物語の真相が気になって気になって仕方ない作品

映画『ウインド・リバー』 あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|実話ではないがネイティブアメリカンの苦しみを描いた作品

映画『ウインド・リバー』 あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ

 

映画「ウインド・リバー」は2018年にアメリカで公開されたサスペンス映画です。

「ボーダーライン」「最後の追跡」といったフロンティア3部作の最終章となる物語。

アベンジャーズでも人気のジェレミー・レナーとエリザベス・オルセンが共演。

アベンジャーズの時とは違った顔を見せる2人が描いたネイティブアメリカンの実情とはどのようなものなのでしょうか。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

 

 

スポンサーリンク

映画『ウインド・リバー』  感想

ネイティブアメリカンの様々な問題を題材にした作品ということですが、サスペンス仕立てになっているので、そういった重たい感じは作品を通しては感じませんでした。

そしてアベンジャーズで活躍する2人の競演でしたが、全く違う顔を見せているので、アベンジャーズの名残を感じることなく、素直に2人の演技を見ることが出来ました。

 

犯人の動機が単純

これは作品的にダメと言うわけではありません。

犯人の動機が浅はかで単純で怒りを覚えるほどでした。

しかしその怒りの感情が出てきたために、最後はとてもスッキリと見終える事が出来ました。

こういった事が実際に多く起こっているのだとしたら、若い女性なんかはその土地に住むのは困難になるし怖いですね。

 

激しい銃撃戦

クライマックスに待っていたのがかなり激しい銃撃戦です。

至近距離の銃撃戦は、かなり見ごたえがあります。

中盤に結構激しいやり取りはありますが、基本は淡々と静かに進む作品です。

この終盤の銃撃戦は、この作品の最大の見所だし、見応えも抜群です!

 

キャスティングが素晴らしい

殺された少女の母親アニーを演じたのは俳優さんではないんです。

現地のエキストラをやっていた人が抜擢されます。

この方は実際に家族との間で、同じような経験をした事があるようです。

アニーは娘を亡くした事で、自身の体を傷つけます。

そういった演技がリアルに感じるのも、こういったキャスティングのおかげなんですね。

 

総合

実際は問題はこれだけではないのだろうけど、一つの題材をサスペンスという形で表現した事で、理解がしやすくなったと感じました。

それ以上に、犯人は誰か?

何故こうなったのか?

そういった興味を引きつける内容が、面白かった要因なんじゃないかと感じます!

 

 

評価

  • とと
    (4.5)

 

  • 映画.com
    (3.9)
  • Yahoo!映画
    (3.96)
  • dTV
    (4.5)

 

配信されている動画サイト

オススメ!

【31日間の無料トライアル期間あり】 月額1,990円(税抜)で 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題!新作にはドコモポイント使えます♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

出演者のその他の出演作品

 

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

登場人物

  • コリー・・・本作の主人公。娘を殺された過去をもつ。
  • ジェーン・・・本作のヒロイン。新人FBI捜査官。犯人を捕まえると言う意思が強く、正義感にあふれる女性。
  • ベン・・・地元の警察官。

 

少女の謎の死

ワイオミング州、ウインド・リバー保留地で合衆国魚類野生生物局の職員のコリー(ジェレミー・レナー)。

ジェレミー・レナー

ハンターとして働いています。

息子と遊ぶ約束をしていたので、別れた妻の元に行きます。

仕事中は義理父に息子を預けて、雪深い山に入っていきます。

そこで見つけたのが、足跡と血痕。

後をたどって行くとそこには顔見知りの少女の遺体がありました。

口から血を吐き、雪山なのに裸足。

どこから走ってきたのか?

しかも強姦された後も。

ポイント

マイナス30度もの冷気を吸いながら走ると、肺が凍って血が吹き出すそうです。

少女の死は、雪山を走っていて、肺が破裂し自分の血で窒息したのが原因です。

謎が多い死に方に、地元警察も手が出せずFBIに協力を要請します。

そこにやってきたのが、FBIの新人ジェーン(エリザベス・オルセン)。

エリザベス・オルセン

マイナス20度にもなる土地にあり得ない程の薄着です。

どこかの捜査の後そのままきたといいますが、その姿にコリーと地元警察のベン(グラハム・グリーン)は舐めてるなとため息です。

グラハム・グリーン

 

コリーの娘の防寒着を着て現場に向かいます。

状況が状況なために、ジェーンはコリーに手伝ってくれと頼みます。

ジェーンはその頼みを引き受けます。

 

スポンサーリンク

 

少女の恋人の死

ジェーンは少女の親に話しを聞きにきました。

コリーも後から到着します。

コリーの顔を見た瞬間、少女の父親は泣き崩れます。

実はコリーの娘も謎の死に方をして、そして少女とは親友。

なんとも皮肉な関係になってしまいました。

 

コリーは少女の父親に言います。

「苦しみから逃げたら娘のことを忘れてしまう。

苦しみを受け入れたら、娘はずっと心の中にいる。

苦しめ。

初めの一歩を踏み出した事から最後の笑顔までを忘れないために。

私も娘がいますが、こういった死を遂げたら想像もつかないくらいの苦しみに襲われるのでしょう。

そして、その相手を憎むでしょう。

コリーは捜査を手伝い、俺はハンターだから最後はどうするかわかるな?と、少女の父親に言います。

 

少女には兄がいたので、少女の事を聞きにいきます。

しかし、悪ガキになっているらしくつるんでる相手がジャンキーなようです。

兄を訪ねた時につるんでる相手と銃撃戦になり、兄も逃げようとします。

裏口にいるコリーはかなり冷静にスコップで撃退します。

ジェーンは兄から事情を聴くと言いますが、コリーはヒントを見逃してるとスノーモービルの後を指さします。

その後を追って行くと男の遺体が!?

少女との関係はわかりませんが、変死の死体が増えてしまいました。

 

兄から事情を聞くと言うコリー。

コリーは親同然なので兄は話しますが、FBI的に間接的に聞いた情報は証拠にならないから話すなというジェーン。

教えない条件で話しを聞きにいきます。

交際相手の名はマット。

掘削所の警備員だそうです。

そしてなんと、男の遺体はこのマットでした。

関係が繋がった2体の遺体。

次の日掘削所に行くと言います。

 

スポンサーリンク

少女の強さ

その夜ジェーンはコリーの家を訪ねます。

ダメだけど兄が言った事を聞きたいと。

でも、本当の理由はなぜ手を貸してくれるのかと言うこと。

前にも書いた通りコリーは娘を失っています。

コリーが狩りのガイドをしていた頃、ある晩休みになったそう。

2人の時間が中々取れないためホテルに呼んだそうです。

親がいない娘は友達を呼んでパーティー状態。

中には友達じゃない者も。

次の日コリーの元に電話がありました。

娘がいないと言ってきた子が少女です。

家から30キロも離れた所で倒れていていたそう。

なぜかはわからないままです。

 

次の日コリーは男の遺体があった場所へ。

ジェーン達は掘削所に行きます。

他の警備員がいますが、少し様子がおかしいです。

銃を出して睨み合いになる警察と警備員。

ジェーンがその場を納めます。

遺体があった所に行ったコリーもその場所と掘削所が繋がっている事で感づき連絡します。

 

マットの部屋をノックします。

部屋の中のマットが扉を開けると外にいたのが少女。

シーンは問題のあった日に変わりました。

マットに会いにきた少女。

2人の夜を過ごします。

そこに帰ってくるはずのない警備員達。

酔っていてチャチャを入れます。

そのうち口論になり、マットはやられ少女も強姦され。

マットが最後の力で少女を逃がします。

マットはそのまま殺され、少女は掘削所から走り10キロ程の所で・・。

 

場面は現在にかわり、ジェーンがドアをノックしています。

コリーの連絡に気づき、ベンが離れろと言った瞬間ジェーンが撃たれます。

 

ジェーンは死んでしまったのでしょうか!?

コリーはマーティンとの約束を果たせるのでしょうか!?

続きは作品をご覧になってください!

 

↓続きを知りたい方はこのまま進んでください↓

 

 

スポンサーリンク

クライマックス(完全ネタバレ)

ここからはクライマックスを完全に書いています!

結果を知りたくない方は気をつけてください!

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

 

そこから銃撃戦が!

しかもみんな至近距離。

至近距離なのにこれだけ打ち合うシーンは初めて見るくらいの場面でした。

ジェーンは防弾チョッキで生きていましたが、ベンや他の警官は皆やられました。

ジェーンも撃たれそうになった所をコリーが遠距離からの射撃で助けます。

さすがハンター。

 

少女を犯した男だけ逃げますがコリーが捕まえます。

少女と同じ裸足でマイナス30度の場所で逃がします。

100m走った所で男は死亡。

コリーはマーティンとの約束を果たしました。

 

ジェーンとコリーが病院で話しているシーンで物語は終了です。

 

長いあらすじ最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

スポンサーリンク

-物語の真相が気になって気になって仕方ない作品
-

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.