ファンタジー

映画『ダーケスト・マインド』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|ぐでたまも登場!子供達が繰り広げる壮大なSFストーリー

映画「ダーケスト・マインド」あらすじ紹介 感想まとめ

 

ターゲストマインドは2018年にアメリカで公開された映画です。

日本での公開はありませんでした。

果たしてどんな内容の作品なのでしょうか??

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

映画「ダーケスト・マインド」 感想

先にも書いたように本作品は日本では劇場公開はされませんでした。

2012年発表の小説、「The Darkest Minds」を原作とした作品です。

子供達が超能力を使えるようになるのですが、映像的な迫力は結構あります。

物語的な所は、施設を抜け出し車を使って安息の地を求めて移動しながら政府や賞金稼ぎから逃げ、廃墟のショッピングモールから物資を調達したり、いつどこから襲ってくるかわからないその展開が、ゾンビ映画のような感覚と似ていました。

 

作品の時間が短い中で物語が進んでいきますので、ん?なんでそうなった?的な、説明不足な感じを受けました。

超能力も5種類のみなので、「知られていない新たな能力」みたあなのが1つあっても良かったかもしれません。

 

しかし、子供達が主人公という事だし、個々の能力を活かして戦うところなんかは、子供が観てもいいんじゃないかと感じました。

大切な人のために自分の記憶を消すというとても切ないシーンもあり、心打たれる内容もなかなかよかったと感じます。

最後がとても中途半端に終わるので、続編に期待してしまいます。

 

 

 

 

動画配信サービスの評価

(3.5)

 

 

 

配信されている動画サイト

オススメ!

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~ 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題! 面倒な回線契約や特別な機器は一切不要♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

 

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

 

 

 

子供の死と能力覚醒

10歳のルビー(アマンドラ・ステンバーグ)の通う学校で子供達が次々と死んでいきます。

アマンドラ・ステンバーグ

それだけでなく、全米の9割の子供が死んでいきます。

 

奇跡的に助かったルビー。

誕生日には両親からぐでたまのキーホルダーをもらいます。

ぐでたまというところはセンスいいですね!

ルビーは親を心配させない為に、「自分は大丈夫!私の事心配しないで」と寝ている母親の腕に触れます。

すると衝撃が走ります!?

怖くなったルビーは急いで部屋に戻ります。

 

次の朝いつも通り母親の元に行くと、母親はルビーを知らない、母親じゃないといいます。

訳の分からないルビー!

見てる方も訳が分からなくなっています。

母親は駐車場にルビーを締め出してしまいました。

そこに政府が現れルビーを連れ去ります。

どこかの施設についたルビー。

ルビー以外にも子供がたくさん連れてこられています。

逃げ出そうとする少年。

捕まりますが、何故か捕まえた兵士が自分で自分を撃ち殺します。

「オレンジだ!」と言ってその少年を押さえつけます。

 

スポンサーリンク

 

ルビーの逃走

子供達は視察に着くと能力別に色分けされます。

ポイント

1番安全なグリーン。

知能が高いだけ。

ブルーはテレキネシス能力

ゴールドは電気を操ります。

その他にレッドとオレンジがあり、その2色は処分されてしまいます。

 

ルビーは検査をするとなんとオレンジ!?

そこにいた検査委員に殺されそうななりますが、手を掴み「私はグリーン」と言うと検査員はその通りにルビーの結果を書き換えます。

これがオレンジの能力です。

相手の思った事がわかったり、相手を操る事ができます。

そのままグリーンとして過ごします。

 

何年も過ぎ、成長したルビーは作業をしています。

ルビー見てきた監査委員が間違えてばかりのルビーをみて鈍いと疑います。

そのまま識別検査をされました。

子供にしか感じない超音波でルビーは気を失ってしまいます。

気がつくとケイト医師(マンディ・ムーア)が検査をしいます。

マンディ・ムーア

検査を終えて出て行くケイト。

ケイトが置いていったファイルを見ると、「オレンジだとばれた!殺される!ボイラー室に来て」と書いてあります。

ボイラー室に行くとケイトが来ます。

ケイトはルビーを連れて車に乗り込みます。

施設の外に出る門で止められ、顔を見せるように言われますが能力で回避。

無事に外に出られました。

能力を駆使すればもっと早く出られたんじゃ汗

 

車内でケイトに外の事をいろいろ聞きます。

家に帰ると言うルビーにダメだと促し、発信機付きのボタンを渡されます。

危険が迫ったら押すようにと。

 

友達と合流するとスタンドに立ち寄ります。

そこにいた男に触れると危険な情報が入ってきて急いで離れます。

スーパーの中で着替えるとそこに少女が現れます。

少女についていくと、そこにはスチュワート(ハリス・ディッキンソン)とチャブズ(スカイラン・ブルックス)がいます。

少女はズー(ミヤ・チェフ)。

ハリス・ディッキンソン

スカイラン・ブルックス

ミヤ・チェフ

コナー達やトレーサーと言われる賞金稼ぎが襲ってきますが、スチュワートのテレキネシス能力でかわします。

 

 

スポンサーリンク

 

母親と再会

スチュワートはイーストリバーに一緒に行こうといいます。

イーストリバーは大勢の子供が野外で暮らす場所です。

ルビーは一緒についていく事にします。

途中で立ち寄ったホテルでは、3人がどのように今に至るかを読み取ったり、ショッピングモールでは、別のグループからイーストリバーの情報を読み取ります。

ルビー能力をふんだんに使いますがスチュワート達には内緒にしています。

 

イーストリバーの場所に向かう前に、ルビーの家に立ち寄ってくれるといいます。

家に帰るルビー。

家の中には母親がいます。

しかし、中に入ろうとしません。

ルビーはわかっていました。

あの日、寝ている母親に触った時、能力を無意識に使ってしまい、母親の記憶から自分を消してしまいました。

ルビーは会う事なく、ぐてたまを捨て走り去ります。

スチュワートがぐでたまを拾ってくれていました。

家族を失ったのはルビーだけじゃないと慰めます。

ルビーとスチュワートの間で仲間以上の感情が芽生えていました。

 

2人はチャブズとズーの所に戻ります。

するとトレーサーが襲ってきました!

スチュワートは捕まってしまいます。

ルビーも捕まりますが、能力で回避!

トレーサーは行ってしまいます。

ついに皆の前で能力を使ってしまったルビー。

しかし皆んなは最初から気づいていたようで、ルビーを怖がることはありませんでした。

 

スポンサーリンク

安息の地をイーストリバー

情報を元に進むと、しっかりとありましたイーストリバー。

ボスだと言うクランシー(パトリック・ギブソン)に会います。

パトリック・ギブソン

クランシーはルビーと同じオレンジ。

クランシーは皆に良くしてくれます。

 

しかし、裏で何かにルビー達のことを伝えるクランシー。

その事に気付いたスチュワートは皆で逃げる事にします。

しかしクランシーに見つかってしまいます。

クランシーはその能力で政府も操っていました。

政府の連中が襲ってきます。

一緒にいたのがなんとレッドの能力を持つ子供達です。

レッドは炎を吐く事ができる能力。

一面火の海になります。

ルビーも能力で応戦!

ヘリの運転手を操り墜落させます。

ヘリの爆破に巻き込まれたルビー!?

チャブズが助けてくれますが、チャブズは大怪我を負います。

病院に行かないと助からないと悟ったルビーはケイトにもらった発信機を使いました。

 

チャブズとルビーは無事でいられるのか!?

スチュワートとの恋の行方は!?

クライマックスには悲しい別れが待っています!

最後は作品をご覧になって観てみてください!

スポンサーリンク

-ファンタジー

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.