SF

映画『ANON アノン』あらすじ紹介 感想まとめ|記憶が全て筒抜けの世界での完全犯罪!ネタバレあり

ANON アノンあらすじ紹介 感想まとめ

 

「あなたの記憶は記録されている」

なんとも気になる見出しですよね!

記憶を記録するってのはどういうことなんでしょう?

こんな疑問が自然とわくと思います。

とともそうでしてが、意外な方法で記録しています。

気になるかたはこの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください!

 

 

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

 

 

スポンサーリンク

映画『ANON アノン』 感想

作品を見るにあたって、あらすじなどを見てから本編を見る方はたくさんいると思います。

ふわちょはこの作品を見る時、あらすじなど何も見ず前知識なしで本編を見ました。

そしたらはてなマークがいっぱいになってしまいました汗

この作品を見るにあたってはこの知識だけは先に入れた方がいいかもしれません。

 

犯罪などを無くすために地球上のすべての人の記憶を記録、検閲できるという設定になっています。

すれ違うだけでその人がどこの誰、名前年齢がすべてわかってしまいます。

そして、記憶もすべてわかり調べられます。

プライバシーが全くないです汗

調べ方はパソコンなどを使うのではなく目の前にいろいろな情報が出てきて、思うままにデータのやり取りができます。

アイアンスーツを着たトニースタークの視点のような感じですね。

アイアンマン知らない方はすみません汗

よく映画に出てくるアンドロイドの視点のような感じといえばわかるでしょうか。

なので、その視点の映像を見たときはこの主人公はロボットなのか!?って思ってしまいました。

そういった時代でそういった時代背景がありますので、いきなり見てびっくりして訳分からなくならないでください。

 

登場人物は皆人間で、視野の中でデータの閲覧や送受信ができます。

物語はそんな犯罪が起こらないはずの時代なのに、何件もの同一の事件が起きてしまう。

それを突き止めるサスペンス映画になってます。

 

真犯人は相手の視野を操って殺しをします。

犯人が見えないだけでなく、

自分の姿を見ながら殺されるという設定に、斬新さを感じましたしドキドキ感も大きかったです。

作品全体の派手さはないものの、それでも惹きつけられるのもこの作品の魅力の1つではないでしょうか!

 

最後のどんでん返しもしっかりあるし、とても面白い作品でした。

 

 

 

動画配信サービスの評価

(3.2)

 

 

配信されている動画サイト

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

 

 

起こらないはずの事件

人間の記憶がすべて記憶されるようになった世界。

犯罪がなくなったはずの世界で頭を撃ち抜かれる事件が起きます。

事件の事で呼ばれたオーウェン刑事(ササル・フリーラン)は署に向かう途中でデータがエラーの女性に会います。

ササル・フリーラン

ササル・フリーラン(ウキペディア引用)

 

事件を調べると犯人は銃を持ちながら被害者に近づき発砲。

本来ならば被害者は犯人を見ているので、記憶データを調べれば犯人の顔が写っているはずです。

しかし、映っていたのは被害者の顔…。

要するに犯人目線の映像でした。

被害者は視覚をハッキングされて犯人目線、要するに自分を見ながら撃たれていました。

 

同じような事件が起きました。

レズビアンの2人が犠牲になった事件です。

オーウェンは現場に向かいました。

手口は一緒。

彼女たちのデータを見ても、やはり犯人目線での映像しかありません。

使用人が犯人を目撃していたらしく、女性だったよう。

家の中を監視データで見ると刑事の2人と使用人1人の3人しかいないはずが4人目がいます!?

犯人は撃ってきました!

1人の刑事が殺され、オーウェンは後を追います。

駅に逃げ込んだ犯人。

オーウェンは停車中の電車に警戒しながら入ろうとします。

が次の瞬間、電車は消えホームに入ってきた電車に接触!

吹き飛ばされてしまいました。

視覚をハッキングされ、ありもしない映像を見せられていたんですね。

駅に銃を構えながら入っていったのに、電車に乗っている乗客はこちらを見もしないで気にもしないからおかしいなっておもったんですよ汗

 

スポンサーリンク

 

犯人と接触

犯人の顔が特定できないし、データは消されてしまっているから解決策がないかと思われました。

しかし、被害者には共通点があって、皆知られたくない記憶を特定の人物に消してもらっていたのです。

そして、犯人は記憶を消した人物も消していたようです。

 

特定は難しいと言うことでオーウェンは自らが囮になり接触する事にしました。

まずは刑事という記憶を無くすためにしばらく違う人物になりその人物像の生活をします。

そして、消したい記憶をわざと作ります。

恋人がいるという設定にして、売春婦を呼び関係を持った記憶を作ります。

掲示板でそういった依頼を受ける書き込みを見つけていたので、依頼をします。

オーウェンは作品の冒頭でデータのない女性にターゲットを絞っていました。

依頼を受けて尋ねてきた人物がその女性だったら話を進めて、違ったら断る作戦です。

ポイント

しかし、仕事の為とはいえ売春婦と一夜を過ごすって事、奥さんや彼女がいたら容認してくれるんでしょうかね汗

そうそう無いとは思いますが、気になりますね。

主人公は奥さんとは別れている設定です。

そういった事をしたからではなく、悲しい過去があったんです。

それは何かは作品で確かめてください!

 

ターゲットの女性が来ました。

役的に名前を名乗らないので、役名がザ・ガール(アマンダ・サイフリッド)になっています。

アマンダ・サイフリッド

アマンダ・サイフリッド(ウキペディア引用)

 

 

オーウェンが記憶の消去をお願いしている間に、もう1人が証拠を掴んで逮捕する流れです。

オーウェンは記憶を変えてもらいつつ、いろんな話をしています。

一通り終えるとガールは銃を突きつけます。

いきなり殺すのか!?と思ったら何もせずに帰って行きました。

証拠はつかめず逮捕はできませんでした。

 

スポンサーリンク

 

操られるオーウェン

次は麻薬を買った記憶を作りまた接触します。

ガールに会って記憶を変えてもらいます。

その時に買った麻薬を2人とも吸うのですが、刑事が吸っていいの!?って思いますよね汗

その後何故か大人の関係に。

やったり吸ったり大変です汗

 

物語的に、ガールがオーウェンに気を許して考えが変わっていく流れかなとも思いました。

ガールは過去は詮索しないと言っていましたが、オーウェンの過去を探ります。

そして刑事だという事がバレてしまいました。

ガールはもう1人の刑事を撃ち殺し逃走。

作戦は最悪の結果になってしまいました。

 

上司から自宅謹慎を命じられたオーウェン。

自宅にいるとガールからのハッキングでありえないものが見えるようになってしまいます。

路上で男や犬が襲ってきたり、部屋がネズミだらけになったり、部屋が火事になったり。

オーウェンはわけわからずパニック状態。

そんな状態にもかかわらず、車でどこかに向かいます。

案の定、大通りに出る時に車が来ていない映像を見せられ、安全だという事で大通りに侵入します。

実際は車がバンバン通っていて大事故になりました

 

さらに自宅謹慎と監視をつけられたオーウェンでした。

そんな時に車運転するなよって思います。

絶対そういった映像見せるに決まってるじゃないですかね汗

 

スポンサーリンク

ガールと再会

自宅謹慎になりながらもガールを捕まえたいオーウェン。

目を閉じ寝ている映像を監視に見せ、手探りで外に出て監視を殴りつけます。

ガールがいた部屋に行き再会。

するとガールは自分は殺していない、真犯人に利用されてるんだと言います

本当かどうか信用はできないオーウェン。

 

そこに上司が来ます。

真犯人がいる事を上司に伝えますが、聞き入れてはもらえません。

監視の目がさらに多くなりました。

ある夜ガールから連絡があります。

真犯人を捕まえる為に協力して欲しいと。

ガールは監視に嘘の情報を伝えその場から離れさせます。

オーウェンも会おうと外に出ようとすると視覚が変わります。

これまでの犯行と同じく犯人目線になりました。

 

 

やはりガールが犯人だったのか!?

それとも真犯人が他にいるのか!?

誰が犯人だったのかはぜひ、作品を見て確かめてみてください!

スポンサーリンク

-SF
-

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.