Netflixで鑑賞可能 笑って楽しく観られる作品

【笑わせすぎ!】Netflix作品映画『シャフト』感想まとめ|中学生か!?下ネタが満載で面白すぎ!

引用元:https://www.netflix.com/

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事にはNetflixオリジナル映画『シャフト』の感想や作品の紹介が書いてあります。笑いの止まらない作品。すごく楽しく見れた作品でした。
ちょっと下品すぎないにゃーか(汗)
ふわり
とと
そこが笑いのポイントなんだよ。

評価

  • とと
    (4.5)
  • 映画.com
    (3.3)

映画『シャフト』は2019年に公開されたアメリカのアクション映画です。

日本では劇場公開はなく、Netflixから2019年6月に配信されました。

アクション映画というジャンルですが、ととはコメディでもいいのではないかと思うくらい、終始笑いがとまらない作品でした。

笑えて面白い映画ない?って聞かれたらこの作品を迷わず紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク

Netflix作品映画『シャフト』 感想

サミュエル・L・ジャクソン主演の作品という事で、さぞかしクールでカッコいいキャラを演じて、作品自体も緊張感あふれる内容で楽しませてくれる事を想像していました。

 

友達の死の真相

https://eiga.com/movie/91284/

作品はジェシー・T・アッシャー演じるFBI情報機関に勤めるジョン・シャフト・ジュニア(この後からは「ジュニア」と書きます)は、友達の突然の死にありえない致死量の薬物が遺体から検出されたのを知り、誰かに殺されたのだと犯人を探すことにします。

勤めているFBIの捜査グループの長をかってでたにもかかわらず、若造という事で却下。

組織の中にいると思うように動けない事から、自ら捜査を始めます。

しかし思った以上に捜査は難航し、危険も伴ったために、幼い頃に自分を捨てた父、サミュエル・L・ジャクソン演じるジョン・シャフト(この後からはシャフトで)に助けを求めます。

最初はただの用心棒的に雇っただけだけど、長年の溝を埋めるかのように、親子関係も進展していきます。

ジュニアにとってはおじいちゃん、シャフにとっての父親のリチャード・ラウンドトゥリー演じるジョン・シャフト・シニアまでも参戦し、親子3代で事件を解決していきます。

内容はこんな形ですが、これを聞いただけだとかなり真面目でサスペンス要素の強い作品に思えます。

とと
友達を殺されその真相を追う作品という事で、同じような作品に『クリミナルタウン』という作品がありますが、この作品同様、なぜ友達は殺されたのか?その真相を知るにつれて、辛い現実を突きつけられる主人公の苦しい想いなどが描かれているようにイメージもしました。
映画『クリミナル・タウン』 あらすじ紹介 感想まとめ|なぜ彼は殺されたのか?真実に隠された本当の姿とは!?

続きを見る

しかし実際に観てみると、終始笑いの絶えない、ずっとコントを見ているような、そんな感覚になりました。

 

中学生レベルの下ネタ

https://eiga.com/movie/91284/

終始笑える内容の原因はこれですね。

笑いのネタが「中学生レベルの下ネタ」なんです。

注目は中学生レベルという事です。

下品な内容が少し突っ込んだ内容というか、例えば子供が観るにはちょっと下ネタの内容がリアルすぎるというか。

大人の男が見たり聞いたりするには物足りない、例えるなら「エロ本をみて興奮するようにはしゃいでいる中学生の男子」。

そのくらいのくだらない下ネタが、作品のの随所で出てきて、物語の緊張感が全く無くなっています。

しかしそれがまた面白くて、シャフトとジュニアの下ネタを混ぜた語り合いが、声に出てしまうほどの笑いをくれました。

ととはそれが面白くて仕方なかったですが、あまりのくだらなさに、特に女性は不快に思う方もいるかも知れません。

数は多くありませんが、下ネタ的に子供には悪影響なシーンもありますので(例えば胸が出ているとか)、若干注意は必要ですね。

そういった流れなので、友達の死の真相はなんだ!?といった感覚はどこかへいなくなってしまって、それでも物語全体としての流れや先の動向には興味がなくなる事はなく、飽きることなく観ることができました。

アクション映画なので、アクションの部分はもちろんしっかりとしています。

銃撃戦や犯人と渡り合う所は、笑いはなくなり、緊張感が増して観れました。

こういった親子で協力していく作品は何度も観たことはありますが、まさかのおじーちゃんまで加わって、親子3代で戦うのはかなり稀なケースだったし、このおじーちゃんシャフトよりも強く貫禄があるので、結構興奮しました。

とと
アクションがしっかりしていて、さらに事件の真相が気になって笑いもある作品にはドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハートコンビの『セントラル・インテリジェンス』があります。ケヴィン・ハートさんは芸人なので面白い事間違い無しです。
映画『セントラル・インテリジェンス』あらすじ紹介 感想まとめ|最強コンビ誕生!?マッチョは敵か味方か

続きを見る

 

ジュニアのキャラ

https://eiga.com/movie/91284/

シャフトの息子ジュニアですが、FBIに勤めていますが、銃が嫌いなので情報機関を選んだそうです。

さらにレジーナ・ホール演じるジュニアの母、シャフトにとっては元嫁のマヤは、シャフトのよつになって欲しくないと言う事で、箱入りで育てたのか、格好は小洒落たオフィスに通っているような貧弱な若者で、その辺はシャフトにもツッコミを入れられていますが、とても事件現場で戦えるような人間には感じられませんでした。

元に、自分じゃどうしようも出来ないからシャフトにお願いしにいったのですが。

しかしシャフトが連れて行った飲み屋で、絡まれた相手には、カポエイラ(ダンスの動きを取り入れたブラジルの格闘術)で相手を圧倒し、調べを入れている中で相手に狙われて襲われた時も、嫌いだといっていた銃で応戦。

その腕前もかなり良く、相手に命中させます。

ハッキング術も高等で(FBIの情報機関の人間だからこの辺は当たり前かも知れませんが)ハッキングしてる所がカッコいいんです!

このジュニアのキャラのギャップには結構やられました。

とと
いつも思いますが、スマホでもハッキングできるんですね。しかしハッキングを使ったシーンってカッコいいですよね!好きなんですよねそういったシーン。『蜘蛛の巣を払う女』や山下智久さんも出演している『サイバー・ミッション』があります。
映画『蜘蛛の巣を払う女』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|ハッキングと狙撃のコラボ!?斬新なシーン満載の作品

続きを見る

映画『サイバー・ミッション』あらすじ紹介 感想まとめ|山下智久の役所は?とっても悪い奴です

続きを見る

 

総合

https://eiga.com/movie/91284/

笑いが最高で、アクションも申し分ない、そしてそれぞれのキャラの設定もしっかりしている内容で観た方がいい、かなりおススメしたい作品です。

気になった方はぜひ、見て欲しいと感じました。

 

 

スポンサーリンク

作品紹介

無頼漢な探偵ジョン・シャフトの前に現れたのは、長年疎遠だった息子。力を貸して欲しいと言う彼は、自分とは似ても似つかない生真面目な男に育ったようで・・・。

引用元:Netflix

 

 

登場人物

役名/演者名

ジョン・シャフト/サミュエル・L・ジャクソン

引用元:https://eiga.com/person/32800/

横暴で自分勝手な男。しかし、家族を1番に思っている。

1948年12月21日ワシントンD.C.生まれ。アトランタのガレッジで演劇を学び、舞台を経て81年に映画デビュー。「ジャングル・フィーバー」(91)でカンヌ映画祭助演賞を特別受賞。
代表作→『ミスター・ガラス』、『アイアンマン2』『アベンジャーズ』、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

 

ジョン・シャフト・ジュニア/ジェシー・T・アッシャー

引用元:https://eiga.com/person/288811/

弱々しいキャラっぽかったけれど、格闘、銃の扱い、ハッキングなど、幅広い分野で力を発揮する。

米メリーランド州出身。幼い頃から演技に興味を持ち、2003年に家族でロサンゼルスへ引っ越す。05年にTVシリーズ「WITHOUT A TRACE FBI 失踪者を追え!」で俳優デビューし、10年の「Beautiful Boy(原題)」で映画に初出演。カートゥーン ネットワークのTV映画「Level Up(原題)」(11)をきっかけに米国内で知られるようになり、翌12年にスタートした同名TVシリーズにも2シーズン出演した。TVシリーズ「Survivor's Remorse(原題)」(14~15)ではプロのバスケットボール選手役を演じ、高校アメフット映画「コーチ・ラドスール 無敵と呼ばれた男」(14・日本劇場未公開)を経て、ローランド・エメリッヒ監督のSF超大作「インデペンデンス・デイ リサージェンス」(16)で主要キャラクターのディラン・ヒラー役に大抜てきされた。

引用元:映画.com

 

ジョン・シャフト・シニア/リチャード・ラウンドトゥリー

引用元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ファイル:RichardRoundtree.jpg

シャフトの父。ジュニアのおじーちゃんでも、まだまだバリバリ強い。

 

サーシャ/アレクサンドラ・シップ

引用元:https://eiga.com/person/285198/

シャフトの幼なじみ。実は相思相愛の仲。

米アリゾナ州出身。演技のキャリアを積むため17歳でロサンゼルスに移る。2009年、「アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹」(日本劇場未公開)に参加して映画デビュー。ティーン向けドラマ「ハウス・オブ・アヌビス(原題)」(11)のKT・ラッシュ役で人気を集め、TV映画「Drumline: A New Beat(原題)」(14)に主演したほか、音楽映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」(15)などに出演する。人気SFアクション「X-MEN」シリーズ第6弾「X-MEN:アポカリプス」(16)でミュータントのストーム役に抜てきされ、続く「X-MEN:ダーク・フェニックス」(19)でも同役を演じた。シンガーソングライターとしても活動している。

引用元:映画.com

 

マヤ/レジーナ・ホール

引用元:https://eiga.com/person/79939/

米ワシントンDC出身。フォーダム大学を卒業後、ニューヨーク大学でジャーナリズムの修士号を取得。その後、演技の道に進み、CMやTVドラマに出演しはじめる。スパイク・リー製作の「ベストマン」(99・日本劇場未公開)で映画デビューを果たし、ホラーコメディ映画「最終絶叫計画」(00)と、続編「最“新”絶叫計画」(01)で20代後半にして女子高生役を演じ、シリーズ第3弾「最“狂”絶叫計画」(03)、第4弾「最終絶叫計4」(06・日本劇場未公開)にも出演。人気ラブコメ「アリー my love」(01~02)でTVシリーズに初めてレギュラー出演した。その後も「魔法の恋愛書」(12・日本劇場未公開)、「最高の贈りもの」(13・日本劇場未公開)、17年の全米ヒット作「Girls Trip(原題)」など全米ヒット映画に主要キャストとして出演した。18年、スポーツバーを舞台にしたコメディ「Support the Girls(原題)」や、全米ベストセラー小説の映画化「ヘイト・ユー・ギブ」で高い評価を得た。

引用元:映画.com

作品情報

スタッフ

  • 監督:ティム・ストーリー
  • 製作:ジョン・デイビス
  • 製作総指揮:リチャード・ブレナー、ジョシュ・マック、マーク・S・フィッシャー、ティム・ストーリー、アイラ・ナポリエッロ、ケニヤ・バリス

上映時間

  • 112分

 

スポンサーリンク

オススメ動画配信サイト

この記事でも紹介した『クリミナルタウン』、『セントラル・インテリジェンス』、『蜘蛛の巣を払う女』、『サイバー・ミッション』を見るならば、断然この動画配信サイトがおススメです!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

 

スポンサーリンク

まとめ

面白くはありますが、下品すぎる。

品格を疑う。

くだらい。

なんて感じる方もいるかもしれません。

ととはかなり面白く、おススメしたい作品でしたので、ぜひ観てみてください!!

スポンサーリンク

-Netflixで鑑賞可能, 笑って楽しく観られる作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.