MARVEL SF

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー 』あらすじ紹介 感想まとめ|世界の半分が消える!?最強サノスの野望

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー 』あらすじ紹介 感想まとめ

 

アベンジャーズシリーズとしては3作目の作品。

ですが、シリーズでは前作の「エイジ・オブ・ウルトロン」からこの作品を観るとかなりストーリーが展開されていて、内容を把握するのに戸惑ってしまいます。

この記事を見れば、いきなり観ても戸惑わないのでぜひ、参考にしてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー 』 感想

いきなり髪の毛の短いソーが出てきてん?と思いますが、この作品はビジュアルが変わってだれ?って思う人が何人かいました。

書いた通りに短髪のソーや、逃亡していた為に髪がボサボサで髭の生えたスティーブ(キャプテン・アメリカ)です。

本当に最初に出てきた時は誰だかわからず、半信半疑で観ていたくらいです。

 

そしてさらに増えたアベンジャーズメンバー。

ドクター・ストレンジが華やかさを増してくれて、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々が笑いを加えてくれます。

消息を絶ったバナー(ハルク)も戻り、シビル・ウォーで初参戦のピーター(スパイダーマン)、チャラ(ブラックパンサー)も登場し、かなり興奮ものですね!

個人的にはピーターがトニー(アイアンマン)に新たなスーツをもらい、パワーアップした所が凄く好きで、すこし寂しいけど師弟関係がさらに強くなるシーンがあり、作品の見所の一つではないかと感じました。

 

ケンカ中?のトニーとスティーブですが、顔を合わせるシーンがあるのかと期待しました。

トニーはスティーブに連絡するようにバナーに言われますが、敵との戦いで宇宙に行ってしまって連絡するタイミングがなくなり、結局バナーが連絡するし、宇宙に行ったせいで2人が違う場所で戦っていたので、結局最後まで顔を合わせることはありませんでした汗

次回作にお預けですね。

 

最強で強すぎる今作品のヴィラン、サノス

どんどん強くなるサノスをどうやって倒すのかなと期待していたら、残念ながらそれは次回作でした泣

結果は出ませんが、内容が濃すぎて面白すぎの作品なので全ての方にオススメなのですが、初めての方がこの作品から観てしまうと、正直訳がわからないので、そこは気をつけた方がいいですね。

 

 

 

動画配信サービスの評価

(4.6)

 

 

 

 

配信されている動画サイト

 

ポイント

選ぶならU-NEXTがおすすめ! なぜなら・・・

  • 無料体験の期間が長い!
  • 見放題作品が充実!
  • 入会、解約がスムーズにできる!

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

 

作品はソー(クリス・ヘムズワース)

 

 

と義理の弟ロキ(トム・ヒドルストン)

 

アスカルド人(ロキは正確にはアスカルド人ではありません)達が地球に向かう途中、インフィニティ・ストーンを集めるラスボス、サノス(ジョシュ・ブローリン)

 

に襲われます。

 

サノスはインフィニティ・ストーンを集めて「宇宙全体のバランスを保つためには、全宇宙の生命体の半分を消し去らねばならない」という野望を抱き、遂行するためにアスカルド人の半分を死滅させました。

ソーは短髪になっていて全然ソーとわかりませんでした。

 

ソーですら歯が立たない相手に、挑んだのがブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)

 

 

ブルースは前作のアベンジャーズ /エイジ・オブ・ウルトンでステルス機に乗り消息を立っていましたが、その後宇宙をさまよっている中でソーとロキに出会い、仲間として地球に戻る旅に同行していました。

いきなり出てきたので、「なんでいるの!?」と困惑しましたが(汗)

この辺のハルクの経緯は「マイティ・ソー バトルロイヤル」で明らかになっています。

マイティソー・バトルロイヤルでハルクの経緯を知ろう!

【外付け特典あり】 マイティ・ソー バトルロイヤル 4K UHD MovieNEXプレミアムBOX (数量限定) [4K ULTRA HD + 3D + Blu-ray + デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] (「ブラックパンサー」公開記念 バンパーステッカー付き)

[/st-mybox]

 

 

やはりここで驚かされるのは、あの最強の攻撃力を持つハルクがいとも簡単にやられてしまうところです!

ハルクが簡単にやられてしまう所、サノスどんだけ強いんだよ!という感じですね。

そしてロキは騙されたふりをしてソーを助けようとします。

しかし、及ばず殺されてしまいます。

あのロキがソーを助けようとする、アベンジャーズではあれだけ冷酷だったのに、その姿は意外でした

 

ハルクは仲間の機転によって地球に飛ばされ助かりますが、ソーまでもやられてしまいました。

次のインフィニティ・ストーンが地球に2つあることを知り、サノス達は手下を地球に向かわせます。

 

 

スポンサーリンク

地球では

ハルクはインフィニティ・ストーンの持ち主、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)

 

 

のもとに飛ばされ危機を知らせます。

宇宙の危機を知ったストレンジはトニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)

 

 

に協力を求めます。

このストレンジというのが結構横暴でスタークと一触即発寸前になります。

そして、相手の戦闘力を知っているバナーはキャプテンに連絡するよう言いますが、関係が悪くなっているためトニーは連絡を躊躇します。

アベンジャーズの内戦ですね。

なぜ関係が悪くなっているのかは、キャプテン・アメリカの映画「シヴィル・ウォー」を見るとわかります。

 

 

 

そんな言い合いをしていると地球にサノスの手下が到着します。

 

騒ぎを聞きつけたピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)

 

 

も加勢して大乱闘になります。

 

アイアンマンの進化は映画ごとにものすごくなっています!

いつもアイアンマンになる時に驚かされますが、今回もかっこいいです。

今までは、スターク家に戻り歩きながら機械がスーツを脱がせていき収納していったり、スーツがスタークの元に飛んできたりしました。

今回は家ではなく、スーツが飛んでくるわけではなく、その場で身についていきます。

イメージするなら、仮面ライダーの変身シーンですかね!

そんな毎回かっこいい変身をするスタークのアイアンマンと、ピーターのスパイダーマンが共に戦います。

師弟コンビですね!

このコンビはやばいです!!

一方バナーはハルクに変身できません。

いくら変身しようとしても「ノー!!」と言って出てきません。

 

敵にエボニー・マウというのがいるのですが、老人で弱そうに思えますがめちゃくちゃ強くて少しびっくりします。

エボニー・マウ

 

なにせ、アイアンマンとスパイダーマンが相手なのに、石を持つストレンジを連れて帰ってしまうのですから!

トニーとピーターはストレンジを追って敵の宇宙船に乗り込みます。

 

 

もう1つのストーンを持つヴィジョン(ポール・ペタニー)

はトニーの戦いを聞きつけ現場に向かおうとしますが、石を持っているのでもちろん敵が襲ってきます。

ヴィジョンは内戦以降、逃亡していたワンダ・マキシモフ(エリザベス・オルセン)

 

と共に行動していました。

このワンダの特殊能力もものすごくて、アベンジャーズ上位に登るのではないかと個人的に思っています。

そんなワンダはヴィジョンを助けますが、敵の戦闘力が強く追い込まれます。

そのピンチを救ったのがスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)

 

ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)

です!

この女優さんは綺麗な方ですよね。

日本のテレビでも「ラックス スーパーリッチシャイン」のCMに出ているので見ると「あ!この人か!?」て思うんじゃないでしょうか?

ほら!思った!

このナターシャは特殊能力を持っていないのに、めちゃくちゃ強いです

そこにちょっと惚れポイントがあります。

 

これでアベンジャーズはほぼ出揃いましたね。

キャプテンも最初はキャプテンとわからない装いでしたが、ストーリー上内戦以降、反テロ活動の最前線で戦う道を歩んでいて、その過酷さを物語るような容姿という事なのだそうです。

キャプテン、ナターシャの活躍により敵を退けた一行は、キャプテンの「故郷に帰る」と言う言葉で、アベンジャーズ本部に向かいます

 

本部ではトニーの親友のジェームズ(ドン・チードル)

がアメリカ国務長官と話をしています。

そこに内戦より逃亡していたキャプテンがきたもんだから国務長官はご立腹。

ジェームズに逮捕を命じますが、無視してビジョンを守る作戦を考えます。

額からストーンを外した方がいいという事にまとまり、ワカンダ王国へ向かいます。

 

 

スポンサーリンク

 

宇宙

宇宙ではガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが救難信号をとらえます。

最初にソー達が出した信号ですね。

救難信号なので救助に向かうと、もちろんそこにはサノスにやられたアスカルド人たちが・・・。

船に誰かぶつかったと思ったらソーです。

生き絶えたソーがぶつかったと思いきや、なんとソーは生きていました!

さすがソー!不死身です!!

 

事情を説明するソー。

ガーディアンズの中にはなんとサノスの義娘のガモーラ(ゾーイ・サルダナ)

がいました。

 

ソーはサノスを倒すにはまずは武器だと、ガモーラはサノスが先だと意見が分かれます。

結局二手に分かれて、ソーは武器を作りに、ガモーラはサノスの所に行く事になります。

 

 

サノスのいる星についたガモーラ達。

サノスはすでに3つ目のストーンを手に入れていました。

戦闘になるがストーンの力で敵わずガモーラは捕まってします。

次のストーンの場所を知っているガモーラは問いただされるが、知らないと言い張ります。

しかし、サノスにすでに捕まっていたガモーラの義姉のネビュラ(カレン・ギラン)

 

を拷問すると答えずにはいられず場所を教えてしまいます。

 

ガモーラとネビュラと次なるストーンがある場所に向かうサノス。

しかし、次のストーンを手に入れるには愛する者を犠牲にしなければならないという事を知ったサノス。

なんと、義娘のガモーラを殺してしまいストーンを手に入れます。

ストーンを手に入れたということは本当に愛情があったということですね。

相当、思考がねじ曲がってしまったんですね・・・。

ネビュラはなんとか逃げ出し、ガーディアンズに惑星タイタンに行くよう伝えます。

 

 

一方、敵船のトニーとピーターはストレンジ救出に向かいます。

キャラクターは多いし、地球、宇宙のいろんな場所で事が運ぶので、どこで誰が何をやっているのか、訳がわからなくなりそうになります(汗)

 

ストレンジを救出するにはサノスの手下ナンバー1の相手(と勝手に思ってます笑)マウを倒さなければなりません。

アイアンマンとスパイダーマンと言えども簡単には倒せません。

この2人の戦いはスピード感がすごくて、悪く言えば早すぎて何してるかよくわからなくもあります(汗)

スパイダーマンはスタークがスーツを装備させたのでパワーアップしたスパイダーマンになってます!

背中から蜘蛛の足のようなものが出せて攻防のバリエーションが増えています!

背中から蜘蛛の足が出ているイメージはこんな感じ!

[/st-mybox]

カッコいい…。

 

 

しかし、相手がマウでなかなか攻撃が当たりません。

ピーターの奇策により宇宙空間に放り出す事が出来てなんとか勝利します。

この奇策がトニーに認められてピーターはアベンジャーズに正式に迎えられます!

 

 

地球に戻る事を提案するストレンジですが、サノスをずっと思っていたスタークはサノスに挑もうとします。

地球に戻るより待ち伏せ奇襲作戦で迎え撃つと作戦がまとまりタイタンに向かいます。

 

 

 

スポンサーリンク

ストーンを守る最終決戦

共にタイタンに向かっており、合流したトニー達とガーディアンズ。

最初は敵だと勘違いしますが、目的が同じという事で協力します。

そこへついにサノスが現れます!

 

 

一方の地球のキャプテン達は、ビジョンの石を摘出するためにワカンダのティ・チャラ/ブラックサンダー(チャドウィック・ボーズマン)

の元にいます。

このチャドウィック・ボーズマンさんは、キング・オブ・エジプトで「知恵の神 トト」を演じていました。

キング・オブ・エジプト情報

そこに敵が攻めてきます。

ものすごい数です!

ブルースはハルクに変身できないためスタークのどでかいスーツを着て応戦します。

変身できない理由は、本作の監督の一人であるジョー・ルッソによると「『マイティ・ソー バトルロイヤル』でハルクが成長し自我が芽生えたことで、ブルースの都合でヒーローを演じさせられることを嫌がるようになってしまったため」とのこと。

 

そこに、最強の武器「ストーム・ブレイカー」を手にしたソーが現れます。

敵をなぎ倒していくソー。

キャプテンとも再会します。

ビジョンとワンダを襲った2人も倒し、なんとかストーンを守れそうだという所になんと5つのストーンを集めたサノスが現れます!

サノスが地球に来たということはトニーやピーターは!?

そしてヒーロー達は最後のストーンを守れるのか!?

 

その全ては本作をご覧になってみてください!

そして、この作品で全ては完結しません。

次回作が楽しみですね!

 

スポンサーリンク

-MARVEL, SF
-

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.