ハラハラドキドキが止まらない作品

【敵討ち】映画『ライリー・ノース-復讐の女神-』作品紹介 感想まとめ|最強のソルジャーになって舞い戻ったママ!

引用元:http://riley-north.jp/about.php

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『ライリー・ノース-復讐の女神-』について作品紹介やととの感想が書いてあります。復讐を誓っただの主婦はどれくらい変わるのでしょうか??
復讐の為に強靭な肉体になって帰ってきたにゃ!
ふわり
とと
そうだね!バタバタと敵を倒していったね!

評価

  • とと
    (3.4)
  • 映画.com
    (3.6)
  • Yahoo!映画
    (3.77)

映画『ライリー・ノース-復讐の女神-』は2018年にアメリカで公開されましたスリラーアクション映画です。

日本では2019年9月に公開になりました。

夫と子供を殺された主婦ライリーが強靭な戦士として舞い戻り復讐を果たすというストーリーですが、どうやら矛先は犯人だけではなさそうです。

スポンサーリンク

映画『ライリー・ノース-復讐の女神-』 感想

普通の主婦がありえないくらいの変貌を遂げて復讐を果たしていくストーリーです。

最初は本当に普通の主婦でしたね。

子供想いで、事件の後は心身がかなり消失していました。

それが軍人のような銃の持ち方、立ち振る舞い、さらには格闘までこなしていく。

かなりの腕のいい現役ソルジャーくらいの強さになっていました。

あらすじは、ジェニファー・ガーナー演じるライリーは娘の誕生日の日にママ友とトラブルを起こしてしまいます。

その夜は誕生日パーティーがあって娘の友達が集まる予定だったけど、トラブルを起こしたママ友の嫌がらせに合い友達は誰もきませんでした。

娘を元気付けようとライリーは遊園地に行くことにします。

そんな家族を見ていて、麻薬組織の資金を盗もうと計画を持ちかけられていた夫は、その計画を断わる電話をいれます。

遊園地で楽しむ3人でしたが、夫が計画に加わろうとしていたのが麻薬組織のボスに知られて、3人は銃撃されてしまいます。

夫と娘は死亡。

かろうじて生き残ったライリーは、犯人を見ていたので裁判で訴えますが証拠不十分で捕まえる事はできず、さらに精神疾患と言われ病院に搬送されるのでした。

法に頼れないと悟ったライリーは、自らの手で復讐する事を誓います。

法には頼れず自らの手で復讐したいという気持ちは凄くわかりますね。

 

爽快な復讐劇

引用元:https://eiga.com/movie/89782/

アクションとは書きましたが、ド派手な演出が多かった訳ではありません。

中には大爆発が起こったりとそういう場面はありますが、全体的にはアクション性は大人しめです。

アサシンの様に静かに復讐を果たしていくイメージですね。

打ち合いになる場面もあるし、乱撃もしますが、仕留める時は結構一撃必中です。

それがかなり爽快で気持ちがいいです。

復讐をする相手だからネチネチ命乞いさせたりとか、徐々に追い詰めるとかありますが、バン!バン!と1発で仕留めていきます。

主婦からのこの変貌ぶりはかなりカッコいいし、5年も姿を表さなかったという事で、かなり特訓したんだなっていうのは伝わってきますね。

 

矛先は犯人じゃない?

引用元:https://eiga.com/movie/89782/gallery/6/

家族を殺されたという事で、復讐を遂げるソルジャーになって帰ってきて、実行犯はもちろんそのボスを殺すのが目的です。

しかしライリーは犯人グループだけでなく、裁判に関わった裁判官や検事、さらにはママ友にまで手を出しています。

事件の日は、ライリー自身も撃たれて昏睡状態に落ちています。

数日眠っていた後、奇跡的に助かります。

犯人候補の容疑者を見せられて、実行犯の顔は覚えていたので犯人を特定します。

しかしずっと眠っていて記憶が曖昧だ。

精神的な薬を飲んでいるという所を犯人側の弁護士に突っ込まれ、証拠にはならず不起訴。

ライリーは訴えますが検事は何も言わず、裁判官も退出を強く言います。

警察官の中にはライリーに味方して捜査をしようとしていた人もいましたが、麻薬組織のボスはかなり有名であまり深追いするなと他の警官に言われる始末。

ライリーはこういった司法にも怒っていたんですね。

それがよくわかる場面があって、犯人グループを殺す時はさっきも書きましたが、結構あっさり1発で仕留めている感じでしたが、裁判官を殺す時には、椅子に縛りつけて手なんて釘で刺している状態だし、命乞いをさせて時間差で爆発させるといった、かなり手の込んだ形で表していました。

死亡のシーンにかなりの差があったので、ライリーがというより、作品自体がそういった事を訴えていたのかもしれません。

日本でも暴走した車が突っ込んで嫁とお子さんを亡くした方が、一生懸命訴えてようやく裁判に持ち込めるという事がありました。

なかなか捕まえずに見てるこちらまで「なんで?」って思っていたくらいだから、当人は相当でしょう。

アメリカでもきっとそういった司法に対する怒りが普段から溢れていて、作品を通じて訴えていたのかもしれません。

 

少し残念な流れ

引用元:https://eiga.com/movie/89782/gallery/9/

爽快な復讐劇にメッセージ性もあるよい作品でしたが、残念な所もありました。

ライリーは5年間特訓をして舞い戻ってきた形ですが、予告でもそういった事を強調していました。

かなりの変貌だったので相当な特訓をした事は間違いないだろうけど、特訓しているシーンが全くないんです。

血の滲むような特訓をしている場面を予想していて、警察にライリーの味方になってくれそうな人がいたし、その人が教えてくれる流れかななんて想像しながら観ていたので、ライリーがどのようにしてそこまでの姿になったのか、どれだけの苦労をしたのかが描かれていなかったのが残念でした。

そういった流れって王道かもしれませんが、激しい特訓を耐えている姿が、復讐したいんだという気持ちをこちらに伝えて、より復讐劇のシーンが盛り上がるんじゃないかと思うんですけどね。

ネタバレになるかもしれませんが、前もって知っても問題ないので書きます笑

事件後、ライリーの味方になってくれそうだった警察、ジョン・ギャラガー・Jr.演じるカーマイケル。

麻薬組織のボスを積極的に追い、ライリーの事も気にかけている様子でしたので、警察や司法の考え方に嫌気がさしてライリーと行動を共にするんじゃないかと思ってました。

しかし、5年後は捕まえるはずの麻薬組織に肩入れしていて、警察が警察内部に相手に情報を流している奴がいると警戒していたのがカーマイケルでした。

裏切られた感を出したかったのだろうけど、そんな奴には感じられず、非常に微妙な立場で正直この立ち位置はいらなかったと思います。

だったら、唯一子供を殺した事や犯人に怒り捕まえようとしていた人物だったのだから、ライリーの味方でライリーにいろんな情報を送っていた人物みたいな位置づけの方が良かった気がしました。

残念。

 

総合

引用元:https://eiga.com/movie/89782/gallery/4/

ブルース・ウィリスの『デス・ウィッシュ』の女性版の様な感じです。

映画『デス・ウィッシュ』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|犯罪者を殺すのは正義?それとも罪?

続きを見る

『デス・ウィッシュ』も警察がなかなか動いてはくれず、銃なんて持ったことのない男が、銃の練習をして悪を裁いていくという物語ですが、奥さんは殺されてしまいますが、娘は生きていました。

だから、娘の為に復讐なんてダメだよって感情になりましたが、ライリーの場合は夫も娘も死んでしまったので、失う物は何もない!いったれいったれ!って感情で観られましたね。

R15ですが、そんなに激しいシーンはないので、15歳以下でなければ、よっぽど弱い方でなければ観れる作品です。

 

 

スポンサーリンク

作品紹介

L.A.郊外、ライリー・ノースは、夫クリスと10歳になる娘・カーリーとともに生活は苦しくとも、平穏で幸せに暮らしていた。ある日、娘カーリーの誕生日を祝うため、クリスマス広場へでかけるも、麻薬組織の襲撃に遭い、一瞬にして家族の命が奪われる。辛うじて一命を取り留めたライリーは、家族の死に直面し、深い悲しみに襲われる。さらに、自らの目撃証言で容疑者たちが犯人であると断言するも、起訴要請は取り下げられ、彼らは無罪放免、ライリーは絶望と共に姿を消した。そして、5年後、ライリーは、再びL.A.に還ってきた。復讐のため、悪党どもに正義の鉄槌を下すために―。ライリーVS麻薬カルテル。やがてそれは、警察、メディア、そして街中を巻き込む一大決戦へと突入する。

引用元:http://riley-north.jp/about.php

 

登場人物

役名/演者名

ライリー/ジェニファー・ガーナー

引用元:http://riley-north.jp/about.php

本作の主人公。夫と娘を殺され復讐を誓う。

ベルトラン/ジョン・オーティス

引用元:http://riley-north.jp/about.php

ロス市警の刑事。ライリーの事件を担当する。

カーマイケル/ジョン・ギャラガー・Jr.

引用元:http://riley-north.jp/about.php

ライリーの唯一味方になった。しかし5年後は・・・。

ガルシア/フアン・パブロ・ラバ

引用元:http://riley-north.jp/about.php

麻薬組織のリーダー。ライリーの最後の標的。

リサ/アニー・イロンゼ

引用元:http://riley-north.jp/about.php

FBI捜査官でライリーを追う。

 

作品情報

スタッフ

  • 監督:ピエール・モレル
  • 製作:トム・ローゼンバーグ、ゲイリー・ルチェッシ、リチャード・ライト、エリック・リード
  • 脚本:チャド・セント・ジョン

製作国

  • アメリカ 香港合同

上映時間

  • 102分

年齢制限

  • R15

 

スポンサーリンク

オススメ動画配信サイト

映画『ライリー・ノース-復讐の女神-』観るならこのサイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

スポンサーリンク

まとめ

復讐の女神にふさわしい復讐劇だったのではないでしょうか。

司法より、もっと犯人を追い詰めて倒して欲しかったなって気もしますが、そこは作品に秘めたメッセージがあったのだから仕方ないですね。

気になった方はぜひ、観てみてください。

 

スポンサーリンク

-ハラハラドキドキが止まらない作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.