アクション

オブリビオン紹介感想まとめ|この未来は誰も予想できない!約束の地に必ず戻る・・・

スポンサーリンク

作品紹介

2077年、エイリアンの攻撃を受け地球は全壊。

生き残った人類は、他の惑星への移住を果たすが、ジャック(トム・クルーズ)は荒廃した地球に残りパトロール機バブルシップで高度1000メートルの上空から地球を監視している。

ある日、ジャックは墜落した宇宙船で眠る美女ジュリア(オルガ・キュレンコ)を発見する。

目を覚ました彼女は、なぜか逢ったことのないジャックの名を口にした。

彼女に不思議な結びつきを感じながら、断片的な記憶を辿るジャック。

誰もいないはずの地球で謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって拘束される。

ジュリアは何者なのか?ビーチの目的は?彼らによってジャック自身、そして地球の運命が大きく動き始める・・・!

 

この作品は光TVで見よう!

ひかりTV見るならドコモ光で決まり!最大30,000円相当のdポイントプレゼント!最大15,000円キャッシュバック!ドコモ光とドコモのスマホをセットで ご利用いただくとスマホの料金がさらお安く!お得がいっぱい!

 

ひかりTV評価

(3.9)

 

スタッフ

監督

  • ジョセフ・コシンスキー

製作

  • ピーター・チャーニン
  • ディラン・クラーク
  • ダンカン・ヘンダーソン
  • ジョセフ・コシンスキー

製作総指揮

  • デイヴ・モリソン
  • ジェシー・バーガー

脚本

  • ウィリアム・モナハン

 

出演者

  • トム・クルーズ
  • モーガン・フリーマン
  • オルガ・キュリレンコ

 

スポンサーリンク

感想(若干ネタバレあり)

西暦2077年。

エイリアン(スカヴ)の侵略にあい、応戦する為核兵器を使った結果、地球は2度と住めない場所になってしまいました。

土星の衛星のタイタンに移住する計画を計画中の人類は、仮住まいとして「テット」に避難しています。

 

元海兵隊司令官のジャック・ハーパー(トム・クルーズ)は

スカヴの残堂を始末するためのミッションのため地球に残り、相棒の「ヴィカ」(アンドレア・ライズボロ)と

地上1000mの場所から監視、パトロールをしています。

近未来だけあって、建物や機械などはかなりのハイテク機器ですね。

パトロールに使っている飛行機も現代の乗り物に比べるとありえない動きで飛ぶし、その映像も操縦している感じもかなりリアルです。

足に力が入るし、おケツが浮くようなそんな臨場感が味わえます

飛行中の相棒は首振り人形の「ボブ」。

 

スカヴの残堂を倒していくという事ですが、普段はドローンという監視ロボがやっておりジャックは壊れたドローンの修理や、捜索がメインみたいです。

ドローン

スカヴに襲われながらもその修理、捜索のミッションをこなしていきます。

 

ジャックはある夢をよく見ます。

記憶にない女性と、その女性と一緒にいる場所。

いつも同じ夢を見ます。

そのことが気がかりでなりません。

 

そんな日々の中眼が覚めると、物凄い衝撃が起こります。

人類移住計画に必要な採水プラントがスカヴにより破壊されます。

調査に向かうジャック。

そこで未確認の信号を探知します。

向かった先は、なんとジャックの夢で女性といつもいる場所でした。

この所々で出てくる記憶が謎めいていて、先の展開が気になりながら見ていました。

 

汚染地区の近くを飛び、パトロールを理由にある場所に向かいます。

綺麗な場所で、パトロール中に見つけたものを集めています。

要は、サボりですね。

しかし、その場所は後々のキーになる場所でした

 

サボっていると飛行物体が落下します。

現場に行ってみるとエイリアンが襲ってくる前の飛行機が墜落していました。

本部はタワーに戻るように指示。

しかしジャックは命令を無視して着陸します。

そこにはなんと人間の姿が!

しかもそのうちの1人が夢に出てきている女性でした。

そこに本部が送ったドローンがきてなぜか生存者たちを襲っていきます。

その女性だけ攻撃から守れてタワーに連れていきます。

ヴィカはかなり複雑な表情で待っていて、その表情が何か知っているような感じにさせます。

本部とつながっていて、ジャックを騙しているような・・・。

 

唯一助かった女性の名は「ジュリア」(オルカ・キュリレンコ)

デルタ睡眠で60年もの期間寝ていたようです。

デルタ睡眠はこう言った映画でよくでる長い時間眠る装置ですね。

しかもジャックのことを知っています。

3人で食事中に地球侵略の話を聞かされ、ジャックとヴィカが手を取り合う姿に何故か笑い出します。

この笑いは2度見ないと何故笑ったかはわかりませんでした

この記事を見た人にはわかるかもしれませんので、ぜひ注目して見てください

わからなければ、2度見てくださいね!

 

スポンサーリンク

スカヴに捕まり真実が少しずつ明らかに

起きると、飛行機にレコーダーを取りに戻りたいとジュリアは言い出します。

回収しに船に戻ると、そこでスカヴの大軍に襲われます。

 

気がつくと目の前にいたのは、スカヴのはずがどう見ても人間。

人間に見えるそのチームのリーダー、マルコム・ビーチ(モーガン・フリーマン)

は、ジャックに説明し始めます。

「我々はエイリアンじゃない。ドローンをプログラムし直して核爆弾を詰め込みテットを破壊する」

「しかしドローンは我々の言うことはきかない。プログラムし直して欲しい」と。

断ると「汚染区域に行った。そこに真実がある」と言い解放されました。

 

解放されたのち、ジュリアと夢に出てきた場所に行きます。

ここでまた驚愕の真実が!?

ジュリアはジャックの妻だと言うんです

さらに夢に出てくるその場所はジャックが婚約を申し込んだ場所・・・。

ジュリアはタイタンに調査に行くチームでジャックとヴィカも同じチームだったと言う。

しかし直前で任務が変更され、謎の物体が宇宙で発見されそれを調べろと。

皆デルタ睡眠に入ったけどジャックとヴィカだけ起こされたそう。

そしてその謎の物体が「テット」だったと!

これだけでも謎だらけだし、しかもジュリアはデルタ睡眠で60年は眠っていたはず。

ここで生活していたジャックの妻だと言う事もおかしな話になってしまいます。

謎はさらに深まるばかりです。

 

その場所に飛行機が迎えにきて、2人のことを見たヴィカ。

ジャックの事を愛していたヴィカはジャックとジュリアの関係をよく思いません。

タワーに戻るとジュリアとの関係を問いただされるジャック。

「妻だ」と答えるとヴィカは本部にジャックは任務に不適任だと、2人のチームは最高ではないと伝えます。

次の瞬間、タワーに設置されていたドローンが起動しヴィカは殺されてしまいます。

ジュリアの機転でドローンを破壊。

逃げ出しますが3体のドローンに攻撃を受けてしまいます。

ヴィカは秘密を知っていそうだと言う話をしましたが、ここでのやり取りを見る限りでは、ジャックと同じで何も知らないのでしょう。

嫉妬心で動いてしまった感じにみえます。

 

なんとかドローンを撃破したジャックとジュリアは汚染区域の近くにいました。

避けていこうとしたら、撃破しきれなかったドローンの攻撃を受け汚染区域に墜落してしまいます。

汚染区域だと言われていた場所。

墜落したドローンに飛行機が飛んできて近くにおります。

そこに現れたのがなんとジャックです!?

ジャックが2人!?

49と書かれた服を着たジャック(今までのジャックは52)を気絶させたジャック。

ジュリアが来ますが怪我をしていました。

飛行機に乗り49のジャックと名乗り飛んで行いき、着いた場所が今まで暮らしていたタワーと同じような建物です。

中にいたのがなんと殺されたはずのヴィカ!?

ますます謎が深まってしまいます。

 

ジュリアと2人でオサボリしていた場所に。

ここで住みたいと言うジャックに住めると言うジュリア。

スカヴだと思っていた人たちを助け一緒にテットを破壊する事を決めたジャックにジュリアはいつかここに戻ろうと約束します。

 

スポンサーリンク

驚愕のラスト!点と点だったこれまでの話が全て繋がり真実が明らかになる

ジャックはテットを破壊することができるのか?

これまでの話の謎が全て明らかに!?

ジャックは一体何者なのか?

2人はあの場所に戻ることはできるのか!?

是非とも本編でその事実をご覧になってください!

 

この作品は光TVで見よう!

ひかりTV見るならドコモ光で決まり!最大30,000円相当のdポイントプレゼント!最大15,000円キャッシュバック!ドコモ光とドコモのスマホをセットで ご利用いただくとスマホの料金がさらお安く!お得がいっぱい!

スポンサーリンク

-アクション

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.