アクション

映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|驚愕のラストは次回のお楽しみか!?続きが気になりすぎる作品

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

 

映画「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」は2015年に公開された「ボーダーライン」の続編です。

アメリカでも日本でも2018年に公開されました。

容赦ない殺し合いの末に見えるものとは!?

内容を紹介していきます。

 

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

 

 

スポンサーリンク

映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』 感想

麻薬組織と政府の裏の顔が垣間見れる作品です。

普通に生活している一般市民には想像もできないような光景が繰り広げられているのですが、麻薬組織と政府という関係性から少し理解が難しい作品です。

 

簡単に説明すると、アメリカでテロが起きてそのテロにメキシコの麻薬組織が関わっていることから、その組織を撲滅しようとアメリカ政府が動くわけです。

その内容は、アメリカ政府が偽造工作を企だて麻薬組織同士の紛争に発展させ、自然と消滅してもらう…というものです。

作品的には、その政府の偽造工作に加わった男は以前ターゲットにしている麻薬組織に家族を殺されたと言う経歴の持ち主。

男は、麻薬組織のトップの娘を誘拐して最後には殺害するという復讐にはもってこいの環境が整うも、過去に自分がやられた事と同じことをしている、果たしてそれでいいのかという葛藤に悩まされます。

同じく、今回の偽造工作の作戦を立て「卑怯な手も使わなきゃダメだ」と言っていた男が、少女の殺害には否定的になったりと、残虐の中にも人間的な感情が垣間見れる所が見所だったりします。

結構、難しい内容の作品。

続編に期待してしまうのは、私だけではないはずです!

 

ジョシュ・ブローリンさん、ベニチオ・デル・トロさん出演作品!

ジョシュ・ブローリンさんはサノス役。

ベニチオ・デル・トロさんはコレクター役です。

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー 』あらすじ紹介 感想まとめ|世界の半分が消える!?最強サノスの野望

続きを見る

 

動画配信サービスの評価

  • とと
    (3.5)(独断と偏見です)

 

  • 映画.COM
    (3.8)
  • yahoo!映画
    (3.82)
  • dTV
    (4.2)

 

配信されている動画サイト

オススメ!

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~ 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題! 面倒な回線契約や特別な機器は一切不要♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

無差別テロ

毎日のように行われている、メキシコからの密入国。

そんなアメリカとメキシコの国境付近のスーパーで爆破テロが起きました。

この爆発のシーンはすごくリアルで、こんな感じにテロは行われるんだろうなと思わせるシーンです。

 

アメリカ政府はこのテロの犯行にメキシコの麻薬組織が関与していると予測しました。

そこで、その麻薬組織を一掃しようとCIAのマット(ジョシュ・ブローリン)にその任務を任せます。

ジョシュ・ブローリン

ジョシュ・ブローリン

 

マットは達成のためなら卑怯な手も使うと豪語する男で、政府も少したじろぐような人物です。

そんなマットがこの作戦を遂行するために工作員として雇ったのが、アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)です。

ベニチオ・デル・トロ

ベニチオ・デル・トロ

 

 

 

アレハンドロは、今回ターゲットにしている麻薬組織のボスに家族を殺されたという経歴の持ち主。

今回の作戦にうってつけと思ったのでしょう。

2人で密会しているときアレハンドロが「ルールは?」と聞くとマットは「無い」と答えます。

いかにも、なんの縛りもないから存分に復讐してやれと言っているみたいです。

 

スポンサーリンク

 

麻薬組織トップの娘を誘拐

学校の中庭で同級生と揉み合いになっているイザベル(イザベラ・モナー)。

イザベラ・モナー

イザベラ・モナー

揉み合いというより、馬乗りになって殴っています汗

先生に呼び出される2人。

先生はイザベルを処分したそうなのですが、できません。

おそらく組織の子供だというのをわかっているのでしょう。

 

下校は皆、送り迎えのようです。

そしてさっそく作戦は始まっています。

対抗する麻薬組織を装って娘を誘拐して、紛争に発展させるというものです。

きっかけを作ってあとは、組織同士で潰しあってもらうような形ですね。

イザベルが乗った車を襲います。

アレハンドロは中に乗っていた弁護士を容赦なく撃ち殺します。

家族が殺された時と関係があったのでしょうか?

それくらい何十発も打ち続けてました汗

 

イザベルをテキサスで一時監禁して、今度はFBIを装って救出します。

これでアメリカ政府の元にいるという事になりました。

 

スポンサーリンク

 

作戦の中止 イザベルを処分

次はイザベルをメキシコに輸送するという作戦です。

おそらく麻薬組織の連中が襲ってくるだろうと予測して、メキシコ政府の支援を受けます。

メキシコに向かいメキシコ政府と合流しました。

しかし、支援してくれているはずのメキシコ政府が攻撃してきます。

マット達は対抗し、メキシコ政府を全滅させます。

マット達、強すぎます汗

打ち合いの最中、イザベルは逃げ出してしまいました。

アレハンドロは自分が探すからマット達に行くように言います。

 

アレハンドロは無事にイザベルと合流して民家で休息します。

イザベルは知っていました。

自分の父にアレハンドロの家族が殺された事を。

アレハンドロも敵の娘だけれど、娘には家族がいる。

そういう思いが交錯しているようでした。

 

アメリカに戻ったマットは、テロの犯行は麻薬組織が関係ない事。

メキシコ政府がアメリカ政府が偽造工作をしている事を勘付いている事を聞かされます。

そして攻撃してきたとはいえ、メキシコ政府のやつを全滅させてしまった事による関係悪化を恐れて、作戦は中止になりました。

証拠を残さないために、内容を知っているイザベルを始末しろと言います。

マットはそれを拒否!

手段を選ばない男にも人間味はあるんですね。

しかし、命令は絶対なのでアレハンドロに抹殺を命じます。

アレハンドロはそれを拒否!

政府は2人の抹殺を命じます。

残酷すぎますね汗

 

スポンサーリンク

2人の逃走 アレハンドロの死

アレハンドロはメキシコにいては危ないという事で、アメリカに戻ろうとします。

当然国境は超えられないので、密入国ルートで戻る作戦です。

装いをメキシコ人風にして、イザベルも髪を切ります。

しかし、イザベルが密入国を支援しているギャングに気づかれアレハンドロは捕まってしまいます。

そして、あっけなく撃たれて死亡。

イザベルは連れていかれてしまいます。

 

マットはこの動きを衛星画像で見ていました。

アレハンドロが撃たれた事で手間が省けたという奴がいましたが、マットは複雑な表情。

すぐにギャング達の元に向かいます。

ギャング達の元に追いついたマット達はギャングを一掃!

しかし、イザベルは殺しませんでした。

命令に反したマットはイザベルを保護します。

アレハンドロも生きていたら、マットはもしかして助けたのかもしれません。

と思ったらアレハンドロも生きていました!?

銃弾は頬から頬に抜けていて致命傷は避けられたようです。

急いでイザベルの後を追います。

 

アレハンドロの運命は!?

イザベルの運命は!?

クライマックスはかなり続きが気になる終わり方をします!

ラストは作品を見て確かめてみてください!

スポンサーリンク

-アクション
-

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.