ハラハラドキドキが止まらない作品

【魔女のせい?】映画『WITCH GAME/ウィッチ・ゲーム』作品紹介 感想まとめ|死ななくてもいいのに・・・知ったところで後のまつり

引用元:https://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA000126PBZ

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『ウィッチ・ゲーム』の作品紹介や作品の感想などが書いてあります。死ななくてもよかったその内容はどのようなものなのでしょう??
みんなパニックでおかしくなってるにゃ!
ふわり
とと
そうなんだよ。観てるこっちもパニックになるよ。

評価

  • とと
    (3.5)
  • TUTAYA
    (2.95)
  • フィルマークス
    (2.5)

映画『WITCH GAME/ウィッチ・ゲーム』は2019年公開のカナダ映画です。

スキーを楽しみにしてきた7人の男女。

雪山で道に迷い、悲劇が襲います!?

いったい7人に何があったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

映画『ウィッチ・ゲーム』 感想

https://youtu.be/9JU8VY-Sa9Y

作品通して、何が起こるのかわからない。

何が襲ってきて、何が敵なのかわからない。

恐れるは

人間?

自然?

野生動物?

魔女?

いい意味で訳がわからなかったです。

あらすじ的には、

スキーをする為にスキー場に向かっていた男女7人のグループ。

途中、事故の為通行止めにあってしまい迂回を余儀なくされます。

近道という事で、山道に入ったはいいが迷ってしまった7人。

その後とんでもない悲劇が待ち受けているんでした。

といった形の物語です。

 

相手がわからない恐怖

結果的には1人1人殺されていくのですが、殺されていくと言う表現も正直合っているとは思えません。

そして、殺されるためにはもちろんその原因がある訳ですが、観ていて何が相手で殺されていくのかまるでわからないんです。

物語の進行で怪しいものは沢山あります。

トイレ休憩で立ち寄った場所で、熊の死骸を車に乗せている男がいます。

主人公のハンナ・カスルカ演じるジルがその男と話したときに、この時期でも熊が冬眠から目覚めて人を襲っているという話しを聞きます。

そのシーンによって、野生動物が危険だと言う事が擦り込まれます。

そしてこの男もなんだか怪しい雰囲気なので、危険なのでは?と観てる側は同時にそう感じますね。

さらに仲間メンバーの女性が、その辺りの魔女裁判伝説の冊子を見つけて、魔女について語り出し、魔女という言葉も情報として入ってきます。

「立ち入り禁止」の看板を無視して脇道に入っていき、道に迷ってしまい、携帯も繋がらずそのままだと危険だと皆が焦りはじめ、さらには車の故障。

凍死の可能性も出てきます。

このような形で「殺されてしまうほどの危険なもの」が物語の進行と同時に、観ている側に自然と植え付けられていき、何がどこからどのようにして来る?という恐怖心が徐々に大きくなっていきます。

訳がわからなく若干パニックになってしまったような感覚が、登場人物達が実際にパニックになっていくのとリンクして、作品を通して「恐怖」がついて離れなく付きまとい、飽きる事なく最後まで観れました。

 

死の原因

この物語は間違いなくこの「アリソン」という子がキーマンなんです。

アリソンが「魔女に憑依されたのか?」、それとも周りが「そう思ってしまったのか?」。

実際にアリソンは不可解な行動をしますし、アリソンに「関わった」人だけが死因がハッキリ映っていません。

そのアリソンの行動に恐怖心が強くなり、悪い偶然が重なってその他のメンバーは死んでしまったように感じました。

魔女の仕業でもなく、サイコパス的な殺人でもない。

悪い偶然がかさなり死に追いやったような、誰も死ななくてもよかったんじゃないかと感じてしまうその内容は、少し悲しい気持ちにされました。

結局魔女の件は解決しませんが、それを知ったところで後の祭りというか、最後まで残ったメンバーの表情がまさにその感じを物凄く出していて、おそらくスッキリしない最後に評価を下げた方もいると思うけど、ととはこの「結局どっちだったの!?わかんないの?でも、知った所でみんなは帰ってこないよね」的な終わり方が非常によかったです。

 

総合

何がどうなっていくかわからない物語の展開に、結果がでないクライマックス。

嫌な人もいるだろう物語の内容ですが、それが逆に不安感、不気味さ、パニック感を出してととは非常に良い内容だったと感じました。

こんな物語の進め方もあるんだと、関心してみたくらいなので、是非とも気になった方は観て欲しいと思います。

あっ!

グロいシーンもありますので、苦手な方はお気をつけ下さい。

 

スポンサーリンク

作品紹介

作品情報

製作年: 2019年
メーカー: カルチュア・パブリッシャーズ
出演者: ハンナ・カスルカ
監督: ジョーダン・バーカー

引用元:https://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA000126PBZ

 

スポンサーリンク

おススメの動画配信サイト

『ウィッチ・ゲーム』配信サイトで観るならこのサイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

 

スポンサーリンク

まとめ

けっこう、斬新な内容だったんじゃないかと感じます。

ホラーってけっこう同じパターンが多いから、この作品は新しい感覚で観れました。

気になる方がいましたらぜひ、観てくださいね!

スポンサーリンク

-ハラハラドキドキが止まらない作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.