮

原作

  • 大山淳子

 

 

出演者

  • 沢尻エリカ
  • 吉沢亮
  • 峯田和伸
  • コムアイ
  • 岩松了

 

 

スポンサーリンク

感想(若干ネタバレあり)

「猫は抱くもの」は大山淳子さん著書の連作短編小説集を沢尻エリカさん主演で映画化されたものです。

注目はやはり沢尻エリカさんの演技力でしょうか!

あの騒動以来、あまりテレビでお見かけしなくなり、その後も少しづつは出ていましたが演技を改めてちゃんと見たことはなかった為、久しぶりに役を演じている姿を見ました。

久しぶりな事で忘れていましたが、沢尻エリカさんの演技力、すごいなと思いました。

特に感情がこもった時の演技!

この威圧感というか、圧倒的な感情の表れ方というか、力強さがあって圧倒されました!

それとセリフがない演技でも困惑したような、そのシーンはそういう表情を"ワザとしている"それがよく出ている演技もよかったです。

そして、歌も披露していてかなりの歌唱力にびっくりしました!

ドラマ「タイヨウのうた」でCDは出していましたが、結構前の事だったので改めて驚かされました。

 

作品は、演劇のように流れるシーンに注目です。

スーパーのレジやカラオケ店など場所はいろいろなのですが、本当の舞台の上でシーン毎に背景のセットが変わってまるで演劇を見ているような感覚です。

もちろん本当にスーパーの外や森の中といった場所もあり、作品を通してずっと演劇風ではないのですが、こういう撮り方もあるんだと新鮮さを感じました。

 

猫の作品なので本物の猫ももちろん出てきますが、猫の役を役者さんがやっていて、しかもその猫役の方が違う役で作品の中で出てくるので、どの猫がどのシーンのどの役で出てくるのか、探しながら見るのも楽しみの1つではないでしょうか。

 

では、「猫はだくもの」あらすじを紹介していきたいと思います。

 

 

沙織は僕の恋人

スーパーでレジ打ちのパートをしている大石沙織(沢尻エリカ)。

沢尻エリカ

仕事の合間に店の裏の倉庫によく行きます。

そこには猫の良男(吉沢亮)(ロシアンブルー)がいます。

吉沢亮

沙織のアパートでは動物が飼えないため一時的に倉庫に保護しているようです。

よく「ちょっと待っててね。一緒に暮らせる部屋を探すから」と言っています。

そして良男は自分を人間だと思い込んでいて、沙織を恋人だと思っています

 

そんな沙織は元アイドル。

サニーズという5人組で、オリコン3位になった曲が1曲だけあり、長い期間は活動していなく解散したようです。

売れた曲が「ロマンス交差点」です。

サニーズ

耳に残る曲で、沢尻エリカさんはもちろん吉沢亮さんもダンスを披露しています。

そんな経緯がある事から、アイドル時代の沙織を知るお客さんに声をかけられたりします。

声をかけられる事が嫌になっているのか無愛想な態度をとったり、職場の人ともあまりコミュニケーションをとりません。

そんな日々の出来事やスーパーの店長の愚痴を良男に話すというのが日課です。

 

そして、仕事終わりの楽しみが1人カラオケ。

沢尻エリカさん、安室奈美恵さんの「Don't wanna cry」を熱唱しますが、かなり美味いです!

しかも、英語の発音がかなりいい!

子供の頃の沙織が現れて「まだその歌歌ってるんだ。よく橋の下で歌ったよね!」と言うシーンになるのですが、歌手になりたくて小さい頃から歌を歌ってきたというのがわかります。

一見さみしそうなアラサーに感じますが、スーパーの本社からたまにくる若い男性に食事に誘われたりと元アイドルの力は衰えてはいません

誘われた話しも良男に話します。

 

ある日、店長に呼ばれました。

女子高生が万引きしたようで、バックの中を調べてくれと。

女子高生は素直に盗んだものを出します。

店長が親を呼ぶから電話番号と言うと、親は今仕事でいないから叔父さんを呼んでくれと言います。

親があまりかまわない家庭なのでしょうか?

迎えに来た叔父さんは、ゴッホ(峯田和伸)と呼ばれる身体中絵の具のついた男でした。

峯田和伸

「もう、迎えに来ないぞ!」というゴッホ。

女子高生は「じゃあこれいらないんだ?お母さんから預かってきた」と茶封筒を見せます。

どう見てもお金ですね汗

慌てた様子で茶封筒と女子高生から取り、「すみませんでした」と店長に誤り2人は帰って行きました。

訳ありな感じがかなりします。

沙織もその話を良男にします。

そして勝手な妄想を膨らませます。

「ゴッホは売れない画家で、黄色い一軒家に住んでいる。黄色い色しか使わない。猫も飼ってるね。名前はキイロ。

女子高生はそんなゴッホが好きなんだ。気を引くためにあんな事をしているが、まるで相手にしてくれない。」

そんな沙織の話しを聞くのが良男は好きみたいです。

話を聞いてくれるねこさん!

なんていい猫なんだ泣

 

スポンサーリンク

 

いなくなった良男

誘われた本社の男とけっこういい感じになっていて、この日は2人でハイキングです。

その道中、黄色い家を見つけます。

そうです!万引きの件があった日に想像したあの黄色い家です!

しかも住人はゴッホ!?

キイロ(猫)もいます!?!?

まさに想像したとおり汗

スーパーでは沙織と男は密会のように人の目のつかないところで会います。

良男のいる倉庫なのですが、知らない男に良男は威嚇!

さらにはガリッと一撃くらわせます!

なんだこの猫!?と男が言うと沙織が「なんだろ汗すぐどこかにやるね」と。

沙織ひどい!

良男も納得いってないです。

 

そんないい感じの2人でしたが、ひょんな事で男に彼女がいた事が発覚

沙織は遊びだったようです汗

泣きながら良男の元に行く沙織。

男は良男だけでいいよと。

少し勝手ですね汗

しかし、そんな表情を初めて見た良男は心配でしょうがありません。

僕が沙織を助けるんだ!

良男は倉庫を飛び出します。

良男は猛ダッシュです!

ですが、足を滑らせ川に落ちてしまいました。

このシーンだけ作品を通してアニメで表されています。

このシーンだけというのが少し違和感です汗

 

良男が気がつくとそこは「ねこすて橋」と呼ばれる橋の下でたくさんの猫がいました。

そこにいる猫は昼間は気ままに生きて、夜にここに集まり集会しているようです。

猫は役者さんが演じています。

作品を通して密会のシーンの猫さんはほぼ役者さんが演じています。

本物の猫が集まっているシーンもありますが、時間的には多くないです。

本物を観たかった人には少し残念かもしれません。

が、やはり映ると可愛いです!

 

良男はそこでも人間だと言い張るので、皆に馬鹿にします。

そして、そこにはなんとあのキイロ(コムアイ)がいました。

コムアイ

ゴッホがキイロにしか優しくしないので、女子高生がやきもちからここに捨ててしまったよう。

しかも橋の上から投げたので足を怪我していました。

ひどすぎますね!

 

キイロはゴッホに会いたいと、良男も沙織に会わなきゃいけないので2人で探しに行くことにします。

キイロは怪我をしてるから良男が肩を貸します。

 

その頃、沙織はもちろんゴッホも2人を探しています。

山の中を探しると、2人が偶然出会い一緒に探します。

そしたら、坂を重なりながら落ちてしまいました。

笑いがおきますが、可愛がっていた猫がいなくなったらそんな余裕ありませんけどね汗

違和感ありまくりです汗

 

そんな良男捜索中に1本の電話が入ります。

1番組限りでサニーズを復活すると言うのです。

番組収録にきた沙織。

メンバーと再会します。

久しぶりの再会なので当然「今、何してるの?」なんて話しになります。

沙織はスーパーの店員をやっている事を隠して、歌手をしていると答えます

収録でもそんな感じの質問をされ「歌手」と答えますがやるせない表情がなんとも言えません。

最後に「ロマンス交差点」を歌うサニーズ。

帰ってきた沙織はメンタルがボロボロです。

 

スポンサーリンク

夢はいつだって追える!

ズタボロの沙織が付いたのはなぜかゴッホの家。

ゴッホに愚痴をぶちまける沙織。

歌いに行こうとスナックに行く2人。

そこで沙織はサニーズの歌を歌わされます。

「自分のパートをどれだけ練習したと思ってるの!?どれだけ緊張したと思ってる!?」

これまでの苦労が報われない今に、爆発してしまった感じです。

ゴッホは見兼ねて「帰ろう」と連れて帰ります。

不満がおさまらない沙織にゴッホは今までの苦労や大変だった事を、まるで沙織の全てを知っているかのように話します。

沙織も「なんで・・・。」と。

ゴッホは「なんでもう歌わないんだ?なんで悲しいのに笑うんだ!?」

沙織の気持ちが変化していくそんなシーン・・・。

だと思ったら、ゴッホがいきなり沙織の絵を描き始めて、しかも沙織は服を脱ぎ始めます。

ヌードデッサンになってしまいました汗

しかも、良男と黄色も家について、良男はその光景に涙します。

このシーンだけは、何を言わんとしてそうなったのかわかりませんでした・・・。

ちなみにヌードデッサンのシーンですが、沢尻エリカさんの裸体は見えませんので、お子さんと見ようとしている方はご安心を。

 

 

「ねこすて橋」に戻った良男とキイロ。

沙織と出会った時のことを語ります。

良男は透明な部屋から、網の箱に移動したようです。

透明な部屋には子猫が何匹もいました。

そこに、ファンの人から逃げてきた沙織にあったようです。

要は、ペットショップで売られていたけど大きくなったんでセール品として、小さいケージに移ったんですね。

そこにタイミングよく沙織が来たようです。

 

ケージに移った猫はたくさん見てきたそうです。

そしてそのうち皆いなくなったんだと・・・。

「ねこすて橋」の長老は聞きます。

「その猫たちはどうなった?」

良男は「わからない」と言います。

「そういった現実から目を背けたくて、受け入れられなくて、自分を人間だと思い込んだんだ」

長老は良男にそう言いました。

その時良男を呼ぶ声が!?

 

良男と沙織は再会できたのでしょうか!?

沙織の歌う夢は!?

ゴッホとキイロは!?

ラストは作品を見てお楽しみください!!

スポンサーリンク

-邦画

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.