アニメーション

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ|ネットで評判が悪いその訳はこれだ!

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』あらすじ紹介ネタバレ感想まとめ

2019年8月に公開になりました、不屈の名作「ドラゴンクエスト」を3Dアニメ化した作品です。

ドラゴンクエストシリーズの中でも、人気トップを争う「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」がベースとなっています。

ゲームの中でさえ壮大なストーリーのドラクエ5。

映画になると、どんなストーリーになるのでしょうか??

 

 

スポンサーリンク

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』 感想

大人気ゲーム「ドラゴンクエスト」が3D映画化したという事で、「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を観に行ってきました。

実は私はドラクエ未経験者で、今回はまっさらな状態でストーリーを観ることになったのですが、映画の評価としては高評価と低評価に二極化しているようで、ゲーム経験者と未経験者でも感想が異なるのかな、と思いました。

ゲーム未経験者の私にとっては、どんなお話なのか気になっていたドラクエの世界観を知る事ができてとても面白かったです。

 

ただ、話題になっていた衝撃のラストシーンは、確かに衝撃的でした

「エッ・・・?何この展開?どういう事??」という、完全に不意を突かれた感じで、一瞬映画に置いて行かれたかと思いました。

ただ、後できちんと衝撃シーンの伏線も回収していましたし、「だから『ユア・ストーリー』ってことなのね」と理解できたので、必要な演出だったのかな、とも思います。

 

お子さんには分かりにくいかもしれないので、大人世代が楽しむ分には悪くないのでは、という感想でした。

個人的には普通に面白かったです。

 

キャラクター・声優紹介

  • 佐藤健/リュカ

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 有村架純/ビアンカ

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 波瑠/フローラ

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 坂口健太郎/ヘンリー

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 山田孝之/パパス

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • ケンドーコバヤシ/サンチョ

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 安田顕/プサン

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 松尾スズキ/ルドマン

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 山寺宏一/スラりん

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 賀来千香子/マーサ

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 古田新太/ブオーン

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 吉田鋼太郎/ゲマ

    公式サイト引用

    公式サイト引用

     

  • 井浦新/ミルドラース

    公式サイト引用

    公式サイト引用

 

スポンサーリンク

あらすじ紹介(ネタバレあり)

 

 

<攫われた母親を探す旅で父までも失う主人公リュカ>

公式サイト引用

主人公リュカは、父親パパスと共に魔物に攫われた母親を探す旅を続けていました。

ある日、母親を連れ去ったゲマという魔物と遭遇した際に、魔物たち相手に好戦を繰り広げるパパスでしたが、リュカを人質に取られてゲマに殺されてしまいます。

目の前で父親を失ったリュカは、そのままゲマに捕らわれて奴隷として働かされます。

リュカと一緒に捕まったヘンリーというラインハットの王子も奴隷として働いていましたが、ある日2人で脱出を試みます。

命からがら脱出に成功した2人はそれぞれの道を進む事になり、互いに友情を確認して別れます。

 

 

<父の仇を打つため、そして母を救うために>

公式サイト引用

どうにか魔物たちのもとから逃げ出して、家へ戻ったリュカは、父パパスの「天空の剣と勇者を探し出せば母を救い出せる」という日記を発見します。

天空の剣は選ばれし天空人の血を引いた勇者だけが鞘から抜く事ができるというのです。

リュカは再び母を救い出す旅に出ます。

 

スポンサーリンク

<フローラとビアンカという2人の女性の間で揺れるリュカ>

公式サイト引用

旅を続ける中で、サラボナという町に立ち寄ったリュカは、町を脅かすブォーンという魔物の存在について聞かされます。

サラボナの大富豪ルドマンは、ブォーンを倒した勇者を自分の娘と結婚させると公言していましたが、その娘というのがリュカが幼い頃に一度会った事があったフローラという美しい娘で、リュカはすっかり舞い上がってしまいます。

半ば強制的にブォーン退治に行くことになったリュカでしたが、町の居酒屋で幼馴染ビアンカと再会し、ビアンカの協力もあって奇跡的にブォーンを倒す事ができました。

 

約束通りフローラと結婚できる事になったリュカでしたが、居酒屋で出会った老婆によって自分の中に眠る本心に気付かされます。

その本心とは、ビアンカを生涯の伴侶に選ぶというものでした。

 

 

<新たな命の誕生と危機>

公式サイト引用

フローラとの結婚を断りビアンカと一緒になる事を決めたリュカは、ビアンカとの子どもに恵まれ、2人の間には息子が誕生します。

しかし、平和な時間は長くは続きませんでした。

なんと、ゲマが現れてビアンカを攫っていってしまったのです。

2人の息子は、パパスの従者であったサンチョが連れて逃げましたが、リュカはゲマの協力な魔法によって石に変えられてしまいます。

ゲマに連れ去られたビアンカは、そこでリュカの母マーサを見つけます。

天空人の血を引くマーサは魔界の門を開くためにゲマに攫われた事を知り、ビアンカにも天空人の血が流れているため、マーサを説得し魔界の門を開かせるようゲマに命じられます。

しかしゲマに逆らった事で石に変えられてしまい、世界は危機に瀕します。

 

 

<世界は一体どうなるのか!?衝撃のクライマックスとは!?>

 

石になってしまったリュカとビアンカは、果たして元に戻る事ができるのでしょうか!?

逃げた2人の息子は無事なのか!?

マーサの運命は、そして魔界の門は開いてしまうのか!?

そして話題になっている衝撃的なラストシーンでは一体何が起きるのか・・・?

 

盛りだくさんなクライマックスは、是非映画館でお確かめください。

 

↓続きが知りたい方はこの先へ↓

 

スポンサーリンク

クライマックス(ネタバレあり!)

この先はクライマックスに向けての内容を書いています。

結果が知りたくない方は注意してください。

 

 

リュカが石にされてから8年の歳月が流れました。

アルスは8歳の少年になっていました。

リュカの石化を解くためアルスは「ストロスの杖」を手に入れます。

しかし、ギガンテスに気づかれます!?

逃げようとルーラを使います。

ギガンテスもルーラで追っかけてきました。

 

着いた先は石化したリュカのところです。

早速、「ストロスの杖」を使いリュカの石化を解きます。

石化が解けたリュカは「天空の剣」をアルスに渡し、見事ギガンテスを倒します。

 

ビアンカを救え!

リュカとアルスは、ビアンカを救うためゲマの城に行くことにします。

しかし、ゲマの城に行く手段がありません。

マスタードラゴンの力を借りるべく、過去の自分にあってドラゴンオーブをゲットしてきました。

ドラゴンオーブにより、全ての力を取り戻したプサンはなんとマスタードラゴンでした!?

 

マスタードラゴンに乗り、ゲマの城に降り立つリュカとアルス。

ビアンカを見つけて石化を解きます。

続いてマーサを助けるためゲマと戦闘になります。

相手勢力は膨大でリュカたちは追い詰められますが、ヘンリーとブオーンが助けにきてくれました!

 

マーサと再会するリュカ。

しかし、マーサはゲマに殺されてしまいました。

マーサが天空人の血を引くものだと知っていて、マーサを身体に取り込みます。

そして魔界の門を開き、ミルドラースを召喚してしまいました!?

 

衝撃のクライマックス

ミルドラースが召喚された瞬間、コンピューターウイルスが拡散されました。

そう!

ミルドラースがコンピューターウイルスでした!

そしてリュカが住んでいる世界が、ゲームの世界だったのです!?

 

ウイルスはどんどんリュカの世界を壊していきます。

リュカはウイルスと戦い、自分の世界を守ろうとします。

すると、そこまで一緒に旅をしてきた「スラりん」がウイルスに対抗する「アンチウイルス」で、ロトの剣をリュカに渡します。

リュカはそのロトの剣で見事アンチウイルスに勝つことができました!

 

ミルドラースが出るまでは本当に「ドラクエ5」の世界だったのに、最後に来て「え!?」って思ってしまう展開(汗)

この展開がネットで評判の悪い原因のようです!

そもまま何もせずにドラクエの世界観のまま終わってくれればよかったと感じました。

きっと同じ気持ちになった人は多かったのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいたたきありがとうございます。

観た人それぞれに感想はありますので、ぜひ作品をご覧になってご自身の「感想」を作ってください!

スポンサーリンク

-アニメーション

Copyright© とと-movie- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.