ファンタジー

映画「名探偵ピカチュウ」あらすじ紹介 感想まとめ|おっさんで名探偵!そのギャップに世界中が感電

 

映画「名探偵ピカチュウ」あらすじ紹介 感想まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

作品紹介

 

かつてポケモンのことが大好きな少年だったティム(ジャスティス・スミス)は、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり、家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを、遠ざけるようになってしまった。

それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部補(渡辺謙)から電話がかかってくる。「お父さんが事故で亡くなった―」。

複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。

荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウ(ライアン・レイノルズ)だった。

かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった……。

「ハリーはまだ生きている」。

ハリーは何故、姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは? ふたりの新コンビが今、大事件に立ち向かう!

 

 

解説

今や世界中で、あらゆる世代に愛されている、“ピカチュウ”がハリウッドで初の実写映画デビュー!

「ダークナイト」「パシフィック・リム」シリーズを手掛けたレジェンダリー・ピクチャーズが最高峰のスタッフ・キャストを集結させ、ポケモンの世界を現実にします。

見た目はカワイイのに、中身は“おっさん”!? しかも人間の言葉を話す名探偵ピカチュウを演じるのは、大ヒットシリーズ「デッドプール」で主演を務めるライアン・レイノルズ。

かつてピープル誌が選ぶ「最もセクシーな男」に選ばれたこともあるライアンが、生意気だけど憎めない、全く新しいピカチュウを世界中に届けます。

名探偵ピカチュウの相棒となるティム役にはハリウッドの新鋭、ジャスティス・スミスを抜擢!

事件に巻き込まれた父親を探すために訪れたライムシティで、自分にしか聞こえない人間の言葉で話す名探偵ピカチュウと出会い、物語が始まります。

その他のキャストにはキャスリン・ニュートン、ビル・ナイ、リタ・オラ、スキ・ウォ―ターハウス、そしてポケモン発祥の地・日本からは渡辺謙の出演が決定。

2019年5月3日、まだ誰も見たことのない新しいピカチュウの物語が、幕を開ける!

 

 

 

スタッフ

監督

  • ロブ・レターマン

脚本

  • ロブ・レターマン

原作

  • 任天堂
  • 田尻智

 

 

出演者

 

  • ライアン・レイノルズ
  • ジャスティス・スミス
  • キャスリン・ニュートン
  • スキ・ウォーターハウス
  • オマール・チャパーロ
  • クリス・ギア
  • 渡辺謙
  • ビル・ナイ

日本語吹き替え

  • ピカチュ:西島秀俊
  • ティム:竹内涼真
  • ルーシー:飯豊まりえ

 

 

 

スポンサーリンク

感想(若干ネタバレあり)

1年以上前から気になっていた「名探偵ピカチュウ」を観に行って来ました。

何かの情報番組で、アメリカで実写化されるポケモン映画の主人公ピカチュウの声が”おっさん”すぎる!と紹介されて、そのギャップに衝撃を受けたのを鮮明に覚えています。

実写版のピカチュウはゲームよりもアニメよりも可愛くて、モフモフしたい!という愛くるしさが滲み出ているのに、声が確かにダンディで、突っ込まずにはいられませんでした。

そんな気になりすぎる「名探偵ピカチュウ」の感想です。

 

スポンサーリンク

 

不穏な研究所と逃げ出したミュウツー

 

物語のはじまりは、何やら怪しげな研究施設で職員たちが実験のようなものをしているシーンから。

そこにはミュウツーがいますが、非常事態が起こり、ミュウツーが施設から逃げ出します。と、同時に、研究所からは1台の車が走り去っていきます。

研究所から飛び出したミュウツーはものすごいスピードでその車を追い、その力で車を吹き飛ばします。

 

一体何が起きたんだ!?という衝撃の幕開けでしたが、そこから場面は切り替わり、ティム(ジャスティス・スミス)という男の子とその友人が野生のカラカラを捕まえようとするシーンになります。

ジャスティス・スミス

ティムは、母を病気で亡くし、遠く離れた街で暮らす父とも離れ、祖母と暮らす孤独な少年です。

そんなティムに、父の訃報が届きます。探偵であった父は、謎の交通事故により命を落としたと、連絡が入ったのです。父の元を訪ねてティムが向かったのは、ポケモンと人が共に暮らす街、ライムシティ。

 

スポンサーリンク

 

見た目は激カワなのに中身はコーヒー中毒の中年オヤジのようなピカチュウの登場

 

ライムシティで父の家を訪れたティムが出会ったのは、記憶喪失のピカチュウでした。

ピカチュウは通常「ピカピカ」と鳴き、人語は話さないポケモンですが、なぜかティムはピカチュウが喋っている言葉が理解でき、驚き混乱します。

ピカチュウの言葉は他の人間には通じず、ティムだけが理解できるようです。

 

ティムの父親の相棒だったと言うピカチュウは、記憶喪失ながらも被っている帽子の情報を頼りにティムの父ハリーを探すためにハリーの家に戻ってきたのだと言います。

 

「親父さんは死んでなんかいない!生きている!探しに行こう!」

そう説得するピカチュウと共に、ティムは父親を探す事にしました。

 

このピカチュウの登場シーンは、物影からひょこっと顔を出すのですが、ちょっと上目遣いな目がとんでもなく可愛く、悶絶してしまうほどでした。

しかし次の瞬間口を開いたピカチュウの、まさかのおっさんぶりに、何度も予告で見ていたはずなのに、思わずニヤリとしてしまいました。

コーヒー好きで、言う事なす事全てがオヤジ臭いピカチュウ。見た目が可愛いだけに、ギャップがとても面白かったです。

 

スポンサーリンク

 

謎の薬物”R”のルーツを探るティムとピカチュウ

 

ティムは父ハリーの部屋で、怪しげな紫色の薬品を発見します。

開けてみると人間はむせこむような不快な煙が出てきて、ティムは思わず窓からその煙を外に出してしまいます。すると、その煙を吸ったエイパムたちが急に狂暴化します。

 

このエイパムの豹変ぶり、まるでグレムリンのようでした。

しばらく経つと自然にエイパムは正気に戻り、元の愛らしいいたずらっこに。

 

この謎の薬物は”R”と呼ばれていて、どうもハリーはこの薬物に関わっていたか、この薬物について調査をしていたか、とにかく何らかの関係があるらしいという事が分かってきました。

 

この薬物”R”にはポケモンを錯乱状態にさせ狂暴化させるという効果があり、”R”を吸ったリザードンとのバトルにピカチュウがピンチに陥ったり、同じく”R”の謎を追うジャーナリストのルーシー(キャスリン・ニュートン)と出会い共に協力して研究所に乗り込んだり、ティムとピカチュウは少しずつ核心へと近づいていきます。

キャスリン・ニュートン

 

果たしてティムの父ハリーは無事なのか、薬物”R”が生み出された衝撃の目的とは・・・?

 

気になる結末は是非映画館でご覧ください。

 

 

表情豊かなピカチュウが”おっさん”でもやっぱり可愛い

ピカチュウ

 

劇中のピカチュウは、口を開けばとにかく”おっさん”ですが、喜んだり落ち込んだりした時の表情がコロコロ変わり、また、あの特徴的な体型の愛くるしい動きがとてもチャーミングで、とにかく可愛いのひと言でした。

 

ちなみに、劇中の「ピカピカ」というピカチュウ本来の鳴き声は、英語オリジナルのものも、アニメ版ピカチュウの声を担当する大谷育江さんが担当されています。

“おっさん”モードの声は、日本語吹き替えでは西島秀俊さんが担当されています。

西島秀俊

 

スポンサーリンク

日本のポケモンへのリスペクトと、絶妙なアメリカナイズが感じられる映画

 

ピカチュウの鳴き声もそうですが、アメリカの警察に勤めるヨシダ警部補を渡辺謙さんが演じ、日本語吹き替え版のティムの声を担当した竹内涼真さんが劇中にもポケモントレーナーとしてちょろっと出演し、日本人を起用しているところに日本のポケモンを大切にしてくれているんだな、というリスペクトを感じました。

渡辺謙

また、オープニングやエンディングにもこだわりがあり、見ていてとても嬉しくなる演出でした。

 

一方で、ストーリーやアクションシーンなどは、絶妙にアメリカナイズされていて、日本の映画とは一味違うアメリカンなテイストの映画となっていました。

これはこれで、新鮮な印象でとても面白かったです。

スポンサーリンク

-ファンタジー

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.