アニメーション

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』 あらすじ紹介 感想まとめ DVDボックス内容紹介|間違いなく過去最高傑作!笑い・涙・バトル全部盛り!

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』 あらすじ紹介 感想まとめ DVDボックス内容紹介

 

過去最高傑作と言っても過言では無いこの作品。

DVD、Blu-rayボックスも発売になり、ととは購入したので内容も紹介したいと思います!

ぜひ、参考にしてください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』  感想

 

孫悟空の声をやっている声優の野沢雅子さんが今までで一番面白いって言っていましたが、まさにその通りだと思います。

とともドラゴンボールの映画は全て見ていますが、この作品が一番ですね!

 

まずは原作を作者の鳥山明さんが作ったと言う事で、新しいブロリーの物語です。

ブロリー親子(と言うかパラガスですね)がなぜ、ベジータに恨みがあるのかのストーリーがしっかりと描かれています。

比べたら申し訳ないですが、前回のブロリーではカカロット(悟空)が隣で泣いているだけで何故かあそこまで恨んでしまうと言う、子供ながらに訳の分からない内容でしたが、今回はしっかりと道筋が出来ています。

 

そして、懐かしい面々も嬉しいですね!

ドドリア、ザーボン、ギニュー特戦隊。

セリフが無くてもいるだけで興奮しますね。

「復活のフュージョン悟空とベジータ」でも、さらに懐かしい面々が出てきましたが、フリーザの一撃は扱いが酷すぎます。

ブロリーの歴史をたどる中で、悟空とベジータのストーリーも描かれていて、アニメで語られていたのとは少し違うものになっています。

鳥山さんオリジナルのストーリーですね。

悟空親子の少し泣けるエピソードがまたいいです。

若い時のですか、ナッパ、ラディッツの登場もあります。

ここではベジータとラディッツの冷酷さが描かれていますが、こうやってみるとこの2人以外はサイヤ人は実は悪い奴じゃないんじゃないかと思ってしまいますね汗

 

前半はこんな感じのエピソードで終わり、後半はど迫力の戦闘シーンです!

現在の技術を生かした映像なのかものすごく迫力があります。

そのうえ、強すぎるブロリー、ベジータの赤髪(スーパーサイヤ人ゴッド)、ゴジータ再登場、青髪ゴジータ(スーパーサイヤ人ゴッドスーパーサイヤ人)盛りだくさんの内容に興奮が抑えきれなかったです!

 

所々に笑いもあって、まさに、笑い・涙・バトル全部盛り!!

そして極めつけは最後の最後の悟空のセリフ!

これは身震いしますよ!!

そしてそして、次回作で悟空とブロリーが仲間として戦う…。

そんな期待をしてしまうような終わり方でしたね。

まさに最高傑作でした。

 

 

 

主題歌

  • 主題歌「Blizzard」

 

 

 

DVD&Blu-rayボックス紹介

 

DVD&Blu-rayボックスの中身を紹介していきます!

 

  • ボックスケース

  • DVD&Blu-rayケース

  • パンフレット

  • 缶バッチ

  • ポストカード&ポストカードケース

 

特にポストカードはかっこよすぎでやばいです!!

 

 

 

動画配信サービスの評価

(4.7)

 

 

 

配信されている動画サイト

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

 

今から41年前・・・

宇宙の存続をかけた力の大会が終わり、消滅を避けられた地球は平和そのものでした。

そんな時代から遡る事41年前・・・。

 

惑星ベジータにコルド一族がやってきました。

それまでコルド軍を率いていたコルド大王は引退をして、息子のフリーザにその後を継がせるというのです。

ドドリアにザーボン、ギニュー特戦隊と懐かしの顔が勢ぞろいです。

登場したフリーザは若かりし頃の姿という事で、戦闘服は着ていない姿でした。

ご存知のサイヤ人の歴史通り、ここからサイヤ人はフリーザ軍の命令に従う生活になります。

 

同じ頃、戦闘民族サイヤ人の王「ベジータ王」に子供が生まれました。

その子こそ「ベジータ」です。

ベジータは天才ですので潜在能力はトップクラスです。

王もベジータの将来には大いに期待していました。

そんなベジータの潜在能力を超える子がベジータと同じ年に生まれていました。

パラガスの子「ブロリー」です。

この物語ではベジータとブロリーは同い歳なんですね。

ベジータ王はブロリーの潜在能力が気に入らなく、辺境の星に飛ばしてしまいます。

あとを追ったパラガスとともに、過酷な生活をすることになります。

パラガスはベジータ王に復讐を誓います。

劇場版「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」のブロリーの生い立ちと少し違います。

歳も悟空と隣同士の保育カプセルにいたので、悟空と同い年でした。

違うのは、「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」は東映アニメのオリジナルストーリーです。

今回の映画は「鳥山明」さんが考えているので、内容が少し違うんですね。

 

それから5年後、サイヤ人は惑星ベジータに皆集められます。

その中に悟空の父「バーダック」の姿がありました。

バーダックはこの招集に疑問を感じていました。

フリーザが何か仕掛けてくると感じたのです。

家に戻ったバーダックを出迎えたのは悟空の母「ギネ」です。

母親の名前は以前から知っていましたが、鳥山明先生のネーミングにはいつも脱帽します。

長男の「ラディッツ」はベジータと組んで戦闘員として活動しています。

そして次男の「カカロット」は保育カプセルにいます。

もちろんご存知でしょうけど、カカロットとは孫悟空の本名、サイヤ人の名前です。

バーダックはカカロットを違う星に飛ばすと言います。

ギネは不思議に思いますが、バーダックは「死の予感」がすると、そしてその「予感」が外れたらまた迎えに行くからと、カカロットを地球に飛ばしました。

サイヤ人が集まったころ、バーダックの予感通りにフリーザが星を攻撃しました。

バーダックは最後まで抵抗しましたが、力及ばずやられてしまいます。

 

厳密にいうと、バーダックはフリーザの攻撃でやられたわけではなく過去に飛ばされました。

そこでフリーザ一族の祖先の「チルド」に会い、伝説の超サイヤ人に覚醒しチルドに勝利します。

超サイヤ人の伝説はバーダックが作ったものだったのですが、余談でしたね(汗)

 

ベジータ、ナッパ、ラディッツ、ターブル(ベジータの弟)この招集で帰省しなかったので生き残りました。

ターレス(劇場版ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦で登場したサイヤ人)も生き残りましたが、なぜかはわかっていません。

こうしてサイヤ人の歴史は幕を閉じました。

 

小説版「ドラゴンボール超ブロリー」

 

スポンサーリンク

生還したブロリー親子

現在、悟空とベジータは相変わらず修行に明け暮れています。

悟空は「力の大会でいろんな強いやつと会い、宇宙にはまだまだ強いやつがいる」とさらなる強さを求めます。

ベジータは「生き返らせてしまったフリーザがいつ攻めてくるかわからない」という事で強くなろうとします。

 

ベジータとブルマの別荘で修行している時、トランクスから連絡が来ます。

ブルマが集めていたドラゴンボールが何者かに盗まれたと。

監視カメラの映像を見るとどうやらフリーザ軍の兵士のようです。

また、フリーザが何か企んでいると予想した悟空たちは、最後の1個を求めて氷の大陸にたまたま地球に来ていたウィスさんと共に出かけます。

ビルス様は行かないと言うとブルマに娘のブラの子守を任されてしまいます。

最近のビルス様の扱いが凄い事になってますね(汗)

そして、今回からブルマの声優は「鶴ひろみ」さんから「久川綾」さんに変わりました。

聞いていてそんなに違和感なく聞けました。

そんな、ブルマの願いは「5歳若返る事」。

一気に若返ると不自然だからと5歳だそうです笑

 

一方、ドラゴンボールを盗んだフリーザ軍。

もちろんフリーザが願いを叶えるためですが、そのフリーザの願いは前回叶わなかった「不老不死」かと思いきや「5センチ身長を伸ばす事」。

チビを気にしているようです笑

側近に「第2形態でいれば?」と言われますが、最終形態で大きくなりたいそう。

そしてやはり一気に大きくなると不自然だから5センチだそうです笑

この映画で1番の笑えるシーンですね!

そんなフリーザ軍ですが、戦闘員を探す任務の兵がいました。

戦闘力1000以上の戦士を探すのが目的です。

辺境の地を探しているとある星から救難信号が。

降りてみるとそこはブロリー親子が飛ばされた星。

果たしてブロリー親子は・・・。

生きていましたブロリー親子!

戦闘力が1000を超えていると言う事でフリーザの元に連れて行きます。

フリーザと対面するブロリー親子。

パラガスが事情を説明すると、ベジータ王の息子は生きている事を伝えます。

そしてパラガスの復讐に手を貸してやるといいます。

目的が同じな事もあり、ドラゴンボールもそろった所で一緒に地球に向かいます。

 

ブロリー親子を助けたチライとレモはブロリーの事を気にかけます。

ブロリーも気を許し身の上話を話します。

ブロリーが会話をしているところやパラガスを「お父さん」といっている所。

この辺は以前登場したブロリーとは全く違っていて、非常に好感が持てました。

そんなに好きでなかったブロリーでしたが、この映画でかなり好きになりました

 

悟空達も氷の大陸に到着してフリーザ軍を捕まえます。

その時、フリーザ軍の船が到着します。

対面する両者。

ブロリーはすでに戦闘態勢。

パラガスがベジータを攻撃するよう指示して戦闘が始まります!!

 

映画の興奮を音楽でもう一度!

 

 

スポンサーリンク

 

ベジータ対ブロリー

戦い始めた頃はブロリーはベジータの敵ではありませんでした。

ベジータが超サイヤ人に変身した時点でかなりの戦闘力の差がでましたが、なんとブロリーは戦いの中で成長。

しかもそのスピードは速く、ノーマルの状態で超サイヤ人のベジータに匹敵してしまいました。

そこでベジータは超サイヤ人ゴッドに変身。

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人になった事で、ゴッドにもなれるはずですが、その姿を現したのはコミック以外ではありませんので、赤髪のベジータはかなりレアですね!

圧倒的な神の力でブロリーをねじふせますが、ブロリーもさらに上の力を解放します。

パラガス言わく大猿に変身すると大きくて動きづらいので、通常の状態で大猿の力を引き出した状態になれるとのこと。

しかし、理性は失われるそう。

超サイヤ人でも無いのにゴッドと互角に戦えるのは何でかと思っていたらこう言う事だったんですね。

ブロリーとこまで強いんだと思ってしまいました。

 

戦いは悟空とブロリーの戦いになります。

悟空もゴッドまで変身して、ベジータとは違う戦い方をします。

精神を諭すような言葉をかけますが、ブロリーには通用しません。

そして、超サイヤ人ゴッド超サイヤ人に変身して応戦します。

それでも対抗できないほどブロリーの戦闘力は上がっていました。

個人戦にこだわっている場合では無いとベジータも参戦して戦います。

そうしていると、フリーザがパラガスを殺してしまいブロリーに伝えます。

父親を殺された怒りでブロリーは超サイヤ人に覚醒してしまいました。

標的がフリーザに変わった瞬間に危険を感じていた悟空はピッコロの元に瞬間移動。

標的にされたフリーザはブロリーと戦闘になります。

フリーザはゴールデンフリーザで応戦。

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人でも対抗できなかったので、同等の力のゴールデンフリーザではもちろん対抗できずに徐々に押され始めます。

 

 

スポンサーリンク

フュージョン完成!ゴジータ誕生!!

ピッコロの元に瞬間移動した悟空とベジータ。

悟空は「フュージョン」しようとベジータに提案します。

もちろんベジータは嫌がりますが「愛するブルマが死んでもいいのか?」と悟空に言われ渋々受けます。

ピッコロの指導のもとフュージョンの特訓が始まります。

最初のフュージョンは失敗。

デブになってしまいました。

映画「復活のフュージョン!悟空とベジータ」でもなった体型ですね。

その時の名前は「ベクウ」でした。

30分後、ふたたびフュージョンします。

またまた失敗で今度はガリガリです。

原作でゴテンクスがなった体型ですね。

また30分後です。

 

このフュージョンをしている間はフリーザがブロリーと戦っています。

そしてなんと!ブロリーはウィスさんに攻撃を始めました

もちろんウィスさんは戦うわけではなく、軽々とブロリーの攻撃をかわしていきます。

やはりウィスさんはすごと感じるシーンで、この映画のシーンでも上位に入るほど好きなシーンです。

 

3度目のフュージョン。

今度こそ完成です。

ピッコロが「名前はなんというんだ?」と聞くと「ポタラの時はベジットだったからな・・・。」

ゴジータだ!

自ら名乗りブロリーの元に。

戦闘が始まります。

超サイヤ人。

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人に変身して戦います!

鳥肌モンの戦闘シーンですね!

ブロリーもフルパワーになり応戦します。

伝説の超サイヤ人」に似た形態です。

ですがさすがはゴジータ!圧倒的な力でいよいよブロリーを追い詰めます!

 

超かっこいいブロリーのフィギア!

 

 

 

ついに決着!ブロリーの運命は?

戦いを見ていたチライとレモ。

ドラゴンボールを持ち出し何かしようと動き出します。

合体するとここぞという所で変身が解けてしまうのがお決まりですが、今回はしっかり最後まで変身は解けません。

追い詰めたブロリーに最後の「かめはめ波」を放ちます。

 

いよいよクライマックス!

悟空とベジータのゴジータは戦いに勝利したのでしょうか!?

追い詰められたブロリーはさらなる進化を遂げるのか!?

物語の結末はぜひ!本作をご覧になって見てみてください!!!

スポンサーリンク

-アニメーション

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.