マジで怖いから!観るなら覚悟しろって作品

映画『死霊館のシスター』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|あの手この手で怖がらせてくる中毒性のあるアクションホラー!

映画『死霊館のシスター』あらすじ紹介 感想まとめ

 

毎回、最高の”怖い!”をくれる『死霊館シリーズ』。

今回はどんな”怖い”をくれるのでしょうか?

内容など詳しく書いていますので、参考にしてみてください!

 

 

 

 

スポンサーリンク

映画『死霊館のシスター』 感想

死霊館シリーズの第5部作目のこの作品。

ホラー映画シリーズなので全体的に不気味な雰囲気の内容で、ビックリする演出がたくさんあるのは当たり前なのですが、カメラワーク的に何かが後ろにいてそちらに目がいってると、違う方向から出てくるというフェイント気味な演出がさらに怖さを引き立てます。

悪霊ですが、実態に取り付いた時にはどちらかというとゾンビに近い感じです。

そして、対抗するのに棒で殴ったり銃を撃ち込んだりします。

悪霊なのでもちろん物理的な攻撃?は効きませんが、悪霊に対して何もできないどうしようもないのは分かっていながら、何とか対抗しようとする登場人物達の恐怖感はかなり伝わります。

霊的な相手にショットガンは少し新鮮ですね笑

 

登場人物(悪霊と対峙するの3人です)は危険な目にあうと、かなりの形相で逃げたり、恐怖に怯えたりします。

しかし、それ以外の時は勇敢な顔つきで物事に向かっていきます。

あんなに勇ましかったのにそんなに慌てふためくの?

あんなに怖がってたのにそこは平気なの!?

このような形でかなり違和感を覚えてしまいました。

怖いのか、怖くないのかどちらかに統一してくれれば、そういった違和感はなかったのかもしれませんね。

 

とはいえ、最初から最後まであの手この手でで驚かせてくる内容なので、作品は十分楽しめるのではないかと思います!

 

タイッサ・ファーミガさん出演作品!

映画『運び屋』あらすじ紹介 感想まとめ|90歳の運び屋!?実話に沿った物語

続きを見る

 

動画配信サービスの評価

(4.0)

 

配信されている動画サイト

オススメ!

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~ 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信! ※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点) スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

U-NEXTで今すぐ見る!

オススメ2!

【初回31日間無料おためし会員あり】 月額780円(税抜)で映画やドラマ、アニメ、趣味などの専門チャンネルが見放題! 面倒な回線契約や特別な機器は一切不要♪ お申し込み後すぐに、手持ちのスマホやタブレットで、 好きな専門チャンネルをお楽しみいただけるサービスです。

dTVで今すぐ見る!

 

 

動画は予告なく配信終了することがあります。

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

 

 

 

シスターの大罪

ルーマニアの修道院。

2人のシスターが十字架の刺さった通路を歩いています。

若いシスターは帰りたくてしょうがない感です。

老シスターが「それでもやらなければならない」と。

奥の扉を開け老シスターが1人中に入っていきます。

断末魔の叫びが聞こえます!?

老シスターが血だらけで扉から出てきて、若いシスターに鍵を渡します。

すると老シスターは扉の中に引きずり込まれてしまいました。

若いシスターは部屋に急いで戻り、首に縄をかけ窓から身を投げます。

シスターの自殺は罪?

聖書には自殺禁止の記事はないようです。

殉教が美化され、流行して困ったので、自殺禁止が強調されるようになったようです。

「キリスト教で自殺に対する否定的道徳評価が始まったのは、聖書に基づくものではなく4世紀の聖アウグスティヌスの時代とされる。

当時は殉教者が多数にのぼり、信者の死を止めるために何らかの手を打たねばならなくなっていた。」

ことをきっかけとして、自殺者の破門などを行なう様になったということのようです。

 

 

物資を配達するフレンチ(ジョナ・ブロケ)は修道院に配達に来た時に首を吊ったシスターを見つけます。

ジョナ・ブロケ

ジョナ・ブロケ

ヴァチカンはその修道院を調査する為、バーク神父(デミアン・ビチル)と何故か見習いシスターのアイリーン(タイッサ・ファーミガ)を行かせます。

デミアン・ビチル

デミアン・ビチル

タイッサ・ファーミガ

タイッサ・ファーミガ

アイリーンは土地勘があるからという事で選ばれましたが、ルーマニアは故郷ではないと言います。

何か裏がありそうですね怪

 

スポンサーリンク

 

謎の現象ばかりの修道院

まずは第一発見者のフレンチに会います。

道案内をお願いして一緒に行く事に。

場所は山の中なので馬車で行くのですが、バーク神父は車だと勘違いして荷物を載せてしまいます。

荷物を載せた車は出発してしまいます。

アイリーンは大笑い!

この作品唯一の笑えるホンワカしたシーンです笑

 

修道院に着きました。

まずは遺体を調べたいとバーク。

遺体の場所に行くと座り掛けている遺体があります。

バークは調べようとしますがフレンチが一言。

調べる前に言っておくが、遺体が動いている。遺体は寝かせておいた、座らせてない。

それだけでもう不気味ですね。

バークは構わず調べます。

手に持っているカギをとって、埋葬してあげます。

 

修道院の中に入ります。

誰もいないのかと思ったら、人影が!?

影っぽく顔や体ははっきり見えないその影は話をします。

自殺したシスターがいるから調べに来た。

拒否するともっと大勢で来る事になると言うと、これから夜通し祈りを捧げるから今日は泊まって明日出なおしてくれと言われます。

それに従い、バークとアイリーンは泊まる事にして、フレンチは帰ります。

 

フレンチは帰り道、シスターっぽい影に気づきます。

後を追うと頭上から首を吊ったシスターが!?

と思ったら紐が切れ落ちてきて、さらには襲ってきます!?

フレンチはなんとか振り切りその場から逃げ出せました。

 

バークは少年の話をします。

以前、悪魔に取り憑かれた少年がいたらしくバークが取り除いたのだが、少年は死んでしまったそうです。

その夜、なんとバークの前にその少年が現れます。

後を追いかけ墓地まで来ると少年は口から蛇を出します。

バークはその蛇を避けようと後ろに倒れると、開いた棺桶に入ってしまい、蓋を閉められ埋められてしまいます。

地上には墓標にバークの名が刻まれていました。

 

アイリーンも目を覚まします。

何かに導かれるように進むと礼堂でたくさんのシスター達が祈っています。

人影が動いて鏡に近づくと、鏡に映った自分の後ろに何かがいて、襲いかかってきて鏡が割れます!

と、次の瞬間には誰もいなくなっています。

急いで戻ろうとすると棺桶の中から叫んでいるバークの声を聞き墓に向かいます。

バークの場所を見つけスコップで掘り起こします。

てっきり死んでしまったのかと思いました汗

アイリーンが掘り起こしている最中もバークは棺桶の中で何かに襲われますが、スコップが棺桶まで達して間一髪で助かります。

「どうやって入ったんですか?」という問いに「何か邪悪な者が関わっているようだ」と答えます。

 

スポンサーリンク

 

自殺の原因

次の日約束通りに尋ねますが、誰も迎えません。

バークはアイリーンに自分はこの修道院の事を調べるから、シスター達に状況を聞いてくれと言います。

こんな時に別行動は辛いですよね汗

でも、アイリーンはひるむ事なく修道院を進みます。

やがて礼堂で祈っているシスターを見かけて声を変えると、違うシスターが「今はお祈り中だから答えない」と言います。

そのシスターはシスターオアナ(イングリット・ビス)。

イングリット・ビス

イングリット・ビス

オアナは修道院にあった出来事を教えてくれます。

 

昔、オカルト好きの公爵が悪魔を召喚したようです。

悪魔の名はヴァラク。

そのことを知ったヴァチカンは、儀式の途中でそれを阻止しました。

しかし、大戦中の襲撃でしろが攻撃された衝撃でヴァラクは再び復活したようです。

それから24時間休みなく交代でシスターはお祈りをしているそうです。

そしてオアナは部屋に案内をしてここに泊まってくれと言います。

そこはまさに、自殺したシスターの部屋!?

アイリーンは眠ってしまい眼が覚めるとまた礼堂の方へ導かれます。

そしてなんとシスターオアナが死んでいました。

するとたくさんのシスターが入ってきて「前だけを見て祈り続けて!」と言われます。

アイリーンは言われた通りに一緒にお祈りします。

 

バークの元にも奇妙な事が。

扉を閉ざされロビーに取り残されてしまいました。

そこに院長が現れます。

外に出る手立てはないと言われます。

そしてまたあの少年が襲ってきました!?

急いで逃げるバーク。

そこでフレンチの言葉を思い出します。

物資を運ぶ部屋と修道院は繋がっている。

急いでその場所に行きますが取り憑かれたシスターに襲われます。

次の瞬間、シスターは吹っ飛びました!

フレンチです!

また襲ってきた相手をショットガンで打ち抜きます。

フレンチ頼もしいです。

そして、急いでアイリーンの元に行きます。

 

アイリーンは周りのシスターとお祈りをしていましたが、周りは皆吹き飛ばされます。

アイリーンの背中に星が切り刻まれた所にバークとフレンチが来ます。

何があったか聞かれ、周りのシスターに祈るように言われたというとバークはどこにいるんだ?と。

気がつくと周りには誰もいません。

遺体だったオアナもミイラになっています。

 

ここで1つの答えが出ました。

この修道院にシスターはもういない。

自殺したシスターはヴァラクに憑依されないように自ら命をたった

キリストの血でヴァラクは封印でき、鍵はその保管庫の鍵。

3人はヴァラクの封印をする事にします。

 

スポンサーリンク

ヴァラクとの最終決戦

アイリーンはまだ見習いのシスターなのでここで正式なシスターになる為の儀式をバークにしてもらいます。

そして、作品最初に出てきた十字架の刺さった通路を進みます。

奥の扉を開けると物凄い威圧です。

それでも前に進みます。

キリストの血が保管されている場所にたどり着き鍵で開け手に入れます。

次はヴァラクが召喚された場所です。

ここで3人バラバラになってしまいます。

なぜバラバラになる汗

黒いシスターに襲われ、アイリーンは捕まってしまいます。

その声を聞き、フレンチは向かいます。

すると今度は白いシスターがたくさんいます。

動きそうもないので慎重に前に進むとアイリーンがいました!

しかし、ヴァラクに取り憑かれているようで襲ってきます。

キリストの血の入れ物に触れてアイリーンの顔に触れるとヴァラクが抜けます。

姿を現したヴァラク!

フレンチはショットガンを向けますが吹き飛ばされます!

力が違いすぎますね汗

 

いよいよ姿を現したヴァラク!

アイリーンはヴァラクを封印することはできたのでしょうか!?

フレンチの運命は!?

クライマックスは作品をご覧になってみてください!

スポンサーリンク

-マジで怖いから!観るなら覚悟しろって作品
-

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.