主人公の挫折や成長を感じれる作品

【長期恋愛】映画『弥生、三月-君を愛した30年-』2度目のチャンスは奇跡が起こす!|ネタバレなし!見所紹介感想まとめ

 

引用元:https://yayoi-movie.jp/

とと
こんにちは!映画大好きお父さんとと(@toto_movie)です。この記事には映画『弥生、三月-君の愛した30年-』のととの感想や見所の紹介が書いてあります。タイミングを逃して逃して、手にした2度目のチャンスまで30年かかりました!
ずいぶん長いにゃ!
ふわり
とと
でもその想いが実れば良いよね!

評価

  • とと
    (3.5/5.0)
  • 映画.com
    (3.5/5.0)
  • Yahoo!映画
    (3.5/5.0)

 

映画『弥生、三月-君を愛した30年-』は2020年公開の東宝恋愛映画です。

30年という長い時間、同じ想いでいた男女を描いた物語です。

 

スポンサーリンク

映画『弥生、三月-君を愛した30年-』見所 感想

人生において、タイミングって本当に大切だなって思いますね。

出会いが早いか、遅いか。

あの日、あの時こうしていたら。

少なからずとも、誰もがそういった想いを感じた事はあるのではないかと思います。

この作品は、そんな想いをいろんな場面で多く感じる物語でした。

 

物語は…。

HIV感染症にかかってしまった杉咲花演じるサクラはクラスでいじめに遭います。

サクラの親友、波瑠演じる弥生サクラを献身的に支えます。

そんな2人はお互いに成田凌演じる太郎の事を好いているのですが、サクラはその気持ちを打ち明けられず、弥生サクラの為にその気持ちを押し殺しています。

太郎は献身的にサクラの味方になる弥生を気にしていますが、弥生には言えずにいます。

高校を卒業する前にサクラは亡くなってしまいます。

卒業式、弥生太郎はお互いに自分の気持ちを伝えられずにそれぞれの道を進みます。

お互いを気にかけながらも、それぞれは夢に向かい、結婚、出産、幸せな日々を過ごし、事故や災害による別れなど、辛い日々も経験します。

お互いが人生のドン底にいた時、30年の時を超えてサクラからメッセージが届きます。

果たして、2人の気持ちは再び向き合う事ができるのでしょうか?

自分の人生を歩む中で、辛い時や苦しい時に、好き嫌いは別として誰かを思い出し、それが支えになるという事は、少しいいなって思いました。

YouTubeでの見所紹介動画

 

人生はタイミングが全て

引用元:https://yayoi-movie.jp/productionnotes.html

物語は全てが3月に起こった出来事で、カレンダーをめくるように、年が行ったり来たりして弥生と太郎の出来事を表しています。

この2人はそれぞれに結構ハードな出来事が起こります。

そして2人の恋愛は、またタイミングが合わない合わない(汗)。

1番初めに、大チャンスはあったんです。

2人ともクリーンで、気持ちを言うにはまたとない絶好の大チャンスが!

しかしお互い夢がある事も知っていたし、そんな事で躊躇った(ためらった)のでしょうね。

そのチャンスを逃してしまったから、2度目のチャンスは奇跡に近かったです。

チャンスを逃すと次はなかなか現れないにゃ!
ふわり

弥生太郎を想う時は、太郎の横には大切な人がいて、太郎弥生を想う時は、弥生の横には大切な人がいて。

タイミングがいつも合わないんです。

その上お互いがお互いを想ってはいるけど、それぞれパートナーができて、それぞれの人生を歩んでいる事に違和感を覚える方もいるかもしれませんし、30年も同じ人を思っていてこの物語が特別な様にも感じます

でもよくよく考えてみると、人生って上手くいかないものだし、思っている様には事は運びません。

そして心の奥底に、上手くいかなかった恋愛やその相手がずっといて、静かにしまっておくって言う事は珍しくないと思います。

なのでこの2人の物語は、人生そのものを表していて特別な事を描いている訳ではないと思うんです。

まぁ、この2人の様に一晩の過ちを犯してしまったらダメですけど!

でも、そんな奇跡に近い2度目のチャンスが巡ってきたのは、ある人のあるメッセージのお陰なんです。

感動する場面ではあったのですが、このある人との関係をもっともっと深く描いていれば、もっともっと泣けたんじゃないかなって、そこは少し残念でした。

この2度目のチャンスがどう訪れるのかをこの作品の最大の見所として注目してほしいと思います。

 

同じ人が演じる

引用元:https://yayoi-movie.jp/productionnotes.html

この作品は30年の恋の物語なので、登場人物は高校時代から50歳手前までの年代で登場します。

こういった時代の長い物語は、例えば高校時代と大人の時代で演者さんが違ったりする場合が多いです。

ですが、この作品は波瑠さん成田凌さんが高校時代から50歳手前まで、ずっと演じています。

特殊なメイクなのか、歳を重ねる毎にしっかりと見た目も歳をとっていきます。

顔にシワができたり、白髪になっていったり。

しっかりと見た目も老けていくにゃ!
ふわり

同じ人が演じる事で、年をとって見た目が老けていっても、その人物の想いや考え方が分からなくなるという事はなくなり、良かったのかもしれません。

年取ってから、想いが通じ合ってまた結ばれるというのもなんだか可愛らしくて、そう思うのもずっと同じ演者さんが演じていたからかもしれません。

 

注意点

引用元:https://yayoi-movie.jp/productionnotes.html

この作品は3月だけを描いているので、2011年の3月も描いています。

そう「東日本大震災」です。

しかも宮城県で暮らしている設定なので、津波が襲った後の街並みが描かれています。

地震で揺れる描写も描かれているので、もしかしたら当時の記憶が蘇ってしまうかもしれませんし、怖い想いを思い出してしまうかもしれません。

怖い思いをした人は気をつけるにゃ
ふわり

その映像を見て、怖い想いを思い出してしまいそうな方は前もって気をつけてください。

 

総合

引用元:https://yayoi-movie.jp/productionnotes.html

太郎が息子に言った

「好きな人でもできたか?だったらチャンス逃すなよ。人生はつくづくタイミングだから」

この言葉がズッシリ重く感じますね。

いろいろあった2人ですが、それでも作品自体は重くならずに、大人の恋愛をハートフルに描いた作品でした。

 

スポンサーリンク

作品紹介

1986年3月1日。運命的に出会った弥生(波瑠)と太郎(成田凌)。「もし、40過ぎても独身だったら、俺が結婚してやるよ!」互いに惹かれ合いながらも、親友・サクラ(杉咲花)を病気で亡くした事で想いを伝えられずに、別々の人生を選んだ二人。子供の頃に描いた夢に挑み、結婚相手を見つけ子供が産まれ……。しかし人生は順風満帆ではなく、離婚を経験し、災害に巻き込まれ、配偶者を亡くし、あの時、抱いていた夢は断たれてしまう。希望を見失い、人生のどん底に突き落とされていた時、30年の歳月を超えて、亡き友・サクラからのメッセージが届く――。

引用元:https://yayoi-movie.jp/story.html

 

登場人物

役名/演者名

太郎/成田凌

引用元:https://yayoi-movie.jp/

お気楽お調子者。弥生をずっとずっと想っている。

弥生/波瑠

引用元:https://yayoi-movie.jp/

正義感の強い真っ直ぐな女性。

サクラ/杉咲花

引用元:https://yayoi-movie.jp/

太郎と弥生の親友。2人にはいつまでも変わらないでいて欲しいと想っている。

 

作品情報

スタッフ

  • 監督:遊川和彦
  • 脚本:遊川和彦
  • 製作:藤田浩幸、市川南

配給

  • 東宝

上映時間

  • 110分

 

 

スポンサーリンク

おススメの動画配信サイト

映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』観るならこの動画配信サイト!

  • 月学料金・・・2,189円(税込)31日間無料
  • 作品数・・・作品数16万本(内見放題14万本)
  • 機能・・・アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
  • こんな方におすすめ・・・最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTのおすすめポイント!

  • 月額2,189円(税込)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。
  • 作品数16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ!
  • 月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴可能!家族で考えると月額料金はかなりお得に。
  • ダウンロード機能や画質の選択も可能!スマホのデータ制限を気にせず視聴できます。
  • 約70種類のファッション誌や週刊誌が読み放題!さらに、ポイントで漫画も購入可能!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

無料体験はこちらから!

 

スポンサーリンク

まとめ

30年という長い年月ですが、それ期間ずっと想っていたというのはすごいです。

ハートフルな大人の恋愛をぜひ、ご覧になってください!

 

スポンサーリンク

-主人公の挫折や成長を感じれる作品

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.