アクション

【映画】トゥームレイダー ファースト・ミッション あらすじ紹介 感想まとめ|ララ・クロフト誕生の物語

スポンサーリンク

作品紹介

 

ロンドンでごく普通の女子大生として暮らしていたララ・クロフトだったが、謎の死を遂げた資産家で冒険家の父が遺したビデオメッセージを発見し、その遺志を継いでトレジャー・ハンターとなり最初のミッションに挑むことを決意する。

それは、日本のどこかにあるという神話上の絶海の孤島に隠された幻の秘宝を封印するというもの。

その秘宝には世界を滅ぼす邪悪な力が秘められていて、危険な秘密組織トリニティがその悪用を企んでいるというのだったが…。

 

解説

世界的人気ゲーム・シリーズをアリシア・ヴィカンダー主演で再映画化したアクション・アドベンチャー大作。

美しきトレジャー・ハンター“ララ・クロフト”誕生の物語を、スリリングな謎解きとアクション満載に描き出す。

監督は「THE WAVE/ザ・ウェイブ」のローアル・ユートハウグ。

 

 

動画配信サービスの評価

(3.3)

 

配信されている動画サイト

動画は予告なく配信終了することがあります。

スタッフ

監督

  • ロアー・ウートッグ

脚本

  • ジェニーヴァ・ロバートソン=ドゥウォレット
  • アラスター・シドンズ

原作

  • クウェア・エニックス『トゥームレイダー』(コンピュータゲーム)

製作総指揮

  • グレアム・キング
  • パトリック・マコーミック
  • デニス・オサリヴァン
  • ノア・ヒューズ

 

出演者

  • アリシア・ヴィキャンデル
  • ドミニク・ウェスト
  • ウォルトン・ゴギンズ
  • ダニエル・ウー
  • クリスティン・スコット・トーマス

 

スポンサーリンク

感想(若干ネタバレあり)

大人気映画「トゥームレイダー」の主人公、「ララ・クラフト」がトレジャーハンターになるキッカケとなった最初の冒険を描いた「トゥームレイダー ファースト・ミッション」

あらすじを紹介いていきます。

 

 

父の頼み

ジムで試合をするララ・クラフト(アリシア・ヴィキャンデル)。

アリシア・ヴィキャンデル

役は大学生。

アリシアさんの年齢は30歳!

それでも違和感のないのがすごいです。

 

貧しい生活を送っているのか、りんごを盗んだりジム費を滞納してしまっているララ。

バイク便で生計を立てています。

ある日友達が狐ゲームの「狐役」を探しているのを聞きます。

狐ゲームはペンキの缶をつけた「狐役」が自転車で逃げペンキが無くなるまで逃げ切ったら勝ち。

逆にペンキが無くなる前に尻尾を取られたら負けというゲームです。

逃げ切れば賞金がもらえるので、貧困のララは狐役をかって出ます。

ゲーム中、父親にそっくりな男性に気を取られていたことから事故に遭い警察に補導されます。

警察の車にぶつかったララを見て、一緒にやっていた人達が逃げていくのを見ると、勝手に街中でやっていたみたいですね。

街の中をペンキを撒きながら走り回っていたらそりゃ捕まりますよ。

 

ララを迎えにきたのがアナ・ミラー(クリスティン・スコット・トーマス)。

クリスティン・スコット・トーマス

大企業クロフト社の経営を一任している女性です。

実はクロフト社のトップ、リチャード・クロフト(ドミニク・ウェスト)はララのお父さん。

ドミニク・ウェスト

7年前、卑弥呼を調べるため日本に出かけてそのまま行方不明になってしまいました

卑弥呼はそうです!あの卑弥呼!

卑弥呼は死を司ることができ、その力を封印したそう。

我々日本人が知る卑弥呼とはだいぶ違います。

 

ララは父の死を受け入れられないでいたため相続などせずにいました。

なぜ、大富豪の娘なのに貧困なのかと思ったらそういう事だったんですね

しかし、アナ・ミラーと出会ったことで一歩踏み出そうと会社を訪れます。

そこで父からの遺言とパズルをもらいます。

そのパズルを解くと鍵が出てきます。

急いで自宅に戻ったララはそのカギで入れる地下の部屋を見つけます。

そこには「再生せよ」と書かれたビデオが。

再生すると父が写っていていました。

母親が亡くなってから、母親を感じたくこの世以外の世界や神秘の力があることを調べていたといいます。

そして1つ頼みごとをララにします。

私が調べた古代女王の資料を焼却してくれ

おそらく古代女王と言うのが卑弥呼でしょう。

悪いやつが見つけたら大惨事になるというその資料。

「HIMIKO」と書かれたメモが入った段ボール。

中を見ると卑弥呼について調べた資料がたくさん。

資料を見ていくと、香港で船をチャーターして島に向かった事がわかりました。

唯一の父親の手がかり。

死んだ事を受け入れられないララは破棄するどころか、父を探しに出かけてしまいます。

父からもらった形見の品を質に入れます。

ここのやりとりが結構面白いです。

「父の形見」と値段を上げてもらおうとすると逆に値段を下げる店主。

騙された事があるからと言ます。

もし質屋にもっていったら、そう言えば値段上げてもらえそうですもんね。

賢い店主です(笑)

そう言う時くらい父の資産から少し貰えばいいのにと思います。

しかし、この質屋に持っていくくだり。

最後のシーンにとても必要なんです!

それはどんなシーンかは最後までのお楽しみとして、物語を進めましょう。

 

第1作目

 

卑弥呼の眠る島

香港についたララ。

船を探しますが見つからず、父がチャーターした時の相手も中々見つかりません。

3人の若者が助けようかと声をかけます。

見るからに怪しい…。

案の定、バックを取られます。

海外では他人を信用しちゃならんと言うことです。

追いかけてバックは取り返すものの、ナイフで迫られます。

逃げながら乗り込んだ船の乗組員が銃で追い払ってくれますが、ララにもその銃口を向けます。

そしたらなんと父がチャーターした船と同じ文字が!

話しかけるとなんとその男はぶっ倒れてしまいます。

水をかけ意識を戻した男。

ララが質問します。

父がチャーターした時に対応した者の名前を出すとその男の父だと言います。

男の名前はルー・レン(ダニエル・ウー)。

ダニエル・ウー

やはり7年前に父親が行方不明になったそう。

ララの父親と一緒に島に向かったのでしょう。

連れて行ってくれと頼むララ。

ルーはその海域は死にに行くようなものだと断ります。

ララはルーが賭け事をやっていた痕跡を見つけ、負けたんでしょう?とお金をちらつかせます。

ルーは仕方なく一緒に行く事を決めます。

お金の為の様に思えますが、父親と一緒に写った写真を眺めるシーンがある事から、ルーも父親の消息が気になっているのでしょう

 

大荒れの船に気づき目を覚ましたララ。

島のすぐ近くですが大荒れの海にルーは船を捨てて逃げようと言います。

荒れた海を見事に再現した迫力あるシーン!

船から飛び降りなんとか岸にたどり着きますが、ルーとはぐれてしまいます。

しかも何者かに頭を殴られ、気を失ってしまうララ。

気がつくと、ヴォーゲル(ウォルトン・ゴギンズ)と言う男と一緒にいました。

ウォルトン・ゴギンズ

ヴォーゲルは父が卑弥呼の力を盗もうとしているという事を暴いた相手、悪の組織「トリニティ」のボス。

卑弥呼の力を探しているが見つからずにいた様です。

そして、ララの父親を殺したとも言っています。

ララの持っていた資料で卑弥呼の場所がわかったヴォーゲルは捜索を進めます。

ララは強制労働を強いられ、その中でルーと再会します。

どうやらこの島にたどり着いた人たちを脅して強制労働をさせているようです。

ララはルーに謝ります。

こんな所に連れてきてしまってこんなになってしまって事を。

しかし、ルーは自分の父親の消息が分かった事もあり「酔っ払いの自業自得だ」とララを責めることはしませんでした

普通だったら許せないと思いますが、何とも心が広い男です。

 

ルーが一瞬の隙をつきララと逃げようとします。

ララは逃げていきますがルーは撃たれてしまいます。

谷底の激流に落ち、追っては巻きましたが先に見えるのは滝壺!

墜落した飛行機に捕まろうとしますが、掴めず滝に…落ちたと思ったら縛られた手の紐が飛行機に引っかかりました。

翼に乗ったものの崩れ落ちそう。

崩れ落ちる前に何とか機体に入ったララ。

手の紐を切り落とそうとしてると今度は機体が落ちそうになります。

次から次へとです(汗)

パラシュートを見つけ掴んだ瞬間機体は落ちていきます。

パラシュートを開いたが破けていて地面に落ちたララ。

腹に木が刺さってしまいます。

次から次へとピンチが展開して非常に手に汗握るシーンでした!

私、ずっと手に力が入っていました(笑)

ダメージを負ってしまい身体を休めるように眠るララ。

そこに追手が迫ります。

第二作目

 

生きていた父親!

追手に捕まりますが、振り切るのに相手を死なせてしまったララ。

正当防衛とは言え、殺してしまった事に絶望するのが表情からよくわかります。

そこにまた人影が!

追手ではなさそうなその人影は逃げていきます。

追って行くとそこにいたのはなんと、リチャード・クロフト!

そうです!ララの父親です!

生きていた父と再会できたのです。

しかし、島から逃げられないと諦める父にヴォーゲルに場所を知られたと伝えるララ。

激しく動揺する父ですが、ララは逃げる計画を立てます。

ヴォーゲルは衛星電話を使っているのでそれを奪い助けを求めると。

 

スポンサーリンク

卑弥呼の眠る場所へ

弓矢を持ち、ヴォーゲルのアジトに戻ったララ。

衛星電話を見つけ、さらに生きていたルーも見つけます。

兵士を倒し、捕まった人みんなで逃げます。

ララはルーに後で戻るから先に逃げてと言います。

せっかく衛星電話を奪ったのに今度はリチャードが捕まってしまいました。

扉を開けることができなかったヴォーゲルは命と引き換えに扉を開けるようにリチャードに言います。

ララは自分が開けると言い、鍵を解き始めます。

入り口が崩れ落ち中に入れるようになりました。

こういった場所ですからもちろん罠があります。

何とか解いて進みますが、どうやら様子がおかしいです。

リチャードは言います。

「入るのを防いでるのではなく、出るのを防ぐ罠だ…」

この出るのを防いでるというのが、今後の展開のミソですね!

ついに卑弥呼が眠る棺桶についた一行。

ヴォーゲルは卑弥呼を運び出せと部下に言います。

ララは気づきます。

卑弥呼は死を司り、触ったものを死に至らせる事で島流しになりました。

しかし、周りの絵を見るとどうやら卑弥呼自らがこの島に来たような感じです。

卑弥呼を触った部下の手が崩れ落ちます。

疫病です!

卑弥呼は疫病にかかっていた為、触ったものを死に至らせたのです。

自らこの場所に来て、疫病を広げさせないよう犠牲になったんですね。

人を出さない仕掛けなのもその為です。

ヴォーゲルは卑弥呼の一部でも持ち帰ればと指を切ろうとします。

触ったら死という事に慎重になっている隙に銃を奪うクロフト親子。

ララは部下との攻防、リチャードはヴォーゲルとの攻防。

ララは部下を倒しリチャードの元へ。

リチャードは疫病にかかった部下に襲われ、ヴォーゲルを逃してしまいました。

ララがリチャードの所に着いた時にはリチャードは疫病にかかっていました

リチャードは卑弥呼を始末する。

ヴォーゲルがあの疫病を持ち帰ったら世界が危ないからとララ行くようにいいます。

父と本当のお別れです。

ララはせっかく会えたのにと中々別れられません。

クロフト家には責任があるから果たしてくれとリチャード。

ララはヴォーゲルを止めに行きます。

 

ララはヴォーゲルを止められるのか!?

そして、無事に脱出するとこは出来るのか!?

ぜひ作品を見て確かめてください!!

 

 

スポンサーリンク

-アクション

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.