主人公や物語から元気をもらえる作品

【お子様向け】大人が見ても感じる所はある!映画『ロボAー112』|ネタバレなし!見所紹介 感想まとめ

 

引用元:https://www.video.unext.jp/title/SID0048652

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『ロボA-112』のととの感想や見所の紹介が書いてあります。ロボと友達になった少年。少年はロボを守れるのか!?ロボは少年といつまでも一緒にいられるのだろうか!?
まったりしたハートフルな作品にゃ!
ふわり
とと
子供が観たら楽しいかも!大人も楽しめる所はあるよ!

評価

  • とと
    (3.0/5.0)
  • 映画.com
    ----
  • Yahoo!映画
    (3.0/5.0)
  • フィルマークス
    (2.6/5.0)

映画『ロボA-112』は2019年公開のロシアのアドベンチャーファミリー映画です。

友達もいなく家族も相手にしてくれない少年。

唯一の友達はおかしなロボットでした。

 

スポンサーリンク

映画『ロボAー112』 見所 感想

ロシアの美少年がおかしなロボットと唯一できた友達を守るために大冒険に出かけるストーリー。

大冒険と言っても、かなりご近所ですが(汗)。

物語は…。

災害救助などの時の救助活動などに使う人型ロボット「A-112」を研究開発しているラボ。

開発は順調にいっていて、いざテストの時になります。

しかしシュミレーションでは上手くいっていた事が、本番でできなくなっていて、テストには不合格。

研究者たちは落胆します。

会話能力が低いと判断された時から、AIを搭載したそのロボットは、家族とは何か知りたくなり、開発者の家に行かなければとラボを抜け出してしまいます。

開発者の家には息子のミーチャがいます。

ミーチャは開発に忙しく、親には相手にされていなく、無理に入れられた学校での生活も上手くいっていません。

ラボから抜け出してきたロボットに「ロボ」と名前をつけ、どこか似たもの同士の2人は次第に打ち解けていきます。

ラボではA-112がいなくなった事に大騒ぎ。

テストに通らなかったA-112を危険なロボットとして見つけ次第破壊する条件で捜索を始めます。

ミーチャロボが探されている事、捕まったら壊される事を知り2人で逃げる事にします。

2人は逃げ切る事ができるのか?

2人の友情は、そこで終わってしまうのか?

2人にとっての闘争大冒険が始まります。

YouTubeでの見所紹介動画

 

子供向けの物語?

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=fFHc1DJyzZY

冒頭から明るめのポップな音楽が流れていて、楽しげに物語が進みます。

ミーチャが親に電話したシーンや、友達とのやり取りや授業態度を見て「あっ、親とも学校とも上手くいってないな」というのがわかります。

予想通りに、親が子供の相手をしなくて、ミーチャは寂しく思っています。

親のような科学者になるようにと、数学の厳しい学校にも無理に入れたようで、反抗心からか授業中に絵を描いて親が呼び出される始末です。

そんなミーチャの元にA-112(以降ロボ)が現れ、似た者同士?の2人は意気投合して、友情を深めます。

ロボがラボから逃げ出した事がバレて、危険なロボットだと報道されて、捕まったら壊される事態に。

ミーチャは仲良しになったロボを壊されないよう一緒に逃げますが、世間的には危険なロボットが子供を人質にとったと認識されます。

予告を見る限りではここから、息を飲むような決死の逃走劇になるのかと思っていたのですが、そんな感じにはならず、終始ゆったりとした雰囲気で進みます。

最後はロボがどうなるのかっていうのが気になる所ですが、絵に描いたようなハッピーエンドが待っていました。

正直、盛り上がりに欠けていろいろなSF作品を観てきて、ちょっとやそっとじゃ驚かないって言う人がいたなら、つまらないって言うかもしれません。

でも、その真っ直ぐでほんわかしたハートフルな物語は、子供が観たのなら楽しく、そしてちょっとした家出っぽい冒険が楽しいのではないかと思います。

小さい子にも観れる内容なので、家族でお子さんと観るのがちょうどいいのではないかと感じました。

ととはそれなりに楽しめましたけどw

 

友達は家族以上?

引用元:http://www.interfilm.co.jp/Detail/20/ifd_1034/ifd_1034.html

ミーチャロボが出会って、仲良くなっていく段階で、ロボが「友達とは家族ですか?」と聞くシーンがあります。

そこでミーチャが答えた内容は

「それ以上だよ」

です。

この言葉は非常に印象に残っていて、「友達は家族以上なのか?」と違和感を感じました。

まぁ、高校生くらいの子ならそう言うかもしれませんが、また小学生低学年くらいの子ですよ。

普通はまだお父さん、お母さん、家族が1番って言いますよね。

まぁ、ミーチャと父親、母親との接し方を見ていればそう言うのも納得なのですが。

特に母親なんて、子供に興味がない感じがバリバリで、会話している場面をほぼ見ないし、電話がかかってきてもでず、お父さんにかけなさいって言う始末だし。

お父さんは電話に出たり会話をしますが、厳しい上に話を聞かない。

これじゃ、友達は家族以上って言うのもうなずけます。

ロボに友達とは何かを教える為の、ミーチャの言葉だったのだろうけど、さらってそのシーンを流してしまう所はかなり違和感がありました。

ミーチャロボと一緒にいて子供が戻らないと言う時は、さすがに親らしいリアクションをしたので少しホッとしましたが、クライマックスに向かって親子関係がどう動くのか、そのミーチャが言った

"友達とは家族以上"

と言うセリフ、そのシーンを観てあなたはどう思うのか。

大人の方なら、その辺に注目して観るといいのではないでしょうか。

 

総合

引用元:http://www.interfilm.co.jp/Detail/20/ifd_1034/ifd_1034.html

お子さんが観たら楽しく見れるのではないかと思います。

ストーリーだけで言ったら、大人の方は少しつまらないと感じるかもしれませんが、細かい部分までよく観ると、いろいろな思いや感じ方ができて、考えさせられる部分は沢山あると感じました。

 

スポンサーリンク

作品紹介

映画『ロボ A-112』

キミは僕が守る―

愛を求める少年と愛を知らないロボットの出会いと友情を描く、感動のSFアクション・アドベンチャー!!

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=fFHc1DJyzZY

 

登場人物

ミーチャ

引用元:http://www.interfilm.co.jp/Detail/20/ifd_1034/ifd_1034.html

ロボが唯一の友達。ロボを守ためロボといつも行動を共にする。

ロボ

引用元:http://www.interfilm.co.jp/Detail/20/ifd_1034/ifd_1034.html

救助ロボとしての試験に不合格。家族とは何かを知るためにミーチャの元に現れる。

 

 

作品情報

スタッフ

  • 監督:サリク・アンドレアシアン
  • 製作:アーメン・アナニキャン、ゲボンド・アンドレアシアン、サリク・アンドレアシアン
  • 脚本:アレクセイ・グラビツキー、セルゲイ・ボルコフ

製作国

  • ロシア

上映時間

  • 88分

 

スポンサーリンク

おススメの動画配信サイト

映画『ロボA-112』観るならこの動画配信サイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

 

スポンサーリンク

まとめ

家族で、特に小さいお子さんと観るのに丁度いいかもしれません。

子供はストーリーを楽しんで、大人は細かいセリフやシーンをよく読み取って楽しむのがいいですね。

スポンサーリンク

-主人公や物語から元気をもらえる作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.